ラコート さん プロフィール

  •  
ラコートさん: アンティーク ラコート
ハンドル名ラコート さん
ブログタイトルアンティーク ラコート
ブログURLhttp://antiquelacote.blog.fc2.com/
サイト紹介文アンティークキッチン雑貨、インテリア雑貨、真鍮ハンガー等大人っぽくエレガントな雑貨の紹介です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 57日(平均15.0回/週) - 参加 2017/06/16 10:56

ラコート さんのブログ記事

  • シュガースプーン〜アンティーク〜
  • (シュガースプーン)こちらの穴が開いているスプーン。お玉なのかな〜と思ってしまいますが、実はこれ"シュガースプーン"と言って、ケーキやクッキーの上に粉砂糖を振りかける時に使うスプーンなのです日本ではあまり馴染みのないキッチンツールですよね。小さい頃、家でよく焼き菓子を作っていたのですが、粉砂糖を振りかける時は、いつも茶こしを使っていました。こんなスプーンがあの頃にあれば、即使っていたのに〜とこれを見 [続きを読む]
  • デザイン豊富なフランスのショップカード☆ヴィンテージ☆
  • (ショップカードB)フランスのヴィンテージショップカードを見るのはとても楽しく、あっという間に時間がたってしまいます♪こういったショップカードを集めることで、パリにはこんなお店があったんだな〜と想像しながら楽しんでします上のカードは生地屋さんのショップカード。きっと可愛らしい女の子の洋服の生地も沢山売っていたのでしょうね☆洋裁をする人の数も、今より数倍も多かったはず。下のショップカードを見ると、靴 [続きを読む]
  • リモージュ カップ&ソーサー
  • (アンティークリモージュ)陶磁器は国によって、又時代によって様々な特徴があります。北欧デザインのものであったり、フランス王朝時代の華麗な装飾のもの、シンプルで機能性を重視した現代のものまで。一人一人好きな陶磁器のデザインは異なりますよね。以前お洒落なコーヒー専門のカフェに行った時、棚に何十種類ものカップ&ソーサーが並べられていましたそして、自分が好きなカップを選んで、そのカップにコーヒーを入れても [続きを読む]
  • 南仏のペイント家具〜4段チェスト〜
  • (アンティーク4段チェスト)南フランスで見つけたクリーム色のチェスト。4つサイコロ型のような引出しが付いていて、クラシックなデザイン。南仏の家を見ていると、結構色が沢山使われているな〜と感じます。雨戸がブルー、ソファがイエロー、壁紙がピンクや薄グリーン等々。イギリスのような重たくがっちりとした家具ではなく、明るいパステルカラーのペイント家具が主流ですね。やはり南仏の”カラットして太陽がいっぱい”とい [続きを読む]
  • ヨーロッパの灯り☆ペンダントライト☆
  • イタリアのアンティーク市を訪れた時、色々な種類の照明器具を見つけました。ガラス製やホーロー製のランプシェードやシャンデリア等々この写真でハンギングされている左2つのランプシェードは、よくレストランやホテルで見かけたものです。ヨーロッパの天井では梁がむき出しになっている事が多いのですが、その梁にこういった重たい照明器具をしっかり固定してハンギングしています。日本の一般的な家では、手ごろな大きさのガラ [続きを読む]
  • ヨーロッパで生まれたワイン雑貨
  • (ワインラック)ヨーロッパの片田舎を訪れると、ワイナリーやワインバーをよく見かけます。ワインを試飲させてくれる日には、多くの人が集まってきて賑わっていましたよ〜興味深いことに、ワイナリー農家が一般オープンされている時には、そこで古いワイン関連の道具を目にすることができます。収穫用バスケットだったり、ワインテイスティング用のカップだったり木箱、樽等々。アンティーク好きの私にとって、こういった古道具を [続きを読む]
  • アンティークパニエを使う楽しさ
  • 以前スイスに滞在していた時に訪れた、フランスのアヌンシーという町。町全体どこを見ても美しく、すっかりお気に入りの町となってしまいました。そこで見つけた雑貨&食品店。たくさんパニエが飾られているのに思わず見入ってしまいました。一つ一つ使い道によって作られたパニエ。お買い物カゴだったり、ピクニックバスケット、野菜やフルーツの収穫用、ワインを入れるボトルバスケット、エッグを入れるアイアンバスケット等々。 [続きを読む]
  • 家のインテリア◇アンティークコートフック◇
  • (アンティークコート掛け)家の中をアンティーク調にしたいと思った時、つい家具や雑貨を考えがちですが、家の各パーツ部分も変えていくと、より本格的になってきます例えば、ドアノブや家具の取っ手、窓、コートフック等々。コートフックも様々なタイプがあります。木製、アイアン、真鍮等......ヨーロッパでは、玄関でコートや帽子を脱ぐのが一般的でしたので、玄関先にコート&帽子掛けが備え付けられています。上記のコート掛 [続きを読む]
  • アンティークタイルの魅力〜イタリア〜
  • ここは以前訪れたイタリアのアンティークショップなのですが、色々なデザインのタイルがずらり並んでいました。日本でタイルというと、モノトーンなイメージがあるのですが、こういったタイルをみると異国情緒を感じますねヨーロッパではよくキッチンの壁や調理台に、このようなタイルをはめ込んで使っていたりします。又、ガーデンのテーブルやイスの一部にも上手く利用されているのを見かけますそういえば京都・大原在住のベニシ [続きを読む]
  • アンティークフレーム(額縁)の製作家
