ヤミイ さん プロフィール

  •  
ヤミイさん: いじわるおばさん
ハンドル名ヤミイ さん
ブログタイトルいじわるおばさん
ブログURLhttp://yummi.seesaa.net/
サイト紹介文世の中ムカつくことばかり。モノごとをナナメにみるクセつきました。いいたいことをいってみますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 39日(平均4.5回/週) - 参加 2017/06/17 21:15

ヤミイ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • オオカミばあさん。
  • 一人暮らしの老母のことである。老母は昔から、自分のことしか考えてない。老いれば老いるほどに右肩上がりに「私が、私が」ばかり。もう、うんざり。そう、ネガティバーであるワタシは、母に関してもネガティバーである。こんなひねくれモノに仕上がってしまったのも、母の影響が大であると信じてやまないし。そんな母は深夜になると、「具合が悪い」と言い出す。決まって、夜更けにワタシを呼び出して不調を訴えるのだ。タクシー [続きを読む]
  • ミルキィな事件。
  • やってはいけない、やってはいけない・・・わかっていても何度もやってしまうことってある。それはミルク味のヌガーを食べてしまうこと。ワタシはあの、甘く、まったりとした「ママの味」が大好き。でも、食べていて、ヌガー独特のベタベタとした強力なひっつきパワーで、治療した歯の詰めモノ(あるいはかぶせモノ)がとれてしまうことが、ある・・・いや、ワタシの場合、「ある」なんてものじゃなくて、あまりにもたびたびやって [続きを読む]
  • 外国人の女。
  • 地下鉄へ降りていく階段の入り口で身長180cmくらいの白人の女性がさっそうとワタシを追い越した。ランニングに膝上丈のタイトスカート。全体にカラダにぴったりフィットしたファッション。いかにも真夏の外国の女性らしく、肌の露出が多い。ブロンドの髪を無造作にひとつにまとめて黒のサングラスをかけている。肩はいかついていて、全体に筋肉質で脂肪がないかんじ。ふくらはぎなどプリプリして、明らかにスポーツをしている [続きを読む]
  • ザツな性格。
  • 先週、ウチに遊びに来た友人M子はなんていうか・・・動きがザツなのだ。ウチに来て、さっそくリビングに入るなり、入り口付近の棚に飾ってあったフォトスタンドを倒して、入っていたガラスを割った。彼女が肩に掛けていたデカいバッグでなぎ倒したのだ。そして、大きな声を出して、ドタバタと猫に駆け寄る。「猫ちゃ〜ん!」猫は大きな声も、ザツな動きも大嫌い。瞬く間に別の部屋に逃げて行った。「んもう、あいかわらずM子はザ [続きを読む]
  • 変なモノ、買い物病。
  • ワタシは突然、小物がつくりたくなる「手芸病」にとりつかれることが定期的にある・・・が、なぜ、こんなものが欲しかったのか、自分でも全然わからない、変なモノを、つい買ってしまう「変ねモノ、買い物病」にもたま〜にかかってしまうのだ。3日ほど前に、ネットで購入したのがフロント部分がフェイクファーに覆われたスニーカーで、猫のようなたぬきのような、耳がふたつついている。つまりスニーカー全体がモフモフした毛の何 [続きを読む]
  • ワタシは魔法使いか。
  • 暑いよ、暑いよ。・・・ばかり言って、今日、自宅に来客がくることから逃げていた。部屋は掃除していない。せめてリビングだけでも、掃除機をかけたい。乾燥機から出したままの洗濯モノも、ソファの上に山積み。猫は猫草を倒して、フローリングの上に土をまき散らしているし・・・そうだ。昨日、リビングの大きな窓から見えるバルコニーに、プランターを置こうと、夏の花々を買ってきたのだ。ピンクのアンセりウムや小さいひまわり [続きを読む]
  • アートというもの。
  • 今日も絵の話です。・・・ワタシは仕事も趣味も絵には無関係なんですけどね。友人がアートというものをやっていて、展覧会があるというので、見に行った。自称作家と名乗る彼の個展や展覧会には、すでに何度も行ってはいるが。正直、彼が描いたり、つくったりするその絵やオブジェは何がいいのか・・・何のいいたいのか・・・いったい何のためにこの世に生み出されたのか・・・まったくもって、わからない。でも彼はとてもいい人で [続きを読む]
  • 一枚の絵、つづき。
  • ワタシの住んでいるマンションの1階、玄関のエントランスにセンスの悪い絵を寄付したのは・・・管理人さんをはじめ、住人までもが「先生」と呼んでいる、おかっぱ頭のオバサンだそう。仲良しで、マンションの理事会に出席している知人に聞きました。「ワタシ、あの絵がとてもこのマンションの雰囲気に合うとは思えないし・・・いや、むしろあのもっさい絵のせいでマンションの資産価値が下がるのであの絵、はずしてくださいよ」と [続きを読む]
