koorituku さん プロフィール

  •  
kooritukuさん: 起業・経営・営業マンに役立つビジネス本
ハンドル名koorituku さん
ブログタイトル起業・経営・営業マンに役立つビジネス本
ブログURLhttp://fanblogs.jp/businessbon/
サイト紹介文起業・経営・営業マンに役立つ本を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 47日(平均2.5回/週) - 参加 2017/06/26 11:55

koorituku さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 稼ぐ社長の本棚にある本
  • GOETHE(ゲーテ)幻冬舎が2006年から発行している人気のビジネス雑誌。この編集者があることを発見したそうです。彼は仕事柄、経営者の部屋を訪れ取材をする機会が多かったのですがうまくいっている経営者の本棚には必ずと言っていいほどある人の本があったそうです。それは「原田隆史」原田隆史さんは大阪の荒れた中学校の陸上部を7年間で13回日本一を達成したカリスマ教師。しかし、なぜ教師である原田さんの本が経営者の本棚に [続きを読む]
  • 「もっと早く知っていれば、俺の人生違ったのに・・・」
  • 「人生を愛する者よ。時間を浪費してはならない。 人生は、時間でできているのだから。」・・・と、ベンジャミン・フランクリンは言いました。あなたが今、どんな人生を歩んでいるのかは、あなたが今までに、どのように時間を使ってきたか、で決まります。それと同じように、あなたの将来の人生は、あなたがこれから、どのように時間を使うか、で決まります。もしあなたが、・もっと多くを達成して収入を増やしたい・・・・朝から [続きを読む]
  • 脳科学的チョコレート営業術
  • 営業先にチョコを持っていくと営業が成功しやすくなるということをあなたは知っていますか?もし、あなたの売っている商品が、宝石、車、ブランド品、、、などの俗に言う「贅沢品」や「自分へのご褒美」であるなら、チョコの持つ力は絶大なものになります。マイアミ大学とフロリダ大学の合同研究で、被験者に「チョコを食べるように勧める」という内容の実験が行われました。この実験の結果、被験者は3つのグループに分かれます。 [続きを読む]
  • 「人を動かすのにリーダーシップは不要です」
  • なぜ、優れたリーダーでも新しい環境では失敗することが多いのか?なぜ、並のリーダーでも本来の能力よりも優れているように見えるのか?なぜ、失敗ばかりしているリーダーなのに部下に慕われるのか?この疑問の解明に取り組むためにある1人の男が2万4000人を対象にした10年に及ぶ追跡調査を実施しました。すると意外なことに会社の中で部下を動かすのにリーダーシップはほとんど関係ないということが分かったのです。組織 [続きを読む]
  • 「ほとんどの社長が聞きたがらない真実」
  • もし、あなたの会社の売上がしばらく頭打ちで、少しでも油断すると売上が下がってしまう必死の状態なら、そして、そんな状況をなんとかしたいと思っているなら、この本はあなたの会社を変える一冊になるかも知れません。↓http://directlink.jp/tracking/af/1471800/W9n26Z5I/会社の売上というのは起業当初のがむしゃらな時期はどんどん伸びるのに、ある時期を境にぱったり伸びなくなります。ほとんどの社長はこの問題を企画力や営 [続きを読む]
  • 「行動できない最大の理由」
  • ノウハウやビジネスチャンスを知っても誰もが成功するわけではありません。残念ながら成功する人はごく一部の人です。この違いは何でしょうか?それは行動するかしないかの違いです。ノウハウやビジネスチャンスが目の前に転がっていてもほとんどの人は行動しないがために成功という結果を得ることができません。「そんなことは分かっている。」もしかしたらそう思われたかもしれませんね。では、一体なぜ行動できる人とできない人 [続きを読む]
  • 短期間でお金持ちになるための突破口
  • あなたが社長やマーケティングの担当者で、会社の利益をもっとあげたいけど今の方法に行き詰まりを感じたことはありませんか?新しいマーケティングやプロモーションのアイディアを練る事は大変ですし時間もかかります。実際考えてプロモーションを仕掛けてみたけど、全く成果が出なかった。。。ということはよくある話です。ではどうやって効率よくマーケティングを仕掛けるのか?ダン・ケネディはマーケティングのアイディアを「 [続きを読む]
  • 「営業先でこんな間違いをしていませんか?」
