TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ さん プロフィール

  •  
TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログさん: TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ
ハンドル名TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ さん
ブログタイトルTCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tcc-suzuki
サイト紹介文愛知県の観光名所[竹島]の俊成苑に構える手織り工房 [竹島クラフトセンター]の主人が送る大きなひと
自由文蒲郡観光の中心竹島海岸竣成苑において、市民と観光客を対象に織物工房と手織り教室を開催しています。旅の途中に絶景竹島の風景を眺めながら三河木綿の手織り体験で癒しの一時はいかがでしょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 88日(平均10.1回/週) - 参加 2017/06/25 21:57

TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログ さんのブログ記事

  • 手織り体験をしたくて来ました   竹島クラフトセンター
  • 今日は敬老の日だが若者の姿が目立つ竹島です。台風による塩害で萎れた綿の木が心配だがまだ水で洗えないのです。空いている織機の都合がつかず焦り気味でしたが2台の織機の支度ができたので早速機織り開始ができました。スタッフから織物と組織の説明と、織機の構造と扱い方の説明を受けながら機織りが進みます。「上か下かが分からなくなる」ということでシャトルが右ならヘルドは上と覚えてください、の説明に「なるほど」緯糸 [続きを読む]
  • 仙台のお友達と手織り体験にきました   竹島クラフトセンター
  • 今日は台風一過で敬老の祝日で竹島は賑やかです竹島クラフトセンターは体験者の数が多くてお断りのお客様も出る状態でした。そんな中で時間をずらしていただいたお客様の手織り体験です。織機と織物の説明をしながら織り進めていると竹島クラフトセンター開設当時に手織り体験に来てくれたことがあるそうでビックリ、どうりで上手だと思いました。「もう10年になりますよ」そして、今日は仙台から旅行のお友達を竹島まで案内してく [続きを読む]
  • 私も綿を植えています   竹島クラフトセンター
  • 体験予約サイトBEL TRA から申し込みのあったお客様の御来店です。17日に予約があったのですが、台風18号の接近で今日に予約日の変更をしたお二人の三河木綿フルコース体験です。「私、綿を栽培しているんですが、綿をどうしたら良いのかわからなくて」と、棉の栽培者なので、棉の種取りから綿打ちと、手紡ぎから手織りまで実技を重点に指導させていただいたので作業の写真は撮っていません大まかな綿の作業工程を指導した後、 [続きを読む]
  • 手織り体験をしたいんです      竹島クラフトセンター
  • 今日は3連休の3日目ですが、台風18号の影響で今日ようやく太陽を見ることができました。先のお客様の体験が終わって次の準備が終わったところ「すみません、手織り体験をしたいんですが」と3人の兄弟が手織り体験でご来店です。静かに手織りが始まっています上げたり下げたりの作業も慣れてくると指導の声もなくなり黙々と手織りが進みます。「手織りは楽しいでしょうか」「ハイ、楽しいです」と一言です、言葉も少な目で全員 [続きを読む]
  • 台風一過の竹島    竹島クラフトセンター
  • 昨夜の台風は大した被害もなく通過して竹島海岸にも台風の爪痕もなく過ぎた。しかし強風が吹き荒れて樹木の葉が落ちて公園管理の人も大変でした。竹島クラフトセンターの棉も海水の飛沫を浴びて塩害で萎れているので真水で葉を洗う作業をしました。朝一番で予約のお客様のご来店です。あそび体験予約サイト[ウラカタ]から申し込みのあったお二人です三河木綿のフルコースで”綿から糸へ糸から織りへ”の作業が始まりました。ま [続きを読む]
  • 今日の竹島は嵐の前の静けさだった。    竹島クラフトセンター
  • テレビでは朝から台風予報が流れていたので竹島も静かかなと思って店を開けると やっぱりいつもの日曜日の竹島でした。昼の竹島橋は風が吹くと竹島笛のように鳴っていた?写真を撮るが昨日の写真と間違えるほどでこれから台風が来るのかと思える竹島であった。嵐の前の静けさだが、何事もなく通過することを願うばかりである。数年前の蒲郡付近を通過した台風は竣成苑の竹島クラフトセンターの玄関が波打ち際となった記憶が生々 [続きを読む]
