SATTVA・SATTVA さん プロフィール

  •  
SATTVA・SATTVAさん: インド・アート日記
ハンドル名SATTVA・SATTVA さん
ブログタイトルインド・アート日記
ブログURLhttp://sattvasattva.blog.fc2.com/
サイト紹介文インド・バンガロールより、日々の暮らし、アートを中心に綴ります。
自由文インド・バンガロールに暮らして12年。
2人の息子はティーンエイジャーとなりました。
ゼンタングルというアートの講師(CZT)をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 21日(平均3.7回/週) - 参加 2017/06/28 22:19

SATTVA・SATTVA さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • タラブックス
  • 実家でほけーっとした毎日を過ごしております。一時帰国中はいつも予定をたくさん入れてしまい、バタバタなんですが、今回は静かな毎日。まあ、こういう時もあっていいのかな。父や母の昔の話を根ほり葉ほり聞き、新しい事実発見に驚いたりしています。父はやっと手術を受ける心の準備が整ったようです。このままだと、また倒れる可能性が大いにあること。今度こそは大変なことになるかもしれないということ・・・・・。この事実を [続きを読む]
  • 昔の記憶
  • 現在、日本に一時帰国中です。もう高齢となった父が病院に入院中なんです。一度調子を崩して入院し、今回は2度目の入院。私が日本に到着する日に退院できるかな?と、期待していたのですが、かなわず・・・・・。検査の結果があまりよくなかったので、入院が延びてしまいました。明日の精密検査次第では、手術となるらしく、心配な状況です。このように高齢な父母ですから、会える時に親孝行をしておかないと・・・・。な〜んて、 [続きを読む]
  • 甥っ子が遊びに来ました
  • 子ども達のいとこが遊びに来ました。子ども達のいとこ・・・すなわち私の甥っ子です。大学に通う彼は、子ども達にとっては一番歳の近いいとこです。大好きないとこが遊びに来るという事で、子ども達は大喜び。長男は伸び放題の髪を切りに行き、次男は部屋の片付け&デコレーション。夏休み中で、あまりにもダレダレの生活だったので、誰かが来るというのはいいものです!今大学生の甥っ子は7月の終わりから大学の最終学年を迎えま [続きを読む]
  • Fluke bookについて
  • 皆さん、Flukeという英語をご存知でしょうか?私は、子ども達が昔ルービックキューブに夢中になっていた時、彼らが「That’s fluke!」と、よく叫んでいたので、このFlukeという単語を知りました。ルービックキューブでは、時折自分達の実力以上によいタイムが出る事があります。すごくミックスしていても、偶然に解決しやすい並びになってしまうのです。Flukeとは日本語の「まぐれ」に相当する言葉だと思います。偶然によい結果が得 [続きを読む]
  • Lightroom bookstoreに行きました
  • ゼンタングル・クラスの帰り道に、以前から行ってみたいと思っていた本屋に寄ってみることにしました。正確には帰り道ではないけれど、ちょっと遠回りした帰り道(笑)です。まずは、こういう小さなお店は予告なく閉まっている事が多いので、電話で確認。開いているという確証を得てから、タクシーで向いました。ちょっと前まで、車のナビゲーション・システムがなかったインドでは、こういう住宅街にあるお店を探すのは一苦労でし [続きを読む]
  • ゼンタングル・クラスと犬のウェンディー
  • 昨日はゼンタングル・クラスでした。会場となったお宅は、かれこれ3年くらい通い続けているお宅。その方が、7月でバンガロールを去られることが決まり、昨日は最後の訪問となりました。(悲)バンガロールの中心にありながら、とっても落ちついた佇まい。このお宅には犬のウェンディーちゃんがいて、いつも大歓待をしてくれました。ウェンディーちゃんとも昨日が最後となりました。11歳の彼女は、人間の年齢にするともう80歳 [続きを読む]
  • インディラ・ナガール
  • 今日はバンガロールの青山、インディラ・ナガールに出かけました。青山っていうのは言いすぎかな?(笑)街路樹があって、通りの両脇にはおしゃれなお店が建ち並んでいる場所なんですよね。通りを歩いているのは、外国人や品のよいインド人マダム、そして若者が多い気がします。まずは80フィートロード沿いにあるSapnaという本屋に行き、そして、そこから右折してCMHロードに。ICICI銀行に行って現金を引きおろしたかったのだけど [続きを読む]
  • 読書の日
  • 昨日は体の調子が少々思わしくなかったので、ゴロゴロすることにしました。かと言って、眠れるわけもなく・・・。そこで、子ども達のために買った本を読む事にしました。「Nujeen」という本。この女の子の名前です。この本はシリアからドイツまで逃げなくてはいけなかったヌジーンさんのストーリーです。共著はChristina Lambさん。実はこのクリスティーナさんは、「I AM MALALA」をマララさんと一緒に書いた人なんです。なので、 [続きを読む]
  • 普通の昼ごはん
  • よく人から「毎日、インド料理を作っているの?」と聞かれます。私は「インド料理もどきを作っています。」と答えます。なので、今日はインド料理もどきを紹介します。(これはスタンダードなインド料理とはちょっと違います。)子ども達が夏休みに入り、朝ごはん、昼ごはん、おやつ、晩ごはん・・・と、一日中台所で何かを作る生活です。朝は早く起きてこないので、ほとんど朝ごはんは作らないのですけどね。最近は、お手伝いのラ [続きを読む]
  • 新聞の題字で分かる今日のお祭り
  • 今日はイスラム教のラマダーン(断食)あけのお祭りの日、イードです。土、日、月の3連休となる学校や会社が多く、今日は朝から静かな感じです。昔、雇っていた運転手さんがイスラム教の人だったので、イードの日はご馳走である「チキンビリヤニ」(鳥のスパイス炊き込みご飯)をわざわざうちまで届けてくれました。この日は親戚や親しい人達が集まり、とても楽しく過ごすそうです。イスラム教の人たちにとっては、1年で一番盛り [続きを読む]
  • Tulikaの本
  • Tara出版社と並んで、子どものためのとても良い本を出している出版社があります。それはTulikaです。インドに来たばかりの頃、子ども達に読み聞かせる本を探していたところ、この出版社を知りました。当時、コラマンガラのFabindiaにTaraとTulikaの本が置かれていました。子どもが小さく、なかなか遠出もできなかったので、ご近所にあったFabindiaは唯一気楽に行けるお店でした。中庭に小さな喫茶店があって、そこに座ってエッグロ [続きを読む]
  • 過去の記事 …