じゃんぺね さん プロフィール

  •  
じゃんぺねさん: BLの感想を記録していくブログ(備忘録)
ハンドル名じゃんぺね さん
ブログタイトルBLの感想を記録していくブログ(備忘録)
ブログURLhttp://tabetemiyou.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文中年になってBLにはまってしまった私の読書日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 80日(平均2.7回/週) - 参加 2017/06/21 09:28

じゃんぺね さんのブログ記事

  • 【雑記】 余韻 『インディゴの気分』
  • 『インディゴの気分』の世界から、なかなか抜け出せずにいる。こんなに引きずるのは『俎上の鯉は二度跳ねる』以来のこと。ウェブ上のレビューを読むと、“号泣”とか“涙が止まらない”というものがたくさんあり、心情的にはとてもよくわかる。全くの同感。心の中ではすごく泣けた。大号泣。なのに実際の涙は一滴も出なかった。泣きたいのに泣けない。泣いてすっきりしたいのにこみあげてくるのは涙とは別の重くて暗い何か。涙にな [続きを読む]
  • インディゴの気分 丸木戸マキ
  • 2017年ナンバーワン。りーちゃんかわいい。【内容紹介】[ポルノグラファー]の過去編にして完結編!担当編集・城戸×若き日の官能小説家・木島のスピンオフポルノ作家と俺の“言えない”お仕事「さっきの…気持ちよかった?」=======(あらすじ)【登場人物】木島・・・純文学崩れのポルノ作家。蒲生田の弟子になる。城戸・・・官能小説の編集者。困窮する木島に執筆を依頼。蒲生田・・・死期の迫る官能小説の大家。鬼畜なくせ者。 [続きを読む]
  • 真夜中ラブアライアンス みちのくアタミ
  • 思ったよりエ口くてびっくりした。【内容紹介】case 1 :落とし穴にハメられて逆ナンしてきたイマドキかわいこちゃんについていったら男だった!勃たないというと使わないから大丈夫と言われ、まさか俺が掘られちゃう…! ?【バリタチ女装男子×素質あり!?なメスイキ男子】case 2:ピンナップ・ボーイ時給に釣られて始めたゲイバーのバイト。そもそもゲイ嫌いな上に無愛想な先輩に中々馴染めないでいたある日、そんな先輩の秘密を知っ [続きを読む]
  • 声はして涙は見えぬ濡れ烏  ウノハナ
  • 大学生ってこんな大人なんだね【内容紹介】「友達はいらない。セフレだったら…考えないでもないけどな」会沢征志が最近気になっているのは、超絶クールで色っぽい美形の、お隣さんかつ同じ大学に通う烏生田凜。大財閥・久喜宮グループの社長の孫らしいが、まるで人に興味がないかのような態度で学内でも浮いた存在だ。なんとか仲良くなろうとしていたある日、凜がゲイだと知らされ、「不用意に近付くな」とキスをされたことで凜へ [続きを読む]
  • 美しい野菜(1)  松本ミーコハウス
  • 残念ながら、今のところ野菜プレイはありません【内容紹介】小説家くずれの太郎(たろう)は、自炊ナシの不健康生活を送る31歳。ある日、ハツラツとした八百屋・治樹(はるき)と出会い、家呑みをすることに。酔っぱらった太郎は無自覚にエロ発言を連発し、ゲイの治樹の理性は崩壊。ノンケだというのに、太郎は「挿れられる」セックスにいやらしく乱れる。その後も肉体関係を続ける2人だったが、太郎のMっ気を察した治樹は甘くサデ [続きを読む]
  • 僕のハイスペック彼氏様  よつあし
  • バリタチΩ見つけました【内容紹介】スーパー攻め様が受ける!!妄想力逞しい凡人リーマン×ハイパーセレブリティな男前社長王道をブチ壊すハイテンション・ラブコメディ================================スーツを剥ぎ取って逞しい肉体にむしゃぶりつきたい!平均的なサラリーマンの横道(よこみち)。彼が抱きたい相手は自分とは一味も二味も違う"一流の男"。眉目秀麗、頭脳明晰、家柄の良い高スペック男性を喘がせたい!しかし普通の代 [続きを読む]
  • 狂い鳴くのは僕の番 楔ケリ
  • “オーメーガーバーーース!!!”って必殺技みたいに連呼したくなる魔法のことば【内容紹介】差別されるはずの存在がエリートとして君臨――一流企業に転職し、新天地へ希望を馳せるサラリーマンの高羽。だが入社早々、直属の上司である烏丸の秘密“人を惑わし、劣情を煽る特異体質"を知ることに。烏丸は自らの体を武器に、大企業のキャリアの地位におさまっていたのだった…。今宵も股を開き、サカる男たちを受け入れる姿に嫌悪 [続きを読む]
  • 人はなぜ働かなければならないのか 山田ユギ
  • チキンラーメン食べたい。あと、嘘つきな受けっていいよね【あらすじ】真夜中のオフィス――そこには口の悪い上司とその仕事を手伝うデキる部下の2人のみ。眠気覚ましのバカ話から事態はとんでもない方向へ……!?「麗人」誌上で人気を博した夜の残業現場を舞台に繰り広げられる「人はなぜ〜」シリーズが描き下ろし入りで待望のコミックス化!!表題シリーズ他、先輩×後輩、遠距離カップルなど、オフィスラブ満載の最新作品集! [続きを読む]
  • そしてすべてが動き出す  内田カヲル
