waguri さん プロフィール

  •  
waguriさん: 和栗のいえ
ハンドル名waguri さん
ブログタイトル和栗のいえ
ブログURLhttp://wagrinoie.blogspot.jp/
サイト紹介文神戸で注文住宅を建てる。頭金0でフルローン。建築条件付き土地だけど完全自由設計。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 66日(平均6.7回/週) - 参加 2017/06/18 19:40

waguri さんのブログ記事

  • 外構〜仕様かたまる
  • 虫の飛来や住み着き対策雑草の予防駐車スペースのデザイン考案砂利や敷石の選定植栽の選定様々な葛藤の末の減額調整家の外観を大きく左右する外構工事。そのタイミングはだいたい家作りの後半。いや、フィナーレと言っていいほど最後の最後。予算のほとんどを家自体に使い果たし、とっておいた外構予算では出来ることに限界があると判明した時には充てる予算がない。我が家もそうゆう時期に来たんだなと思うと感慨深い。が、感慨に [続きを読む]
  • 外構〜石木を愛でる
  • コスト的なことも含めて最終的に外構を誰に依頼するかを考える時期にきていた。W建設でお願いするか別の外構屋さんと契約するかどちらでやっても住宅ローンは使えるっぽいことはW建設の営業さんに確認済み。あとはデザイン提案力と見積り次第だ。で、詳細は前の記事で書いたから割愛するが近所の外構屋さんにシカトされたから結果的にW建設でお願いすることになるのだが、そのシカトガーデン(仮)との打ち合わせでとても大きな収 [続きを読む]
  • 外構〜駐車スペースの土間コンがダサい
  • なんかダサい。なんだろう。このプラン。いいんだけど、なんか違う。タイヤの乗る部分が凹んでワダチになるのを防ぐための土間コンがどうしようもなくダサい。タイヤが転がる部分だけをコンクリートにしてるから縦に細長くスリット状に砂利を分断してていかにも「ここに車を停めることとする!」って四角四面のステレオタイプのありきたりのオーソドックスの見慣れたあんちくしょう。なんとかならんか、この形。いろいろ考えて楕円 [続きを読む]
  • 外構〜草虫対策
  • 外構計画でぼくらが真っ先に取り組んだのは、虫の飛来や住み着き、雑草の繁殖をいかに防ぐかということ。虫や雑草は土を好む。湿った土を、ミクロな有機物に富んだ土を、肥よくな大地を好む。たぶん。おそらく雑草なんかは土がなければ生存できない。ぼくらにできるのは、できるだけ土の面積を減らし、無機質な人工物で覆うこと。ここはなんとしてもコンクリートの施工面積を多めにしたい。かといって全面コンクリートではコストが [続きを読む]
  • 外構〜プロローグ
  • 自動車は2台駐車できること雑草の手入れイヤ虫がムリ防犯性は高く和の趣を持つガスメーターはなるべく外側ガスメーターは隠れるようにコンクリートのタイヤ痕がイヤ外構を検討する際にぼくらが出した要望。W建設では外構のデザインも設計さんが担当する。外構工事はW建設の下請けさんがやってくれる。そうすれば外構費をローンに組み込めるし打ち合わせも簡単。段取りもスムーズ。もちろん外構のみ外部の業者にお願いすることもで [続きを読む]
  • 失敗感漂うウォークイン本棚システムのはなし
  • 仕事柄、ぼくら夫婦はふたりとも多くの専門書を所有している。およそ、ハイタイプの本棚2.5台分。どこぞのマンガおたくが所蔵するマンガ本の数には遠く及ばないが、夫婦ふたり暮らしの家には少し多い感触。定期的に整理してはいるが、仕事で必要になる可能性があるためなかなか減らすことができない。しかし新居では棚的な家具を一切置きたくないという希望があった。そこで、最初のプランでは廊下の突き当りの壁一面を本棚にして [続きを読む]
  • 不用品と引越し見積り
  • 家電は全て買い替える。タンスや本棚などの家具は一切置かない。新居には、古いものは一切置かない。古いものはぼくらだけ。なんつって。これは家の設計段階から決めていたこと。新しい家電は購入済みで、引き渡しから引越し前後に新居へ運ばれる段取り。タンスは置かずに全てクローゼットの中。本棚も置かず、物置クローゼット全体を本棚にするという画期的なシステムを考案。食器は全てカップボードの引き出しの中に収納。TVボー [続きを読む]
  • 真夏の施主検査
  • キョウモーニポンワーアツカタネーこんなクソ暑い日に、エアコンのない完成直前の住宅で、約3時間。うちの断熱材ダイジョウブ?機能してる?ってくらい暑かった。と、書いてる最中にテレビの速報「京丹後市で大雨警報」何この天気。今日は待ちに待った施主検査の日。施主検査における三種の神器。草薙の水平器八咫の懐中電灯八尺瓊のビー玉施主検査ではこれらを携えて万全の状態で迎えるのが、新居に対する施主の最低限の礼儀。ぼ [続きを読む]
