月闇 さん プロフィール

  •  
月闇さん: さとりきねし
ハンドル名月闇 さん
ブログタイトルさとりきねし
ブログURLhttp://satorikinesi.hatenablog.jp/
サイト紹介文当サロンでは悟りに特化したキネシオロジーセラピーを提供します。エゴの消滅から悟りに溶けるまで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 45日(平均4.0回/週) - 参加 2017/06/28 07:43

月闇 さんのブログ記事

  • 依存症、恐怖症-中毒-強迫観念
  •  一つの問題に対し、通常は1〜2体でセッションが終了するのだが、例外が存在する。 「恐怖症-中毒-強迫観念」は、肉体・エーテル体・アストラル体・メンタル体の4体にまたがっている。依存症(中毒)もこれで解放できる。 宇宙創造病はこの世界(宇宙)で生きる全ての人間を快楽と苦痛の間に彷徨わせる。苦痛に対する恐怖症を生み出し、それを避けるために快楽に対する中毒を起こす。それが肉体・エーテル体・アストラル体・メ [続きを読む]
  • 正中線体・元ダマ・集合魂の修正
  •  今までの修正が5つのいずれかの身体にはたらきかけているのに対し、変わった修正がある。 スリーインワンのデジタル表の一番最初に「身体の極性(ボディポラリティ)」がある。これだけは右と左の体の中心を整えるために行われている。「正中線体の統合」とでも言えばより正確かもしれない。・小ダマ(個人)-元ダマ-集合魂 今までは小ダマの5体左右を対象にしていたが、ドンファンで言うところのイーグルである元ダマを修正 [続きを読む]
  • 嘘つきは不幸の始まり - コーザル体の修正
  •  その個人の本質体で元ダマから分離した魂にあたるもの。 コザール体の修正にもいろいろな方法が使える。まずは「光」。太陽光や電球などを当てるのだが、第三の目だけでなく体のどこでもよい。ちなみに、健康や目に悪いのではないかと噂されているLEDはコザール体を傷つける性質を持っている。定本「老子道徳経」の読み方 意外なもので「正確な情報」というのがある。精度は99.9%以上のもの。覚者の発する情報は正確さがほぼ [続きを読む]
  • メンタル体の修正
  •  思考を修正するものは多種多様さがある。代表的なものは音叉や色、電波、電磁波、磁石などの周波数を持つもの。同じ意図で、石、塩もメンタル体に働きかけることができる。それと、呼吸も調整に使える。不安は感情(アストラル体)でなく思考の問題なので、呼吸で暴走した思考を落ち着かせると考えると面白い。意識の10の階梯―意識進化の羅針盤「エニアグラム」と「十牛図」 ちょっと変わったところでは、十牛図。禅の世界は [続きを読む]
  • アストラル体の修正
  •  キネシオロジーで学ぶいわゆる"感情系"の修正の殆どが使える。代表は「水」。 これからキネシを学ぼうと思っている人に是非オススメなのは、スリーインワン最初のコースで習える「振る舞いのバロメーター」。感情のマッピングとして非常に優秀。意識・潜在意識・身体レベルでどうのような感情が多層的に働いているかよく理解できる。 IHでは、インナーチャイルドや扁桃体、不要な誓いがアストラル体に関係している。デ [続きを読む]
  • エーテル体の修正
  •  いわゆる、チャクラや経絡が代表格。お香やアロマやエッセンスなど匂いは直接エーテルに働きかける。当然、花なども使える。IHでのサバイバル、エネルギーコード、ユニバーサルエネルギー、記憶の部屋などもここに該当する。ホメオパシーin Japan―基本36レメディー (由井寅子のホメオパシーガイドブック1) 明確に述べられたのを見たことはないが、ホメオパシーはエーテル体に働きかけている。エーテル自体がギリギリ「物質 [続きを読む]
  • 肉体の修正
  •  タッチフォーヘルスでの筋肉の修正や、スリーインワンでの電気系等、ブレインジムの7つの次元など、動きや肉体に直接アプローチをかけているものは概ね該当。IHではアッセンブリッジポイントやDLS(ディープレベルスイッチング)、自己破壊のプログラムあたりだが、何故か魂の統合やブループリントも肉体に関係している模様。製作者の意図せぬ意図? 少し面白いところだと、辻麻里子さんの宇宙時計―図形が語る宇宙創造の物語― [続きを読む]
  • セラピーを行うにあたって、人間をどう捉えるか
  •  呪術師は集合点を移動して見た人間を「光の繊維に包まれたタマゴ」と表現している。神智学ではその光の繭を内側から肉体、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体と分けている。・肉体 因果律によって物質化した体。・エーテル体 その人の気、雰囲気、ペルソナ、名前などで構成されている。・アストラル体 いわゆる感情体。・メンタル体 いわゆる思考体。自我は肉体〜メンタル体にまでまたがり「自分(エゴ)」を [続きを読む]