  • とうとう胸筋が額縁に!?【あらすじ】高校の先輩と後輩が再会し、編集者と漫画家から恋人同士になった坂口と藤代。仕事場を引っ越すことになり、不動産会社に勤める坂口の高校時代の友人・三崎と会うことになったが、藤代は高校時代から三崎のことを苦手に思っていた。その三崎から坂口が昔、漫画家を目指していたが、藤代の存在によってその夢をあきらめたことを知らされる。ショックを受けた藤代は―――?【感想】あー、ずっと [続きを読む]
  • 『新宿ラッキーホール』とわたし【下半期と冬の問題】
  • 7月です。下半期突入です。「新宿ラッキーホール」の続編が開始されるという情報が昨年12月に発売の「このBLがやばい!」に掲載され早半年。7月に入り、予告された下半期に突入いたしました。下半期と言えば7月から12月。SLHの面々に再会できるのもあと半年以内!と思っていたのですが、雲田せんせいのツイッター及び新刊のあとがきにおいて「冬」というざっくりとした告知がなされ、ひとまず7月〜10月に再会という可能性は [続きを読む]
  • 帰らなくてもいいのだけれど 内田カヲル
  • 先輩のジュ●ィオング―――でお茶を噴いた【あらすじ】高校の先輩と後輩が再会し、漫画家と編集者から恋人同士になった坂口と藤代。数々の苦難を乗り越え、公私共に深い絆で結ばれた二人に最大のピンチ到来!ある日藤代の実家から一本の電話がかかる。問答無用で帰省せよとの命令に実家へ戻った藤代を待っていたのは、本人抜きで進められた見合いの席……!?暴力編集者とヘタレ漫画家の10年越しの想いを描いた「そして続きがある [続きを読む]
  • Knife 千葉リョウコ
  • 攻めの顔が好き、受けの顔が好き、警察モノ好き【あらすじ】警視庁捜査一課の津積は、何よりも事件捜査が好きな変人刑事。不謹慎で毒舌だが、鋭い勘と洞察力で事件解決の糸口を見つける。そんな津積の相棒・佐久間は、半年前に所轄から異動してきた新人。真面目で無愛想、そつのない仕事ぶりは可愛げがない。しかし、ある事件を機になぜか佐久間が変調をきたす。突如として発情した佐久間の、普段とはまったく違う表情に好奇心を刺 [続きを読む]
  • 乳男(チチメン) 青山アルト
  • BLの帯について。突然だが、私の夢は“BLの帯文を考える(だけの)仕事”に就くことだ。通常、書籍の帯は、作家や編集や宣伝担当といった方々が考えているのだと思うけれども、新刊もしくは重版の際につけるBLの帯のコピーだけを考える仕事がもしこの世にあるなら、その職業に就きたいと思っている。職業『BL帯ライター』とでも呼ぶのだろうか。来世では是非BL帯ライターになりたいと強く思う。さておき、私がBL漫画を買う際、内容 [続きを読む]
  • 風俗狂いですが年下男子に告られました 彩景でりこ
  • 扉絵の麗しい東さんに本編では会えません【あらすじ】表題作シリーズほか2作を同時収録〈風俗狂いですが年下男子に告られました〉シリーズ三十路の風俗狂いの書店員・東は、バイトの大学生・池田(ロボくん)に突如「好きなので付き合ってくれ」と告白される。自分はゲイではないからと一度は断ってみたもの、完全なる好奇心から、恋人ではなく「とりあえず仲良しから」というお付き合いがスタートする。東の特殊な性癖に応え続け [続きを読む]
  • 奪われることまるごと全部  阿部あかね
  • 寝顔がすさまじい長髪美形攻め【あらすじ】巨乳大好き高校生・鷹雄は、幼馴染の美長(よしなが)に彼女ができたことを報告すると、「中学の時からお前の尻を狙っていた」と言われ、強引に突っ込まれてしまう。散々「好きだ」「愛している」と吹き込まれ、美長の手料理で餌付けされ、恋人のような関係になるものの、女好きの鷹雄の浮気癖はなかなか治らず…美長×鷹雄【感想】長髪美形攻め×アホヒゲ受け長髪攻めが大好物な私にとっ [続きを読む]
  • 10DANCE(テンダンス)1・2 井上佐藤
  • 3巻をただただ熱望。K談社さん、あまりじらさないで(2017年6月23日現在)【あらすじ】社交ダンスのスタンダード部門とラテン部門のそれぞれが日本チャンピオンである杉木と鈴木。それぞれが互いの専門のダンスを教え合い、10種類のダンスを競う「10ダンス」に挑戦することとなる。ダンスのスタイルも性格も正反対の二人は反発しながらも…CPはまだどっちがどっちかわからないけれど鈴木×杉木か?【感想】BLだけど2巻 [続きを読む]
  • 明け方に止む雨  草間さかえ
  • シンプルなのに緻密。海外の短編小説のような空気感。【あらすじ】大きく分けて2つの話からなる短編集。前半の、表題作を含む現代日本の2CPをメインとした話と後半の近代(に見える)イギリスらしき外国の画家の話。〈夜更けに花降る〉〈小夜啼鳥の夜〉マンションの隣室に住む高夫が、大麻を吸っているのではないかと疑う生真面目な裁判所事務官・山田は、証拠をつかむため高夫に近づくのだが…高夫×山田〈明け方に止む雨〉〈少 [続きを読む]
  • 妄想エレキテル 全4巻 ねこ田米蔵
  • 正統派イケメン・ふみが大真面目にする変態妄想が楽しい。【あらすじ】高校の同級生・春平と文博(ふみ)は、同じマンションの隣同士に住む幼馴染。ある日“自分はゲイかもしれない”とふみに告白され動揺する春平。てっきりふみが自分のことを好きなのだと思い込む春平は、ふみから彼氏を紹介され、なぜ自分が相手ではないのかとがっかりして…。CP 文博×春平【感想】この作品、すごく好きです。高校生の性春。ふみはゲイで春平 [続きを読む]