龍族 さん プロフィール

  •  
龍族さん: hotvoice
ハンドル名龍族 さん
ブログタイトルhotvoice
ブログURLhttps://hotvvv.blogspot.jp/
サイト紹介文hotvoice,不思議,防災,スイーツ,レシピ
自由文国内旅行,音楽(全般),健康と医療(全般),hotvoice,ホットボイス,瞬間,不思議,防災,人,美,サプライズ,songs,おもしろ,アクシデント,スイーツ,レシピ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 14日(平均98.0回/週) - 参加 2017/06/16 22:20

龍族 さんのブログ記事

  • 山本化学工業に業務停止命令
  • 和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」が、解熱鎮痛薬アセトアミノフェン(AA)の製造過程で、安価な中国製AAを無届けで混入していた問題で、和歌山県は28日、医薬品医療機器法(薬機法)に基づき、同社に29日から7月20日まで22日間の業務停止命令と、業務改善命令を出した。同社の山本隆造社長は県庁で、「世間の皆さまをお騒がせし、大変申し訳ない」と謝罪した。和歌山県や厚生労働省によると、同社は市内の [続きを読む]
  • 天使の口どけ?ふわとろオムレツ | How To Make Fluffy and Gooey Omelet
  • 天使の口どけ?「ふわとろオムレツ」口に入れたら泡のようにとける食感史上最高のオムレツです♪ぷっくりふわふわなオムレツは可愛くて食べられない材料1人分卵 2個バター 10g塩 少々砂糖 小さじ1/2手順1.ボウルに卵を入れて角が立つまで泡だて、砂糖、塩を入れて混ぜる2.フライパン(直径18cmを使用)にバターを入れて熱し、溶けたら1を入れてふたをし、弱火で2分ほど加熱する3.器に2を半分に折りたたむようにのせて完成 [続きを読む]
  • フランス人に大人気!「粘らない納豆」の意外な食べ方
  • 日本が誇る奇跡のスーパーフードの納豆を、海外の人にも食べてもらいたい。茨城県と県内の納豆メーカーの連携により、外国人が最も納豆を嫌う原因である“粘り”を少なくした「豆乃香」が完成した。せっかくPRするなら、ドカンと大きく。いばらき成長産業振興協議会はフランス・リヨンで開催される世界最大級の外食産業向け展示会「Sirha2015」(シラ国際外食産業見本市)への出展を決定。そこで課題となったのが豆乃香のPR方 [続きを読む]
  • 減塩がすすむことによって起こる症状
  • 暴れる囚人に塩抜きの食事を与えると、おとなしくなるそうです。このまま減塩運動がすすめば、日本中の人が元気のないやる気のない状態になってしまいます。戦場で戦った兵士は、常に塩袋を持っていたと言われています。塩不足は、長い人生における自分自身との戦いに勝つこともできなくなってしまうでしょう。・・・全文は、 [続きを読む]
  • 生殖における減塩の影響
  • 交尾行動やほ乳動物の生理状態に電解質バランスは影響を及ぼす。牛の受精率変動の50%以上は塩摂取量を含めた栄養因子で説明される。ナトリウム欠乏に付随した過剰のカリウム摂取量は異常な発情周期、子宮内膜炎、小胞状嚢腫などによって受精率を低下させる。豚ではナトリウム摂取量の低下は胎児の体重を低下させ、1生殖周期以上も続くと出産数が減る。離乳から発情までの平均的な期間が2倍になり、多くの豚が上手く交尾できない [続きを読む]
  • 平安京の名前に込められた本当の意味とは?
  • 「平城京」と「平安京」の間に存在した、幻の都「長岡京」京都はかつて千年以上も続いた日本の都、平安京でした。では平安京の前の都はどこかご存じですか?多くの方は奈良にあった「平城京」と答えるかもしれませんが、実は違います。現在の京都市から南西の方角に行った現在の向日市、長岡京市、京都市右京区にまたがる地域に「長岡京」と言われる都がありました。平安京ができたのは794年、日本史を勉強するときに「鳴くよ(794 [続きを読む]
  • 減塩は万病の元
  • 減塩は万病の元。命の自損行為です。塩は命の元と言うより命そのものです。塩こそ命を活性化させ自然治癒力を高めます。海は文字通り人の母なる水、あらゆる生命の原点。塩を減らすことは命を減らすことになります。減塩論者は、生命が塩から生まれたことを無視し、塩の大恩を忘れ、生命が塩を求めている声が聞こえないようです。見える病気から見えない病気、気が付く病気から気が付かない病気まで引き起こします。小賢しい頭で「 [続きを読む]
  • 梅干がもつ驚異的な6つの効能
  • 梅干しがもつ驚異的な働きヘルシーでおいしい和食が、世界的なブームになっています。本家である日本でも、和食のよさが再認識されつつあります。その和食を代表する食品が梅干しです。梅干しは納豆や豆腐などと同じように、すぐれた発酵食品であり、加工食品です。健康志向が強い今、もっとも注目されている食品といっても過言ではありません。そこで、梅干しを食べると、どんなふうにからだによいのかをざっと検証してみることに [続きを読む]
