curraghのブログ さん プロフィール

  •  
curraghのブログさん: curraghのブログ
ハンドル名curraghのブログ さん
ブログタイトルcurraghのブログ
ブログURLhttps://curragh.muragon.com/
サイト紹介文西武ライオンズを、野球を愛する者です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 57日(平均1.1回/週) - 参加 2017/06/30 01:58

curraghのブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • これからです!
  • ボゴボゴにやられました。 完膚なきまでに打ちのめされたようです。 いい投球をしていたのに援護がなく、勝ち運を使いきり、エースが精神的にもやられました。 でも、何となく笑いが出てきそうです。 そうか、今が底なんだ、って。 そのうち時間が解決する、というほど甘い現実ではないでしょう。 かなり厳しい差を見せつけられました。 でも、だからなんだっていうんでしょう。 今だって上出来じゃないですか。 CSにど [続きを読む]
  • 納得できるか、どうか
  • 勝負とは、勝ったり負けたりです。 結果として負けることはあります。 だからこそ、結果に納得できるかどうかが大切だと思います。 過程がすべてであり、それを通して人はどのような結果でも納得して受けいれ、「明日」に立ち向かうのではないでしょうか。 よく追いついてくれました。 素晴らしい試合でした。 負けは仕方ありません。 でも、だからこそ、今日は勝たないといけません。 その気迫で今日も臨んでください。 [続きを読む]
  • セオリー通り
  • とても面白い試合でした。 伊東監督の試合運びにはいつも感心させられています。 セオリーに忠実で、勝ちに対する執念深さ。 さすがと感じさせられる場面がいくつかありました。 昨日の試合でもそうでしたが、一つだけ腑に落ちない采配が… なぜ、9回裏、ノーアウト2塁のチャンスで鈴木大地選手にバントをさせなかったのか。 あの場面、バンドでランナーを3塁に送り、まずは同点にするのがセオリーでは。 なぜそうしなか [続きを読む]
  • 仕掛けてみる
  • なかなか福岡では勝てないですね。 地力に勝る相手を打ち負かすにはゲリラになるしかないと思います。 仕掛けないゲリラなどいません。 受け身のゲリラなどいません。 それぞれの特性を見極め、そこに特化して、定石にとらわれずに攻める。 そんなゲリラが大好きです。 やれると思うんだけどなぁ、ライオンズ。 もっともっと仕掛けていきましょうよ。 打順も、もうちょっと仕掛けられますよね。 中村の盗塁?、いいじゃな [続きを読む]
  • ヒーローインタビュー
  • いい形で前半戦を締めくくれました。 ところで、ヒーローインタビューですが、 クローザーが見事に締め括ってヒーローインタビューに登場という場面をほとんど見たことがありません。 「本日のヒーローは痺れる場面での登板で見事に締め括った増田投手です…」 なんて、感じです。 締め括って当然、打たれたら、ますだぁー、扱いされるクローザーは大変だよな。 たまにはこんなヒーローインタビューでその労をねぎらってあげ [続きを読む]
  • 連勝ストップ
  • 連勝が途切れました。 8回のミスは??でしたが、それ以上に打てなさ過ぎでしたね。 山川さんは見事でした! ヤクルトの戦い振りが気になっています。 昨夜は驚きの敗戦。 あれはショックだったでしょう、 みんなにとって。 さて今日は、と注目していたら、 今日は今日でボコボコにされてました。 ノックアウトされた石川投手の姿が忘れられません。 「ファン」って、何なんでしょう? そんなに勝つ試合が見たかったら [続きを読む]
  • 一つずつ、一つずつ
  • 連勝で、よかった、よかったでした。 ヒーローインタビューでの受け答えに気づいたことが。 「この想いを…」「必ず…」という表現を聞きませんでした。 こちらはつい感傷的になり、過剰なほど感情移入してしまいがちです。 でも、はるかにショックを受けているはずの選手たちは、勇ましい言葉を発せず、次のように語っていたように思います。 「目の前の試合を一つずつ、一つずつ」、と。 かつてイソップはこう言ったと言わ [続きを読む]
  • 突然の訃報
  • 予期せぬ知らせに茫然とし、じわじわとショックを受けています。 いろんな、なぜ?が出てきます。 「日本一」と記された絵馬。 どういう想いを込めて書かれたのでしょう? 昨年とは違う戦い振りに喜び、3位なら上出来と思っていた自分がいます。 そうじゃないですね。 やる以上は、同じプロなら、日本一ですよね。 それも、「目指す」じゃないですよね。 つかみとるんですよね。 もぎ取るんですよね。 ハッとさせられま [続きを読む]
  • 過去の記事 …