  • 今日のイッピン  竹島クラフトセンター
  • 今日は九州に接近中の台風の影響で朝から小雨の竹島です。午後には雲が厚くなって台風が来る予感をさせる風が吹き始めた。台風の進路と台風の気圧と満潮時間が重大問題の竹島クラフトセンターです。今日のイッピンはスタッフの付けていたブローチを撮影しました。このブローチの作家は織音の鈴木ひろみさん作品はつまみ細工で、細かさに感動して見入るばかりです。それを身に付けていたのは竹島クラフトセンターの女先生でした。 [続きを読む]
  • もう秋、昨年も棉の収穫だった今日
  • 天竜高校の木綿授業が始まる今日は浜松市天竜区にあるヤマタケの蔵で行われている壬生織り木綿の教室に県立天竜高校の生徒さんが出張授業に来ました。今日から棉のごみ取りから始まり綿繰り作業と、綿打ち作業、手紡......>続きを読む昨年は天竜高校の生徒さんが収穫をした棉の綿繰りから手紡ぎの出張授業に来て棉の勉強をしたがあれから1年経ったのだ。今年も11月下旬には[棉から織物]の授業が待っているから、みなさんに [続きを読む]
  • 服地が織り上がりました    竹島クラフトセンター
  • 今日の午前中は[竹島弁天てづくり市]の会議があり次の開催と準備のための会合を開きました。午後は金曜日の竹島クラフトセンターの手織り教室で新作が続々と織り上がりにぎやかな教室となりました。西尾市から通う青山さんが、手紡ぎのウールとコットンの糸を使って縮絨時の縮み差を利用した組織織り(網代織り)を織り上げました。この布が仕上げ後どの様に変化してくれるかが楽しみな織物である。青山さんの次の作品は宮古 [続きを読む]
  • 今日の手織り教室、   竹島クラフトセンター
  • 今日は木曜日でお隣のホテル竹島は休業日で竣成苑は静かでした。私はアトリエにこもり終日臥雲式紡績機で糸作りでした。今日は洋綿を使って各種の繊維とブレンドして糸作りである繊維の調節が難しいが、見たことの無い糸の出現に喜んだり失望したり時の経つのも忘れての作業でありました。手織り教室内では生徒さんが着尺を織っていますが一本一本緯糸を織り込む作業で、一反の着物を織るには途方もなく長い時間と忍耐が必要であ [続きを読む]
  • ひとり竹島で機を織る  竹島クラフトセンター
  • 台風が沖縄を通過してゆっくりと北上している、竹島の海はまだ静かで台風を予感させる様子もないそんな竣成苑の竹島クラフトセンターに今日も手織り体験のお客様である。取材の許可を受けて撮影をさせていただいた。「今日は静かで良いですね」「このくらいの静けさが藤原竣成には似合って雰囲気が良いですね」静かな教室内で静かな手織りの音がするトントン、筬を打つ音だけが響いている仕上げの房作りも終わるとコースターの完 [続きを読む]
  • 火曜日は籠作り教室でした
  • 上の写真:生徒のtanakaさんのオリジナル作品竹島クラフトセンターの火曜日は休業日です。竹島クラフトセンターの休業日を使って毎月第2と第4火曜日は、織音の鈴木ひろみ先生の籠作り講座が開かれているので取材に来ました。細かい網の目に紋様を編み込み作品作りに勤しんでいます。手織りとは違って道具も機械も使わずに手で編み込んでいます。シンブルなようで中身はなかなか頭のいる作業で鈴木先生の指導通りに懸命に編み込 [続きを読む]
  • ご一家で三河木綿の手織り体験フルコース   竹島クラフトセンター
  • 「手織り体験は出来ますか」手織り体験にやって来たご一家の手織り体験です。コースターを織るスタンダードコースと棉の種取り作業を終えて綿を紡いで糸を作りそれをコースターに織り込むという三河木綿のフルコースがありますが、「フルコースって難しいですか?」綿から糸が出来て織物ができるという、繊維の基礎が盛り込まれていて不思議満載の体験コースです。「じゃあ、フルコースを選びます」と、いうことで三河木綿の手織り [続きを読む]
  • 今日の手織り教室、   竹島クラフトセンター
  • 朝は涼しかったわりに午後は暑さが戻った今日の教室、私は織物組織を組んで端末に仕込む作業をしていた。織物には組織がある、その組織を組み織り上げる魅力を生徒に伝えたくて今日まで来たが十分にやれなかったジレンマに悩んできた。今日は組織図とPCと端末を使用して、試運転の結果を出すつもりの教室であった。午後は組織と綜絖通しを終えた初級者の織機に設置して織り始めてもらった。「これは楽です。初心者の私でも間違え [続きを読む]
  • 手織りは楽しかったわ    竹島クラフトセンター
