ばんび さん プロフィール

  •  
ばんびさん: ばんびの難関高受験〜2019年受験
ハンドル名ばんび さん
ブログタイトルばんびの難関高受験〜2019年受験
ブログURLhttp://ameblo.jp/banbi8888/
サイト紹介文偏差値35から73へ躍進中、国私立トップと都立トップを目指します。6Kから通う塾のエピソードも。
自由文備忘録ブログなので、文体がかたく、ひとつひとつの記事がやたら長いです。ご了承ください。
早稲田アカデミーに6Kからお世話になり、現在は特訓生。偏差値35→73の軌跡、塾の情報なども書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 28日(平均9.0回/週) - 参加 2017/06/25 12:06

ばんび さんのブログ記事

  • 母、学校に抗議する
  • 昨日の体育の評価の件。黙っていようかなと思ったが、何人かのママ友に相談し、やはり抗議することにした。なんともかんとも、腹の虫がおさまらない。試合開始、カーーン!!(ゴングが鳴る)まずは、体育の先生に話を聞いた。どういう基準になっているのか、何人単位でテストしてるのか、男女の基準は統一されているのか、などなど。低い声で、淡々とドスをきかせて理詰めでいく。ひとつひとつ確認。尋問式で。先生の声から、必 [続きを読む]
  • やっぱりやってくれたぜ、日体大のバイト教師
  • 中2一学期の評定が出た。びっくり仰天、まさかの44何が4だったかというと、意外にも体育。娘は、怒り沸騰で帰宅。観点別評価の内容は、関心意欲態度 B思考・判断 A実技 B知識・理解 A関心意欲態度がBって??(はじめてつけられた、この評価。)実技がB ‼?あなたが5じゃなければ、誰が5なの?あなたがBなら誰がAなの?と聞いたら、学年で、5はいないらしい。なにそれ⁉???実は、今の体育の教師は、なんと、入学してから、こ [続きを読む]
  • 都立高校の自校作成問題
  • 娘の第一志望校について、大切な情報源になっているブログがある。日比谷を目指す受験生とその保護者なら、必ずや知っているであろう、有名なブログ。日比谷高校を志す君に贈る父の言葉このブログで、来年の日比谷高校の入試問題の傾向に変化がある旨、それについての考察などが書かれている。都立トップ校は、平成26年度からグループ作成問題となり、試験の難易度が下がった。入試当日であまり差がつかないため、我が家も内申点 [続きを読む]
  • 右腕の骨折は……
  • 塾の男の子が、右の手首を骨折してしまった。なんと、6月。骨折してなくたって、クラス落ちという、がけっぷちに立たされているのに、骨折。しかも右。よりによって、右。ギプスで固められた手首を見た先生「お前どーやって試験受けるんだよ??」ご本人「腕全体を使って書くんだよーん」ほらっ、とバタバタやってみせる。たしかになんとか書けるが…スピードはないし、字も解読不能なので、(なにより、周りの子が迷惑でしょ)テ [続きを読む]
  • 実技試験はセンス?? 2
  • 前回の続きです。 技術・家庭科これは、センスなのかなあ。センスといえば、センスなのかも。家庭科で、エプロンを作るという課題があった。学習展示発表会で、学年全員の作品を見たが、使えるほどのものに完成してる作品が少ない!!いや、びっくり。なんか肩ひもが変なとこについてたり、縫い目はガタガタは当たり前、生地の裏表が違うとか、未完成のものもある。なんとか完成していても、とにかく雑な仕上がり。まあそこは、雑 [続きを読む]
  • 実技試験はセンス??〜評定45への道
  • 標題の実技試験です。努力ではなんともならない部分があり、我が娘は、これがいちばんたいへんそう。中1の一学期に、いきなり実技で評定を下げられたので、娘なりにそこは必死。娘の奮闘を記します。 美術 これ、これこれ!美術の先生って!!どういう基準か、まったくわからない学習展示発表会で、ほかの子たちの作品も見たが、なぜ、この子が3で、うちの子が5なのか、ぜんぜんわからない。わたしがおかしいのかな。センスゼロだ [続きを読む]
  • 提出物、忘れ物、授業態度〜苦労の末の45
  • 評定45は、ペーパーの試験だけではとれません。定期考査の記事の続きです。我が家でやっていることを、書きます。(また長文です、すいません)その1 授業態度同級生に、勉強がバツグンにできる男の子がいる。入学して、はじめての定期考査で、娘が負けた相手である。しかし、一学期の評定は、彼 42娘 44娘が一位で、彼は三位だった。なぜか。授業態度が悪いのだ。入学早々、寝ている。寝ているのではなく、正確には、机に突っ伏 [続きを読む]
  • 新聞を読む 〜 え、なんのために?