  • 1枚の絵。
  • ある時からマンションのエントランスに1枚の風景画が飾られている。これが気になって、気になって仕方ない。だって、マンションの雰囲気に合っていないんですもの。マンションは全体にシンプルモダンなインテリアデザインなのにその風景画は、山と山裾に拡がる自然が描かれた素朴な、どちらかといえばもっさりした油絵なのだ。フツウ、この空間に何か絵を飾ろうと思ったら、絶対にこの風景画を選ばないだろう。おそらく住人の誰か [続きを読む]
  • まぶし過ぎる新人。
  • 会社で社会人1年生の女子といっしょに仕事している。最近の20代は「ゆとり」世代が話題になった頃くらいからか・・・大人しくて必要以上に人と関わることを避けているような、とてもヤル気があるとは思えない・・・そんな気がしていたのだけど。彼女は違う。どんな仕事でも、積極的に「参加させてください!」といい、自主的な提案なんかをしてきたりする。上司でもなんでもないワタシにさえ、大学時代にやってきたサークル活動か [続きを読む]
  • 恐ろしい手芸病。
  • あれをやろう、これもやろう・・・毎週、週末が来るたびに決意しているのに、結局は、何もできないで終わってしまう土日(休日)。もちろん今週もそうです。しかも・・・土曜日の夕方(つまり昨日の夕方)、なぜだか突然、無償に編み物がしたくなって、ニットキャップを編み始めるワタシ。ワタシは急に何か小物がつくりなくたる「手芸病」にかかっているのです。昨年は布切れでちまちま縫ったり、刺繍したりするブローチづくりには [続きを読む]
  • するどい、女友だち。
  • たびたびメールはしているけれども、しょっちゅうは会わない女ともだちに久しぶりに会った。「久しぶりに会えて今日は楽しかった」というような、別れた後のメールの最後に、「そういえば、ヤミイの髪の毛、ものすごく傷んでると思った」とあった。え、楽しかったね・・・なんて言い合った最後に、その一言って・・・ひどくない?そう思って、ちょっと傷ついていた。ワタシは今、セミロングの髪をゆるめに一つに結んでいる。うぶバ [続きを読む]
  • ビジネスの上下関係。
  • ビジネスの話です。世の中のいわゆる得意先といわれる立場の人たちって、どうしてあんなに嫌なヤツが多いのだろう。ふんぞり返って、ワタシたち出入り業者を奴隷のように扱う。最近崩壊したある会社の部長なんて・・・彼が得意先の立場です・・・ほんの数年前に、出入り業者であるウチの会社の部長を直球で「バカ」と呼んでました。「おいバカ、今日は何しに来たんだ。そんなに金が欲しいのか」なんて、あまりにもストレート過ぎる [続きを読む]
  • 上司に年収を訊く。
  • 会社の飲み会でけっこう偉いポジションにいる上司の年収がいくらか・・・なんて話になったので、その場にその上司はいるし、直球で、彼に「いくらですか?」と訊いてみた。そのような質問にまんまと答えるワケはないと踏んでいたのに、なんと上司は「今年は〇〇〇万円だよ」と端数まできっちり、あっさりと答えてくれた。まあ、酔っぱらっていたせいだと思うが。その答えに部下一同、「少な〜い」とあまりにも露骨な大合唱。実はそ [続きを読む]
  • 人の彼氏をとる的な。
  • ワタシ独特の思い入れで始めた習い事(とても特殊な)を、しかも、ワタシはその理想のスクールを相当の労力で探し出したというのに。いけしゃあしゃあと「私も、そのスクールに通いたい」という女が現れた。その名もオガワさん。ウソッ・・・あなたは違うでしょう・・・と。だって習い事みたいな趣味的なやりたいことの分野って、それぞれに違うでしょうに。特に大人になってからは。それでも、「やめてよ」とも言えずに、その習い [続きを読む]
  • 選挙、こぼれ話。
  • 選挙カーがワタシの横を通り過ぎて行った。その時、聞こえてきた台詞が・・・「決して怪しいモノではございません・・・」って。もう最終戦で、疲れ果てているのか、ノリなのか。そんな人に投票したくないよ、なんて思った日曜日の真昼間。▼ ランキングに参加しています。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 渋田という街が苦手。
  • 人の悪口ばかりを言っているせいか(自分では心の中で言っているつもり)、いや、それとは関係ないと思うけど、風邪を引いてしまった。外の暑さと冷房の寒暖差にカラダが追いつけなくて、夏風邪を引いてしまうことが、ままある。昨日はノドが痛く、熱っぽかったので、クスリを飲んで、早く寝た。ぐっすり眠ったせいか、今日はそこそこ持ち直しているけど・・・。しかも、昨日は用事があって、ワタシの嫌いな街、ワースト3に入ると [続きを読む]
