紙本櫻士 さん プロフィール

  •  
紙本櫻士さん: 起業でごはん!
ハンドル名紙本櫻士 さん
ブログタイトル起業でごはん!
ブログURLhttps://www.kawa-tomo.com/
サイト紹介文起業でごはん! とにかくナニカを始めよう! と、様々なことにチャレンジする社長のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 31日(平均7.7回/週) - 参加 2017/06/28 11:34

紙本櫻士 さんのブログ記事

  • ボストン美術館とアメリカ人
  • 写真撮っていいんだ。 ニューヨーク近代美術館もそうだったけど、アメリカの美術館は写真がオーケーなようだった。 日本なら、作品にカメラを向けると監視員が飛んできそうなのに。 調べてみると、日本でも撮影できる美術館もあるから、何か理由があるのかもしれない。作品が痛むから、どこでもフラッシュは禁止である。 僕たちは、チケットを買って荷物を美術館に預けた。 さぁ、 [続きを読む]
  • ボストンのトイレ事情
  • 何が困るって、 トイレである。 日本なら、ファミマとかセブンのトイレが使える。駅にだってある。 行きたくなったら、探せばなんとかなるのが日本だ。 ニューヨークもボストンでも、日本と同じ感覚で街歩きしてたんだけど、行きたいときにトイレが見つからない。これは困る。 例えば、大きなスーパーならあるだろうと入って探してみると、会員制でカギが掛かっている。 オーノーと思 [続きを読む]
  • 黒人の街、シャウマット
  • 異文化の中の異文化。 ボストンでの滞在先は、シャウマット(SHAWMUT)という、黒人たちが住む郊外の街だった。 田無とか、枚方市とか、東神奈川とか、そんな感じ。20分くらい電車に乗るとボストンの中心街に行けるベットタウンだ。 ここのシェアハウスを選んだのは、宿泊費が安いからだ。一泊5万円もする、中心街のホテルに泊まるのは貧乏な僕たちには無理だ。なにしろ、仕事で来てるんだし [続きを読む]
  • ボストンデビュー
  • ジャパン・フェスティバル・ボストンで警備員。 ニューヨークからボストンへは、飛行機で1時間くらいだ。 ローガン空港に着き、僕たちはタラップを降りた、のはいいけど、ジーンズのポケットに携帯がない。 「携帯がない」 と僕が言うと、 「馬鹿なの死ぬの?」と、事務局の広瀬が2ちゃんねるみたいに僕を罵った。 「どうすりゃいいんだ」 「空港の事務所で携帯なくしたとか、言え [続きを読む]
  • 合同会社を始める
  • YEG内ベンチャー なんて言葉はないけど、僕たちがやっている会社は、社内ベンチャーに似ていると思う。 YEGとは、商工会議所青年部のことだ。 僕たちは、北大阪商工会議所のYEGに所属している。事務局の広瀬は、不動産屋の社長だ。副代表のみーやんが行政書士。で、僕はライターである。 それぞれが、自分の会社や事務所を持っている。 「いいかい、何にもしなくても10年経 [続きを読む]
  • ハンドスピナー
  • いらないモノを売るのって、スゴイ! ハンドスピナーが流行っているらしい。 アメリカに住む『無償筋無力症』の女性が、娘と遊ぶために考案した玩具だそうだ。 ボールベアリングが内蔵され、ただクルクル回る。 で、早速、注文してみた。届いたのは真鍮でできた手裏剣風のヤツで、投げたら武器になりそう。回すと、4分くらい回る。 「だからなに?」的な感じもする。 最 [続きを読む]