  • 娘は、毎朝、新聞を読みながら朝食をとる。塾に行く前の夕飯のときも、新聞を読む。お行儀が悪いのだが、時間のない中学生には仕方がない。活字中毒の娘は、新聞を読みながらの食事タイムが至福のときなのだそうだ。(三者面談ではじめて知った)だから、新聞タイムに話しかけても、完全無視新聞のおかげか、テレビを見ないのに、政治経済の時事ネタをよく知っている。しかし同時に、芸能ネタもかなり詳しい。素朴な疑問↓娘は新 [続きを読む]
  • アメンバー申請してくださる方へ
  • アメンバー申請をしてくださる方がたくさんいらして、とても嬉しく思っています。こんな言いたい放題の、ためにもならないブログなので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。たいへん僭越なのですが、アメンバー申請をしてくださる方に、次のことをお願いします。● ブログやってる方もやっていない方も、メッセージを添えて、アメンバー申請してください。(酔っ払って、勢いでポチしたとかは、勘弁ですよ〜)● AmebaI.D.だけお [続きを読む]
  • 心が折れそうなほど忙しい生徒会長さんのこと
  • 昨年の夏、都立高校の説明会にいくつか参加した。生徒会長さんって、女子が多いのね…時代を感じる…生徒会長さんの印象って、その高校のことをよく体現してるなと感心する。いちばんびっくりしたのが、とある都立トップ高校の生徒会長さん。「この高校に入りたくて、中2から、この学校のあらゆるイベントに参加しました。受験では、国立の女子高と私立の女子高にも合格しましたが、ここの学校にしました。そのくらい魅力ある学校 [続きを読む]
  • 合唱コンの壮絶な闘い
  • 今年もやってきました、合唱コンクール。さいきんの子って、目立つことを嫌がらないらしい。学級委員とか指揮者とか、仕切る立場は、奪い合いになる。わたしが中学生のころは、自分から立候補なんてあり得ない。やりたかったら、根回しして、周りから「やりなよー」と言ってもらい、「仕方なく引き受ける」という、なんともめんどくさい手続きが必要だった。あれといっしょですね、「兄が勝手にオーディションに応募しちゃって〜」 [続きを読む]
  • ”大学全入時代”に深く思う
  • まさに、リアルタイムで、我が家でも話題にのぼったテーマだったので、リブログさせていただきました。きっかけは、夫の知り合いの話です。その方のお子さんが就職したとのこと。お子さんは、あまり勉強が得意ではなかったので、お父さんの体験から、高卒での就職をきめました。・ある一定レベルの大学ではないと、安定企業への就職が難しいこと・高卒で安定企業に就職すれば、大卒で中小企業就職より待遇がよいこと・頑張り次第で [続きを読む]
  • やらかした三者面談
  • 本日、学校の三者面談。時間になり、教室にいくと、先生「ちよ、ちょっと、お母さんだけ。君は廊下で待ってて。」いきなり、親子、引き離される。なんだなんだ??教室で先生と二人きり。もしや、娘よ、やらかしたか⁉?先生「あのー…。(なんか言いにくそう)ご本人がいない場で、話しておきたい問題とか、ありますかね〜……」わたし「??? 特にないですけど…何か?」先生「あ、いやいや、それならいいんです!わかりました [続きを読む]
  • 学展が間に合わない!
  • ピンチだ。学展に応募する作品が仕上がらない!!(学展=全日本油絵コンクール。油絵の甲子園と言われている。油彩やってる人にはお馴染みのアレです)大ピンチ 搬入まで、あと、二週間。やっぱり今年は、画板サイズが大きくて(50号)、苦戦。今日は、4時間アトリエにこもって、ラストスパート!が、終わらない 今週の日曜日も、アトリエにお籠り決定。なんとか完成するといいけど…来年は絵を描いてる場合じゃないからなあ。今 [続きを読む]
  • 第二回 難関チャレンジ〜結果と分析
  • 第二回 難関チャレンジ の速報が出た。三科計 偏差値 70 (30位前後)五科計 偏差値 63 (60位前後)※ぼかしてあります悪くない。のだが、特待、逃した……ああ特待、特待が…ショック (万札がひらひら飛んでいく〜)仕方ない。前回はミラクルだったのだ。いつも特待とれるほど、できる娘ではないこと、重々承知。(と、自分に言い聞かせる)とはいっても、前回が良すぎて(偏差値73、10位前後、特待認定)、今回の結果は悪くな [続きを読む]
  • 塾の面談
  • 塾では、7月と12月に個人面談を行う。個人面談といっても、保護者と先生。でも、中学生なので、わたしは娘も同席させて、親と先生のバトルを、目の前で娘に見せる。(これ、けっこう、効果あり)今年も面談の時期がやってきた。が、話すこと、ないしなあ〜と思ってたら、今年は希望者のみでOKとのこと。じゃ、めんどくさいので、欠席!と、娘に言ったら、塾の先生も「お前のとこは、特に話すことないから、かあちゃん、こなくてい [続きを読む]
