Narapicchan さん プロフィール

  •  
Narapicchanさん: Narapic 奈良の写真いろいろブログ
ハンドル名Narapicchan さん
ブログタイトルNarapic 奈良の写真いろいろブログ
ブログURLhttps://narapic.com
サイト紹介文奈良の風景、古刹、花などを撮っています。写真が好き、奈良が好きな方はぜひ覗いてみてくださいね。
自由文奈良在住。奈良の美しい自然と世界遺産、お寺、お花などの写真を撮ってます。
https://narapic.com/若草山/
また、アマチュアオーケストラでヴァイオリン弾いてます!
興味のある方、見てくださいね!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 59日(平均4.9回/週) - 参加 2017/06/19 17:27

Narapicchan さんのブログ記事

  • 八角円堂の美
  • 全国的にも珍しい八角円堂が奈良にはたくさん現存しています。八角円堂とは寺院などにある八角系の建物のことで、代表的なものが法隆寺の夢殿です。奈良には奈良時代からの八角円堂が5つ現存しています。1.法隆寺夢殿(奈良時代)2.法隆寺西円堂(鎌倉時代)3.興福寺北円堂(鎌倉時代)4.興福寺南円堂(江戸時代)5.栄山寺(奈良時代)法隆寺夢殿(奈良時代)法隆寺西円堂(鎌倉時代)興福寺北円堂(鎌倉時代)興福寺南円堂(江戸 [続きを読む]
  • 夏の鹿寄せ-ホルンの音色-
  • ホルンの音色で鹿を呼び寄せる鹿寄せは夏の間の日曜・祝日の朝に行われています。まず係りの方から説明があります。夏バテなどでちょっとしか集まらないこともあるそうです。ナチュラルホルンの音色が響きわたって待つことしばし。本当に来るのかみなさんで固唾を飲んで見守りました。しばらくすると東の通路から鹿がいっぱい走ってきました!可愛い!どんどん走ってきます。第2弾が。どんどん集まってきます。約100頭くらいだそう [続きを読む]
  • 夏の鹿寄せ-ホルン-
  • ホルンの音色で鹿を呼び寄せる鹿寄せは夏の間の日曜・祝日にの朝に行われています。まず係りの方から説明があります。夏バテなどでちょっとしか集まらないこともあるそうです。ナチュラルホルンの音色が響きわたって待つことしばし。本当に来るのか観客みんなで息を詰めて見守りました。そうすると東の通路から鹿がいっぱい走ってきました!可愛い!どんどん走ってきます。第2弾が。どんどん集まってきます。約100頭くらいだそうで [続きを読む]
  • 奈良の夏 燈花会
  • 奈良の夏の風物詩、燈花会が始まっています。1300年前に都として栄えた奈良。世界遺産の広大な自然の中に古代日本の面影が今も残ります。燈花会は1999年に始まりました。毎年8月の10日間、奈良公園一帯を優しいろうそくの灯りで照らします。年々盛大になりろうそくの数も2万本を超え、約90万人の観光客が訪れます。燈花会の燈火とは灯心の先に形成される花の形をしたロウの塊のことで、仏教において縁起の良いものとされています。 [続きを読む]
  • 奈良の夏 燈火会
  • 奈良の夏の風物詩、燈火会が始まっています。1300年前に都として栄えた奈良。世界遺産の広大な自然の中に古代日本の面影が今も残ります。燈火会は1999年に始まりました。毎年8月の10日間、奈良公園一帯を優しいろうそくの灯りで照らします。年々盛大になりろうそくの数も2万本を超え、約90万人の観光客が訪れます。燈火会の燈火とは灯心の先に形成される花の形をしたロウの塊のことで、仏教において縁起の良いものとされています。 [続きを読む]