  • 簡単ステージキット、ステージキッズ
  • 強化ダンボールの能舞台は、世界初だと思う。 また、本格的なステージとしてイベントに強化ダンボールが使われたのも、僕が探した限りは見当たらない。 写真は、高さ20センチ幅120センチ?120センチのステージキッズである。ひとりライブや、演説に使える。 とはいえ世の中には、様々な素材のステージがあるらしい。 グーグルで、簡単ステージキットとか簡易ステージキットとかで検索 [続きを読む]
  • 海南飯店のネギそば
  • 定番。 横浜中華街にある海南飯店の『ネギそば』が一番好きだ。 もう、数十年も通っていると思う。 僕が大阪に移動してから、あまり行けなくなったけど。最後に食べたのが、おそらく5年くらい前かなぁ。 昔の古い店を改装して、海南飯店は新しくなったけど、それも古い話になってしまった。実は、昔の古い店が好きだったのだ。昭和の雰囲気のある店だったし。 支払いの時、 [続きを読む]
  • 見たことないステージが見たい
  • 生まれつつあるモノに、ドキドキする。 「選挙に使えるよ」 「盆踊りのやぐらに使いたい」 「能舞台をダンボールで造ったら面白い」 「クルマの荷台をステージにして、パレードに使うのに便利」 「幼稚園とか保育園の発表会に」 「老人ホームのカラオケ大会にあったら」 「デパートの展示会に使えるんじゃないか」 「クルマのディーラーの展示会で、クルマのステージにしちゃっ [続きを読む]
  • 会津の大熊中学校で漫才の授業
  • 「中学生の漫才だから、そんなに面白くないんじゃないの?」 くらいに思っていたけど、大笑いしました。そして、楽しめました。 ごめんなさい。 大熊中学校の生徒の故郷は、福島県大熊町の原発の町だ。2011年3月11日に東日本大震災に遭遇し、もう6年も避難先の会津若松で暮らしている。友だちとも離れ離れになったりと、生徒数もずいぶん減った。校舎は、いまだにプレハブの仮設である [続きを読む]
  • ニューヨークでラーメン
  • マンハッタンのシメは、ラーメンだ。 「ブロードウェイで『キャッツ』が見たい」 という広瀬のリクエストで、僕たちはブロードウェイに向かって歩いていた。 来てみるとマンハッタンは思ったより狭く、歩いてどこでも移動できる感じだった。 トランプタワーもセントラルパークも近代美術館もブロードウェイもね。 そして、 マンハッタンの人たちは、忙しい。 実際に忙しいの [続きを読む]
  • 義務教育ってスゴイ!
  • 「あのおっちゃん、銃に指がかかってるやん」 と、警官を見ながら広瀬が言った。 トランプタワーの前を通った時である。 どうも警備の仕方も日本の警察とは違う。バラバラというか、今にも銃を抜きそうな保安官がいっぱいな感じだ。 昨日、ニューヨークに住む岡田からトランプタワーは普通に入れる、と聞いていたけど、これは普通なのか? 僕たちは入り口で簡単なチェックを [続きを読む]
  • 起業でごはん! 記事一覧
  • タイトル 簡単ステージキット、ステージキッズ 海南飯店のネギそば 見たことないステージが見たい 会津の大熊中学で漫才授業 ニューヨークでラーメン 義務教育ってスゴイ! でっかいどう、マンハッタンのステーキ。 ジャズ→タンゴ→ブルース→? フラダンスはレンタルがお好き? ボストンから連絡が来た。 強化ダンボ [続きを読む]
  • フラダンスはレンタルがお好き?
