Rhime さん プロフィール

  •  
Rhimeさん: CryptoRhizome 暗号通貨の根っこ
ハンドル名Rhime さん
ブログタイトルCryptoRhizome 暗号通貨の根っこ
ブログURLhttps://www.cryptorhizome.com/cryptorhizomeblog
サイト紹介文暗号・仮想通貨専門サイト。 ビットコインの基本からオルトコインのディープな情報まで。
自由文クリプトリゾーム。
和訳ニュースやTwitterまとめなども。
ちゃんとした理解を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 3日(平均44.3回/週) - 参加 2017/06/20 05:13

Rhime さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 波乱のStatus ICO、消耗と怒りの( ˘ω˘)スヤァ
  • 6月20日午後11時(協定世界時13時)のインターネッツは熱かった…。いろいろなところで煽りを行っていたStatusがついにトークンセールを行う日時だったのだ。まずStatusというのはなんなのかというところだが、実のところStatus、StatusとわずかながらTwitterでツイートしていた気もするが、いまいち実態を把握しきれていないままでのICOであった。イーサリアム系のブロックチェーン技術を活用したDecentralなメッセンジャーアプリ [続きを読む]
  • クリプトワールド探検隊:第一回 「Minereum」
  • 数多ひしめく暗号通貨の奥底で、光り輝く原石を見つけ出せ。第一回クリプトワールド探検隊でピックアップしたのは、セルフマイニングスマートコントラクトという今までにないマイニング方法が特徴的な「Minerium」RANKは、192 Market Capは、$5,032,057 (2,014 BTC )です。1.はじめにブロックチェーン技術の現在の発展に伴い、Smart Contractsは明らかに金融システムの未来となっています。 保険、トークン、または完全な選挙投 [続きを読む]
  • 2017年のビットコインはバブルか。
  • 6/11から6/15日にかけてビットコインの価格は、約23%下落した。日本円にして、約80,000円ほどの下落になる。現在値は、6/15で26万円ほどだ。これまでビットコインは下げることを知らない勢いで、上昇してきた。2017年だけで見れば300%以上の上昇だ。この結果を見て、われわれが思うのは、バブルではないかという疑念だ。ビットコインは、水泡に消えてしまうのだろうか。http://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott1.jpg [続きを読む]
  • IndieSquareで自給自足暗号通貨生活。独自トークンを作る。
  • 取引所を開設して、ずらっと並んだコインたち。ETH…XEM…XRP…の三大アルトコイン。あるいは、SJCX、GNT、ZEC、BTSなんかの玄人感のあるコイン。あるいは、DCT、ADAR、COVAL、UBQなどの初心者お断り感のあるコイン。もしくは、DOGE、MONA、PEPECASHなどのはっちゃけコイン。(ただしMONAやDOGEは独自経済圏を構築しつつありつつある。Twitterで投げ銭もできるしMONA決済やらモナオクなんかがある。PEPECASHはどうか?PEPECASHは、 [続きを読む]
  • NEM厨の儀式。NanoWalletをアップデートせよ。
  • こんにちは。損してますか?チャートを睨む作業につかれたときは、クリプト界のご神仏、聖タヌ神氏のブログを見てひとしきり笑うのもまたまた一興。収穫できてますか?わたしは合計12XEMの刈り取りに終わっています。…あきらめない…ッ!!そんなNEMですが、NEMのウォレットであるNanoWalletのバージョンが古いまま使っていると、ハーベスティングが止まったりすることがあるようです。こちらのブログでも紹介されています。NEM [続きを読む]
  • スマートコントラクト 三大革命に継ぐイノベーション
  • 人類史における3つの革命。 農業革命、産業革命、情報革命 それに継ぐ革命。 「スマートコントラクト」 ほんとかよ、という疑いもあるにはあるけど、聞いている分には、なんだかすごい感じ。 でもよく分からない。 スマートコントラクトってなんだ? ・身近にいるスマートコントラクトの赤ちゃん スマートコントラクトの提唱者でありアメリカの法学者・暗号学者のニック・サボ氏は、スマートコントラクトを利用したごく初期の段 [続きを読む]
  • Bitcoinが死ぬ時 スペースコイナーとサトシの逆襲
