戦国 さん プロフィール

  •  
戦国さん: 戦国武将と城と御朱印と
ハンドル名戦国 さん
ブログタイトル戦国武将と城と御朱印と
ブログURLhttp://ameblo.jp/sengokub/
サイト紹介文戦国武将と城と武将ゆかりの御朱印について紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 58日(平均3.0回/週) - 参加 2017/06/19 20:31

戦国 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 甘崎城
  • 愛媛県今治市にある海城です。あまり知られてませんが、海城としてけっこうすごい城なんです。年に数回しか渡れなくて、この日ちょうど休日の明るい時に渡れるであろう、大潮の干潮を狙ってやってきました。 そしてついに・・海割れしました(^^)/ ここは和田竜さんの「村上海賊の娘」に出てきた村上吉継の居城で、後に藤堂高虎が近世城郭にした海城です。村上吉継は伊予河野氏の家臣で、来島村上氏の一族ですね。伊予の戦国史で [続きを読む]
  • 根来寺(御朱印)
  • 和歌山県岩出市の根来寺です。ずいぶん街から離れたところにあるイメージでした。車じゃなければきつそうです。新義真言宗の総本山。ここにも粉河寺同様、和歌山の独立勢力である根来衆がいました。織田信長を狙撃した杉谷善住坊が門徒ともいわれますが、織田には好意的な勢力だったようです。長篠の戦いにも織田方として参戦していたという説も。しかし、豊臣秀吉の紀州征伐でいくつかの伽藍等を残して焼かれてしまいました。 不 [続きを読む]
  • 紀州東照宮と紀三井寺(御朱印)
  • 和歌山県和歌山市の紀州東照宮と紀三井寺に行きました。どちらも紀州徳川家の庇護を受けた神社です。 紀州東照宮徳川家康と頼宣が祭られています。けっこう長い階段でした。この門を中から外を見たら海が見えて綺麗な景色です。家康を祭っているので東照宮ですが、東照宮といえば猿でしょうか。可愛い猿がいる御朱印です。 紀三井寺ここも階段が長かったですね。その分景色も良いので心地はいいです。御朱印です。 戦国時代ランキ [続きを読む]
  • 和歌山城
  • 和歌山県和歌山市の和歌山城です。紀州徳川家の城ですね。暴れん坊将軍の城という程度の認識しかなかった私ですが、訪問してみると優美な城に感心しましたよ(*´ω`*)外郭は関ヶ原の戦い以前の野面積み、内郭は以後の打ち込みはぎ、切り込みはぎが石垣の特徴です。リスさんがいました(^^♪天守は再建です。ここも戦災で焼失しまして、残っていたらすごい城だったんだなあと思います。二の丸と西の丸を繋ぐ御橋廊下です。限られた [続きを読む]
  • 粉河寺と粉河産土神社(御朱印)
  • 和歌山県紀の川市にある天台宗系の粉河寺です。紀伊は独立勢力がたくさんいて、ここにも粉河衆と呼ばれる集団がいましたが、豊臣秀吉の紀州攻めで廃墟となってしまいました(/_;)その後徳川家の援助で再興しました。今は静かな街と寺ですが、けっこう広い境内を見て回ると、当時は一大勢力だったのかもと思わせられます。本堂には徳川吉宗寄進の野荒らしの虎があります。拝観料要、撮影不可でした。左甚五郎作と伝わります。 寺の [続きを読む]
  • 壺坂寺(御朱印)
  • 奈良県高取町の壺坂寺です。高取城の壺坂口門近くにあります。創建は703年といわれ、南北朝や戦国の動乱で一時衰退しましたが、歴代の高取城主の庇護を受け、復興したようです。ここは真言宗で眼病封じの寺として有名だそうで。私も最近、目が弱くなったので、よくお願いしておきました(=゚ω゚)ノここには豊臣秀長像があるそうですが、この日は見られず。 インドから来た観音像です。寝てるのもいらっしゃいますね( *´艸`)御朱印 [続きを読む]
  • 高取城
  • 奈良県高取町の高取城行きました。100名城のスタンプは夢創館という観光案内所にあり、親切に説明をしていただいたり、資料いただいたりしました(^^♪ 100名城でも指折りの山城、準備は入念にしてました。超強力な虫よけやら長袖やら・・城は思ったより整備されてました。大手門まずは本丸を目指し、パッと開けた所は二の丸です。こんな山奥に立派な遺構が!さらに進むと本丸です。ここが天守、ここに井戸、と縄張図見ながら感心 [続きを読む]
  • 観音正寺と教林坊と奥石神社(御朱印)