  • おいおい、オガワさん。
  • ネガティバーなワタシだけど、人間観察は好きだ。しかも、ガンマさんのような超変な人のことは実は、たまらなく好きなのかも・・・と思うことがある。もしも、世の中がいい人ばかりだったら、それはそれはつまらないだろうなあ・・・と考えたこともあったし。といはいえ、日々の生活の中でムカッとさせる人は多い。そうだ、変な人というよりも、フツウの人の方にムカッとくるのかもしれない・・・。最近、ムカついているのは、欲し [続きを読む]
  • ガンマさんのプレイとは。
  • 先週の出来事。ガンマさんと、ガンマさんの部下のかわいい人とワタシの3人で打合せていた。かわいい人は入社3〜4年目の女性。顔立ちはハーフのようで、大きな瞳もやわらかくカールした髪も色が浅く茶色っぽい。ちょっとそばかすがあって、笑うと天使のように愛らしい。いつも仕事熱心で、何をするにも一生懸命。自分の考えをちゃんと持ち、はっきりとモノを言う姿勢が今っぽい。そう、かわいい人は、ガンマさんの社内彼女なのだ [続きを読む]
  • ガンマさん。
  • 気まぐれで始めたこのブログ。タイトルは前から決めていた。何かとネガティバーなワタシらしく、「いじわるおばさん」はグッドだと思っている。悪口や愚痴をいっぱい書こうって。笑ワタシは、自分は変わっている人間なんだろうなあという自覚はある。なんといっても、ものごとをまず否定的に見てしまう、ネガティバーなのだから。(たぶん子供の頃から)性格が悪いのだ。そんなワタシだからか、ワタシのまわりには変な人が多い。仕 [続きを読む]
  • 離婚友だち。
  • 自分が弱者と自覚して、対峙されるのが苦手だ。たとえば、ダンナと離婚問題で揉めている友人。彼らがいかにラブラブな夫婦であったかを知っているので、突然の険悪な状況に動揺する彼女を慰めたい気持ちもある。なので、なるべく彼女が望むような言葉を選んで、慰めたり、励ましたりしてきた。メールで愚痴を聞かされるのはまだいい。こちらの都合のいい時に返信すればいいのだから。なぜ、ラインをやっていないのか・・・と責めら [続きを読む]
  • カチンとくる言葉。
  • 「女性が輝く社会」というフレーズを耳にした時、違和感を感じた人は多いだろう。少なくともワタシは、カチンときました。これって、女性が輝いていないってことを認めてしまっているから。ああ、言っちゃった・・・てかんじ。でも、賛否で議論が盛り上がることすらなかったような。そして、もうあのフレーズあっという間に聞かれなくなったように思うけど。そして、最近、またもカチンとくるフレーズを発表している。それは「おと [続きを読む]
  • ブログのジャンル。
  • 今年の初め頃、とても久しぶりに同窓会があった。その時、会話もこなれてきた頃合いで、20年ぶりくらいに会った男子に「あなたって昔っから、本当のことしか言わなかったよね。今も、全然変わらない」と言われた。ワタシは好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと言うタイプ・・・という自覚は、あったけどいつも本当のことしか言わないタイプとまでは思っていなかった。そういえば、昔、心に思ったことがすべて言葉になってしまう人 [続きを読む]
  • ユニクロにて。
  • 買い物帰りに、ふらりと駅ビルのユニクロに入る。特に買うべきモノなどなかったのに。そして、店に入るや否や見つけてしまった。真っ白な、テロンとした生地の、ビッグシルエットのシンプルなブラウス。ワイドパンツやロング丈のラップスカートに合う。インでも、アウトでも、後ろは出して前だけインでも、きっと良い。先週、ワタシが定価22,000円でゲットしたブラウスに酷似したデザイン!直線的な裾のデザインは今ひとつだけど、 [続きを読む]
  • フェイスブック。
  • 昨日、前の会社の友人たちで飲み会をしたらしい。それも急きょ!とっても久しぶりだったので盛り上がったらしい。ワタシも誘われたらしいけど、ワタシが気づかなかったらしい。それはフェイスブックのメッセージで告知されたから。んもう。FBをやっている人で、アカウントを持っている人なら、み〜んな毎日、FBをチェックしていると思い込んでいる人っていますよね。ワタシは週に一回くらい、チェックする程度。FBは、大昔、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …