どんぐりK さん プロフィール

  •  
どんぐりKさん: どんぐりKの旅
ハンドル名どんぐりK さん
ブログタイトルどんぐりKの旅
ブログURLhttps://dongurik.blogspot.jp/
サイト紹介文年長からの低学年の学習、どんぐり問題の記録。全国統一小学生テストにも通塾なしでチャレンジしています。
自由文5歳からの低学年の学習の記録、どんぐり問題のすべての記録、キャンプ、カヤック、プレーパーク、スキー、スノーボード、キッザニアの記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 35日(平均14.0回/週) - 参加 2017/06/20 23:15

どんぐりK さんのブログ記事

  • 短連歌もどきと漢字の覚え方、そしてうんこドリルの問題点
  • 学校ってのは、不思議なところです。子供が短歌を作ってきました。なつやすみの宿題にもでてますけどね。 短歌で一番おもしろいのは、連歌です。相手の設定に乗りつつ、新しい状況をつくりだして、さらにそれに乗せていくのはどう考えても子供同士で楽しめるのに、それを教えて、やったりしないんですから。1年生で複雑な状況はつくれないので、一文ずつを作って、相手に渡して楽しみます。つまり5,7,5,7,7の最初の5を [続きを読む]
  • 親の熱い夏休み 親の夏の宿題
  • 子どもではなく、親が、熱く、夏にやることです。マシーンはマシーンで片づけるものは片づけましょう。学校の勉強の内容もわかりますよ。 中学受験については前にも書いていますね。低学年の親なら、まず志望校を決めましょう。子供が中学受験するかどうかはまったく関係ありません。子供がやる気になったり、成熟するのをまっていたら、時すでに遅しです。まず親が、志望校を決めます。そしてその志望校の過去問10年分から、高学 [続きを読む]
  • 退屈な夏休み
  • 夏休みには、どんぐりKに退屈もしてもらいたいです。夏休みと聞いて思い出すことは、やりたいこともやれることもすべてやりつくして 退屈で、退屈で、友達と遊ぼうとしたら、友達は旅行にでかけていてとにかく退屈を持て余した、なんてことですね。そういう思い出こそがあとから懐かしくなるものです。ある程度は、旅行や行事もいれますが、全部埋めることはないですね。子供が退屈さを十分に感じられる時間は残しておいてあげた [続きを読む]
  • おこずかいで大切な基本方針
  • 勉強と全く同じなんですけど、今を楽しみながら、将来の備えもちょっとするってことです。今の楽しみを犠牲にしすぎて、将来に備えすぎるのも問題ですし、今の楽しみを最大限にして、将来への備えをゼロにするのも困ったものですから。 どんぐり関係で流行っている?パパ銀行方式がこの考え方にそっていますね。最初に一万円をエクセルのお小遣い帳で管理します。子供が使いたいときは、いつでも親がお金をだして、エクセルのお小 [続きを読む]
  • 夏の宿題 実践編
  • 夏休みの宿題も、昔に比べるとずいぶん進化していますね。封筒に全部の宿題が入っていて、一覧表とチェック表がついています。ただ肝心の内容は、あんまり工夫されているとはいいがたいですね。まずはお約束のプリント22枚。●計算 10枚(ひたすら計算、文章題2枚は絵がついています、ダメな宿題の典型ですね)  絵日記 2枚(これとは別に絵日記の宿題が2枚出てますけど)  国語 10枚(ひらがなを書くのが大半ですね) 家 [続きを読む]
  • 幼少・低学年からの英語教育で失うものは? やらないことの大事さ
  • 小さい子に英語のDVDを常にかけっぱなしで見させたり、幼い兄弟どうしで英語でずっと会話したりすることでなにも失わずに、英語の能力だけがプラスであがると考えるのは、少し早計に思えます。英語は言語なので、国語や考え方に大きな影響を与えてしまうことをよく考慮してから、取り組んだ方がいいです。頭で考えるには、言葉とイメージを結びつける必要がありますが一つのイメージに2つの言葉があれば、頭は余計な操作をするこ [続きを読む]
  • 体験学習としてのキャンプに必要な2つのこと
  • いろいろなところで体験学習が大事なんて記事を見かけますね。こんなところがメジャーなところですかね。コールマンの広告になっちゃってますけどね。ただ二点、大きなポイントをはずしてると思います。それは、友達がいないキャンプ、あわただしいキャンプはキャンプとしては残念な部類ってことです。この2つを中心に意識して、親がキャンプを計画しましょう。この2つが大変なんですけどね。友達がいないキャンプについては言う [続きを読む]
  • 1MX00 6歳4か月 丁寧さに欠けてますね
  • <1MX00>ダンゴムシさんたちが 3れつに ならんでいます。1れつめは 7ひき、2れつめは 8ひき、3れつめは 6ぴきです。では、それぞれのれつで まえから 3ばんめと うしろから 6ばんめの あいだにいる ダンゴムシさんたちだけの かずを あわせると、みんなで なんびきに なるでしょう。学校は今週から、夏休みモードみたいなもので宿題もないみたいでいいことです。ただちょっと、旅行疲れであわただし [続きを読む]
  • お風呂勉強法
  • どんぐり問題を解いている途中や後にいっさい声をかけることはないですが、 街を歩いているときや、お風呂に入っているときなどにふとそれに関した話題になることがあります。街だと看板や具体物をもとに話をしますし、おふろだと壁に専用のクレヨンで絵を描けるようにしています。お風呂では、基本的にはどんぐりKが先生で、お父さんはどんぐり生徒さんです。どんぐり生徒さんは惜しい間違いばかりをしでかして、先生にため息を [続きを読む]
  • 子供の視力
  • どんぐり的な視考力の「視る」以前の、視力についてです。こどもは、意外と見えているようで見えていません。2歳までに0.3以上、3歳半くらいで0.5以上、4〜5歳で1.0、視覚が成熟して成人と同じレベルに達するのは8〜9歳です子供が遠くのきれいな風景などに興味を示さないのも、なるほどです。そもそも見えてないんですから。そして、見ることは非常に重要なので子供の目の様子には特に気を付けてあげましょう。弱視は50人に1人 [続きを読む]
  • 低学年からの通塾 SAPIXの微妙な言い回し
  • SAPIXのHPには、以下のような文言があります。低学年から通ったお子さまは、中学入試で第一志望校に合格する比率が高いというデータがあるのは事実です。なんとも微妙な言い回しで、あんなに偏差値の高い中学への入学者数を他の塾と競って広告しているのと同じところの文言とは思えません。どうして、低学年から通ったお子さまは、中学入試で偏差値の高い中学に合格する比率が高いというデータがあるのが事実です。とかけないんで [続きを読む]
  • 0MX21 6歳4か月 週末が忙しいので、もう一問
  •  ねぼすけの あさがおさんが きょうは はなを さかすのを わすれてしまいました。それで、 あしたは いつもより 5こ おおく はなを さかせようと おもいました。きのうは いつもより 2こ すくなくて 3この はなを さかせていたとすると、あしたは、なんこの はなが さくのでしょう。今週末からの3連休で、湖にキャンプに出掛けるので、もう一問、やっておきます。ここらへんの問題には、悩みが少ないです [続きを読む]
  • 暑い中の外遊びで疲れ果てて、家庭学習ができないんじゃ困りますよね
  • 朝にどんぐりの日には、今日はどんぐりだねと声をかけます。ただ実際にとりかかるときに、つかれてたり、集中力がない様子が見受けられたら、基本的にはやりません。たとえやっててもやめて、さらっときりあげます。つづきにする? わからん帳にいれる?って感じでさらっとですね。どんぐり問題の解ける、解けないは結果論ですが、なにより過程で本人が楽しみながら、ベストを尽くして一生懸命考えられることが大切ですから。そん [続きを読む]
  • 子供が自転車に転ばずに乗れるようになるように、勉強でも
  • 今の子供で自転車に乗るのに、何回も転んだり、何日にもわたって練習したり、親が乗る練習につきっきりということであれば、それはやり方をしらないの一言に尽きます。どんぐりKは、一度も転ばずに、一人での最初のトライで自転車を乗りこなしました。これは別に、どんぐりKが運動神経がいいわけでも、なんでもありません。同じように、どんぐりKは、一年生の一番はじめての全国小学生統一テストで、いい成績(偏差値65)を修めま [続きを読む]
  • 小学一年生 勉強の夏 進化の夏
  • 夏休みは進化の夏です。夏休みの学校の宿題は、2〜3日で片付けます。もちろんできない場所があれば、わからん帳へ。できるところを何回やっても無意味ですから、こちらはマシーンで対応ですね。自由研究や、絵・工作は楽しみながら本人にやってもらいましょう。残りの自由な時間で、どんぐり問題のわからん帳を集中的に取り組みます。このために、こつこつと半年以上かけて、わからん帳に問題をためてきたわけですからね。なんと [続きを読む]
  • 1MX30 6歳4か月 合計1時間かけて解ききる力に感心しました
