どんぐりK さん プロフィール

  •  
どんぐりKさん: どんぐりKの旅
ハンドル名どんぐりK さん
ブログタイトルどんぐりKの旅
ブログURLhttps://dongurik.blogspot.jp/
サイト紹介文年長からの低学年の学習、どんぐり問題の記録。全国統一小学生テストにも通塾なしでチャレンジしています。
自由文5歳からの低学年の学習の記録、どんぐり問題のすべての記録、キャンプ、カヤック、プレーパーク、スキー、スノーボード、キッザニアの記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 94日(平均13.3回/週) - 参加 2017/06/20 23:15

どんぐりK さんのブログ記事

  • 1MX04 6歳6か月 男の子は星、女の子はハート
  • <1MX04>おとこのアリさんと おんなのアリさんが 2れつに ならんでいます。おんなのこが おおいようです。れつのながさの ちがいは 6にんで、おんなのこが 13にんだとすると、みんなでは なんにん いることになりますか。一番上の横に書いた13人から、6人をチェックして、7人の男の子をだしている感じですね。若干の試行錯誤がうかがえます。星の下に、男の子を6人、 ハートの下に、女の子を13人書いています。ちょっ [続きを読む]
  • 子供の能力を伸ばすことを考えない親
  • テストを受けさせないのは、自分が一喜一憂したくないから。なんですか、その理由は。テストを受けるのは子供であり、テストによって成長するのも子供です。成長する機会を奪っておいて、その理由がよりによって自分が一喜一憂したくないから。あきれてものもいえません。親が子供の能力を最大限に発揮できるように、よく考えて環境をつくるんですよ。テストに慣れておくことは決してわるいことじゃありません。テストでいい点を取 [続きを読む]
  • 体は丈夫になりましたね
  • 幼稚園のころはしょっちゅう、咳をして、夕方に熱が高くなって、休んでいたどんぐりKですが、小学生になってめっきり体が強くなりました。今年の夏はキャンプや海などにもよく出かけましたが、いちども病気で中止ということはなかったですね。学校自体、ものもらいがひどくて一回休んだくらいです。本人も毎日ある、国語と算数が好きじゃない教科の最下位を争っている状況はかわらないんでしょうし、少し休んでもいいくらいなんで [続きを読む]
  • 0MX56  6歳6か月 すきを絵にすると、ハートなんですね
  •  とびうおが すきなびっくりばこの なかには たまごが 4こはいっています。そして、その たまごのなかには 3このひかるいしが はいっています。では、びっくりばこのなかには なんこの ひかるいしがあるでしょう。びっくり箱の中には、たまご、たまごの中には、ひかる石という構造がよくわかっていました。4つのたまごの中に、それぞれ3つのひかる石がはいっている絵をかいてそれを数えて、そのまま答えへという感 [続きを読む]
  • 糸山先生講演会 第二部の問いかけに勝手に答えてみて、講演会で答え合わせ
  • 糸山先生の東京での講演会が11/25に控えています。第二部は、実際にどんぐりをやっている親、指導者への講演会ですが、パンフレットでいろんな問いかけがされていて、その答えが講演会で明らかになるということですね。あらかじめ自分なりの答えをもって臨むのはわるいことじゃないですね。全部で6問ですかね。さて、①から行きましょう。①どうして週に二問までなのか?想定の答え二問以上は作業になるからでしょうね。一問一問 [続きを読む]
  • 無理せず、やらないときはやらない
  • 体調の悪い時にレジャーに行って楽しめるでしょうか?楽しめないですね。体調の悪い時にどんぐり問題をやって楽しめるでしょうか?楽しめないですかね。体調の悪い時や本人の気が乗らない時は、ちゅうちょなくどんぐり問題をやるのはやめましょう。そのかわり週に何回も「やらない?」って声をかけるのはありだと思います。結果として、週に二回になればいいわけですから。忘れててやらなかった、疲れてできなかった、おなかがいた [続きを読む]
  • 低学年の男の子とその勉強方法
