アシュラ さん プロフィール

  •  
アシュラさん: 3つの顔を持つ男のブログ
ハンドル名アシュラ さん
ブログタイトル3つの顔を持つ男のブログ
ブログURLhttp://design-asada.com/blog/
サイト紹介文不動産の賃貸や売買、許認可や相続の相談、創業支援や経営の立て直しなど、業務の日常を書いています。
自由文大阪門真の不動産・行政書士・経営コンサルタント事務所の従業員アシュラの日常を書いています。地域の情報やお役立ち情報を中心に、日々感じたこと、苦労話・裏話などを綴ります。
ブログに書いていないお役立ち情報を以下のサイトに記載しています。ぜひ一度ご覧ください。
不動産    https://estate-asada.com/
行政書士   https://office-asada.com/
経営コンサル https://consulting-asada.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 32日(平均6.1回/週) - 参加 2017/06/26 11:44

アシュラ さんのブログ記事

  • 宣伝をしたら健康に!?
  • | 軽い運動で変わります 健康には“適度な運動”をするように言われています。でも、“適度な運動”ってどのくらいか分かりませんよね?私事ですが、この数日間は歩く機会が増えています。それは弊社のチラシを配布しているからです。といっても1日に数百部ですから、たくさん歩いたとしても2万歩くらいです。日常的に散歩をされている方からすると少ないですね。それでも、血圧が下がってきました。上も下も10くらい下がっ [続きを読む]
  • 道路の種類はいろいろ
  • | 道路は多くの法律で決まっています みなさん、道路というと国道や都道府県道を思い浮かべますよね?これらは地域の主要な道路として利用されています。その他に市町村道もあります。これら3種類の道路は道路法上の道路です。実は道路法以外にもいろいろな法律によっていろいろな道路が決められています。例えば、国有財産法による里道(りどう)があります。住宅街の中をくねくねと通っている幅の狭い道路は里道の可能性があ [続きを読む]
  • 補助金をもらって経営安定!
  • | 補助金はお金をもらえる制度 “資金繰りが苦しい”とか“開業したててお金が足りない”などのお悩みはありませんか?事業を行うには必ずお金(経費)がかかります。手元のお金をなるべく減らさない方法として補助金を活用してはいかがでしょうか?補助金で有名なものには“ものづくり補助金”“創業補助金”“小規模事業者補助金”などがあります。これらの補助金は、事業の必要性を書類で提出してアピールすることで、事業に使 [続きを読む]
  • 不動産屋の調査って何をするの?
  • | 調査って必要? 不動産屋は取り扱っているすべての物件の細かい情報を持っているわけではありません。土地・建物の売買の場合、買主さんが見つかると不動産の調査をします。購入する不動産がどのような物件でどのような問題があるのか(ないのか)などを説明しなければいけないからです。この説明は大切なのでしっかりと聞いてくださいね。これが“重要事項説明”です。略して“重説”です。宅地建物取引業法第35条に定められ [続きを読む]
  • 行政書士の不服申立て
  • | 特定行政書士ってなに? 行政書士は、最近まで自分が行った許認可の代理申請であっても、受理されなかったり不許可になったりしたときに不服だとして争うことができませんでした。依頼人の代理とはいえ自分が書類を作ったり揃えたりして申請をしたのになぜ?と思うでしょう?そこで、平成26年6月の法改正によって一定の行政書士だけが争うことができるようになりました。それが“特定行政書士”です! | 特定行政書士の [続きを読む]
  • 不動産コンサルティングマスターって何?
  • | 不動産のプロ中のプロ! 近年、不動産のニーズの種類がいろいろ増えてきています。「住むための土地・建物が欲しい」「店舗や事務所にするための土地・建物が欲しい」というだけでなく、不動産を証券にして投資家へ小口で売るようなことも行われています。みなさまテレビCMなどでご存知の不動産投資信託もその一つです。このような高度で複雑な業務では、高い専門知識と豊富な経験に基づくコンサルティングが必要です。そこで [続きを読む]
  • 暑い夏を熱い夏に!
  • | 盆踊り大会!開催! 梅雨が明けて猛暑が続いています。熱中症に気を付けて水分補給は忘れずに!油断禁物です。夏といえば、海!花火!盆踊り!!各地で盆踊りの季節がやってきました。みなさんの住んでいる地域ではどんな行事がありますか?門真市本町でも盆踊り大会が開催されます。この盆踊り大会は今年で13回目を迎え、地域の年中行事として根ざしてきています。 第13回 本町地区 盆踊り大会日時:平成29年8月19 [続きを読む]
  • ホームインスペクションをご存知ですか?
