kosazuke さん プロフィール

  •  
kosazukeさん: 健康をさずける観音様
ハンドル名kosazuke さん
ブログタイトル健康をさずける観音様
ブログURLhttp://kosazuke39.blog.fc2.com/
サイト紹介文健康にしてくれる観音様の紹介
自由文観音様にお参りしたら
病気が良くなって
健康が頂けました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 29日(平均6.3回/週) - 参加 2017/06/20 15:57

kosazuke さんのブログ記事

  • 天使と悪魔
  • ブログの管理人さん最強の霊能者のお弟子さんですが人にはその人を守り、導く存在がいると語っておられました。呼び方は人それぞれ名称の違いはあっても守り、導くものは存在するというお話でした。そして自分を守護する存在が成長する要素は人間の感謝の心だと強く語っておられました。そして、逆に不幸に陥れようとする存在はうらみ、妬み、いきどおり不足、不満、愚痴このようなマイナスの心が不幸に陥れようとするもの達の食べ [続きを読む]
  • ついてる
  • 最近感じています。陰の我自分の陰の存在です。過去にはそれ程意識しませんでしたが、陰を意識して大切に思い、感謝の言葉をかけたりしていました。自分には見えないけれど、もう一人の自分にいる自分。これが自分の陰の我です。普通守護霊と呼ぶ事が多いそうですが守護霊とは違うようです。守護霊が人と共にいる場合は、冷たい気を全身に浴びる為体調が悪くなると、ブログの管理人さんは教えてくれたのです。だから霊ではなく、陰 [続きを読む]
  • 生きる証
  • 忘れてたまるかという言葉を教えられた時も、最初あまり意味が分っていませんでした。自然が発する言葉とか、蕃司長としての言葉を山男は半紙に筆で書いて関係者に示されていましたから、そういう言葉を忘れないように努力しなさいという意味だろうかと思っていました。人間の価値という話がありました。自分の心の中の思いと、自分の出す言葉と自分の行動が一致した時ここに人間としての価値があるのだと解説されていました。日常 [続きを読む]
  • 明るい気持ちが安心念
  • 九本の気の中で弱き己の心に克つという掟があります。心の中を見ると、プラスとマイナスの心が攻め合っています。プラスが勝つ日は物事を良い方向に考える事も出来ます。ところがマイナスが勝った場合は、悪い方へ悪い方へと物事を考えて心は暗くなったりします。真ん中に0の数字があって、右がプラスの目盛左がマイナスの目盛。一日の間でこのメモリを示す針がプラスに振れているように生きているかが勝負です。プラスの気持ちを [続きを読む]
  • 眠るとは?
  • 山男の語る3つの大切な根の話ですが、根気の「眠ってたまるか」はよく意味が分りませんでした。夜、ぐっすり眠れるほうが健康にも良くて、人間は幸せなのではないかと思ったからです。山男の解説です。例えば人間が頭のてっぺんから、足先まで全身が緊張して気持ちが張り詰めた時とはどんな時だ?自分の家でテレビでも見ながら、うとうとしている時か?違うわな。急に明日あなたが結婚式に出て、代表として100人位の人達の前で [続きを読む]
  • 人が成長するもと
  • 山男は人を育てる時に、植物に例えることが多かったのです。土より上に見えているのが、現実の自分であり土より下には根があると。表面には見えない心も根であり、心に繋がる先祖も根であると。人が強く、たくましく上に伸びていくには根がどのように成長するかが鍵だと語るのです。そして、人間の最も大切でこの世を生き抜く為に必要な根が3つあると。1つは根性の根。2つ目は根気の根。3つ目が性根の根。この三つの根を言葉で [続きを読む]
  • 頭の役割は?