  • 女の子とくらべて、テストの点数が低いこと、国語でいちだんと低いことは事実ですね。全国学力テストの小6、中3の結果をみてもあきらかです。テストの分析をしている人は、なぜ男の子の点数が女の子の点数より低いのかわからないと書いていますが、子育てをしている親は全員知っていますよ。男の子は、女の子より読解力に劣っています。ただこれは統計による一般論なので、もちろん男の子の中にもできる子もいればできない子もい [続きを読む]
  • 週末の親子とアルケミスト
  • 子どもと週末で、特に予定がなくて行くところは、プレーパークと図書館が二大双璧でしょうね。午前中は図書館、早めのお昼で午後からプレーパークがありがちです。図書館ではどんぐりKは本を借りるのもそこそこに本を読むのに没頭しますが、読書制限をかけているので連れて帰ります。プレーパークはたき火も自由だったりするのでマシュマロを焼いたり、常に木に触ってなきゃいけないおにごっこやかんけり、かくれんぼう、水遊び、 [続きを読む]
  • 艱難、汝を玉にす
  • あの暴言代議士の座右の銘ですが、艱難は、汝を玉にしているのか?艱難はストレスを与えて、汝をいよいよ暴言や言い訳オンパレードの、玉からもっともほど遠い状態に向かうようにしているのではないでしょうか。この人の今後で一番心配なのは、子育てです。今までは子供ともかかわりは仕事の忙しさからも少なかったでしょうが、今度必然的に家族のかかわりは増えることが予想されます。ストレスがかかると今のままでは確実に暴言、 [続きを読む]
  • 文春(文藝春秋)と新潮、二社でのお家芸
  • 新潮の記事によれば、あの代議士の暴言には、母親に対する言及などもあるようで、教育に影響されている可能性はありますね。だから、何度も言っているように暴言や罵詈雑言で子供を育てるのはやめましょう。しごく当たり前のことなんですが、学習が絡むと当たり前が当たり前じゃなくなる親がいるんですよね。いくら暴言や罵詈雑言で勉強を強制して桜蔭中学、高校、東大、官僚、ハーバード大学院、政治家になっても、、最後はこんな [続きを読む]
  • 子供のチャレンジしようとする気持ちはどこで養われるか?
  • どんぐりKは、放課後に学校の校庭で遊んだりもします。ジャングルジムで鬼ごっこをやっていたようです。どんぐりKが鬼で、足の速い一人の子をずっと追いかけて、とうとう、なんで自分ばかり追いかけるの?とその子と喧嘩になってしまったようです。手は出さずに口の喧嘩だったようで、それもそれでいい経験ですが、どうしてその子を追いかけたの?と後から聞いてみたら、一番足が速いからちょっと捕まえられるか、やってみようと思 [続きを読む]
  • 子供が勉強しない(小学校低学年) 答えを使った判定法
  • 低学年ですでに反抗的な態度とか、言葉遣いが悪いとか、兄弟げんかが絶えないとかだらだら勉強するとか、 字が汚いとか、親が勉強を強制しているなら、 勉強がストレスの可能性は高いでしょうね。簡単な判定法があります。ドリルでも問題集でもなんでもいいですが答えをつけたままにしておきます。親が見ていないときに、子供が答えを見て、回答を書いていたら、確実に勉強になっていない証拠です。量が多すぎるか、進度があってい [続きを読む]
  • 音読の宿題 家庭でアレンジ
  • 学校では、音読発表会なるものがあるみたいですね。みんなで声をそろえて暗唱するって、本当にこんなことで読解力があがるとおもっているんでしょうか?校歌をみんな歌えると思いますが、一年生でその意味が分かっている子がどれだけいるんでしょう?声に出して言えたって、それは意味が分かっていることにはなりません。音読の宿題を違うものを読もうよと言ったら、だって発表会があるからこれを練習しなきゃ、と抵抗していました [続きを読む]
  • 6時まで外遊び
  • 家の前でも遊べるので、近所の友達の都合がつけば、最大の遊び時間は6時までです。6時まで外遊びをしていると、そのあとのスケジュールはたいへんですけどね。帰ってきて、そのままお風呂に入って、食事をして、デザートを食べながら音読の宿題+その他の宿題をして、どんぐりをやって、といったかんじですかね。音読はどんな指定があろうとも、一回しかやりませんし、アレンジすることもあります。今のカタカナを書く宿題も子供が [続きを読む]