  • お盆なので、霊の苦を減らす方向で
  •  親族や子孫であったり思考や感情など波長が一致すると、磁石で吸い寄せられるように霊はその人に憑く。憑依が長いと性格の一部になったりする。肉体を持っているが故、我々は非常にゆっくりではあっても進歩や悟りに近づくのだが、死んだ時に集合魂に吸収されなかった霊魂(残念?)は成長が止まってしまい、執着が多く重く暗い世界の中をたださまようことに成る。 なので、セッションの対象・主役が「あなた」ではなく「霊」に [続きを読む]
  • 言霊による解放
  •  「あ」から始まった宇宙が「わ」で終わるという音による祝詞が五十音図。日本のことを「倭国」「大和」和の国と呼ぶのは、この世界の終焉の役割を果たす国だから。「あ」はあなた=youで、「わ」はわたし=Iと二元性に対応している。数秘的には「あ」が始まりの1(行目)にあたり、「わ」が1〜9を全部くくる10(行目)(=0)になる。アラビア数字の0が輪(和)なのは出来過ぎにすら見える。五十音図の話 五十音図は悉曇学(サンスク [続きを読む]
  • あなたの家が流木に流されないように
  •  21世紀に入り各地で災害が多発するようになった。地球の意図による浄化なのだが、何を浄化しているかというと地球上に積もり積もったエゴであり、不自然な生命を消すためでもある。日本の森林面積http://www.shinrin-ringyou.com/forest_japan/menseki_tikuseki.php 日本は国土の2/3が森林で覆われており非常に自然豊かである、と思われている。内訳は天然林が1500万haで人工林が1000万haで、この人工林が曲者である。ク [続きを読む]
  • ウリとナムの間
  •  嫌韓が人口に膾炙してきている今日此の頃、韓国人&朝鮮人の魂を解放するプロトコルをまとめた。 まず、この独特な民族性はエル・ランティ支配下のイルプロラシオンから来ており、思想的均一性や物質への執着、技術に暗く政治に人材が多い、嘘に対する許容などに特徴が見て取れる。それに加えて、黄色人種特有「自尊心、愛国&売国」の課題が組み合わさって、韓国&北朝鮮という強烈なアイデンティティが暴走している。  [続きを読む]
  • 任天堂の倒し方、知らないでしょ?オレらはもう知ってますよ
  • って、言ってた企業がいたが、「明晰性」という第二の敵に打ち負かされた。> そういうふうに負けた奴は、ただ知者になることを冷たく止めるだけさ。そのかわり、そいつは楽天的な戦士とか道化になるだろう。しかし彼がそれだけ深く払った明晰さが暗闇とか恐怖にまたかわることは絶対にない。一生明晰だろう、だが二度と学んだり何かを望むことはあるまい。諸行無常、アーメン、とある一企業の天命が完うされますように(-人-)ナム [続きを読む]
  • ドン・ファンの教え「知者」
  •  ドン・ファン系列の魔導士(呪術師)は、地球史上でも稀に見る覚醒を果たした。 カルマも理解もすっ飛ばして、とにかくエネルギーをため込んで別の世界に脱出。現実世界に隠されている秘密のエネルギーを見つけ、現象界において生身のままで自由と叡智と力を獲得し、さらに力を蓄えたものはこの地上界からさらなる自由を求めて旅立った。 呪術師と私―ドン・ファンの教え 知者は学ぶという辛苦に真に従ってきた者。あせ [続きを読む]
  • アレルギーがどうして起こるのか
  •  アレルギーがどうして起こるのか、というのは生命の仕組みを知る必要がある。1.身体にとって必要なものは、吸収され利用される。2.身体にとって不要なものは、スルー、もしくは、吸収されても排出される。 これは細胞・DNAが物質の要不要の情報を持っており、これに従って分別される。では、このリストにない新しい物質が入ってきた場合はどうなるか?3.身体にとって必要か不要かわからないものは、吸収された後、保持さ [続きを読む]
  • 人種差別DNA
  •  エホバが人間のDNAに仕掛けたトラップ。他人の生体能力を脅威に思い、敗北感を感じた弱いものが自ら離れていく。ハッキリした自他の区別化。根源と自分の隔離。 黒人→褐色→黄色→白人と人種差別の傾向が強くなる。黒人より白人の方が人間的に弱いが、その分、頭脳などを使っている。歴史上の妖怪の迫害もこの一環。プロトコル「格差意識遺伝子を初期化する」意図「人種差別のカルマを解消する」 [続きを読む]
  • 「なぜ人を殺してはいけないのか?」の回答