  • 滋賀県近江八幡市には良い寺社がたくさんあります。 観音寺城の手前にある観音正寺中世は観音寺と呼ばれ、城とは切り離せない関係となっていました。しかし、当時どのような配置だったかは分かってないそうです。御朱印 教林坊観音正寺の子院のひとつです。庭は小堀遠州の作とも伝わります。青紅葉が映えてました。秋はさぞ見頃になるでしょう。 奥石神社ここの社殿は織田信長が柴田勝家の一族に命じて再建されました。この神社の [続きを読む]
  • 日牟禮八幡宮と瑞龍寺(御朱印)
  • 滋賀県近江八幡市の日牟禮八幡宮と瑞龍寺です。両方とも近江八幡城近辺にあります。 日牟禮八幡宮は上の社が近江八幡城築城に伴って移転し、下の社と合祀されて今の場所になったとのこと。ロープウェイの隣にあります。 近江八幡城の頂上にある瑞龍寺豊臣秀次の菩提寺です。ただでさえ譜代家臣のいない豊臣秀吉、秀次を死に追いやったツケが回ってきたと思えてなりません(/_;)社務所には御朱印とありましたが、瑞龍寺は日蓮宗なの [続きを読む]
  • 安土城總見寺(御朱印)
  • 滋賀県近江八幡市、安土城にある總見寺です。雨の時は公開してないらしく、拝観することかないませなんだ。。次回リベンジしたいです。 百々橋口から上がったここは信長時代の旧總見寺があったところです。寺は焼失しましたが、三重塔が残っています。 御朱印です。 新発売の御朱印帳が3種あって、これを買いました。 そしてこんなものも。 戦国時代ランキングにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 安土城
  • 滋賀県近江八幡市の安土城です。 この城はいつか行きたいと思っていた城でしたので登る朝からテンション上がってました(^^♪總見寺は雨天(実際は降りませんでしたが)で開放してないとのこと・・残念。ご存知かもしれませんが、今この城では駐車場とトイレ有料化問題で話題になってます。私が行った時は駐車場は無料、トイレ有料になってました。大手道です。ホントの大手道は百々橋口でここは信長専用の道だったという説もあり [続きを読む]
  • 近江八幡城
  • 滋賀県近江八幡市の近江八幡城です。最近、続100名城に選ばれてましたね。頂上には豊臣秀次の菩提寺である瑞龍院があります。 ロープウェイに乗って頂上まで行くと石垣が残ってます。他はあまり遺構は残ってないのかな。 城から琵琶湖を臨む。向こう側が安土城になります。 城から降りて見たお堀も趣がありました。京都から近く、映画のロケによく使われるそうです。「るろうに剣心」の映画ロケがあったそうで・・知りませなんだ( [続きを読む]
  • 観音寺城
  • 武田氏滅亡 (角川選書) Amazon 滋賀県近江八幡市の観音寺城に行きました。さすが名の知れた山城、なかなか険しい城でした。とはいえ、林道(有料600円)通って、観音正寺まで車で行ったんですけどね(;^ω^)観音正寺からは入山料(600円)必要になります。寺の奥、少し歩くと本丸があります。六角氏の難攻そうな城ですが、織田信長上洛時に逃亡、そのまま廃城になったようです。織田方の調略で戦う術がなかったんでしょうか。石垣 [続きを読む]
  • 沙沙貴神社と浄厳院(御朱印)
  • 滋賀県近江八幡市の沙沙貴神社と浄厳院に行ってきました。 沙沙貴神社は佐々木源氏の神社です。京極氏などの家紋でもよく見ますね。 浄厳院は信長公記に出てくる安土争論があった寺です。浄土宗と法華宗が争って浄土宗の勝ち。法華一揆などでやっかいな法華宗を抑える信長の宗教政策かもしれません。残念ながらお堂を拝観することはできませんでした。要予約だそうです。この寺には和田維政の墓があってびっくり! 沙沙貴神社と [続きを読む]
  • 長篠城〜馬場信春と山県昌景の墓
  • 通説に疑問だらけの長篠の戦い・・発端はこの長篠城です。この城を武田軍は攻めあぐねます。確かに堅固な城ですね。2つの川に囲まれた攻めにくそうな城です。 城の近く、馬場信房の墓へお参りです。馬場は信長公記でも甲陽軍鑑でも、この戦いで比類なき戦いぶりと評されています。ただ実際に戦ったのはこの辺りではないので、なぜここに墓があるのかは謎ですね。新城市設楽原歴史資料館に行き、そこを中心に設楽ヶ原古戦場を散策 [続きを読む]
  • 医王寺と大通寺(御朱印)〜長篠・武田勝頼本陣跡
  • 新城市にある長篠の戦いの長篠城攻めでで武田勝頼が本陣を置いた医王寺、武田家臣が水杯を交わした大通寺について紹介します。大通寺をさらに山の方に進むと長篠城を臨めます。ここからどんな気持ちで長篠城を見てたのでしょうか。 そして医王寺この医王寺で武田軍の軍議が開かれたわけですが、実際どのような内容だったのかはわかっていません。先ほどの武田家臣の水杯とか、この寺に伝わる白髪の老人が勝頼の枕元に立って「引き [続きを読む]
