term さん プロフィール

  •  
termさん: 俺のツインレイ〜瞳の奥は嘘つかない〜
ハンドル名term さん
ブログタイトル俺のツインレイ〜瞳の奥は嘘つかない〜
ブログURLhttps://hirusenmenjo1111.muragon.com/
サイト紹介文ある女性と出逢い、生まれて初めて感じた「???〜!!!」な気持ち。数ヶ月悩み苦しんだ末、たどり着いた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 93日(平均2.5回/週) - 参加 2017/06/20 16:58

term さんのブログ記事

  • なんか疲れた…
  • 今日は職場も平和で、通勤の道中も(帰り人身事故があって遠回りしたが…)まあまあ無難な1日だった。なのに何故だろう、無性にダルい。彼女、疲れてるのかな?と無理矢理シンクロニシティにする(笑)? ☆★☆★いつも内容の濃いコメントを下さる方、今日は疲れて気の利いた返信ができなくてごめんなさいm(_ _)m 後日送ります。もうすぐツインの彼と会えなくなるんですね。想いを伝えてもわかってくれるかどうかわから [続きを読む]
  • もう逢えないのかな…
  • 彼女のことを想わない日はない。テレビで綺麗な女の人を見ても、すぐにあの娘と比べてしまう。 でも最近、少しずつ俺の中で彼女が薄れてきている。もう二度と逢えないのかな? ツインブログで、「ツインの相手に執着している間は再会できない」とか、「自分と向き合わないと再会できない」とか言われている。 仮にそうだとして、そのことに一体何の意味があるのだろうか?世の中のほとんどの人達は、ツインなんか知らないし、全 [続きを読む]
  • 回顧録⑥(彼女のやさしさ)
  • 俺は他の男と話している彼女に対して、「嫉妬してイライラする」ことを伝えた。本来なら旦那でも彼氏でもないこの俺に、そんな事を言われる筋合いはないのだ。数日後だったか、 「なるべく口利かんようにしとるから!」 と彼女は俺に言ってくれた!俺に配慮してくれて、とても思いやりのある人だと思った。 俺は引っ込み思案で慎重な性格だけど、すきな女の人にはちゃんと想いを伝えるタイプだ。正反対に彼女は自分の感情をハッ [続きを読む]
  • 回顧録⑤(最大の嫉妬)
  • 俺のこのブログをずっと見てくれている方なら分かると思うが、彼女が俺の大嫌いな野郎(かつての同僚)と接している時の、俺のジェラシーたるや、そりゃぁもう凄かった(笑)! 以前、自分たちのラインの生産が減り、他の現場に手伝いに行くことになった。複数のチームに別れての作業。各チーム男性3人、女性1人。案の定、野郎は彼女に引っ付いて、一緒にする気まんまんだ(怒)彼女も若干鬱陶しそうにしつつも仕事だし、またい [続きを読む]
  • 俺の女神
  • 最近は夢にも出てきてくれないけど、今朝通勤中のバスの中で目を閉じていたら、ふっと 彼女の顔が浮かんできた。クリッとした瞳、束ねた黒髪、30歳代半ばすぎとは思えない、乙女のような出で立ち…そう、君は俺の最高の女神?!(な〜んてね??) ★★「非公開」でコメントを頂いた方へ〜〜 「非公開」の場合、こちらから返信できないようになっているので、返信無しになることがあります。ご了承下さい。 (グッときたコメ [続きを読む]
  • 男として堂々としていられる唯一の女
  • 俺は仕事等でいつもあれこれ考えてしまう慎重な性格だ。失敗を恐れ、他人にとやかく指摘されるのが嫌だからかもしれない。前の同僚に「○○は自信無さそう」と言われたっけ(苦笑) そんな俺も、彼女にアドバイスを求められると瞬時に的確な発言ができるから不思議だ。彼女は上司が苦手だ。でも作業でミスをするとソイツに報告しに行かなければならない。そんな時彼女は俺の所にやって来る。「…どうしよう、ミスしちゃった!」俺 [続きを読む]
  • アレがしたい?