  • ひまわり
  • 馬見丘陵公園のひまわり祭りに行ってきました。見頃を過ぎているものもありましたが、元気に咲いていました。これぞひまわり、夏!という感じです。ひまわりにはたくさんの種類があります。これは背の低いひまわり。色鮮やかで可愛いです。こちらは背がたかくて真ん中も全てが黄色です。こちらはコスモスみたいな小さな花です。ひまわり以外にもたくさんの花が咲いています。東を向いています。太陽の方に向くのは生長が盛んな時期 [続きを読む]
  • 藤原京の夏
  • 藤原京跡の蓮の花が見頃を迎えています。とても広い蓮池にたくさんの蓮の花が植えられていてとても綺麗です。大人の身長より高く伸びていて下から見上げるようなところもありました。遠くに畝傍山が見えます。畝傍山の麓には橿原神宮があります。パステルカラーで可愛いです。蓮の花は仏教では神聖な花とされています。蓮の花は明け方に咲いて昼前に閉じることを3日間繰り返すと散ってしまいます。藤原宮跡蓮ゾーンには3つの蓮池が [続きを読む]
  • 唐招提寺の蓮
  • 唐招提寺の蓮を見てきました。見頃を過ぎていて花は少なかったですが、ひとつひとつのお花が立派でとても綺麗でした。植木鉢に植わっている蓮も多いですが、唐招提寺は池に植えられています。井戸の水がずっと流れているので水が冷たく、開花時期は他のお寺よりは遅いそうです。大きな葉が太陽に向かっていました。講堂とても大きくて立派な建物です。平城京の東朝集殿を移築・改造したもので、760年ごろに平城宮の改修に伴って移 [続きを読む]
  • 世界遺産
  • 奈良には三ヶ所の世界遺産があります。「法隆寺地域の仏教建造物」「古都奈良の文化財」「紀伊山地の霊場と表参道」です。世界遺産とは「顕著な普遍的価値」を持つ自然や文化財を世界遺産条約に基づき「世界遺産リスト」に記載して国際的に守っていくことです。世界遺産を宝物として紛争や、開発、自然環境破壊などから守り、次世代へと残していくことは自分たちの文化について理解を深めるだけでなく、自国だけではなく互いに環境 [続きを読む]
  • 東大寺法華堂二つの建物
  • 東大寺法華堂は平安時代に建てられた東大寺最古の建物です。東大寺境内の丘陵部に位置しています。東大寺の前身寺院で金鐘寺(きんしょうじ)の遺構とされています。別名三月堂と言われ、旧暦三月に法華会が行われたことから三月堂と呼ばれています。元は寄棟造の正堂(しょうどう)と礼堂(らいどう)が軒を接して建てられていましが、鎌倉時代に礼堂を入母屋(いりもや)造りに改築して2棟を繋いだものです。正堂は奈良時代の建 [続きを読む]
  • 奈良のおすすめ寺社Best5 Ver.Ⅱ
  • 奈良のおすすめ寺社Best5の2回目です。つまりBest10ということですけど。。。1.法隆寺法隆寺は飛鳥時代の創建で、世界最古の木造建築として広く知られてます。607年に聖徳太子と推古天皇が造りました。広さ18.7平方メートルの広大な境内に飛鳥時代をはじめ各時代の建築物が軒を連ねています。1993年には日本で最初に世界遺産に登録されました。五重塔と金堂とても大きく迫力があります。初重と五重の大きさの減少が高いことが特徴 [続きを読む]
  • 春日山原始林
  • 奈良市の東部山並みにひときわ美しい稜線を描いているのが春日山原始林です。標高498m、面積約250haの春日山は古来春日大社の神山として信仰の場であったため、ほとんど斧を入れず9世紀ごろには禁伐例が出されるなど、積極的な保護がなされたため原始性を保っています。鬱蒼と茂った木々は常緑広葉樹の樫やシイ類を主とし、藤、カギカヅラやシダ植物などが多く生息しています。その数は800余種類で、多彩な植物社会が形成されてい [続きを読む]