  • 定期考査帳票
  • 娘の学校では、定期考査の帳票が作成され、保護者に渡される。手作り感満載の帳票。内容は、・個人の到達度・学年の点数分布図・一年間の推移グラフなどなど。(たぶんわかりませんよね、この説明じゃ)そこに、本人の反省の弁が書かれている。(学校で書かされる)それを確認して、保護者もコメントを書き、学校へ返却。それをもとに、三者面談となる。コメントといっても…書くことないので、本人に事情聴取。母「勉強してたのに [続きを読む]
  • 花粉症と受験
  • 娘は花粉症だ。小6になる直前の3月に、とつぜん発症した。遺伝要素が強いといわれる花粉症だが、身内にアレルギー疾患の者はいない。検査をすると、スギがひどい。ヒノキも少しある。あと、猫も。犬を飼っていたが、何か影響でもあるのかな?それはさておき、症状は、年にもよるが、2月〜5月まで。3月頭がいちばんひどい。花粉症の症状があると、風邪もひきやすく、熱中症にもなりやすい。不意打ちでいろんなものに反応して、全身 [続きを読む]
  • 娘の第一志望校
  • 今週は、学校の三者面談あり。そろそろ進路の話が出るので、あらためて、娘に聞いてみた。(そういえば、今日の難ちゃれ、志望校判定があるんだった)母「志望校、どこにする?」娘、即答「第一志望 きぬた中!!第二志望 早稲アカ!!!」??????????言葉が出ない…(中学名は仮名です)大丈夫か、こいつ学校が楽しくて楽しくて、仕方ないんだそうだ。いやでもね…??いくつかの高校の話をしてみたが、「うーん、やっぱ [続きを読む]
  • ギックリ腰
  • 受験とは何の関係もない話。(注意:この記事には、障害や病気を差別する意図はない。単に、自らの身に起きたことへの、愚痴を記しただけということを了承願いたい)今日、午前中、ギックリ腰をやってしまった。激痛で身動きとれないし、テストから帰宅した娘の昼食も作れない。テストの感想も聞けず仕舞い。都議選にもいけない。トイレも一苦労。食事もとれない。原因は、ストレス。職場に、攻撃型アスペルガーの上司がいるのだ。 [続きを読む]
  • 難関チャレンジと青春
  • いよいよ難関チャレンジ。このテストで、一学期のテスト地獄は終わり。(あっと、まだアドバンスがあった)さあ、もう一息!と、母は気合入れるが…「ママー、夏休み、お祭り行っていい?」「ママー、友だちが泊まりに来るって」「ママー、夏休みの部活の…」うるさい!!テストまだ終わってないのに??娘の周囲1.5mは、夏休みモードで満たされている??駿台模試が良かったから、すっかり、終わった気分。この気の緩み、このやり [続きを読む]
  • 英検と漢検、どうする ?
  • 学校では、英検と漢検の受験をやたら進められる。英会話スクールに通っている友だちは、小6で英検3級を取得している。中2で準2級チャレンジが、メインコースらしい。塾の友だちは、2級が多く、なかには1級という子も。ふーむ、素晴らしい。勉強熱心だなあ、みんな。と、思っていたら、ある日、娘が、青ざめて帰ってきた。「英検3級もってる〇〇ちゃんが、child をチルドって読んでる!」「英検3級もってる〇〇くんが、英語のテスト [続きを読む]
  • 読書と学力の関係〜体験から思う
  • さいきん、読書万能主義というか、そんな教育法が流行っている。なにを隠そう、わたしもその一人。ブームにのったわけではないけど。なんとなく、読書量=学力レベルと、考えていた。何でだろう????娘の受験勉強でわかったこと。読書をたくさんしたからといって、学力が高くなるとか、ましてや、国語の読解問題が解けるようになるとか、そんなことは、ない。読書が力を発揮するのは、せいぜい、小学生まで。中学生になると、関 [続きを読む]
  • 6月アドバンス模試
  • 6月のアドバンス模試の帳票が返ってきた。三科 約65五科 約65(身バレするので、少しぼかしてあります)校舎内順位 1位4月から偏差値は変わらず、65〜 キープ。が、やはりビミョー。今回、順位がよかったのは、ほかの生徒が悪かったから。23区内の校舎は生徒さんのレベルが高くて、アップアップだ。(学校は、中学受験率が高く、公立中残留組のなかでは、逆にトップをとりやすい)先月は国語がすごくよかったが、今月の国語はすご [続きを読む]
  • なんで受験しなかったの?
  • なんで受験しなかったの?なんで公立中学にいるの?この質問は、学校でも塾でも、よく投げつけられる。先生もママ友も子どもからも、投げつけられる。なんでと言われても。いろいろ理由はあるけど…めんどくさいから!と、答えている。たしかに、めんどくさい。本音の部分では、子どもに質の高い教育を、とか、どこどこの学校に入れたい、とか、そういうことに興味がない。こんな本音を言えば、なんていう親だと批難されるから、 [続きを読む]