  • 絵に描いたようなサイレント。あの娘は何事もなかったように暮らしているのか? このまま一生逢えなかったら、死んでから「あの世入国管理局」に文句言ってやりたい。 『あの時のあのツラい設定は一体何だったんですか‼(怒)』と。 そしたら、担当者にあっさりと―― 『あ〜それねぇ、お宅が地球に生を受ける前に、ご自身で設定されたプログラムなんすよ〜(書類にはんこドン!)…ハイ、次の方!』って言われそうだよね!( [続きを読む]
  • 111回目。
  • この文章が俺のブログ111回目になる。ちなみに、昨日のスマホのアクセス数が1111。 おかげさまで、最近ツインソウル部門の上位にランクインするようになった。 彼女にはブログの事は話していない。いつかここを探し当ててくれたらいいなあと思っている。ハンドルネームや写真に意味を込めて… [続きを読む]
  • 回顧録④
  • ある週末の仕事終わりに、事務所の近くであの娘とすれ違った。その少し前に仕事場で別れる時にも挨拶を交わしたのだが、彼女をもう一目見たかった俺は、いつもは通らないわざとすれ違う通路を選んだ。俺は彼女に「お疲れ様!」と笑顔で挨拶した。すると彼女は、嫌な顔をして、フン!とそっぽを向いた。しつこかったのかもしれないが、この仕打ちは俺を凹ませ、次の日からのせっかくの3連休はずっと落ち込んでいた。 休み明け彼女 [続きを読む]
  • ツインに年齢という概念は通用しないのかな?
  • 彼女が他の男と喋っていたり、俺に対して素っ気ない態度を取ったりすると、かまってちゃんの俺は子供みたいに拗ねて、わざとそっぽを向いたりして気を引こうとした。すると彼女は背を向けた俺の背後を通るとき、さりげなく(さりげなくないか!)俺のお尻にちょんと手を当ててくる。それはまるで「もう、また怒ってるの?しょうがないわね!」と言っているようだった。あの娘の前でだけ、俺はたとえみっともなくても、子供みたいに [続きを読む]
  • "性"抜きでは語れないツイン!?
  • ツインと出逢うと、男は自分の"男性性"を意識し、女は自分の"女性性"を意識せずにはいられないようだ。 俺は彼女と今は逢えないけど、やはり男として彼女を「悦ばせたい」という願いが強くある。それは俺の男としての唯一無二の存在意義である。 一方、彼女も俺と接する時、とても女らしい仕草になる。仕事中、俺の所に定規??を借りに来たとき、もじもじと恥じらう少女のように、下腹部に両手を重ねて「ものさし貸して欲し [続きを読む]
  • 回顧録③
  • 今から3年以上前、彼女と初めてジーっと10秒くらいだっただろうか、見つめ合ってから、俺はあの不思議な感覚が忘れられず、彼女に視線を送ってはそれに応えて欲しいと思っていた。 見つめあうと、周りが気にならなくなる。すぐに職場の話題になった。オジサンやオバサンは俺を見かけると、聞こえよがしに「…(ヒソヒソ)…アイコンタクト…アイコンタクト!」と言っていた。「あぁ俺もしたいな、アイコンタクト(笑)」何回か [続きを読む]
  • 回顧録②
  • 今年の1月のある朝。会社のロッカーの前で彼女とばったり会った。俺は「おはよう!」と声をかけた。すると、彼女は挨拶を返してこないで、上目遣いで俺をジーっと見つめてきた。彼女が見つめて来るのは、いつも不意打ちだ。俺が欲しいと思った時は来ず、俺が仕事モードの真面目な気分(!?)の時に来る。 その時の彼女は少女が甘えるような瞳をしてくる。あれをされると、分かっていてもいつも何故かカタマってしまう。そして気 [続きを読む]
  • 回顧録①
  • お久し振りです。 最近よく見るツインブログの方の文章の中にあった、相手の人に手を触られた話。食い入る様に読んだ。 仕事中、わざとらしいくらいに男性に手を触られた時、金縛りにあったみたいにカタマったとか…。 俺たちもそうだった。意外にも初めて手を触って来たのは、彼女だった。その後俺からはっきりわかる様に彼女の手を触った時、やはりブログの女性と同じように、彼女はカタマっていた。 でも逆のケースもあった [続きを読む]
  • ちょっと書きたくなって…
  • 「あぁ、何かいいことないかなぁ!」 ここ数年の俺の口癖だった。 彼女と出逢い、今は離ればなれ。もう二度と逢えないかもしれない。つい愚痴りたくなる。でも、最上級の「いいこと」を知ってしまったから、「何かいいことないかなぁ」とは言えなくなった。 メール送っても返事もなく、女々しい自分に腹が立ち彼女の電話番号を削除しちゃったのに、いいこともへったくれも無いよな! それでも、人生は続く…。 [続きを読む]
  • 無題
  • これまでツインについて色々書いてきましたが、一旦お休みしたいと思います。また何か思うこと&進展があったら書きますね。 この世に少しでも多くのツインカップルが結ばれます様に! [続きを読む]
  • んなわけねぇよな…
  • 彼女が俺に"何か"を気づかせる為だけに俺の前に現れたのだとしたら、もう一生涯逢えないんだろうか?逢えてあんなに嬉しかったのに、喧嘩別れが最後なんて悲しすぎるよ! やっとの思いでゲットした彼女の電話番号。結局一回きり…拒否られてるかもしれないと思うと怖くて、こちらからアクセスなんてできない。 ――あっ、スマホに見慣れない色のランプが点滅してる‼もしや彼女からのSMSか?はやる気持ちを抑えて、画面にタ [続きを読む]
  • 気持ち上がったり下がったり下がったり??