  • 首から上の機能は同じ道に続くのだよ。山男は語ります。眼も口も耳も頭も鼻も全ては食道という道に続くのだよ。例えば、「この前行った、とんかつの専門店で食べたあのかつ丼は、何とも言えないくらい、うまかったーなー」「口の中に広がる、あの時のうまみはちょっと言葉で言うことは、出来ない位うまかったよー」親しい友達が、こう言ったとする。どうだ。食欲を持つだろう?自分も一度食べに行ってみたいなー、そう思うだろう? [続きを読む]
  • 自分を守る
  • 蕃司長は語ります。智無くして動・信・明・念無し。頭は智(ち)手は動(どう)胸は信(しん)腹は明(みょう)足を念(ねん)と名前を付けて呼んでいます。人間にとって智(頭)が一番大切だと。首から下がどれ程元気でも、頭が正常に働かなくなってしまい自分が誰だかわからない。今日が何年か、何日かわからない。自分が、何をしようとしたのかわからない。もし、こういう状態に自分がなった場合にどういう価値を作れるでしょう [続きを読む]
  • 頭に入る5番目の言葉
  • 蕃司長の教える頭に入る5番目の掟大陰の意思は愛無く、本気、やる気無き者一切の味方せず。こいう意味があるのだと教えています。愛とは、つくすこと。許すこと。自分を戒めること。これが愛の意味であり、本気とは裸身裸体(らしんらたい)だと教えられています。やる気は陰心陰体(いんしんいんたい)です。本気を簡単なことばで言うと、服が汚れようが、人が馬鹿にしようが、そういうことには頓着せず、善意の心に素直に自分が [続きを読む]
  • 4番目の意味
  • 山男の教えの4番目考え足らず、弱気、弱音吐く者一切の味方せず。という掟があります。考え足らずを絵に描いて示されたことがあります。人間が感情に囚われて激怒した場合は、地面から体が上に浮き上がっているのです。カーとなって頭に血が上るような状態の時です。足が地に付いていないのです。自分がひっくり返る事になります。地面から体が浮き上がった分が、足らずだというのです。もう一つは目先に囚われた時です。我欲です [続きを読む]
  • 頭の意味の3つめ
  • 蕃司長の声に情熱三心無く、思い上がり強き者、一切の味方せず。というのがあります。情熱三心というのが、1、愛は宝なり。2.声は宝なり。3.求める苦は宝なり。というのが情熱三心の意味なのです。過去に、山男から、「愛とは何か」と問われた事があります。好きとか嫌いとかですか?それだけだはない・・・な愛とは、つくすこと。許すこと。自分を戒めること。これが愛の意味なのだと、私の関係者には話しているよと。この3つの [続きを読む]
  • 頭に意味する言葉
  • 自然の声蕃司長の教え頭に入る大陰の意思の2番目が人間の生きる原点を考え見、空気に次ぐ水を己の命と心なし、和を乱さず。もし、和を乱さば、一切の味方せず。という掟です。自分がふと思う気づきに対して、素直に行動に移すこれが陰と自分が調和している時だと教えています。ところが、自分が気づいたことに対して理屈を並べて先送りしたり、迷ったり怠惰な気持ちから直ぐに行動しないと和が乱れる状態が起ります。大陰はこの状 [続きを読む]
  • 自分の頭の意味
  • 自分の体には、自然の意味があるというのです。自分の後に陰があり、陰のさらに後にもっと大きな陰があるというのです。この存在を「大陰」(おおかげ)と呼び、大陰は5つ存在するというのです。人間の頭に意味があり、大陰の意思は人間の頭と関連するのです。大陰の掟、一番は、「理由は問わず、暗い冷たい心、言葉、態度ある者、一切の味方をせず」とあります。どんな理由があるにせよ、暖かい明るい言葉、暖かい明るい態度、暖 [続きを読む]
  • 自然が発する声
  • 蕃司長としての言葉です。不言実行思ったら即、行動する。これが陰を動かす鍵となる。積極的行動が陰を動かす鍵となる。人間心を出して迷えば結果は駄目になる。くすぶる事無く活力ある積極的行動を望む結果を気にせず、善意の己に従うこと。決して、くすぶらない。力を作れ人の世は力と力の勝負なり力の強い者が勝つ。力を作るには忍耐が必要忍耐とがまんは違う希望・目標が有って達成の為に耐える事が忍耐である。↓ で観 [続きを読む]
  • ばんじんとは?何ですか?
  • 山男の話に戻ります。ある時山男がこう言いました。「わし、夢の中でお前を ばん・し・ちょう・に・にんずると書いたものを受け取ったよ。」ばん・し・ちょう・に・にんずると書いた、おふだですか?掛け軸のようでもあるが、大きさは縦1メートル位で、横が30センチくらいかな、もっと小さかったかもしれないな。誰が渡されたのですか?相手は見えなかったが、たぶん自然の神だろう。どんな文字を書くのですか?「蕃司長に任ず [続きを読む]
  • 石は健康になるの?