  • <1MX30> ミミズのニョロは 3しょくの たからばこを みつけました。あかいろの たからばこには きいろの たからばこよりも 4こ おおい たからが、きいろの たからばこには あおいろの たからばこよりも 2こ すくない たからがはいっています。たからばこを あけたら、みんなで 30この たからが ありました。では、あかいろの たからばこには なんこの たからが はいっていたことに なるでしょうか。 [続きを読む]
  • 3歳以前の原風景なんてものは覚えてられませんよ 幼児期健忘症
  • 3歳以前の記憶や原風景が大事なんて、美しい言葉ですね。ただ、おかしいと思いません?なぜなら、3歳以前のことを、子供は覚えてないからです。子供を3歳以前に旅行に連れて行っても、その記憶がないことは親ならだれでも知っている事実でしょう。住んでたところも覚えてないですよ。覚えてられないようなことが、大事になるわけがありません。あるいは大事になるようなことをそもそもすっかり忘れるような仕組みが人に備わって [続きを読む]
  • 1MX30 6歳4か月 つづきにしました
  • <1MX30> ミミズのニョロは 3しょくの たからばこを みつけました。あかいろの たからばこには きいろの たからばこよりも 4こ おおい たからが、きいろの たからばこには あおいろの たからばこよりも 2こ すくない たからがはいっています。たからばこを あけたら、みんなで 30この たからが ありました。では、あかいろの たからばこには なんこの たからが はいっていたことに なるでしょうか。 [続きを読む]
  • 海、子供時代の思い出
  • 週末の一日には、必ずまったく勉強しない日を設定します。夏の日差しが輝く海には、不思議な力がありますね。小さいころに海に行ったことは、今でもよく覚えています。 どんぐりKを、小さいころから定期的に海に連れていっていますが砂場と水を備えた海は、小さい子の遊び場としても最強です。ただ、6歳の夏はいままでとは大きく違う進歩がみられました。小さい頃も、網を持って魚を一生懸命追いかけていましたが、今年の夏は、浮 [続きを読む]
  • 録音機あるいはビデオ勉強法
  • 環境設定やどんぐり問題をやるうえで、一番問題になるのが親の態度です。家庭学習でもおなじでしょうけどね。さすがに、こちらほどひどくはないでしょうが、客観的に見て子供相手にけっこうひどい言動の親は多いと思います。対策は、簡単です。家庭内学習やどんぐりをやるとき、ビデオをとりましょう。なければ、携帯などで録音しましょう。あとからそれを一人で見返すか、聞き返すだけです。うんざりするような内容なら、聞いてる [続きを読む]
  • 1mx02 6歳4か月 そういう方向に進化していくとは
  • <1MX02>あかいチューリップと しろいチューリップがあります。あかは しろより 3ぼん おおいです。あかは ぜんぶで 5ほんです。では、 あかと しろを あわせたかずは なんぼんに なるでしょう。 以前はあかの本数を聞くまでは絵を書き始めなかったあかしろ問題ですが、最近は素直に頭から書いていくようになりました。花のめしべとおしべを書くようになったのと白の花は白だからと茎をかいて、花自体は白で書いたの [続きを読む]
  • 宿題は楽しめます、そして七夕
  • 宿題は楽しくできますよ。小学校一年生のどんぐりKの今日の学校の宿題は、自分がすきなものを絵でひとつ書いてくることでした。量も質もいい宿題ですね。どんぐりKは、自分のすきなロボットを楽しそうに書いていました。将来の夢は、発明家らしいです。そのわりにいろいろ飾った七夕の短冊に「ドラえもんがほしい」と書いていてそれはちょっと安易では、と思いましたが。親が子供の教育の責任をもっているんですから、(親以外に [続きを読む]
  • 足し算、引き算? と算数の文章題で聞いたら末期的症状
  • どんぐり問題のテスト問題のチェック表にもありますが、文章題を前に、足し算、引き算?と子供がきいたら、末期的症状です。文章題は足し算や引き算でとけるものとは、決まってないからです。小学校一年生の算数の文章題ですが、たとえば、この問題は足し算と引き算でとけるよなんて教えて、解けると思いますか?文章を全く読まず、数字の操作で答えがでると思い込んでいて、文章があらわしている状況を把握する力(読解力)が皆無 [続きを読む]
  • こどもの疑問に正面から答えない 不思議を大事に
  • こどもにとって世界は不思議に満ちています。たとえば選挙ひとつとっても、なぜの連続です。なぜが生まれる環境を体験させてあげることはとても大事なことです。ただ、なんでもかんでも子供の疑問にこたえてあげればいいってものじゃありません。そして子供のなぜには、単にそれに名前をつける説明じゃ不十分です。子供の不思議をより明確に、不思議の中心をうきぼりにして見せてあげることが大事です。そしていっしょに声をそろえ [続きを読む]