  • 核攻撃を受けた際の対処法
  • セブン-テン・ルール(The “seven-ten” rule)最初の爆発の後、放射線の量は、7時間ごとに10倍ずつ減少することを覚えておくのもいいかもしれない。たとえば、 500ラドのレベルは、7時間で 50ラドまで下がり、そして、2日(49時間)後には 5ラドまで減少する。つまり、もしもあなたが良いシェルターを持っているのなら、そこで7時間じっとしていれば、生き残る可能性は高くなるということになる。上記の放射線測定装置、ラジ [続きを読む]
  • 「聴ける」タトゥーが話題に
  • 亡き父が残したボイスメッセージ。愛する犬の鳴き声、大好きな一曲。もし、自分の大切な「音」を、永遠に体の一部にすることができたら?タトゥーからオーディオを再生することができるアプリ「Skin Motion」が、今月提供を開始する。「Sound Wave Tattoo」は、専用アプリを使って音を再生することのできるタトゥーで、アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するタトゥーアーティスト、ネイト・シガード氏が生み出した。その仕組みは [続きを読む]
  • 乳がん検診の市職員をスマホで盗撮
  • 大阪府岸和田市が27日に行った市の女性職員対象の乳がん検診で、検診を受ける職員の様子を40代の男性医師が盗撮した疑いがあることが捜査関係者や市への取材で分かった。医師のスマートフォンに画像が保存されており、大阪府警が医師に任意で事情を聴いたところ、盗撮を認めたという。府警は府迷惑防止条例違反や軽犯罪法違反の疑いもあるとみて調べている。市は、28〜30日に予定していた乳がん検診を中止した。27日はこ [続きを読む]
  • アートな指輪Secret Wood(シークレットウッド)
  • 2017/02/09 に公開天然の木材と樹脂を組み合わせて作られたアートな指輪Secret Wood(シークレットウッド)どのリングも、カナダのバンクーバーにいる職人たちが手作業で作っているので、同じものは他にありません。世界でひとつだけの指輪です。海やオーロラ、凛々しく咲き誇る花々など、樹脂の中に閉じ込められた世界観は、見るものをうっとりさせるほどの美しさ。アクセサリーというより、まるでアート作品のよう。 [続きを読む]
  • なぜ、声がいい人は出世するのか
  • 優れた営業成績を収める営業マンや統率力あるマネジャーなど、一流ビジネスパーソンに共通していえるのは、いい声をしているということ。落ち着いた低音で、響きが素晴らしいというだけでなく、大きい声・小さい声を絶妙に使い分けている人が多いのです。たとえば商品メリットの説明など、しっかりと理解してもらいたいときは、少し大きめの声で話します。「この物件は、築年数は少し古いですが手入れが行き届いているので、建物に [続きを読む]
  • 「社内で評価の高い人」が会社を去る時
  • 「評価の高い人」が会社を辞める時、会社には2つのショックが引き起こされる。1つは業績面、できる人が辞めれば会社の業績に影響がある。そして2つ目は精神面、できる人は皆の尊敬の対象であることも多く、連鎖的に退職者が出ることも想定される。だから、「評価の高い人」をつなぎとめることは、会社にとって大きな課題の1つ。だが、一般的に「評価の低い人」に比べて、「評価の高い人」は会社を辞めにくいと思われている。確かに [続きを読む]
  • 九字護身法
  • 忍者が用いた呪法として有名な『九字護身法』は、中国から伝わったと云われる法で、元々中国の神仙修行の際に、神仙の加護を願い護身に誦える呪文であり、日本には密教の呪法の一つとなって伝わっています。山野に起居して霊力を強めようとする修験道の行者を山伏といい、天台系の聖護院と真言系の醍醐寺三宝院を中心に組織されました。その山伏が修行の上で信仰していたとされる修験道では、お馴染の「九字護身法」を用いていたり [続きを読む]
  • チャクラを開いて心をケアする7つの経路活性術
  • チャクラを開いて心をケアしよう!、、、とその前に「チャクラ」って何だか知っていますか?「チャクラ」とは、サンスクリット語で「車輪」を意味します。インドでは、私たちの身体の中には、目には見えないチャクラと言われる“回転する光の輪が存在しているといわれています。主要な「チャクラ」は、背骨の底部から、頭頂部にかけて、7つあり、時計回りに車輪のように回っていて、気のエネルギーを取り込みます。そして、各チャ [続きを読む]
  • 聖徳太子の幻の予言『未来記』
  • 『日本書紀』にはこう記されている。「厩戸皇子、壯(そう)に及びて未然を知ろしめたもう(太子、これから起こることを予知する)」つまり、太子が予言者であったということは、日本の正式な歴史書が証明しているといえるのだ。だが、予言の内容までは書かれていない。これは、太子の死後、時の権力者によって自身に都合の悪い部分をバッサリ削られたためだといわれているのだが…。では、聖徳太子が残した予言とは、どのようなも [続きを読む]