  •  正解は「敵は殺していい。味方は殺してはいけない。」 江戸時代の仇討ちや国家や集団が犯罪者を死刑にできる「正当な」理由(権利?義務?)であり、戦争で敵兵や敵スパイを殺すことの理由でもある。「なぜ自殺をしてはいけないか?」と考えると、自殺したい人間が社会的に見て「敵」ではなく、味方の構成員の一人だから。(他にも理由はある。作物や家畜が勝手に死なれては困る。) より、正確に表現すると、「個人や集団に [続きを読む]
  • ヌーソロジーによる悟り
  •  悟りに達したものは「私とあなたが消える」という表現をします。それを踏まえて。 「冥王星のオコツト」のチャネリング情報を半田広宣という方がまとめています。認識が地球上の科学と別体系で用語が特殊であり、説明するとそれだけでサイトが一つ出来上がってしまうので、書籍や以下のサイトを参照。シュタイナー思想とヌーソロジー 物質と精神をつなぐ思考を求めて2013:シリウス革命―精神世界、ニューサイエンスを超えた [続きを読む]
  • 性エネルギーの浪費
  • タオ 性科学 男性編 自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣タオ 性科学 女性編 性エネルギーにおける最大の問題は「浪費」。それは悟りに達するために必要なもの。ヨガ、タントラ、タオ、房中術、錬丹術、錬金術、メキシコの呪術師などなど、極めるものは性エネルギーを無駄にするなとの注意がある。そして我々はエゴ、セックスやオナニーの多用、過剰な創造や破壊、仕事のしすぎなどによって無駄に浪費しまっている。プロトコ [続きを読む]
  • エゴの傲慢
  •  自分の責任と自己の主体性を放棄してしまっている。そのため、その人の人生はその人の思い通りには行かず、すべてが周りの都合で動かされてしまう。「よく出来た方たち」「充分がんばっている」「自分をほめてあげましょう」というおためごかしは、幼い段階に対する言葉。そこから始めないとついていけない、すぐに潰れてしまう脆弱な魂には本当のことが言えない。 今の人類のほとんど(86%)の持つ欠陥のほぼ100%は「感謝がな [続きを読む]
  • 松果体の石灰化
  •  松果体が働かなくなると「自分」というものがわからなくなります。生命という観点をもたない幼い科学(化学)と一抹の悪意が、松果体不全を起こす物質を大量にこの世界にばらまいてしまいました。 代表的な物質は「PFCs(フッ素化合物)」ですね。テフロン加工のフライパンやフッ素配合歯磨き、水道水にフッ化物添加していく国も多くあります。(アメリカ、オーストラリア、カナダ、ブラジル、マレーシアなど世界で24カ国) じゃあ、 [続きを読む]
  • 松果体と洗脳
  •  デカルトは松果体を「魂の座」と呼びました。ここは第三の目の中心地でビジョンを司り、肉体的には内分泌腺の司令塔になっています。 そのため、地球人を家畜、作物としてコントロールする際に様々な調整(遺伝子管理)が行われた部位です。そもそも、遺伝子が操作されているのは、元の宇宙人時代に行われたと考えて良いようです。 悟り=自分を捨てる前提として、自分と自分以外のものを見分ける=「自分じゃないもの」の影響を [続きを読む]
  • 不食
  • 神々の食べ物―聖なる栄養とは何か リヴィング・オン・ライト―あなたもプラーナで生きられる食は運命を左右する―現代語訳『相法極意修身録』水野南北 オーストラリアに住むジャスムヒーンはブレザリアン(呼吸食主義者)になるための21日間のプログラムを提示しています。「これは単に食べるか食べないかという問題ではなく、自由意志と選択肢の問題。」・どうして何も食べなくて平気なのか。 腸が自ら栄養を作り出す。ビタ [続きを読む]
  • うつ病には誰でも簡単になれる
  • 順当に進んでいたものが大きく揺らぐ。たった3歩で自殺に至る。第一プロセス「能力喪失のプロセス」 自分が所有しているモノだと思っていたものが突然消える。次第に力を失っていく。依存してた人が死ぬ、振られる。受験・就職に失敗。自己破産する。体力がなくなる、病気になる。以前面白かったものが面白くない、考えられなくなった。などなど。第二のプロセス「焦燥のプロセス」 「力が失われていくベクトル」を克服し [続きを読む]
  • 無我の体験
  •  実際に大悟が起こるとどうなるのか、ということを記録に残したアメリカ人が居ます。無我の体験自己喪失の体験神はいずこに―キリスト教における悟りとその超越 バーナデット・ロバーツはカリフォルニア在住の普通の主婦です。キリスト教徒として育ち、純粋な瞑想(EO師に言わせると「本当の本物の禅」「昔の禅」)を続け、第一の悟りから20年を経て、大悟に達しました。 「私」がなくなっていく記述は大変貴重です。自己が [続きを読む]