  • レンタルできないの? フランダンスの教室をやっている人に「ステージキッズをレンタルできないか?」という問い合わせがきた。 年に数回フラダンスの発表会をやっていて、ステージが欲しいのだけど保管場所がないという。 レンタル業者にステージ開設をお願いしたら、作ってくれる。でも、対費用効果を考えると何度もは無理なのだ。悩んでいると、ステージキッズのことを口コミで聞いて [続きを読む]
  • ボストンから連絡が来た。
  • ステージキッズください。 ジャパン・フェスティバル・ボストンの委員長をしている青谷さんから連絡が来た。 数は3つ、盆踊りの櫓(やぐら)に使うことが実行委員会で決定したのだ。 3つで櫓に? と僕は思ったのと、櫓にできるんだ、という驚きもあった。 僕たちが思いつかない使い方が、まだまだあるのだろう。出来たての新製品だし…。 「青谷委員長が京阪紙工さんのと [続きを読む]
  • 強化ダンボールの手づくりステージ
  • 自分たちで作るステージ。 ステージが必要な時、普通、レンタル業者に頼むことになる。 僕たちも、第一回『千人の月見の宴』でステージをレンタルした。そりゃ、業者が作ってくれるから楽だし、撤去もやってくれる。その代わり、結構なお金を支払うことになる。 ステージレンタルのシステムは、お葬式の祭壇に似ているように思っている。 基本、全部、購入する金額を僕たちは支払う。 [続きを読む]
  • ワシントンで月見
  • そもそも、花見が雨だった。 「桜吹雪の中で能を観ながら花見がしたい」と思いたち、知り合いに能楽師を紹介していただいた。 辰巳大二郎さんという若手イケメンの能楽師だ。 で、遠く会津や龍野からも友人たちを誘い、枚方にある桜の名所牧野公園での花見である。 当日は、大雨だった。 なんてことだ! と、暗い空を見上げてがっかりである。 急遽、僕たちは割烹『一の谷』に [続きを読む]
  • アメリカからもラブコール
  • どこで買えるんですか? MBS毎日放送『ちちんぷいぷい』で、『ステージキッズ』の紹介をしていただいたわけだが、驚いたことに問い合わせが来た。 テレビに出演した京阪紙工の住谷社長を探し当ててである(まずいことに、僕たちはWebサイトすら持っていなかった)。 例えば、兵庫県のゴルフ場で使いたい。とか、ハワイアンの教室で使いたいとか、などなどである。販売は僕の会社なので、 [続きを読む]
  • テレビ取材がやって来た! やぁやぁやぁ!
  • MBS毎日放送 『ちちんぷいぷい』 「取材の依頼が来てるんです」と、京阪紙工社長の住谷さんから連絡が来た。 強化ダンボールの取材らしい。 番組の『石田ジャーナル』というコーナーで、15分間だから結構長い。 そこで『ステージキッズ』の紹介があった。去年の11月のことだ。 もちろん、録画をしてしっかり見た。 レポーター「ステージは一個どれくらいで組み立 [続きを読む]
  • 商標がとれない?
  • まさかの拒絶査定! 『ステージキッズ』を商標登録しようと、特許庁に書類を提出したわけだけど「この商標は登録できない」と、審査官からの書面が届いた。 補正くらいならよくあることだけど、拒絶はないじゃないか!! と、思い拒絶理由通知書を読んでみる。 なになに「指定商品は、商標とともに権利範囲を定めるものであるから、その内容は明確でなければならない。この商標登 [続きを読む]
  • ネーミング考えて商標とらなきゃ
  • ダンボールひとつください。 では、売りづらい。 強化ダンボールで作るステージに、 名前(商標)が必要だった。 ウォークマンみたいなネーミングが欲しいところだ。 ウォークマンも英語としては、文法的に問題はあるけどうまい和製英語だと思う。 アメリカでは、当初、Run about(走り回る)からの造語でSound aboutだった。 でも、次第に日本からの影響で海外でもウォークマンが [続きを読む]
  • 世界初のダンボールでできた能舞台
  • ダンボールの上で 「能を舞ってください」 と、お願いするために、僕は寝屋川にある香里能楽堂で重要無形文化財能楽師・辰巳満次郎さんに会いに行った。 それを伝えるのが、代表の仕事だと事務局の広瀬と舞台監督の山代さんが言う。 「絶対やめてください」と言っていた山代さんは、すっかり宗旨変えをしたのだ。 能楽堂の控室で待っていると、舞台で演目『土蜘蛛』のクライ [続きを読む]
  • ダンボールで能舞台は作れるの?
  • 絶対、やめてください!! 「能舞台を強化ダンボールで」と、僕は舞台監督の山代さんに言った。 去年の夏のことだ。 「普通にやりませんか」と、山代さんは応えた。 そんな冒険はやる必要もないし、第一、能楽師が納得しないだろうし、もし雨が降ったらどうするんだ。というのが理由だった。 「確かにそうだけど、誰もやっていないから面白いと思っています」 「とにかく、去年 [続きを読む]