  • Mr. Partnerという雑誌で、額縁製作を営むクーパーさんの記事を読みました。絵画に合う額縁を製作したり、古いアンティークフレームを修復したり。イギリスでもフレーム修復師は数名しかいないとのこと。貴重な存在ですねクーパーさんは、自らフレームのデザインをデッサンして、木製フレームを手彫りしていくそうです。その後、金箔を貼って。一つのフレームを仕上げるのに、相当な労力が必要ですね。アンティークの買付に行くと [続きを読む]
  • 思い出〜買付の旅〜
  • 2015年11月 フランス買付の旅この旅から帰ってきて、しばらくしてから癌が見つかり、治療だの手術だのでバタバタしていて、すっかりこの旅の事を書き記していませんでした......この日、パリ郊外でのアンティーク市を訪れました。市内のはずれの場所なので、駅を降りても人がほとんどいない。。日曜日の朝なので静かなのは分かりますが、本当にこの場所で市があるの?と不安になりながら、道を歩いているとやっとテントらしきもの [続きを読む]
  • (アンティークレース服)涼しげなブルーのリボンが付いたフランスのアンティークキャミソール。ルームウェアとして、又、下着として使われていました??コットン生地で、首元や襟元にレースが付いた可愛らしいデザイン以前フランスでは、このようなレース服が沢山出回っていたのですが、最近は”質の良いもの”になかなか出会えなくて残念(;_;)ルームウェア/下着として着る物も、ここまでお洒落なのですね。このキャミソールに合 [続きを読む]
  • 小さなアンティークドレス
  • アンティークドレスと言うと、人間が着るものだけではなく人形(ドール)用ドレスもヨーロッパで沢山作られていました。以前、パリの人形博物館を訪れた時、ビスクドールの素晴らしさと、またドレスや靴、帽子など人形が身に着けているものがあまりにも美しくて感動したのを覚えています裕福な貴族の子供たちは、人さまと同じくらい豪華なドレスを着たビスクドールを買ってもらっていたのですね☆特に1800年代のビスクドールは見事 [続きを読む]
  • 1800年代初期のアンティークドレス
  • (ターシャ・チューダー「暖炉の火のそばで」より)私の好きなターシャは、1820年〜1830年代のアンティークドレスを集めていたそうです。そして、自分でも実際この当時のドレスを作り、再現していたとの事!凄いですね〜♪1800年代初期のドレスは、ふんだんに生地を使ってダーツやタック、ドレープを付けていたようです。又、袖のデザインも何十種類もあり、好きなデザインを選んで作っていたんですね??当時、女性がコルセットを [続きを読む]
  • ピクニックでも使えるアンティークグラス
  • (スパグラス入りパニエ)小さな編みカゴに入ったグラス。もともとは温泉水を飲む為のグラスでした。日本ではあまり温泉水を飲むことはしませんが、ヨーロッパでは温泉水を健康の為に飲むのはごく一般的です。いわゆる飲泉療法ですね。そういった習慣から生まれたのが、このスパグラスなんですが、現代ではプラスチック容器などが主に使用されているとのこと。この小さなグラス、ピクニックや小旅行の際に役に立ちそうです。しっか [続きを読む]
  • イタリアのアンティークショップ
  • 以前買付で、イタリアを訪れた際に見つけたアンティークショップ。今までの写真をもう一度見ていたら、ランプとガラスボトルが展示されたこの写真が目に止まりました。このランプ一つ一つ、とてもユニークなデザインですねランプを持ちながら暗い外を歩いていた時代には、こういったしっかりしたランプが必要だったのでしょう。風が吹いても炎が消えないから安心☆フラスコのようなガラスボトル。今でもワインや水をこのようなガラ [続きを読む]
  • ホーローミルク缶〜アンティーク〜
  • (アンティークミルク缶)可愛らしい小花の柄がのったドイツのホーローミルク缶。ドイツやイギリスでよく見かけるミルク缶です昔はこの容器を持って、ミルクを買いに行ったそうですよ。今の紙パック牛乳より、こういう入れ物に入っていた方が美味しそうに見えますね。ホーロー製だけでなく、アルミ製のミルク缶も私は大好きです♪このミルク缶にクッキーやキャンディーなどのお菓子を入れたり、ガーリックなどの乾燥食材を保存して [続きを読む]
  • アンティークの小さなアイロン
  • (アンティークアイロン)昔のアイロンの小型版です。上のフタを開けて熱い炭を入れて使っていました。現代では、電気アイロンでいつでも簡単に使えますが、このタイプのアイロンが使われていた頃は、毎回とてもアイロンがけが大変だったんでしょうね。日本にも、西洋から明治時代にこのタイプのアイロンが入ってきたそうです。着物から洋服に変わって、アイロンかけというひと手間かかる仕事が増えたのですね。この小さなアイロン [続きを読む]
  • 小さな灯り〜ペンダントライト〜
  • (アンティーク ランプシェード)フランスのガラス製ランプシェード。優しいピンク色のガラスで、フリルが付いたようなシェイプです。この種のランプは灯りが小さいので、2〜3個吊るして使わないと十分な灯りにならないのですが、小さな小部屋やアトリエには明るすぎず丁度良い光になるかもしれません。アンティークの灯りには、豪華なシャンデリアから柄が絵付けされたシェード、ファブリック製のシェードなど様々なスタイルが [続きを読む]
  • 小さな薬びん☆フランスアンティーク
  • 小さなボックスに入ったガラス瓶。痛み止めが入っていた薬ビンだったようです。ボックスとビンの可愛らしいデザインについ魅かれて手に入れてしまったものです。ボックスも中の説明書も、かなり古いのですが。。。フランスの古い香水もそうですが、箱もボトルラベルもとても素敵なデザインが多いです。昔の薬瓶のデザインも、同じように凝ったものが沢山あるんですね〜プラスチック製品ができてから、こういった素敵なビンが廃れて [続きを読む]