  • | ホームインスペクションって? 最近、中古住宅を購入するときに“ホームインスペクション”をする人が増えてきています。日本語で言うところの“住宅診断”です。中古住宅の建物の劣化状態を第三者が診断します。中古住宅は劣化状態が分かりにくく、リフォームの情報も少ないです。住宅にとって大切な部分で見えないところが大きく劣化していると、せっかく購入した家に住めなくなることもあります。「建物はあとどのくらいも [続きを読む]
  • 帰化をするために・・・
  • | 帰化って? 日本には外国人が多く住んでいます。法務省の統計では平成26年末の在留外国人数はナント212万人超!中国国籍の人が約65万人、韓国・朝鮮国籍の人が約50万人です。割合でいえば約54%ですから、日本に住む外国人の半数以上が中国・韓国・朝鮮国籍の方ということになります。このような人の中には日本の国籍を取りたいと考える人も多くいらっしゃいます。このときの手続が帰化の許可申請です。帰化の条件 [続きを読む]
  • 不動産の広告は規制だらけ!
  • | 情報があふれてる! 住まいを探すときいろいろな条件を考えていると思います。予算、場所・土地柄、家族構成、将来設計、交通・生活の利便性、周辺環境などなど・・・。最近ではインターネットのポータルサイトが充実してきて、住まいに関する情報は簡単に手に入るようになってきました。反面、一つ一つの物件の情報は不動産屋さんの広告が頼りです。折り込みチラシ、ダイレクトメール、ポータルサイト広告など、多くの情報媒 [続きを読む]
  • 認定支援機関って何? (第2回)
  • | 第1回のまとめ 認定支援機関は経営の専門家です。事業計画作りのお手伝いから融資の支援、フォローアップまで行います。チームを組んで専門性の高い支援を行いますし、経営状態を把握しやするために新会計制度を推奨しています。詳しくは「認定支援機関とは?(第1回)」をご覧ください。 | 中小会計要領の活用で経営が分かる! 会社のお金を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?「売上を上げる!」「経費を減らす!」と [続きを読む]
  • 認定支援機関の裏側
  • | 同じ認定支援機関なのに別物? 認定支援機関(経営革新等支援機関)は全国に約2.5万か所あります。その多くは金融機関の支店です。その他には、商工会や商工会議所、士業では税理士さんが多いです。当事務所のような独立した事務所も比較的少ないながら存在します。ですので、大きく分けて、金融機関、商工会議所、税理士、独立系の4つに分類できます(アシュラ分類説)。これらは認定支援機関として同じように見えますが、 [続きを読む]
  • 休日の独り言
  • | 弁護士さん、来社! 先日、当事務所でお世話になっている弁護士さんがいらっしゃいました。年はまだお若いですが、素晴らしい実力をお持ちでとても頼りにしている弁護士さんです。梅雨の合間の晴れた日で最高気温34℃という猛暑の中、電車で来られました。まずは駅の広告の話題で世間話がスタート!実は、当事務所は駅に広告を出しております。それをご覧になられて「駅に広告を出しておられるんですね〜!」を口火に、「○ [続きを読む]
  • 仲介手数料無料で大丈夫?
  • | 仲介手数料無料って? 仲介手数料が無料になるワケは、仲介手数料無料のワケ!(賃貸編)と仲介手数料無料のワケ!(売買編)に書きました。簡単にいいますと、賃貸では仲介手数料の上限額が賃料の1ヵ月分だからです。売買ではお店によってさまざまな理由があります。詳しくは上の記事を参考にしてください。 | 仲介手数料無料でも大丈夫? 「仲介手数料が無料だと手を抜くんじゃない?」と心配される方もいらっしゃるでしょう [続きを読む]
  • 早期経営改善計画策定支援 (つづき その2)
  • | 早期経営改善計画策定支援とは? 早期経営改善計画策定支援の概要については、以前「早期経営改善計画策定支援 開始!(平成29年5月29日〜)」の記事でお伝えしました。前回の「つづき」では、以下のことを書きました。1 事前にメールでのチェックがあること2 審査は形式審査であること3 メインバンクに相談しなければいけないことこれらは大阪での対応であることをご了承ください。 | 契約が先?利用申込が先 [続きを読む]
  • 新入管法で初の逮捕者!
  • | 入管法って? 入管法は、正しくは「出入国管理及び難民認定法」といいます。「入管法」は略称です。簡単にいいますと、日本に入国したり出国したりすることを管理する法律です。在留資格や在留期間などを定めています。実は外国人だけでなく、日本人の出国・帰国についても定められているんです!ところで、不法滞在や外国人との偽装結婚などの事件をよく耳にされると思います。不法滞在は入管法違反で強制的に国外へ退去させ [続きを読む]
  • 早期経営改善計画策定支援 (つづき)
  • | 早期経営改善計画策定支援とは? 早期経営改善計画策定支援の概要については、以前「早期経営改善計画策定支援 開始!(平成29年5月29日〜)」の記事でお伝えしました。「このごろ資金繰りが苦しいなぁ」「売り上げが減少してきたけどなぜだろう?」「専門家などから経営のアドバイスが欲しい!」とお悩みの経営者が、専門家の力を借りて経営を見直すための制度です。特徴をまとめますと、以下のとおりです。1 借入金 [続きを読む]
  • 西三荘駅前にファミリーマートがオープン!
