cos さん プロフィール

  •  
cosさん: 4速生活
ハンドル名cos さん
ブログタイトル4速生活
ブログURLhttp://4speed.exblog.jp/
サイト紹介文4速MTベスパとミニでアソブ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 30日(平均9.1回/週) - 参加 2017/06/25 05:54

cos さんのブログ記事

  • 上田秋成 「雨月物語 春雨物語」 読了
  • 📚上田秋成 「雨月物語 春雨物語」 読了子供心に楽しみに観ていた番組に「日本昔話」があった本書はそういった風情の物語が数編収められているどれも面白く、古い時代の日本の生活感などもうかがい知ることが出来るところが好ましい個人的には雨月物語の方が好みだったまた春雨物語では二世の縁を楽しみにしていたが、こちらには収録されておらず‥ [続きを読む]
  • 早朝のワインディングロード
  • 📚上田秋成 「雨月物語 春雨物語」 読了子供心に楽しみに観ていた番組に「日本昔話」があった本書はそういった風情の物語が数編収められているどれも面白く、古い時代の日本の生活感などもうかがい知ることが出来るところが好ましい個人的には雨月物語の方が好みだったまた春雨物語では二世の縁を楽しみにしていたが、こちらには収録されておらず‥ [続きを読む]
  • ひまわり
  • 空冷エンジンのオートバイが好きだ今までに所有したオートバイは全部で9台そのうち空冷エンジンは7台キャブレターマシンは特に良かった [続きを読む]
  • 直木賞候補 「敵の名は、宮本武蔵」 読了
  • 📚直木賞候補 「敵の名は、宮本武蔵」 読了_______________________________________これがあるから読書は楽しいそう思わせる作品にまた出会えた時代劇、とくに剣劇になると面白さが大事にされがちだが、本作は冷ややかで身震いしてしまうほどの恐怖感がある最初の人物を読み終わり、これは武蔵に破れ去った人を掘り下げた話なのか... [続きを読む]
  • 須賀しのぶ 「また、桜の国で」 読了
  • 📚須賀しのぶ 「また、桜の国で」 読了_______________________________________今年、アンネの日記とその関連本を再読したため、この本は僕には相当重かった然し、読了後の感動はそれ以上に大きかった多くの日本人があまり知らないワルシャワ蜂起親日国、ポーランドに起きた悲劇そして尊厳を守るために立ち上がった彼らの勇気... [続きを読む]
  • 有川浩 「阪急電車」 読了
  • .有川浩 「阪急電車」 読了_______________________________________..阪急電車の八つの駅を舞台にしている物語は最初の40頁までにはすっかり鷲づかみにされた感じで期待が大いに膨らんだ.登場人物が微妙にシンクロしつつ進行してゆく構成はチルドレンを思い出してしまう駅ごとに分けられたショートストーリーだし、軽めのタッチ... [続きを読む]
  • 秘境のあじさいを見る
  • .有川浩 「阪急電車」 読了_______________________________________..阪急電車の八つの駅を舞台にしている物語は最初の40頁までにはすっかり鷲づかみにされた感じで期待が大いに膨らんだ.登場人物が微妙にシンクロしつつ進行してゆく構成はチルドレンを思い出してしまう駅ごとに分けられたショートストーリーだし、軽めのタッチ... [続きを読む]
  • 井上荒野 「ベーコン」
  • 「ベーコン」 ._______________________________________.これは5月に読んだ本男女の機微や隣人との距離感等の描き方が秀逸でぐっとくる「ほうとう」で安海が温子を急かしておばあさんを追いかけるシーンはどうだろう?意図しているのか⁉?たとえば、円地源氏では光源氏が六条御息所邸に泊まるシーンにて、翌朝に御息女は床から起き... [続きを読む]
  • しっとり蓮の花
  • 「ベーコン」 ._______________________________________.これは5月に読んだ本男女の機微や隣人との距離感等の描き方が秀逸でぐっとくる「ほうとう」で安海が温子を急かしておばあさんを追いかけるシーンはどうだろう?意図しているのか⁉?たとえば、円地源氏では光源氏が六条御息所邸に泊まるシーンにて、翌朝に御息女は床から起き... [続きを読む]
  • 吉田修一 「怒り・下」 読了
  • .吉田修一 「怒り・下」 読了_______________________________________..「怒り・下」を一気に読み終えた僕の中でくすぶっていた”怒り”が少しだけ落ち着いたような気がして、読んで良かったように思える執拗なまでにもあの市橋事件をイメージさせ、作者の主題を明確にとらえるよりも映画としてのエンターテインメントを重視した脚... [続きを読む]
  • 吉田修一 「怒り・上」 読了
  • 吉田修一 「怒り・上」 読了旬を過ぎたこの作品を僕がなぜ読んだのか?もちろん、僕は図書館で予約した本の順番が回ってくるのが遅くて、旬を逃したタイミングで読むこともあるけど、本書は中古本を買って読みはじめたそれは昨年映画「怒り」を観たあとに感じた僕自身の”怒り”の行き場を探していたからかもしれないでは何に怒りを感じたのか‥2017年4月に僕読んだ村上さ... [続きを読む]
  • 幽玄
  • 吉田修一 「怒り・上」 読了旬を過ぎたこの作品を僕がなぜ読んだのか?もちろん、僕は図書館で予約した本の順番が回ってくるのが遅くて、旬を逃したタイミングで読むこともあるけど、本書は中古本を買って読みはじめたそれは昨年映画「怒り」を観たあとに感じた僕自身の”怒り”の行き場を探していたからかもしれないでは何に怒りを感じたのか‥2017年4月に僕読んだ村上さ... [続きを読む]