今村書店音楽教室 さん プロフィール

  •  
今村書店音楽教室さん: 地元に愛され50年 今村書店音楽教室
ハンドル名今村書店音楽教室 さん
ブログタイトル地元に愛され50年 今村書店音楽教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/imamura50/
サイト紹介文秋田県南秋田郡五城目町 創立57年の今村書店音楽教室のあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 61日(平均4.5回/週) - 参加 2017/06/18 17:34

今村書店音楽教室 さんのブログ記事

  • ピアノを始めた頃のあなたが
  • 6年くらい前だと思います。指導についての悩みを持っていた時のコーチングセッションで。「じゃあ、何歳になったら理想の自分になっていると思う?」「では、その理想の自分から、今の自分に言葉をかけてみて」という内容でした。理想の自分から、自分への言葉は「今は、コツコツ、目の前に出されたことをやりなさい。あせるな。【道具】が全てそろった時に、動き出すから」理想の自分から自分へのアドバイスは、妙に腑に落ちまし [続きを読む]
  • 生徒さんのアイディア
  • 先日のある生徒さんとのレッスンで。「よくわかってるね〜〜1回教えたら、忘れないものね」すると、こんな工夫をしていると教えてくれました。レッスンで、新しいことを習うと、お家に帰ってからすぐに、カードを作成するのだそうです。この生徒さんの 良い点は作ったり書いただけで満足せずに、それを使い、反復し、理解していることです。また、レッスンメモも、作っています。そして、これまた良い点は、書くだけで終わらせず [続きを読む]
  • リストの弟子
  • 特別レッスン関係の記事が続きます。先日の特別レッスンでのこと。「バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンは、大切。あと、ピアノを弾く人間にとって、ショパン、リストは、特別な作曲家だから、名前とキーワードは覚えましょう」という話をしました。〜〜〜〜リストを弾く時、思い出す言葉が、あります。恩師のご退官の時のことです。私達、門下生に向けて、こんなことをおっしゃいました。「私の留学時代の師は、エミールザウ [続きを読む]
  • アイスシューのツバメちゃん
  • 特別レッスンになると、1対1ではないので、いつもとは、また違う顔を見ることができます。〜〜数年前の夏休み。特別レッスンの最後に、アイスシューを食べたことが、ありました。園児クラスでのこと。アイスがついていた生徒さんのお口をティッシュでふいたら「わたしも、ついた!」「わたしも!」ツバメの子どもちゃんなみに、口をとがらせ「ふいてくれ」ポーズで待っていたお姫様方がいました。〜〜前回の特別レッスンで「は [続きを読む]
  • 言葉をおぼえる
  • 「上手に弾けているから、テンポをあげましょう」「先生、テンポって、何?」「速さのこと」次の次のレッスンで。「じゃあ、仕上げしようか」「先生、どのくらいのテンポで弾けばいい?」「覚えて、早速使ってるんだなあ」と思い、微笑ましいです。 [続きを読む]
  • 暗譜のための練習メニュー
  • 曲が長くなってくると「暗譜が出来ない」という生徒さんが 出てくるので、記しておきます。初歩の曲は、動きも、和音進行もシンプル。長さも5分以内に、おさまります。弾いていれば、自然に覚えるので、ほとんどの生徒さんは「暗譜のための練習」は、したことがないと思います。ただ、長く難しい曲にチャレンジしたい人も、出てくるでしょう。〜〜では「暗譜の練習は、どうしたら良いか」です。暗譜のための、私の「ある1日の練習 [続きを読む]
  • 物語をつくることと、優位感覚。
  • 生徒さんに、その曲にあった物語を作ることがあります。ただ、それを作る時に、全く違う目的で、作っていることが、あります。・もう楽譜通りには弾けていて「表現」のために、物語をつくる場合。・和音進行と、形式を覚えるために「分析」として作る場合。〜〜〜〜「表情づけ」のための物語は、「感性」を伸ばすため、生徒さんが感じた 自由な発想を採用しています。「分析」の時は、和音の性格に基づき、物語を私が作ります。あ [続きを読む]
  • 英語にチャレンジ!杜の学校サマーキャンプ
  • 潟上市のグリーンサムの杜。昨年、大好評だった杜の学校サマーキャンプを今夏も実施するそうです。↓杜の学校サマーキャンプ国際教養大から まねいたスタッフと、英語にふれあいながらの楽しいキャンプの一泊二日だそうです。大人気のイベントで、去年はすぐに定員に達したとか。 今年は、まだ若干のあきがあるそうなので、チャンスですね。7月31日〜8月1日。対象は、小学生です。くわしくは、ホームページへ。 [続きを読む]
  • 女子校感 満載
  • 金曜日のレッスン前。教室にアリが、大発生しました。黒いかたまりを見て、絶望しそうになりました。気を取り直し、退治したのですが、レッスン中に、また侵入してきました。そこで大活躍してくれたのが、5年生の女の子たち。どうしたら、奴らが入ってこないか、教えてくれたり、待ち時間に退治してくれたり。かっこよかったです。意外と、女子の方が、たよりがいがあったりしますね。何年も前の話ですが、男子は虫が平気だろうと [続きを読む]