  • 糸山先生 講演会 11/25(土) 思考力に差がつく0-18歳の子育て法
  • 2017年11月25日(土)に東京で、糸山先生の講演会が予定されているようですね。会場は東京虎ノ門 発明会館ホールで利便性もいいですね。 「ゆっくり、じっくり、ていねいに思考力に差がつく0-18歳の子育て法」ということで、第一部、第二部の二部制です。なんといってもどんぐりのことが知りたければ、すべてをつくりあげた糸山先生の講演会を聞くのが一番であることはあたりまえですね。どんぐり問題を塾の子供が楽しめる勉強の [続きを読む]
  • 2017年8月 糸山先生 講演会の模様
  • 糸山先生の2017年8月の千葉での講演会の模様を聞き取った範囲内で、25回分にまとめました。糸山先生 講演会(2017.8 千葉)1/25 第一回目2/25 Use it or Lose it 3/25 宿題、自助の原則4/25 外遊びと学校5/25 テレビとゲーム6/25 学校へ行く目的7/25 なぜ算数の文章題をやるのか?8/25 だんごむし問題 楽しむこと9/25 フラッシュ学習厳禁10/25 低学年では式はいらない11/25 IF法で漢字をおぼえる体験12/25 オリジナ [続きを読む]
  • キャンプの小物で楽しめるもの 火打石
  • 一般的にはファイヤースターターなどというんですかね。基本的にいらないものです。チャッカマンやライターがあれば、すぐに火はつきますからね。しかも炭や焚火に手軽に着火しようと思えば、こんな着火剤も不可欠ですし。この着火剤は雨の日でも火が付きますし、優秀ですよ。そしてこれを用意するくらいなら、チャッカマンやライターも用意すればいいですよね。でも子供たちの興味をばっちりひいて、この火打石が一つあれば子供た [続きを読む]
  • 0MX46 6歳6か月 ここらへんは即、答えですね
  • <0MX46>りすの つくった くすりが かぜに よくきくそうです。いつもは 1つぶ 20えん ですが、きょうは そのくすりが 2つぶで 30えんです。6つぶ かうと なんえんに なるでしょうか。ここら辺の問題は、絵を書いて、そのまま答えが出ている感じですね。リスの絵がはまったみたいで、答えもリスにしています。どんぐりKは問題の登場人物とかを変えたことはないですね、問題それぞれを十分に楽しんでいるようです。 [続きを読む]
  • 不思議のない勉強は、負けたくない勉強に
  • これこそ不思議なんですが、不思議が存在しない勉強ってあるんですかね?不思議がないと、なぜだが、負けたくない勉強になる気がします。だれだれに負けたくない、テストの順位で上位にいたい、そりゃ勉強も楽しくないでしょう。不思議を解消してくれる勉強はおもしろいんですけどね。親が中途半端なネットや辞書の説明で不思議を解消しちゃだめですよ。むしろ不思議の本質を際立たせて、もっと面白味を感じやすくさせるのが親の役 [続きを読む]
  • 低学年で0点のテストが意味するもの
  • 1年生や2年生でテストで0点をとってきたときに心配することは、学校の授業を聞いても、まったく理解できていないことです。理解ができていれば、少なくとも0点はないですよね。その単元を理解しているかどうかより、学校で先生の授業をきちんと聞いているのか、なぜきちんと聞けないのか? 聞いているとしたら、聞いても内容を理解できないのはなぜなのか、言葉がわからないのか、どこでついていけてないのか、質問をきちんとでき [続きを読む]
  • 0MX85 6歳6か月 キャンプ疲れですかね
  • みぎの おさらには 13この おまんじゅうが おいてあります。ひだりの おさらには 5この おまんじゅうが おいてあります。では、みぎのおさらにおいてある おまんじゅうの かずと ひだりの おさらに おいてある おまんじゅうの かずの ちがいは いくつでしょう。いわゆる即、答えってやつですね。キャンプから早めに帰ってきた日曜の夜にやっています。最近は渋滞をさけるために、一泊二日だと早めに行って早めに [続きを読む]