  • ツインブログをされてる方から、勇気づけられるコメントを頂いて、ツインに出逢った女性の気持ちが少し分かった気がした。俺も前に進まなきゃ!と思った。 とは言うものの、翌朝には昨日の事は忘れてどんよりした気分に逆戻り…! 通勤中や仕事の合間、ボーッとしているといつも思うのは、あの娘のこと。忘れたいのに忘れられない(忘れたい訳がない!)、出逢わなきゃ良かった(ウソ!)この苦しみ、いつ終わるのか?ツインと出 [続きを読む]
  • パラレルワールドみたいな…
  • 俺は昔から人間関係などで嫌な事があると、「南の島で暮らせたらいいだろうな!」と現実逃避したくなる癖があった。 南の島は俺にとって"パラレルワールド"に見えた。で実際に6年前に離島に行った事もある。美しい島ではあったが、"パラレルワールド"であるはずがなく、地元に舞い戻る(笑) しかし、戻ってからも俺にとってその島は"パラレルワールド"に思えた。今の何一つ思い通りにならない、嫌な自分を忘れさせてくれ [続きを読む]
  • 夢って何かのサイン?
  • 彼女が恋しくて、寝る前に「夢で逢いたいな」と呟いたら、ちょっとだけ夢に出てきた。 デパートみたいな所で、エスカレーターで上の階に上がる途中で見かけた。俺は必死で彼女を追いかけ、下へ降りた。久しぶりに俺を見た彼女はとても気にしてる様だったが、終始うつむき加減だった。俺は声をかけられなかった。急に場面が変わり、喫茶店みたいな所で俺は何故か彼女の母親!?らしき人と二人で、話していた。その人曰く、彼女もい [続きを読む]
  • 魂の"じゃれ愛"?
  • ある日の残業前の休憩時間、ジュースを買おうと、俺は自販機の前に立つ。すると、彼女がツツツーっと小走りに俺の横へ。俺の左腕に"押しくらまんじゅう"するみたいに自分の右腕をぶつけてきた。瞬時に俺もそれに応えた。ポーン・ポーン・ポーン!とリズム良く3回当てた。二人とも「あぁ、楽しいなぁ!」と心が弾んでいた。エネルギー交換していたのかな? [続きを読む]
  • 何か欠けてる?
  • 俺は他人から見て、何かが足りなく見える様だ。例えば仕事で1つの作業をしていても、遅いらしい。なんとか人並みのスピードに合わせても、「ぎこちない」だの、「力が入りすぎ」だの言われる。 これが俺にとって足りない"モノ"なのかな。こういう自分を最近は受け止められる様になったけど、生きて行くには周りに合わせないといけない時もあり、正直言って「めんどくせぇ」と思ったり… 全ては"さだめ"なのかな?? [続きを読む]
  • 俺がずっと望んでたこと…
  • 二度にわたって、食い入るように彼女に見つめられて、俺と彼女の"ツイン道!?"が始まった。最初はツインとかまったく知らなかったけど、何も言わず彼女とジーっと見つめ合う行為をするたびに、俺は「これがずーっとしたかったんだ‼」と心底思った。 [続きを読む]
  • 両極端な気持ち
  • 最近心身共に調子が悪い。仕事もやる気が起こらない。あの娘に会えなくなってから、抜け殻の様だ。 もしあの娘がツインなら、俺と同じようにこんなやるせない気持ちになっているんだろうか? 何か感じてほしいけど、こんなツラい状態でいて欲しくない。俺のこと想っててほしいけど、だとしたら、なぜこのまま?(動けるわけないか!)何とも思ってなかったらなかったで悲しい。 [続きを読む]
  • 以前と変わったこと…
  • 彼女と会えなくなって、はや2ヶ月。 俺は心も身体も彼女に出逢う3年前に戻ってしまった。体重は昨日測ったらベストに比べて4,5kg増!??張り合いも無く、気力も無く、ただただ毎日過ごすだけ。仕事もやる気が起こらない。 変わったことは、俺にとってとてつもなく特別な女性がこの世に存在することを知り、その人と出逢ってしまったと言う事実。 たまに鏡で自分を見ると、瞳の奥底にあの娘を感じる。それは見えるのでは [続きを読む]