ショーン さん プロフィール

  •  
ショーンさん: キャリアップ
ハンドル名ショーン さん
ブログタイトルキャリアップ
ブログURLhttp://www.shuanblog.com/
サイト紹介文若者のキャリアについてブログを毎日更新しています。筆者は人とは違うことが大好きな変人ショーンです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 90日(平均6.7回/週) - 参加 2017/06/20 12:50

ショーン さんのブログ記事

  • 助けて!助けを求めることができることは強みであり弱みではない
  • こんにちは、ショーンです。最近ドン底まで落ちて分かったことがあるので書きます。食べるものが毎日30円のうどん。そんな生活になるまで、首が回らなくなったので、「助けて!」と叫びました。多くの人に支援してもらっていまがあります。さて、もし今あなたが助けてほしい!と思っているとしたら、周りの人に助けを求めることができるでしょうか?日本人は助けを求めるのが苦手日本人は、助けを求めることが苦手です。ぼくは [続きを読む]
  • ぼくは普通という言葉が嫌いだ!普通とは何ですか?
  • こんにちは、ショーンです。みなさん日常で、「普通」という言葉をどれぐらい使いますか?多くの日本人は、10分休憩の立ち話の間でも3〜5回使っていると思います。(実際に周りの人と話す時に数を数えただけです)よく使われる「普通」という言葉。ぼくはこの言葉がずっと前から大嫌いです。普通とはいったい何ですか?誰にとっての普通なんですか?何も考えずに発している言葉ですが、この記事で少しだけ目を向けてみま [続きを読む]
  • 地下鉄で笑顔で会話する外国人と沈黙を貫く日本人の違いってなに?
  • こんにちは、ショーンです。東京の地下鉄ってなんでこんなに暗いムードが漂っているのでしょうか?みなさんも感じると思います。ぼくは、「あっ関わらないでください!」みたいな殺伐とした空気感が苦手です。地下鉄での日本人の沈黙には耐えられません。逆に対照的なのが日本の地下鉄に乗っている観光客の外国人です。笑顔ほがらかに会話を弾ませているのが容易に想像つくのではないでしょうか?*これは決して、良い悪いの [続きを読む]
  • 思考を停止させるな!『僕は君たちに武器を配りたい』
  • 現代日本社会は荒波の連続である。就活、職場の人間関係、借金、エリート競争。経験を積んだ人々はこれらの荒波を乗り越えてきたことを美化し、若者はそのような立場が上の人の話を聞いて辛いと逃げ出す、もしくは彼らの考えを鵜呑みにする。興味深いことが、これら荒波の多くが「仕事」という社会的行為に結びついていることだ。仕事とは基本的に苦難の連続である。最近では「ゆとり世代の就活」が話題に上がっているが、彼らは面 [続きを読む]
  • フェイクニュースで溢れる日本で我々が対策すべきこと
  • こんにちは、ショーンです。日本ではあまり聞き覚えのない言葉かもしれませんが、みなさんは「フェイクニュース」という言葉を知っていますか?英語のできる人であれば、意味を察するかもしれません。フェイクニュース、これは簡単に言えば嘘のニュースの事を表します。日本にはフェイクニュースがはびこっていることを知っていますか?よくわからない、もしくは対策はなんなのかを知りたいという方に、フェイクニュースの実態と [続きを読む]
  • 生まれる時代を間違えた!?
  • こんにちは、ショーンです。ぼくは最近思います。生まれる時代を間違えたなーと…現代になかなかフィットしない人とかいませんか??ぼくは、生まれる時代が違えば策士になりたかったのです。戦国時代や明治維新、太平洋戦争時に、敵を欺く戦略を立てる人になりたかったのです。それがまぁ、すっかり平和な世の中になったもんで、戦略なんてものはマーケティングとかいう生ぬるいものに変わってしまいました。いや、けしてマーケ [続きを読む]
  • テクノロジーが人間の仕事を奪うなんて嘘だ!むしろ仕事は増えているじゃないか!
  • こんにちは、ショーンです。今回はテクノロジーと仕事についてお話していこうと思います。最近よく耳にすることで、「テクノロジーが人間の仕事を奪うのではないだろうか?」という疑問があります。ここでハッキリと断定します。その手の考え方は間違っています。また「仕事が奪われたらむしろ遊びを仕事にすればいい!」このように考えている人もいますが、今の時代でも遊びの中で仕事をしている人はいますし、この辺りの考え [続きを読む]
  • 電車でゲロしたサラリーマンと遭遇して思うこと
  • ・・・初体験でした。オロオロオロ。その後、軽い女性の悲鳴が聞こえて、正義感で振り向くと背後にデンジャラスゾーンがまさに広がろうとしてる最中でした。電車の中で立って寝ていたサラリーマンは、生まれたての子鹿のごとく狼狽え、周囲の人々は彼がテロリストであるかの様にその場から一斉に逃げ出しました。2chの用語をかりると、ここにゲロリストが誕生したのです。みなさんは電車でゲロされた時、どういった感情にな [続きを読む]