  • フルローン施主のやさしいミカタ
  • ぼくらは今、家を建てている。決して景気がいいとは言えないこのご時世に、うん千うん百万円もの大借金をして、家を建てている。頭金0円でフルローン。石橋を叩いて砕いて残骸をスッキリ掃除してから新しい橋を架けて渡るタイプの慎重派の人びとには正気の沙汰とは思えないかも。自分でも信じられないんだけど来年ぼくは40才になる。おっさんである。しかし3年前は学生だった。30半ばでハイティーンのクラスメイトと専門学校の講義 [続きを読む]
  • 照明計画ハイセンス
  • 今日の記事は、書くことあまりないかな。だって、うち、ダウンライトしかないから。高天井と見せ梁とDL最初のうちはなんとなく他の施主ブログにあるようなペンダントライトとか施主支給したりすんだろうなと思ってた。どうせぼくのような個性のない、当たり障りのない、毒にも薬にもならない、なんの特技も特徴もセンスも身長も武勇伝も才能もない人間は、どっかで見た誰かのマネして満足してんだろうなと。キッチンには小さな三連 [続きを読む]
  • 和栗のトイレ
  • 172600円で造作手洗いカウンターを作る。とはいえ、何にどれだけ費用がかかるかなんてわかるはずもなく、とにかく「こんな感じ」ってイメージを伝えてあとは見積りを待つだけ。で、予算オーバーしていればデザインから見直すか安い材料を探して減額調整するしかない。デザインについて、妻からの要望はふたつ。給排水管が見えないこと。手洗いカウンターに収納を兼ねること。給排水管はカウンターが付く壁全体を少しフカして壁給水 [続きを読む]
  • トイレ手洗いがダサくてつらい
  • 1階にひとつだけ設置されることになった我が家のトイレ。妻の強いコダワリでタンクレスのアラウーノS2にアップグレードされている。ぼくはね、手洗い付きのタンクが着いたW建設標準のトイレでもよかったんだけど、妻の強いコダワリだから。これ、絶対うごかないから。 標準トイレ。こうゆうの。アラウーノS2へのオプション差額は77400円。で、タンクレストイレの場合、手洗いをトイレの中かすぐ近くに設置しなければならない。絶対 [続きを読む]
  • 2階にトイレはいらない
  • 我が家のトイレは1階のひとつだけ。その昔、半年くらい前、間取りが3LDKで大人4人が暮らす新居をプランニングしていたときは特に迷うことなく1階と2階にトイレをつけるつもりでいた。しかし妻の両親が同居しないことになって、じゃあそんなに部屋数いらないねってなって、間取りが1LDKになって、坪数も減らせたんだけど坪数が減ったら施工面積が30坪きっちゃって、W建設は施工面積が30坪以下になるとトイレがひとつになるルールで [続きを読む]
  • 和栗の洗面化粧台
  • 我が家の洗面化粧台はPanasonicのC-LINEと決まった。自分たちなりにカスタマイズできるし、Panasonic製だからキッチンの扉パネルと同じベリティスカラーのオーク柄が使えるし、幅とか洗面室に合わせて現場でカットできるし、やりようによってはシャレオツに出来なくもない。C-LINEに決まるまでは、もう造作するしかないのかなと思った。カクダイやらサンワカンパニーやらのカタログを読み漁った。常滑焼や信楽焼の洗面ボウルにした [続きを読む]
  • 洗面台がダサくてつらい
  • 2017年8月1日 洗面化粧台 施工Panasonic C-LINE W1200 オーク柄 洗面化粧台。男のぼくは歯磨きか髭剃るときくらいしか使わない。基本的に家族しか使わない。普通の間取りなら風呂の前だし、北側の1階だし、用事がなければいかないし。行っても1日2〜3回だし。ってことであまりこだわるところはないと思ってた。最初は。W建設の標準はLIXIL「MV」、Panasonic「C-LINE」、TOTO「STシリーズ」の3つ。LIXILはビルダー向けの商品でたぶ [続きを読む]
  • 現場へ差し入れブギ
  • 我が家の着工は4月末。5月の連休をはさんで基礎配筋に基礎打設と進んで上棟は5月22日。6月には大工さんによる内装木工事が始まった。6月といえばこれから本格的に暑くなる、という時期。そして引き渡しは9月の前半が予定されている。つまり、我が家の建設に関わる職人さんや業者さんは、うだるような暑さの中、エアコンのない現場で汗水垂らして必死に働いてくれてるということ。それならば多少の出費は覚悟して、精一杯の差し入れ [続きを読む]
  • コダワリの壁紙