  • 大阪港開港150年
  • 大阪港は慶応4年(1868)7月15日に開港し近代貿易港としての歩みが始まりました。そして今年150年を迎え様々なイベントが開催されています。大阪・天保山岸壁に停泊中の大型クルーズ客船「スーパーヴァーゴ」を普段見ることのできない海側から見よう!という特別企画がありました。午前中はこの小さめの船で15分間大型客船の周りをめぐります。午後は少し大きい帆布船「サンタマリア」で45分間大阪港を周遊します。「サンタマリア [続きを読む]
  • 旧奈良監獄最後の見学会
  • 旧奈良監獄は明治政府が監獄の国際標準化を目指して計画した五大監獄(千葉・長崎・鹿児島・金沢・奈良)の一つで現存している唯一のものです。建物は美しい煉瓦建築として歴史的価値が高く、意匠的にも優秀と評価されています。今後は外観を残しながら耐震補強や改装をし2020年をめどにホテルや資料館など複合商業施設としてオープンするそうです。ロマネスク調様式の表門(正門)設計は山下啓次郎氏で、明治・大正期の建築家です [続きを読む]
  • 南都七大寺栄華をめぐる
  • 南都七大寺とは奈良時代に平城京(南都・奈良)及びその周辺に存在して朝廷の保護を受けた7つの大寺を指します。興福寺(奈良市登大路町)東大寺(奈良市雑司町)西大寺(奈良市西大芝町)薬師寺(奈良市西大寺芝町)元興寺(奈良市中院町・新芝屋町)大安寺(奈良市大安寺)法隆寺(生駒郡斑鳩町)また法隆寺は斑鳩にあるので、法隆寺の代わりに唐招提寺を加えるという説もあります。また西大寺の代わりに川原寺(現在の弘福寺) [続きを読む]
  • 業平の不退寺
  • 不退寺は809年(平安時代)在原業平が建立しました。正式には「不退転法輪寺」と言います。寺というよりは平安期の貴族住宅を忍ばせるたたずまいで王朝風の優美さにあふれています。平安遷都ののち平城京を懐かしむ平城天皇は上皇として都を再び平城京に戻すことを画策しましたが成功せず、都を逃れてこの地に萱御所を営みました。萱(かや)ぶきだったのでこのように言われました。都が映っても奈良を愛し続けたんですね。上皇が [続きを読む]
  • 絶景の白毫寺
  • 白毫寺は若草山、春日山に続いて南に連なる高円山の麓にあります。100段あまりの古い階段を登り詰めると、眼下に奈良の町が広がります。正面には矢田丘陵、その奥に二上山、信貴山、生駒山などの山並みが見渡せます。この眺望とともに花のお寺としても有名です。春の五色椿と秋の萩です。五色椿は3月下旬から赤や白、ピンク、紅白の絞りなど大輪の花を一本の木に咲かせます。樹齢400年を超えていて、東大寺の「糊こぼし」、伝香寺 [続きを読む]
  • 南都七大寺大安寺
  • 大安寺は奈良中心部にあります。南都七大寺の一つで、東大寺、唐招提寺、興福寺、元興寺、薬師寺、西大寺とともに奈良時代に平城京周辺に位置し、朝廷の保護を受けた七つの大寺として栄えました。聖徳太子が建てた「熊凝精舎」(くまごりしょうじゃ)が官寺になり、その後に移転し改称したとされています。平城京に移って大安寺と称した時の伽藍は東大寺、興福寺と並んで壮大であり、東西に2基の七重塔が立ち、南大寺とも呼ばれて [続きを読む]
  • 三重塔めぐり