  • | サークルKサンクスからファミマに! 皆様のお近くにサークルKサンクスはありますか?「ファミリーマートに変わったよ!」という方も多いと思います。ファミリーマートとサークルKサンクスは経営の統合によって、店舗の名前がファミリーマートに統一されます。弊社近くのサークルKサンクスもとうとうファミリーマートになりました。2017年6月15日(木)16:00に西三荘駅前のサークルKサンクスが閉店し、7月5日(水)7:00にファミリ [続きを読む]
  • 休日の独り言
  • 本日は私アシュラの休日(水・木定休)ですので仕事の話ではありません。ゆる〜い話題です。今回はハンコのことを書いています。 | 身近なハンコ お仕事をされている方は毎日のようにハンコを押すのではないでしょうか?日付印、科目印、訂正印、住所印などなど、朱肉を使ってきちんと押すこともあれば、シャチハタのようなゴム印(浸透印)を押すこともあるでしょう。機会もさまざま、ハンコもさまざまです。私も仕事では毎日何 [続きを読む]
  • 自分の土地が使えない!?
  • | 勝手に通るな! 「ある日突然、隣から土地を通るなと言われたけど、どうしたらいいの?」というご相談がごくまれにあります。例えば、自分の土地の一部分で出入りするために使っていた通路だと思っていたのに隣から「通るな!」と言われて、さらに法務局から境界の確定の立ち合いのお願いが来たというお話です。早速、調査開始です! | 登記簿に問題あり? 登記簿を調べたところ、分筆が何度かありますが特に変わったところ [続きを読む]
  • 認定支援機関って何?(第1回)
  • | 認定支援機関って何? 認定支援機関は、正しくは経営革新等支援機関といいます。中小企業等経営強化法に基づいて国が認定する公的な機関です。中小企業・小規模事業者が安心して経営相談などを受けられるように、専門知識や実務経験が一定レベル以上の者に対して国が認定します。金融機関や商工会議所のほかに、中小企業診断士・弁護士・税理士などの士業が認定されています。 | 何をしてくれるの? 事業計画の策定支援、創 [続きを読む]
  • 建設業の許可申請に行ってきました!
  • 建設業の許可の申請に行ってまいりました。本日は建設業の許可の話をしたいと思います。 | 建設業の許可って何? 建設業は建物を建てたり解体したりする業種です。建設業の許可は多くの種類に分かれています。なぜかといいますと、例えば家を建てるときには、大工さんや左官屋さん、屋根に電気に管の工事、ガラスに内装に庭に・・・と本当に多くの人々がかかわります。これらはすべて別の技術ですから別の許可が必要です。大工さ [続きを読む]
  • 法定相続情報証明制度 始まりました!
  • | 法定相続情報証明制度って何? みなさん、相続の手続の経験はありますか?死亡届の提出、葬儀社の手配、遺言書の確認、遺産分割協議、遺産の名義変更、銀行口座の解約など手続きがたくさんあります。お金もたくさん必要です。亡くなった方の銀行口座を解約しようと思っても、口座が凍結されていて解約できずに「支払いはどうしたらいいの?」と困ってしまうことがよくあります。そのようなときに役に立つのが法定相続情報証明 [続きを読む]
  • 休日の独り言
  • 本日は私アシュラの休日(水・木定休)ですので仕事の話ではありません。ゆる〜い話題です。今回は双眼鏡のことを書いています。| 遠くを見る道具遠くを見る道具と聞くとどんなモノを思い浮かべますか?天体望遠鏡?野鳥やコンサート用の双眼鏡?私は“星空”や“舞台”を見るときや“展覧会”へ行くときに双眼鏡を持っていきます。展覧会というのがちょっと意外だったかもしれません。展覧会の展示物って近くにありますよね。遠く [続きを読む]
  • 早期経営改善計画策定支援 開始!(平成29年5月29日〜)
  • | 早期経営改善計画って何?「このごろ資金繰りが苦しいなぁ」、「売上が減少してきたけどなぜだろう?」、「専門家等から経営のアドバイスが欲しい!」など、経営者は何かと悩みが多いものです。専門家の力を借りて経営を見直しませんか?というのが、早期経営改善計画です。この制度ができるまでは、“経営改善計画“という、金融機関からの借入金の返済の時期を遅らせてもらったりすることが目的の制度しかありませんでした。 [続きを読む]