  • 壁紙を決める直前までは場所によってコロコロ壁紙を変えるのは控えようと考えていた。けどやっぱりタダで変更できるわけだし、せっかくの注文住宅だし、誰に見せるでもないけどぼくらのカラーを出していきたいし、色々やってみたくなるのが人の性。まずコダワリを見せたくなるのがトイレ。トイレといえば御不浄モノではあるけれど、だからこそ、約0.75坪の狭い空間を、まるで坪庭のような、眺めてるだけでホッコリするような、そん [続きを読む]
  • 和栗の壁紙
  • 2017年7月下旬 壁紙施工完了キレイキレイ!我が家のコンセプトは和栗。かといって壁紙を茶色一色にする気はない。でもなんとなく薄っすらと意識はしていたりするし、あまりにも「和栗のいえ」から逸脱した色や柄は採用できない。したくない。まずは基本となる壁紙を選ぶ。設計さんから借りたサンゲツとシンコールのカタログ。どちらのメーカーも大きくて分厚いヤツと小さくて超分厚いヤツの2冊ずつ。設計さんが言うには小さくて超 [続きを読む]
  • waguri’s kitchen Heaven
  • 我が家のキッチン、ラクシーナ。最初の計画ではI型キッチンを造作壁にくっつけてなんちゃって対面キッチン+カウンターというよくあるプランで進んでいた。これなら差額はカウンター造作代だけで済む。造作壁をキッチン扉パネルと同じ色柄にしたいと妻。似た柄はありますと設計さん。全く一緒にはならないでしょと妻。なるほど。ふむふむ。なんちゃって対面キッチンだとコンロの前に耐力壁がつくのがイヤ。ズビーンと視界が開けて [続きを読む]
  • waguri’s kitchen〜ぼくらの選択
  • ラクシーナとクリンレディ。どちらを採用するか。ブランドイメージと基本性能重視の妻はクリナップ派。先進技術とコストパフォーマンス至上主義のぼくはPanasonic派。なんにも知らんけどフラットな頭でなんとなく考えてみると、耐久性や使いやすさなどキッチンとしての基本性能はクリンレディがだいぶ上をいっているだろうなと想像。やっぱり長年キッチンだけを作り続けてきただけのことはあるだろうと。キッチンが売れなかったら [続きを読む]
  • waguri’s kitchen〜4つの候補
  • 2017年7月13日 キッチン施工panasonic Lacucina オーク柄 ペニンシュラスリムタイプ(750ミリ)キッチンが入ると一気にLDK感でるよね。W建設標準はタカラスタンダード、クリナップ、woodone、Panasonicから選択。タカラスタンダードホームビルダー向けのオフェリアっていうモデルでまあまあ普通のグレードなんだろうけどデザインが古臭い感じでショールームのスタッフもあまり売る気がないのかセールストークがイマイチ。今住ん [続きを読む]
  • 土地建物同時契約白書
  • W建設では土地の契約と建築請負契約を同時にしなければならないという、聞く人によってはそれだけで悪徳企業のレッテルを貼られてしまうような決まりがある。建築条件付き土地の場合、一般的には土地の契約後3ヶ月以内に建築請負契約となるらしい。その3ヶ月間で建物の詳細な仕様を決めて見積りもしっかりと出すそうな。それから建築請負契約を結び、施主は契約金を支払う。それが土地建物同時契約となると「施工面積はご家族4人で [続きを読む]
  • 条件付き土地で家を建てるということ
  • さて、コレを書いている2017年7月下旬。内装は壁紙が施工真っ最中で外観はほぼ終わり。あとは壁紙すべて貼ったら洗面化粧台やトイレが設置されて建物は終了。外構は現在打ち合わせ中。来月8月中旬には施主検査が控えており、順調にいけば9月中旬には引き渡しとなる。ぼくらが建てている家は、建築条件付き土地での完全自由設計の注文住宅。ここまで家づくりを進めてきて、世間で言われている建築条件付き土地に関する噂やクチコミ [続きを読む]
  • 階段〜結コンポーネント編
  • 紺鼠色の踏み板問題。EIDAIでフローリングと階段を注文する場合、ほとんどの柄でフローリングと階段を同じ柄にすることができる。フローリングが紺鼠色なら階段の踏み板も紺鼠色。統一感が重要との主張を絶対に崩さない妻がプレジデントとして君臨する我が家では当然の選択。しかし里床シリーズに対応した踏み板はBOXタイプの設定しかないそうな。BOXタイプということは化粧面が前方の木口(断面)と踏み面の2面だけとなる。裏面や [続きを読む]
  • 階段〜抗エンドウォール編
  • ぼくらの想像では、階段のすべての段はスケルトンだった。すべての蹴込み板はなく、すべての踏み板の下はなにもない空間が存在するはずだった。??こんな感じ。最下段の踏み板浮いてるけど。しかし、いよいよ階段の細かい仕様決めをしようという打ち合わせで、設計さんがもってきた立面図はぼくらの想像と違った。我が家の階段は1階ホールから1段昇ると2段目は正方形の踊り場があり、90°右に曲がって10段昇り、最後の1段でまた正 [続きを読む]