  • 奈良には飛鳥時代、奈良時代から残る国宝の三重塔が5つあります。三重塔は仏教の祖である釈迦の舎利(遺骨)を納める仏塔の形式です。同様のものに五重塔などがあります。内部は三階建というわけではなく、軒を支えるために複雑に木組みがなされていて上階に登ることはできません。古い順に並べると、1.法起寺の三重塔(生駒郡斑鳩町)2.薬師寺の東塔(奈良市)現在修復作業中3.當麻寺の東塔(葛城市)4.當麻寺の西棟(葛城市)現 [続きを読む]
  • 奈良のおすすめ寺社Best5
  • 私が思う奈良のおすすめ寺社ベスト5を書きたいと思います。奈良県には大小含めて約1500もの神社があります。その全てを知っているわけはではありませんが私が思うおすすめ神社ベスト5をあげたいと思います。1.唐招提寺759年(奈良時代)に創建された神社で、金堂がとても美しいです。境内は緑が美しいです。2.東大寺やっぱり奈良と言ったら東大寺。東大寺大仏殿以外にも二月堂、法華堂、戒壇堂など素晴らしい神社が広い奈良公園に [続きを読む]
  • 奈良のおすすめ寺社Vest5
  • 私が思う奈良のおすすめ寺社ベスト5を書きたいと思います。奈良県には大小含めて約1500もの神社があります。その全てを知っているわけはではありませんが私が思うおすすめ神社ベスト5をあげたいと思います。1.唐招提寺759年(奈良時代)に創建された神社で、金堂がとても美しいです。2.東大寺やっぱり奈良と言ったら東大寺。東大寺大仏殿以外にも二月堂、法華堂、戒壇堂など素晴らしい神社が広い奈良公園に点在しています。南大門 [続きを読む]
  • 室生寺
  • 室生寺には法隆寺に次いで古い五重塔があります。桧皮ぶきの屋根や丹塗りの組み物が奥深い樹林に包まれて格別の風情があります。そして山奥の神秘的なシャクナゲの寺でもあります。800年頃(平安時代)高さは16mで興福寺五重塔の1/3ほど。初重と五重目の屋根の大きさがあまり変わらず、屋根に厚みがあってでが深いのが特徴です。1998年9月の台風7号の強雨風でそばの50mの杉の木が倒れた際に屋根が壊れる被害を受けました。心柱を含 [続きを読む]
  • 當麻寺と二上山
  • 當麻寺は古代大和の西方に位置し、白鳳・天平様式の大伽藍を有する古刹です。広い境内に大きな伽藍があり、古代の三重塔が二つ東西一対で残る日本唯一の寺です。612年(飛鳥時代)に聖徳太子の弟が創建したのが始まりです。ある日お寺を二上山の東麓に移すように、という夢を見ました。二上山は大和では落日を象徴する山なので、山の東側こそ祈りの地としてふさわしいということだったのでしょう。しかし壬申の乱の混乱で寺の移設 [続きを読む]
  • 世界遺産法起寺
  • 法起寺は法隆寺とともに世界遺産に登録されています。斑鳩の田園風景にいきなり三重塔があらわれ歴史ロマンを掻き立てられます。法起寺は606年に聖徳太子が法華経を講説された岡本寺を寺に改めたことが始まりで、法隆寺、四天王寺、中宮寺、広隆寺、橘寺(聖徳太子生誕寺)、葛木寺とともに太子建立七ヶ寺の一つに数えられています。三重塔高さ23.9m。706年(飛鳥時代)に建立された日本最古の三重塔です。上層に行くほど小さくな [続きを読む]
  • 大神神社
  • 大神神社は日本最古の神社と言われています。「日本書紀」や「古事記」に古墳時代から先住民が拝んでいたという記載があるそうです。御神体は三輪山で、本殿は設けず山を拝むという古来の様式です。三ツ鳥居を通って三輪山を拝みます。三輪山にはご祭神の奥から三輪山に登ることができます。高さ467メートル、周囲16キロメートル、面積350ヘクタールで、奈良盆地をめぐる青垣山の中でもひときわ形の整った円錐形の山です。 [続きを読む]