  • 今日は3人の女性の手織り体験です3人は着物着付け教室の先生で織物とは深いつながりのあるみなさんなので少し緊張して出迎えました。来月は多数で体験に来られるということで体験の手順と織物の基礎知識を学びながら手織りを進めました。全員丁寧な織り方を見せて綺麗な織物が出来あがってきました。竹島を目の前に見ながら静かな手織りが続きます「ここは素晴らしい眺めで気持ちが良いですね」空には渡り鳥の編隊が移動していく [続きを読む]
  • Pom by Je brille の新作発
  • 三河木綿のアクセサリー作家 Pom by Je brille、miyaseの新作品をお知らせしよう、新作のコセプトは 丸丸はアクセサリーには欠かせない 早速、接写レンズで写して見たしっかりとみかん染めの布が収まっているみかん染めのアルミ媒染と鉄媒染の糸で織ったチェックが円の中に収まっているこの小さなアクセサリーを作るために捨てた布は多くここぞと 想いを込めてカットの刃を入れる瞬間にmiyaseの過去の苦しみが弾けて飛ぶ二 [続きを読む]
  • クラブ活動の同級生が手織り体験  竹島クラフトセンター
  • 夏休みも終わり9月最初の日曜日、竹島海岸竣成苑に若い女性達が手織り体験にやって来た。検索予約サイト[そとあそび]で予約の美女7人の手織り体験です。いつもは織機5台ですが、今日は特別に7台用意しました。3人が織っている織機はレバー操作の織機です。「初めてだけれど織れるかしら」と、最初は不安気に始まった機織りでしたがスタッフから織機の操作と織物の原理を教わりながら体験が進むと「すごい、織れてきた [続きを読む]
  • 話してみれば故郷の人   竹島クラフトセンター
  • 「手織り体験はできますか」一組のカップルが手織り体験でご来店ですお好きな色を選んでいただき 空いている織機に座って手織りが始まりました。手織りは初めてですか?「初めてです」暑い日が続いた竹島でしたが、少しではあるが気温も下がって来た外では赤とんぼが飛び、景色だけみれば秋の色を感じる。他のお客様の担当でこのお客様に着いた時にはすでにコースターは出来上がり寸前であった。スタッフから最後の房作りの指導 [続きを読む]
  • 私一人で織りました   竹島クラフトセンター
  • 9月最初の土曜日、一人の女の子が手織り体験にやって来た。「手織り体験はできますか、この子でも出来ますか」もちろん一人で大丈夫です。スタッフから一通りの指導を受けて自分で織り始めます。織物って難しそう、と思われるようですが織る気になれば誰でも織れるのです。一心に織る少女に”手織りは楽しいですか”と聞くとうん、と頷いても織機から目を離すことはありませんでした。10分も過ぎれば織機の扱いも、糸の扱いも [続きを読む]
  • 金婚式おめでとうございます      竹島クラフトセンター
  • 以前から予約があったご一家5人様の手織り体験です。今日はご両親の金婚式のお祝いの日で、そのお祝いの中に竹島で手織り体験を選んでいただきました。「私は昔織ったことがあるぞ」「あら、お父さん織ったことがあるの」「そう、昔の高機で織ったことがある」とお父さんは余裕で織り始めたが「この織機は足は使わんのですか」すみません、この織機には足がついていませんので、このレバーで経て糸を動かします。「おー、そうか [続きを読む]
  • お母さんとコースターのフルコース体験です  竹島クラフトセンター
  • 体験予約サイトのWowful[そとあそび]からの予約のお客様のご来店です。お母さんとお嬢さんが三河木綿のコースター体験フルコースに挑戦です。綿繰り機の登場に「ワッ!、すごい何ですかこの機械」そうなんです、綿繰り機と申しまして、今から綿の中にある種と綿とに分けていただきますからハンドルを回してここに棉を差し込みます。「あ、引き込まれて あっ、種が取れてる」そうです、こちら側に種が落ちて あちら側に綿が落ち [続きを読む]
  • 楽しい手織り体験   竹島クラフトセンター
  • 体験予約サイト VELTRAで予約のお客様のご来店です。オレンジパークで楽んだあと、オレンジロードからの道路がラグーナで開催中のイベントの影響で道路渋滞で、30分遅れで無事体験がスタートしました。みなさんは初めての織物体験です、どんな事をやるのか少し不安げにスタートした三河木綿のフルコース体験です。竹島クラフトセンターの窓の外には今が盛りと和棉が白い棉を実らせています。最初に出て来た道具がこれです。綿 [続きを読む]
  • 組織織りが順調に織れています
  • 今日の竹島クラフトセンターでは蒲郡市内から通う大須賀さんが組織織りをしていました。綜絖6本を使って、織り丈越数30段を読み取りながらの作業「先生に教わったこの機械のおかげで数倍早くて、一本の間違えもなくて助かります」と、喜んでいる大須賀さんです。6桁×30段の組織を読み取り織りこなす組織織りも楽しい手織りとなって良かったなと眺めるTCCの主人でした。 [続きを読む]