  • 特別レッスンでの会話
  • ある生徒さん方が作曲家の表を見て、ヘアカタログさながら「バッハは、かつら」「モーツァルトも、かつら」「ベートーヴェンも、かつら」と、楽しそう。「ベートーヴェンは、違うよ」と正しました。髪の話ではありますが、そこで終わりではないんですね。そこは、歴史と関係してきます。 ベートーヴェンから あとの作曲家に、ウィッグは、いません。(個人的な事情により、いるかもしれませんが)芸術文化は、歴史と関係してくるの [続きを読む]
  • 夏休み中の補講日
  • 旅行等で、レッスンに来れない、でも欠席はしたくないという方は、補講日をご活用ください。(月に1回までは補講可)7月26日(水)14時〜16時19時半〜20時7月29日(土)11時半〜12時16時半〜17時17時半〜18時18時半〜19時8月11日(金・祝)14時〜21時※上記の時間が全て都合が悪い場合は、ご相談ください。 [続きを読む]
  • 続々・本番続き
  • 先週は、三種町で、大人の生徒さんが、本番。「まずまずの出来でした」と、演奏後すぐに、ご報告いただきました。力強いタッチの生徒さんなのですが、4・5の指の支えと、ひじの使い方が、うまくなってきました。今回は、曲に合った やわらかなタッチも、出来るようになりました。きっと、お客様に喜んでいただけたことでしょう。お仕事がお忙しく、レッスンを10分だけ受けて、帰ることも、あります。「先生、今日は10分で帰らせて [続きを読む]
  • 第3回特別レッスン
  • 7月26日(水)16時半〜17時 スイミー17時〜17時半 楽典18時〜18時半 スイミー18時半〜19時 楽典8月11日(金・祝)10時〜10時半 スイミー10時半〜11時 楽典前回と同じで、好きな方をお選びください。スイミーは、2年前に特別レッスンで やったものと同じです。音楽と物語のコラボは、いくつもやっています。生徒さんの反応を見ていると、一番わかりやすいのは「スイミー」のように感じます。教科書で勉強していて、内容を熟知している [続きを読む]
  • 第2回特別レッスン(写真)
  • 作曲家カード。調べもの中のお嬢さんに、問題を解いているお嬢さん。レッスンが始まるまで、お手玉をして遊ぶお嬢さん方。頭を使う皆様。椅子が足りなかったので、引っ越し。「はーい、引っ越ししまーす」「どこにいくの?外でやるの?」じっくり。じっくり。 [続きを読む]
  • わたしは、この調の響きが好きだな。
  • スケールテストをしていて、ある生徒さんが「わたしは、この調の響きが好きだな」と、言っていました。調性には、色々と性格があります。前出の生徒さんが気に入った調は、イ長調で、シャープが3つです。昔、ピアノを習っていらしたご父兄も、生徒さんも、シャープ、フラットが多い調を何故か「難しい」と、口にします。〜〜〜〜現代の音階は「平均律」という、すべての音が平等な調律が基本になっています。シャープやフラット [続きを読む]
  • ペン
  • 書きやすくて、お気に入りだったペンのインクが、ついになくなりました。次のペンはこちら。先ほどのペンも、こちらも、いただきものです。みんな、よく こんな面白いペンを見つけてきてくれるものです。わたしのスマホ置き。これも、実はいただきもの。小さい生徒さん方のいい間違いを面白く聞いています。「スマホのおじぞうさん」「神様」 [続きを読む]
  • 続・本番続き
  • 生徒さん、本番続き。先週の本番の生徒さんは、弾きにくい転調がある曲でしたが、弾ききったそうです。10年選手ですが、今までで一番、練習したと思います。大きな舞台で弾ききることができて、良かった、良かった。〜〜〜〜明日本番の生徒さんは、今日、本番前の最終チェック。離鍵のタイミングと、手首の抜き方の微調整をしました。メロディと伴奏形のバランスが、絶妙なので、聴いていて、自然です。〜〜〜〜来週本番の生徒さ [続きを読む]
  • もうすぐ夏休み
  • そろそろ、夏休みの旅行等の計画を立てていることでしょう。夏休み中のレッスン、特別レッスン、お休み等の日程は、来週以降にお渡しする予定です。補講日も、設けます。(注・補講は、月に1回まで)「欠席したくないけれど、旅行と重なる」といった方は、補講日をご利用ください。 [続きを読む]
  • 最近のレッスン・2
  • 初級2以上の生徒さんは、だいぶ、譜読みができるようになってきました。指は、今年1年を通して強化中。急には強くなりませんから、じっくり向き合っています。譜読みがうまくなりはじめた生徒さんの 次の課題は、「自分勝手な間をとらないこと」です。〜〜〜〜ピアノは、他の楽器と違い、1人で完結できる楽器。伴奏や、連弾の時以外は、全て1人です。そうすると、音楽を停滞させたり、へんな間を作ったりもしやすいです。去年1 [続きを読む]
  • 最近のレッスン
  • ピアノ男子は、貴重な存在です。(女子も、もちろん貴重)あるピアノ男子が、高校生オネエサマに「かわいい!」と、絶賛されていました。「やだよ」と、言いながらも照れた顔が、かわいかったです。〜〜〜〜音符柄の靴下をはいてくる生徒さんが、何人も います。「すてきね」と言うと「ピアノのレッスンに はこうと思って、月曜から我慢してた」「今日は、ピアノだから」等々。レッスンを特別な日のように感じてくれていて、嬉しい [続きを読む]