  • polcaでの支援に感謝とぼくなりの考えを吐露したいと思います。
  • ?今回はpolcaというサービスを利用して思ったこと、感謝の気持ちを素直に書いていこうと思います。?先日polcaにて「失業手当」という名目で、再出発への生活費の支援を募りました。現状15000円の支援。また記事を読んだ人からFBで連絡があり、直接の振込を合わせると2万円以上の支援を受け取りました。?貯金200円、東京生活で2度目の危機的状況だったため、本当に多くの人に支えていただいたき感謝をしています。 [続きを読む]
  • いつの日か万札の中に俺の顔があるだろう。
  • 仕事がなくなった。明日もらえるはずだった日払いの仕事。鼻炎の人にターゲットを絞ってちり紙を配り、ダンボール箱をひとつ、またひとつと平らにして行く仕事。登録したのは一昨日。明日が初出勤だった。説明会のお姉さんは愛想よく、「明日からドンドン仕事をしてくださいね!」とほざいていた。よくよく聞いてみると既に来週は満員らしい。やってられるかっ!!こっちは明日食う金もままならにというのに…俺はただのストック [続きを読む]
  • 自己中心的な人はダメなの?ぼくは自己中にしか生きることができない…
  • こんにちは、ショーンです。長いこと自己中に生きてきました。だから、何度か人間関係のトラブルも起こしてきたと思います。自分ではトラブルを起こしたことでさえよくわかってないこともあったりして、ぼくのせいで不快な思いをした人もいたかもしれません。毎回反省しています。どうやらぼくは自己中にしか生きることができないようです。他人は言います。「そんなの考え方や、意識の問題でなんとかなるよ!」しかし、ぼくにと [続きを読む]
  • 続けることの難しさと大切さ|ブレないためにあえて目標を抽象化させろ!
  • こんにちは、ショーンです。ぼくは色々と気になったことに手を出してしまうブレブレ人間です。何をやっいても、新しいことにすぐ飛びついちゃうので成長しません。続けることって本当に難しい??ぼくは物事を続けることが苦手です。ブログもすぐに更新途絶えます…これを改善しなければと思い、最近は決めたことをただひたすら続けるということに注力しているのです。みなさんは続けること得意ですか?たとえ好きなことでも続かな [続きを読む]
  • 親を嫌いになる前によく考えることの大切さ|ぼくは親が嫌いだった…
  • ぼくは親が大っ嫌いでした。いや、今思えば少し違ったのかもしれません。あの時は、大っ嫌いだと思い込んでいたのです。そんなことに気がついたのも最近、ダメな若者ですが、今では親に何か返せるものがないか考えています。ぼくがこう変われたのも、何度も親といがみ合った結果でした。だから親と喧嘩することは良いことだと今でも思っています。親はぼくやあなたの親であり、1人の人間でもあります。普通に生きていたら、価 [続きを読む]
  • 「あ」から始めてみる!!辞書を持ち歩くぼくの日常。
  • こんにちは、いつも辞書を持ち歩いて生活しているショーンです!辞書って、重さが1キロ近くあるんですよ!あんなものもって街中を歩くなんて、修行僧以外の何者でもありません。なぜぼくが辞書をもって外に出るのか?気になった方もいると思いますので(いるのか?)簡単に説明すると、ぼくにとって辞書はバイブルだからです。バイブルって、聖書を表す言葉じゃないの?とたまに聞かれますが、自分にとって馴染み深い本のことを [続きを読む]
  • 小説家になりたい!そんな思いが沸々と湧いてきました
  • 小説家になりたい。そんな思いがぼくの心の底から沸々と湧いてきました。まるでそれは誰にも気づかれていない海底火山にフラストレーションが溜まっていくよう、ゆっくりと沸点に近付いていくような感覚です。いつまでにとか、どのような小説家になりたいとか考えがあるわけではないので、プロを目指している方からしたらぼくは迷惑なニューカマーなのかもしれません。いや、新参者にもなれていないのかもしれません。しかし、小 [続きを読む]
  • 好きなことだけで生きていく覚悟が足りない
  • 好きなことだけで生きていく。その覚悟がぼくには足りませんでした…その難しさと本当の意味を教えてくれたのは、幼馴染の友達でした。彼は自分の夢に向かって、まっすぐに前だけを見て4年間上京生活をおくっていたようです。仕事名は出せませんが、壮大な夢です。そんな彼が諭してくれるまで、ぼくは好きなことだけで生きているようで、その本当の意味がわかっていませんでした。言い換えると覚悟が足りずに回り道に逃げ込んで [続きを読む]
  • 環境の変化をポジティブに捉えることから始めてみる
  • こんにちは、ショーンです。環境が変化する時って怖いですよね。なにかとてつもなく大きな闇に向かって歩いているような。深い闇に飲み込まれて、もしかするとこれから先に光を見ることができないんじゃないだろうか。今はそんな感覚です。ぼくは最近、東京での拠点を変えました。場所は浅草から三軒茶屋。今回は不安でいっぱいな心境の吐露と共に、ポジティブに環境の変化をとらえる方法を探っていきたいと思います。環境の変化 [続きを読む]