  • 和霊神社(御朱印)〜宇和島藩伊達氏のお家騒動
  • 宇和島市の和霊神社を紹介します。ここは和霊騒動で有名な山家清兵衛公頼を祀っています。山家は伊達政宗が子の秀宗が宇和島に入封した際に筆頭家老として付けた人物です。ところが桜田元親の讒言を受けた秀宗に誅殺されてしまいまして(;_;)その後、桜田を初め関係者が次々と変死して、山家の怨霊といわれた次第。山家の無実も明らかとなり、怨霊を鎮めるためにできたのがこの神社です。山家は元最上氏の家臣で、その後政宗に仕え [続きを読む]
  • 長篠の戦い考(4)
  • 信長公記の攻め手と将官クラスの戦死者を比べてみて、私がおかしいなーと思ったのは2番手の武田信廉と4番手の武田信豊です。この2人は戦死してません。そんなに真面目に戦ってる感じないのです(; ・`д・´)この戦いの戦死者は譜代の家臣か先方衆ばかりで、一門衆はほとんど戦死していません。 小幡信貞の墓西上野先方衆、もうひとつの赤備えの将ですね(=゚ω゚)ノ 武田信廉や信豊が攻め寄せたという信長公記の記述は他に書くべき武 [続きを読む]
  • 「村上海賊の娘」と村上大明神
  • 和田竜の「村上海賊の娘」全4巻、あっという間に読み終えました。次の展開にわくわくして、もう終わっちゃったかーという感じです。前半は毛利の両川などが出てきて、毛利好きな人にもたまりません。鶴姫や水軍関係の人物や周辺地理が出てきて、地元としては嬉しいですね。能島はすごいです。今は無人島ですが、年1回渡し船が出る時期があります。私も行ったことがあり、波止場の柱跡などの水軍城の遺構に感動しました。砂浜掘っ [続きを読む]
  • 長篠の戦い考(3)
  • 疑問1の続きですが、武田軍の損害の特徴として、かなりの将官クラスが戦死してます(;´Д`)こんな状態は川中島の戦い以来ですね。これを考えると、武田軍が甚大な被害だったのは間違いなさそうです。しかし、なんでこんなに将官クラスが・・と思いますよね。この衝撃が戦死者数にも影響してるかもしれません。信長公記では攻め手の順をこう書いてます。1番手 山県昌景2番手 武田信廉3番手 小幡(たぶん信貞)4番手 武田信豊 [続きを読む]
  • 津和野城
  • 津和野城です。まずは一人乗りリフトで上がります。私が乗った時は一人だけ、なかなかスリルがありますね。ちなみにリフト乗り場で100名城スタンプが押せますよ。 リフトから降りたら山道をてくてく。山城だけあって途中でクマ出没注意の看板が(゚д゚)!怖いよ・・w 城は吉見氏、坂崎氏の時代の遺構がありました。写真は坂崎氏時代の出丸です。 あいにくの雨ですが、眺望はなかなかよさそうです。 良き城でございました(=゚ω゚)ノ戦 [続きを読む]
  • 津和野〜永明寺(御朱印)
  • 津和野市にある永明寺を紹介します。津和野に行く道すがら周囲は山々してまして、ぱっと開けた盆地が津和野でございました。永明寺津和野城の歴代城主の菩提寺になってます。宝物館もあり、なかなかの古刹でした。あまり知られていないようですが、津和野に行ったら是非寄りたいところです。 亀井茲矩の墓尼子氏の家臣でしたが、のち豊臣秀吉麾下で活躍。 千姫事件で有名な坂崎出羽守の墓もありました。宇喜多秀家の従兄で、宇喜 [続きを読む]
  • 長篠の戦い考(2)
  • 疑問1武田軍の戦死者1万以上、織田・徳川連合軍はわずか出所は信長公記からです。よくいわれる兵力は織田・徳川軍38000武田軍15000武田軍15000中10000以上戦死したというわけです。まずあり得ない数字かなと(´・ω・`)通常、軍隊が2割戦闘不能になると、組織的な抵抗ができなくなるといいます。戦闘不能とは負傷したり逃亡したりした者も含みます。この時代で死亡率が7割以上の戦いはまず考えにくい・・別の記録では戦死者2000 [続きを読む]
  • 長篠の戦い考(1)
  • 有名な長篠(設楽ヶ原)の戦い。教科書に出てくる有名な戦いですけど、いわゆる通説といわれる合戦経過には疑問がたくさんあるんですよね(゚д゚)!「馬防柵を設けた織田・徳川連合軍は3000丁の鉄砲を三段打ちして、突撃してくる武田軍を殲滅した。」子供の頃はそう勉強したものの、大人になり歴史が好きになって本を読んだりする中で、これホント?といつも思っています。疑問1武田軍の戦死者1万以上、織田・徳川連合軍はわずかそ [続きを読む]
  • 過去の記事 …