空蝉ノ詩 さん プロフィール

  •  
空蝉ノ詩さん: 空蝉ノ詩
ハンドル名空蝉ノ詩 さん
ブログタイトル空蝉ノ詩
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suteishi-syui
サイト紹介文昨日は消え、明日はない。蝉の如く生命有る限り、私は今日此処に生きていると鳴き叫ぶ。空となった蝉は何処
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 92日(平均13.1回/週) - 参加 2017/06/25 08:03

空蝉ノ詩 さんのブログ記事

  • 171編 憂鬱な休日の午後
  • 憂鬱な休日の午後 休日の前夜が最高に幸せな気分「明日は休み」休日の朝は眠りの境地にある太陽が西に傾き夕暮れどきが近くなるにつれ気持ちは憂鬱灰色の空 灰色の雲のようまだ休日の時間は残っているのに悩みはないのかあるのかわからないが犬になりたい [続きを読む]
  • 170編 「米」+「異」=「?」
  • 「米」+「異」=「?」 お口から白い米を食べたらお尻黄色い糞が出た式で表すと「米」+「異」=「糞」《解説》口から米を食べたときは白かったお尻から出たときは黄色(黄土色)だった色も形も違っていた米と異なるものが出た [続きを読む]
  • 168編 彼岸
  • 彼岸  彼岸 あの世であり天国の世界   地獄の世界もあの世だが成仏できない此岸 この世のことであり   生きる苦しみは地獄のような時もあるが   歓喜のときもあり至福の気持ちになる時もあるあの世がいいのか この世がいいのかあの世は死んでみないとわからないどんなあの世なのかあの世からこの世に戻ってきた人はいないから天国はよっぽど極楽の世界なのかパラダイスなのであろうかそんなことを考えると罰あたり、 [続きを読む]
  • 166編 偏見
  • 偏見鳥烏「鳥」の漢字と比較すると「烏」の漢字は横線が一本足りないから烏は馬鹿な鳥なのか烏は黒羽の鳥故に不吉な鳥死を告げる鳥であるとして忌み嫌われるのか車で引かれた犬猫の死骸を喰いあさる烏烏は鳥類のなかでも賢い鳥であり神の鳥として敬れていた [続きを読む]
  • 158編 今日から9月
  • 今日から9月今日から9月昨日の夜は寒く薄い掛布団を1枚足した9月と10月の暦を剥いだら晩秋となり冬の顔が見えてくるそれだけに9月をどう過ごすかなかなか見ることができなくなった赤蜻蛉に遭遇しますよう [続きを読む]
  • 155編 犬助け
  • 犬助け今日は人助けではなく犬助け那須アウトレットに行こうとラパンショコラを運転していたら目の前に柴犬似の雑種犬が舗装道路にうずくまっていたショコラから降り犬の傍に近寄った「犬君」と声かけても反応なし体を揺すってもピクともせず死んでしまったのかな、と思いきや犬は突然目が開きよろよろしながら立ち上がった「あっ! 生きている」嬉しくなったが、極限の空腹のせいか歩くもふらふらであった私の足元にすり寄り体を [続きを読む]
  • 151編 誕生日前夜
  • 誕生日前夜 明日65歳になる嬉しいのか それとも人生の節目なのか介護保険法では老人の仲間入りになる介護保険被保険者証が郵便で届くであろうそれに私の場合慢性腎不全による身体障害者1級であることから医療保険は健康保険から後期高齢者医療保険証に変わる3割自己負担から1割自己負担となり大いに助かるそれよりも64歳最後の日から明日は65歳になっても世の中も私の怠惰な生活も変わりはしないのだが私の心のなかでは [続きを読む]
  • 149編 8月15日
  • 8月15日8月15日終戦記念日国民を悲劇と貧困のどん底に導いたあの忌まわしい戦争が終結した日ヒロシマ ナガサキに原爆を落とした国アメリカと手を繋ぎ歩いている日本トランプ大統領は日本に駐留している米軍のために「日本」を守るそのことを総理大臣はわかっているのだろうか私が20歳前後の頃は北朝鮮より遠い国ベトナムを支援していたベトナム戦争反対のデモにも参加し若かったいまは私だけでなく革新政党はいまや凋落し [続きを読む]
  • 148編 仏の泪なのか
  • 仏の泪なのか 梅雨が明け短い暑い夏が到来するかと思いきや今週は土曜日まで雨の予報 犬も散歩できずストレスで暗い気分私も気が晴れずシトシト月曜日蝉もさぞかし鳴くことができず困っていることだろう私も気が滅入ってしまういつかは雨は晴れ上がるけど閉じこもった気持ちいつ晴れるのであろうか [続きを読む]
  • 147編 秋の予感
  • 秋の予感秋の予感路傍には秋桜が咲き始めた手元に写す機器がなかったのが残念北の国ではお盆を過ぎると朝夕 寒くなり秋の気配を感じる 《秋の予感》夜明けが遅くなり陽の沈みが早くなってきた夏は蝉のように短く時間を駆け抜けて行く恋の秋は心ときめくが恋の季節を失った老人は我が心臓のときめきに耳を傾ける [続きを読む]