topcoach さん プロフィール

  •  
topcoachさん: サッカーは監督だ
ハンドル名topcoach さん
ブログタイトルサッカーは監督だ
ブログURLhttp://topcoach.hateblo.jp/
サイト紹介文トップの監督になるために必要な情報を集めたプラットホーム。日本のサッカーが発展することを願って。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 10日(平均11.2回/週) - 参加 2017/06/17 21:30

topcoach さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ユリアン・ナーゲルスマンから学ぶ Part3
  • photo:http://www.bundesliga.com/en/コーチングの30%は戦術的なこと、そして70%が社会的な能力によるもの。そう述べているナーゲルスマン。意外である。ナーゲルスマンは戦術の愛好者ではなく、むしろ人のマネージメント、チーム間における心理的属性と共生がより重要だと考えているようだ。選手たちは選手ごとに異なった方法でモチベートされ、それにそれぞれ対応することが大切。このレベルの選手たちは心理的な側面 [続きを読む]
  • ガンバ堂安律 オランダ経由プレミア行き
  • 昨日、ガンバ堂安律のオランダ、フローニンゲンへの電撃移籍が発表された。PSVやAjaxが目をつけていたようでここにきてフローニンゲンへの移籍である。フローニングってどこと言った感じであろう。FCフローニンゲン - Wikipediaようこそ堂安選手!来週フローニンゲンでお会いするのを楽しみにしています! @lovelovesoccer5 pic.twitter.com/9k46vPuGuP― FC Groningen (@fcgroningen) 2017年6月23日彼はオランダで成功でき [続きを読む]
  • 争いを恐るな!
  • コーチとして同じ方法を使わない。違う方法で選手を鼓舞する方法を見つけろ。コーチとしてコーチとしてクリエイティブか。それが上手くいかなかったとしても同じ方法を使うのか。枠を超えて飛び抜けろ。これはチーム育成のスペシャリストRené Felenの言葉である。彼はロナウド・クーマン(現エバートン監督)などを指導、アドバイスした経験がある。彼曰く、重要なことはどのように成功し、どのように失敗と向き合うかとう [続きを読む]
  • 金満クラブに勝つために
  • 選手オリジナルのプロフィール作りいつも、ある枠組みから出て考えたい。その一つに選手を管理したり、成長させるためにオリジナルのプロフィールを作っている。その理由は明確だ。同じ方法ではアーセナルやチェルシー、バルセロナような金満クラブには勝てない。資金力が違いすぎる。AZ アカデミーコーチそもそもクラブ強化の考え方として、金銭力を生かし、それを使って強化する方法。または、ビジョンやプログラムを成 [続きを読む]
  • Raise the bar
  • あなたは良い仕事をしている?あなたはいつもハードに働き、選手たちを向上させようとしているはずだ。そして、週末の試合で勝てるようにトーレニングしているはずだ。しかし、その努力の質を客観的に測ることは非常に難しい。ただ週末の試合に勝ってさえすればみんなが幸せだということは知っているはずだ。自分の後ろには選手の家族や友達、もしかしたらファンも後ろに立って喜んでいるかもしれない。そして、皆、声を掛 [続きを読む]
  • ユリアン・ナーゲルスマンから学ぶ Part2
  • ユリアン・ナーゲルスマンのサッカーつまりホッフェンハイムの分析動画を紹介しよう。konzeptfussballberlin.deビデオを観る限り、ホッフェンハイムは3−4−1−2でプレーし、アウグスブルクは4−4−2のフラットでプレーしている。ナーゲルスマンがなぜこのシステムでプレーしているのかビデオを見れば一目瞭然であろう。さらに下の表をみてお互いの噛み合わせを見て欲しい。①ビルドアップの際、バックラインで [続きを読む]
  • ユリアン・ナーゲルスマンから学ぶ
  • さてこのユリアン・ナーゲルスマンとは誰なのか。www.bundesliga.comブンデスリーガ史上最年少の28歳でホッフェンハイムの監督に就任し、今季はチームを3位に導いたドイツのトップコーチである。若い監督による革命が始まったドイツサッカー界。シャルケでは来シーズンから31歳の若者が監督の椅子に座る。まさに革命。就任後すぐにチームに変化が訪れる。ブレーメンがビルドアップの際、CBから左もしくは右のMFにバスが [続きを読む]
  • C・ロナウドのブレイン
  • 様々な取り組みのもとコーチやスカウトは常にプロの選手たちを育成してきた。もしくはその選手たちの未来を潰してきた。オランダのAZというクラブで新しい取り組みが始まった。子供たちにテレビゲームをさせるというものだ。これがトレーニングプログラムの一つに組み込まれたのだ。この取り組みはオランダのトップクラブであるPSVというクラブでも実験が進められているようでその名も『プレインプロフィール』。ここでは [続きを読む]
  • サイドバックのの効果的な活用
  • ■目的攻撃時におけるサイドバックのの効果的な活用。■オーガニゼーション・フィールドの半分・1つの大きなゴールとGK、2つの小さなゴールでGKなし。・5枚×2色のビブス・十分なボールをGKの横に設置■方法論・5対5+GK・ボールが出たら、すべてGKからスタート・2番、5番は点が取れる瞬間のみプレーできる。・相手チームは大きなゴールにシュートすることができる■コーチング・どこにボールがあるのか見る、それと同時に [続きを読む]
  • アンリが語るグラウディオラ〜3つのP〜
  • 元フランス代表、アーセナルやバルセロナでプレーしたアンリが語るペップのサッカー、戦術について。アンリいわくベップは3つのPを重要視していること。その3つとはPlay,Possesion,position.Play⇒サッカーをプレーすることPossesion⇒ポゼッションposition⇒ポジションなぜベップのチームはいつもボールが回り、点を取ることができるのか?ヒントはこの3つのPである。さらにアンリはアタッキングゾーンでは自由が与えられた [続きを読む]
  • パリサンジェルマンのビルドアップ
  • イブラが去ったPSG。今年のサッカーはどうなるのか?これはPSGのビルドアップの仕方を紹介した動画。日本のサッカーを見ていると誰と戦っているかわからなくなるが、彼らは相手としっかりと戦っている。それは、相手のフォーメーションによってどうやってビルドアップするのか決定している。なぜPSGはビルドアップの際、3人でボールを回しているのか?相手チームのFWの数は?フォーメーションは?PSG Tactics - Unai Em [続きを読む]
  • オランダの次期監督候補 インテルへ 〜フランク・デブール〜
  • オランダ代表時期監督候補がついに世界へ!元アヤックスからイタリアの名門、インテルへ。インテルの再建を託されたデブール。彼の手腕に期待がかかる。アルゼンチン代表のテべスもヨーロッパに復帰?それがまさかのインテル。長友選手も含め、今シーズンのインテルからは目が離せない!そんな彼の戦術を解説した動画。興味深い。Frank De Boer - Idee e Concetti Tattici del nuovo Allenatore dell' Inter F.C. [続きを読む]
  • 過去の記事 …