  • ブログの管理人さんは語ります。見えない世界の知識が無い、又は、間違えた知識で悪い方向へ向かう事があるのだと警告しています。パワーストーンという石です。石も人間にとってはエネルギーが強すぎて、逆効果になる場合もあるのだと解説しています。幾何学模様を書き込んだシールの様なものとか図形を形どって、パワーを活用しますとか説明されている商品の場合も、注意が必要だと語っています。自分では良くわかりませんが、あ [続きを読む]
  • 山男は試される
  • 昔、山男の事を知り合いに少し話した場合、「へー不思議な人がいるものですね。一度合わせてもらえませんか?」よくこのような事を言われたことがあります。相手の話を聞くと、ちょっと相談したい事があるのです。こんな感じの会話です。そして、今度の休み日曜日がいいのだけど、雨が降るかもしれないからその時は次の日曜日でお願いできないか、聞いてもらえる?こういう会話の内容を山男に伝えて、この人に会ってもらえますか? [続きを読む]
  • 足を引っ張ってくるやつ
  • ブログの管理人さん「最強の霊能者のお弟子さん」がこんな事を言われたのです。「よく一人で来られましたね?」という言葉です。ほとんどの人がそうですが、相談会に行ってみようと思った瞬間化から一斉に邪魔が入るのです。行かれると困る存在が騒ぎ出すのです。マイナスに影響しようとしている「霊」がくっついている場合などは自分の存在が見破られたら最後、どんなことになるかだいたい予測できるので、本人を相談会には絶対に [続きを読む]
  • 霊をコピーする?
  • 相談会という60分の時間で半分は気を流してもらい、半分が会話をするのですが、自分の場合は質問が多くてお話ししながら気を流していただくという時間にしてくださったように思います。「霊媒体質」という言葉が出てきて、簡単に言えば霊能力を持っているのと同じような意味ですという説明を聞いてどんな事が起こるのですかと質問しました。食品のアレルギー体質というものがあります。自分の場合は「そば」を食べると体に異常が [続きを読む]
  • 不思議な力をどうやって獲得?
  • 昔、山男の家に相談に来ていた人がいました。霊的な問題で相談に来られたのかなと思う人は隣の部屋で山男に見てもらっていました。和室ですからふすまの向こう側での会話が時々聞こえる事もありました。霊を出して、説得し、この相談者に災いをすることなく離れなさいと言っている言葉も聞こえた事がありますが、5分とか10分で解決出来るような問題ではなかったと思います。そして霊に対して行くべき世界に行くように山男が説得 [続きを読む]
  • 見えないものを感じさせる
  • 最強の霊能者のお弟子さん(ブログ管理人)が話すには人間の体には血液が流れていますが、同じように「気」が流れているのです。順調に全身を巡っている時は健康な状態を維持していますが、「気」の流れが悪くなる場所から色々な症状が発生するというのです。今「気」を流れるように送っていますから、もしかしたら足の部分で「気」の流れが順調に巡ってない所があったのかもしれませんよ。順調に流れて来ると、全身が暖かくなって [続きを読む]
  • 相談会体験
  • 一般の人でも60〜70パーセントが霊媒体質の霊能力を持っている人だという説明に驚きました。しかも、自分は霊媒体質で霊的な存在を敏感に察知できるのだという説明もびっくりしました。ただ、昔、山男はから「お前は受ける体を持っているからな」と言われたことを思い出しました。それがこういう霊媒体質で霊的な存在を敏感に察知できるという意味だったのかな。相談会というのは、ホームページで開催日が公開されていて時間単 [続きを読む]
  • 最強の霊能者
  • 山男がこの世を旅立たれてからは、見えない世界の事を相談する人も無くなり、疑問があっても解決するのは自分の判断だけになりました。山男のような不思議な能力を持った人には、もう会えないだろうと思っていました。でも縁とは不思議なものです。友達がすごい霊能者が居るのだけど簡単には会えない人なのその人に相談したいと思っている人が多すぎるから、それに、とっても忙しい方で全国を回っているの。すごい能力を持っている [続きを読む]
  • 物に叱られる。
  • 物言わぬ物に叱られる。人間が物を使い、物は人の為にだけ存在し、役に立たなくなれば物は捨てられる。それを当然の事のように思っていると、やがて物に叱られる時が来ると山男は警告していました。たとえばあんたの家にお茶を飲む器があるだろう?今はコーヒーを飲む事が多いから、コーヒーカップかもしれないが、何個ある?数えたことはあるか?多分、自分専用のカップは4つか5つは持っていると思います。そのカップのどれを使 [続きを読む]
  • 勝手に文字を書く?
  • 山男の言葉を書いていますが山男は今から15年くらい前にこの世を旅立たれ、あの世に行ってしまわれました。出会った頃、色々お話を聞いたり不思議な現象を見たり、見えない世界の仕組みで関心のあることとか聞いたことをノートに書き留めました。中にはテープレコーダーに録音したこともありました。自分の思い出の品としてそのまま自分専用の宝物みたいに、保管しておこうとも思っていたのですが、有る夜眠れないのです。おかし [続きを読む]