今の話題 さん プロフィール

  •  
今の話題さん: 今話題のニュースを集めたサイトです。
ハンドル名今の話題 さん
ブログタイトル今話題のニュースを集めたサイトです。
ブログURLhttp://now-wadai.hatenablog.com/
サイト紹介文今話題のことをわかりやすく、紹介します!
自由文皆様にとってわかりやすい記事をお届けできるよう頑張ります。
読者登録 宜しくお願い致します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 55日(平均7.1回/週) - 参加 2017/06/27 19:02

今の話題 さんのブログ記事

  • サイトを移行しました 移行先のURLのご案内
  • いつも当サイトを御覧戴きまして、ありがとうございます。ユーザーにとって利便性を高めるため、サイトを移行致しました。当サイトの記事は全て消去し閲覧できない状況となっております。=移行先のご案内をいたします。=サイト名:attention-news (注目のニュースまとめ)※ブログ名は、英字で表示されます。URL https://www.attention-news.com/※移行先サイトでは、SSL対応となっております。《重要》サイトは準 [続きを読む]
  • 松居一代氏ブログを更新 被災地は悲しいことになっている!?
  • 松居一代氏は、8月14日にブログを更新されました。『被災地の悲しい現実』というインパクトのあるタイトルですね!ameblo.jp被害に遭われて急いで逃げてきた家が、泥棒の被害にあっているそうです。こんな、心のない人がいるのですね・・・家は、災害の被害にも会い、泥棒の被害にも会うという、悲しい現実ですね。。。心が痛みます。被害のないように、毎晩パトロールが行われているようです。お疲れ様です。m(__)m----- [続きを読む]
  • 松居一代氏 連休もボランティア活動 ご苦労様です。
  • 松居一代氏は、本日8月11日の9時56分にブログを更新されました。ブログの冒頭では、昨夜は小学校の先生のお宅に泊まったことが書かれています。宿無しの松居一代氏は、転々とされているそうです。熊本から来てくれた『家族』昨日は、あたしのブログにコメントを書いてくれているつまり…つまり、家族ですというお馴染みのお言葉がブログの中盤部分に書かれていました。松居さんのブログのコメントをする方は、常時数百人 [続きを読む]
  • 松居一代氏 ブログを更新『安倍総理・健太郎様に感謝!』
  • 女優の松居一代(60)が、本日7時42分にブログを更新されました。松居一代氏のブログの最初に安倍総理に感謝していることが書かれています。政府から九州豪雨への補助金が増えたそうです。松居一代氏のブログに上げられている、被災地の写真を見ていてできる限り早く被災地の皆様に元どおりの生活をしていただきたいなと思っていたので、松居一代氏と同じく、嬉しい気持ちになれました!!《参照:松居一代オフィシャル [続きを読む]
  • 松居一代氏 ブログで夫について語る!『夫は2回も失敗』
  • 女優の松居一代(60)が、本日10時26分にブログを更新されました。昨日に引き続きインパクトのあるタイトルです。昨日、更新された松居一代氏のブログの最後に戸籍上の夫について書かれていましたが今日、更新されたブログにはタイトルの中に『夫は2回も失敗』と書かれていました。本日更新されたブログには、ボランティア3日目で遭遇したという『りょうこちゃん宅』と一緒に撮影した写真が掲載されていました。松居 [続きを読む]
  • 松居一代氏のブログの仕組みがついに明かされる!
  • ほぼ毎日、更新されている松居一代氏のブログの仕組みがついに明かされました。www.youtube.com上記の動画の2分43秒から松居一代氏がブログの仕組みについて語っております。私も松居一代氏のブログを見ていて感じたのですが、コメント欄を見ていて批判的なコメントは目につきません。不思議だな〜 と思っていました。その理由は、批判的なコメントは、サイバーに入る時点で抹消されているようです。ですが、Twitterの方に [続きを読む]
  • 松居一代 英語で動画を投稿 その理由とは!?
  • 先日、松居一代による第4話にわたる別宅の真相が7月16日に完結しました。これでyoutubeへの動画投稿は終わりなのかなと思っていましたが、7月21日に“THE TRUTH” FROM TOKYO JAPAN という題名で動画が投稿れていました。www.youtube.com“THE TRUTH” FROM TOKYO JAPANってどんな意味?東京からの "真実" という意味です英語で話した目的とは?これは、私の考えですが、動画の後半に『SOS』と叫び動画の5分30秒で、『Ja [続きを読む]