  • 多くの起業家や社長が・とにかく数を打てば売れる・ガッツと気合があれば売れる・最終的にお願いすれば売れると思い込んでいます。断られるのを覚悟で、とにかくたくさんの人にひたすらアプローチしたり、数の多さで勝負し、こっちからプッシュして「お願いです。買ってください」というスタイルの営業をしています。こういった営業スタイルを取っている多くの社長や起業家はやがて営業活動に嫌気がさし、憂鬱な気分になり、売るこ [続きを読む]
  • 1日に48時間使える人は読まないでください
  • もしあなたが一日を自分のスケジュール通り過ごし、思ったとおりの成果をあげている時間管理の達人ならこの本は必要ないでしょう。でももしあなたが・毎日12時間ヘトヘトになるまで働いて・会議や同僚や部下や顧客に時間を奪われ・一日が終わるときに積み残した仕事に毎日呆然としてるのなら、この本を読むことを強く強くおすすめします。『屁理屈なし!社長のための時間の使い方』http://directlink.jp/tracking/af/1471800/9YoAT [続きを読む]
  • 「「値決め」3つの間違い」
  • あなたは、商品の価格設定でこんな間違いをしていませんか?・自分の直感で価格を決めてしまう、、、・競合の価格に対抗して決めてしまう、、、・原価に必要な利益を乗せて決めてしまう、、、ここに挙げたのはほんの一例ですが、このような間違いは、あなたにも身に覚えがあると思います。しかし、これらの間違いは、次の最大の間違いに比べれば大したことではありません。それは、、、お客から見て、自分の商品がいくらの価格が適 [続きを読む]
  • フェイスブックで3倍の売上をあげた人物
  • フェイスブックやツイッターで毎日記事を投稿して、「いいね!」や「シェア」を集めたり、興味もない人の投稿に毎日何十回も「いいね!」を押したり、友達やフォロワーの数を増やしているのに、お客が増えない...売上につながらない...一方である人は、・1200人だった顧客リストを2万1000人にまで増やし、フェイスブックで集客する以前より、317%以上もの売上をあげています。その「ある人」とは、マーケティングの世界的権威で億万 [続きを読む]
  • 「カルト教団の洗脳技術」
  • ※今日の記事は一部の方にとって不愉快な内容が含まれています。ご覧になる場合は、自己責任でお願い致します※「オウム真理教」をご存知でしょうか?日本で初めて化学兵器を使ったテロ行為を行ったカルト教団です。あの「オウム真理教」の熱狂的な支持者には、賢く、学歴の高い人も多くいたそうです。その他のカルト教団にも、学歴の高い人や普通のビジネスマンだった人がいます。なぜ、学歴も高くて、優秀な人たちがそのようなカ [続きを読む]
  • 1人ビジネスが失敗する理由
  • もしあなたが、・今、何かの専門家で起業してみたい。もしくは既に起業している。・ただ、起業して一人でやっていくのが不安だ。・お客の集め方もよく分かっていない。・営業とかもあんまりやりたくない。などといったことに思い当たるフシがあるならこの本「一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術」が役に立つかもしれません。http://directlink.jp/tracking/af/1471800/Du1Heq3S/コンサルタントや [続きを読む]
  • 「社長が働くと会社は儲からない?」
  • 実のところ、ビジネスというのは問題解決の連続です。セールスやマーケティングなどの営業活動にしても発送や顧客サポート、経理や総務といった営業の支援的な活動にしても日々、発生する問題を解決することでビジネスは成長していくわけです。ところがです。ここで、ほとんどの社長は自ら働いてこれらの問題を解決しようとします。会社の中で一番優秀な人材は、ほかならぬ社長ですから社長自らが問題解決に当たるのは一見、合理的 [続きを読む]
  • 「商売で一番大切なコト」
  • 商品を売るために最も大切なこととは一体何でしょうか?・見込み客を集める集客力・商品を売るための顧客リスト・訴求力のある広告やチラシ・販売力のある営業マン・魅力のある商品少し考えただけでもいろいろと思い付きますが、実は一番大事なのはターゲットです。どんなに優れた商品でも相手に合った商品でなければ絶対に売れないですし、だましだまし売ったところでお客さんは商品に価値を感じないのでリピート客にはならないか [続きを読む]
  • 「優秀な右腕の雇い方」
  • もしあなたが、・優秀な右腕が欲しい。・社員の尻ぬぐいばかりで困っている。・放っておくと社員が動かなくなる。・採用でどんな人を雇えばいいか分からない。・大事な事業を任せられる人材が欲しい。というようなことを考えたことがあるならこの本「右腕採用力」養成講座は非常に役に立つ1冊になるかもしれません。↓http://directlink.jp/tracking/af/1471800/XCxTQFcz/毎年毎年右肩上がりで伸びていく会社とそうでない会社の違 [続きを読む]
  • 過去の記事 …