  • Bitcoinは、ここ数ヶ月で二倍以上の値上げを誇っており、バブルではないかという声は多く上がっている。Bitcoinは価値なく思惑で値上がりしているのだろうか。ブロックチェーンは役立たずで、所詮デジタル上で価値を保証するなんて無理だったんだ、やっぱやーめた、とする時がくるのだろうか。もちろん、完全無欠なものは存在し得ないように、Bitcoinにも脆弱性がある。麗しきBitcoinerなら知っての通り、51%攻撃だ。 具体的な説明 [続きを読む]
  • 生き残る暗号通貨はどれか、淘汰される暗号通貨はどれか。
  • 弱肉強食である。無論、ダビデとゴリアテの存在もあるだろう。しかし、予想できるのは、Bitcoinを模倣したただのクローンに過ぎないようなものは、生き残る可能性が非常に低いのではないか、ということだ。 Bitcoinはオープンソースなため、だれでもダウンロードして同様の機能をもたせたプロダクトが比較的簡単に作成できるとされている。 しかし仮にそれが分散型非中央集権性のあるレガシーシステム的にはすばらしいデジタル通貨 [続きを読む]
  • 「FIRST BLOOD」BITTREXに上場
  • Eスポーツなどのシーンにおいて、スマートコントラクトを利用した報酬エコシステムを目指す「FIRST BLOOD」が6/6の今日、BITTREXに上場しました。FIRST BLOODの取引高は、それまで中国の取引所Yunbiが全体の約95%を占めていましたが、今回のBITTREX上場にともなって、すでにYunbiでは80%台まで取引高が減少しており、6/6 協定時間7:27分現在、BITTREXの取引高は8.08%まで上がっています。また、価格面でも影響はあったようで、 [続きを読む]
  • JAXXウォレットの始め方
  • JAXXは多くの暗号通貨ウォレットの形態をサポートしているウォレットです。対応している通貨・トークンは、主要なもので・BTC-Bitcoin・ETH-Ethereum・DASH-Dash・ETC-Ethereum Classic・REP-Augur・LTC-Litecoin・ZEC-Zcash・GNT-Golem・GNO-Gnosisなどがあります。またウォレットの形態は、AndroidiOSOS XChrome-ExtensionFirefox-ExtensionWindows-DesktopLInux-Desktopがあります。また、2017年5月23日、JAXXに開発元のdecentr [続きを読む]
  • OpenLedgerのバックアップと復旧方法
  • OpenLedgerを使用するときは、必ず事前にバックアップを行っておきましょう。・バックアップの種類OpenLedgerのバックアップの種類は2種類あります。1つ目は、ファイルによるバックアップ。bts_default_20170123.binのような形式のファイルでアカウント情報をバックアップします。2つ目は、ブレインキーによるバックアップ。ブレインキーとは、英単語を複数ならべた40〜50文字程度の長いパスフレーズのことで、復旧の際にOpenLe [続きを読む]
  • Openledgerの始め方・Bitlandの買い方
  • 取引所破綻のリスクのない非中央集権型取引所「Openledger」に参加しましょう。①OpenLedgerのアカウント作成OpenLedger上記リンクからOpenledgerへ移動します。特に理由がなければセキュリティの高い左のウォレットモデルを選びましょう名前とパスワードを入力。名前を入力する際エラーが出たら、dash(-)や数字などを入れると登録できます。②Bitlandの買い方流れは1.Openledgerへビットコインの入金2.Bitlandの注文です。1.入 [続きを読む]
  • Folding@homeへの参加方法
  • FoldingCoinを受け取るにはまず、Counterpartyに対応したWalletが必要です。FoldingCoinホームページではChromeの拡張機能を使用したWalletを推奨しています。(2. Search for “Tokenly” and you will see “Tokenly Pockets” 3. Install this as a Google Extension )手軽に始める場合には、Chrome拡張機能(Tokenly Pockets)で。もう少し運用的に安定的な(拡張機能といった非カジュアルなもの)で初めたい場合はWEBWalle [続きを読む]
  • FoldingCoin 日本語訳
  • FoldingCoin私たちのFoldingCoinプロジェクトの主な任務は、StanfordのFolding @ homeプロジェクトにもっと多くの計算力をもたらすことです。スタンフォードのウェブサイトから、以下のことがプロジェクトについて述べられています"スタンフォード大学の科学者が取り組んでいる、アルツハイマー病、ハンチントン病、パーキンソン病、および多くの癌の治療の研究を手伝って下さい。これには、あなたのコンピュータ上でソフトウェ [続きを読む]
  • 過去の記事 …