理想の学校を創りたい現役教員のブログ さん プロフィール

  •  
理想の学校を創りたい現役教員のブログさん: 理想の学校を創りたい現役教員のブログ
ハンドル名理想の学校を創りたい現役教員のブログ さん
ブログタイトル理想の学校を創りたい現役教員のブログ
ブログURLhttps://hokko0123.muragon.com/
サイト紹介文理想を求めて日々奮闘中!!自分の求める学校とは?!一緒に考えてみませんか??
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 44日(平均6.7回/週) - 参加 2017/06/28 19:06

理想の学校を創りたい現役教員のブログ さんのブログ記事

  • 社会の求めは?
  • 今、社会ではどんな人材を求めている? 教育現場にいると見えにくい。 果たして今行っている授業は将来役に立つのだろうか。 そう考えている教師はどれくらいいる? 必要なのはテストで高得点を取れる子ではない。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • ニーズに応じる
  • 商売でもニーズがあって仕事が成り立つ。 子どもの求めがないものをバンバン与えるのは仕事としては適さない。 様々な経験や選択肢を与え、夢や希望をもたせる。 その上でこちららから知識を与えればいい。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 芸術への評価?
  • 美術や音楽のセンスもない教師が評価をできるとでも?? というかそもそも芸術分野に評価は必要か。 感性を育てる教科なのだとしたらそこに評価は不要である。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 味方を作るのも1つのやり方だとは思う。 でもそれで自分の思いに蓋をするくらいなら 敵を作ることを自分は選ぶ。 理想を掲げて何が悪い。何もない人に俺は止められないって。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • で、どうしたいの?
  • 我々は「学習指導要領」なるものに則って日々に教育活動に臨んでいる。 ベースがあることに異論はない。(内容への疑問は大いにある) が、それに囚われすぎる教師には呆れる。 「指導要領にはこういうことが書かれているから…。」 いや、あなたはどうしたいの?書かれていることをそのまま受け取れば満足? 「自分の考えをもとう。」子どもにそう指導するあなた自身はどうなの? そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • ちょっとけんか
  • 「どうして夏休みに漢字のプリントをださないのですか?!」 と、言われた。 1学期に学習した約100文字の漢字を20数枚のプリントに振り分けて何回練習ができると?それで本当に漢字が身に付くとでも?そしてそれをすることで実際に身に付いたというデータでもあるの? 更に、家庭学習を継続して行う力の付いてきた子どもたちにわざわざこちらからプリントを渡す必要などない。自分でできるから。 考え方はいろいろだけれ [続きを読む]
  • ゆとりはあたり?
  • 今の子どもはすることが多すぎる。 しかも大人が与えているものがそのほとんどを占めている状況。 個に応じた学びを!! と、現場では叫んでいるものの、与えすぎていてそもそも個に応じていない。 本当に個に応じるなら、興味のあることを深化させたり追求させたりしたほうがいい。 今授業で行っている学習内容は社会に出て役に立たないものも多い。 まずは今あるものが必要かどうか見直す。減らす。絞り込む。 そして子ど [続きを読む]
  • 困った
  • 「わからない」「できない」「困った」 そう伝えられない子たちに困る。 なぜ伝えられない? こっちの準備不足?間違いを恐れている? 色々あるとは思うが、わからないことを伝えるのも重要なスキル。 子どもに身に付けさせたい。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 高学年より
  • 小学校では高学年に力のある教師が配置されがち。 ベースが良くないと上の学年で壊れることがよくある。 一概には言えないが。 だから本当は低学年の担任にすべきと思う。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 豊かさ
  • 豊かさ。便利さ。 それが増せば増すほど人の心は貧しくなる。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 老い
  • 芸能人はなぜ若く見える? メイク? それだけではない。むしろ違うと思う。 「見られる仕事」だから若々しさを保てるのでは。 つまり、「見られる」という本人の意識が若々しさを保つ要因なのだろうと思う。 我々も一緒だろう。 「子どもたちのために」 そんな思いを無くした教師は一気に老いる。自分を高められなくなる。 良い教師は子どもを想う気持ちを失わない教師なのだろうと思う。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • ビビり
  • 学校現場は必要以上に保護者の声を警戒している。 「これがいい」「こうしたい」 そんな思いに蓋をせざるを得ない現状。 お互い良くないところがあるのは事実。 でもそれ以上に前に進む力のない教育現場のなあなあ感にがっかり。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 多くは大人のせい
  • キレる?子どもが荒れる?学級崩壊? そんな言葉もあまり聞かなくなったなあ。 でも多くの学校でそんな悩みを抱えている。 ちなみに大人が原因を作っているのがほとんど。 力のない大人。 そんな自分を受け入れて改善に向かう度量がないと子どもも前に進めない。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 選択肢
  • 小学校や中学校を選ぶ。 もしくは行かない。 独自の教育感をもったフリースクールのような場所で学ぶ。 そんな選択があってもいい。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 宿題
  • 知識を詰め込む宿題は必要なく 知識を得るための力がつく宿題は必要。 難しいが模索する価値はある。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • いいクラス
  • 一見規律がありしっかりしているクラスでも 大人の圧力でそうなっている場合 どこかにヒビが入ると崩壊に向かうことも。 どんなことも子どもたちが価値を感じていたり 目的意識をもったりしていることが大事。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • なりたい?
  • 子どもがなりたいと思っているのか。 親が押し付けているのか。 この差は大きい。大きすぎる。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]
  • 決定する
  • 自分で考えて自分の進むべき道を決める。 そして行動に移す。 どうすればそんな子どもにできるだろう。 そう考える今日この頃です。 [続きを読む]
  • 時間がかかる
  • 叱ったり、すぐ教えたりして短時間で行動に結びつけるか じっくりと自主性を重視して待つか。 後者のほうが価値が高い。 そう思う今日この頃です。 [続きを読む]