FCKERS さん プロフィール

  •  
FCKERSさん: 閲覧注意.com
ハンドル名FCKERS さん
ブログタイトル閲覧注意.com
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fckers/
サイト紹介文広告が少ないオカルト総合サイトです。 『心霊・不思議・超常現象・修羅場・裏仕事』等を掲載中
自由文https://twitter.com/japan_gost

FCKERSは数々のホラー現象の調査及び研究を行い、ソーシャルメディアを含め当運営HPで映像制作し配信していく調査団体です。現在は準備段階ではありますが日本1のオカルト発信媒体として皆様に認知される事を目標とし活動致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 22日(平均54.4回/週) - 参加 2017/06/30 09:32

FCKERS さんのブログ記事

  • 生コンで…
  • 建築現場でアルバイトしてた時に仲良くなったおいさんがいましたそのおいさんは流れ者で関西の方から来てたらしいです元は生コン車の運転手をしてたらしいですある日、893と飲み屋で意気投合し顔見知りになり友達になったらしい賭場や麻雀に誘われ負けが込んできた時、借金を作ってしまいどうにもならなくなったその893に相談すると300万程気前良く貸してくれたんだって最初は利子も取らずに返済の要求もなかったある日、 [続きを読む]
  • ヤクザの世界
  • 俺が高校のころ、よくツルんでた所謂不良グループみたいなのがあった。半分族で、半分仲良しグループ、という感じ。そのメンバーのうちの1人の兄貴のケンジさんって人がバリバリの893。といっても俺らには優しかったし、俺らもその人を親しみを込めて「ケンジさん」って呼ばしてもらってた。ケンジさんは、あっちの世界の色々な話を聞かせてくれた。その中の一つ。彼がまだ準構だった頃の仕事と言えば、兄貴分たちのお使いばっ [続きを読む]
  • トラウマ
  • 学生時代のこと。友人二人で居酒屋のカウンターでまったり飲んでいた。二つ離れた止まり木に、30前半位のそれはそれは綺麗なお姉さんが一人で盃を傾けていた。おおよそこんな、すすけた店には似合わないいでたちで身なりもよく、そこだけ雰囲気が違っていた。何と言うかとにかく美人で、女優のようにも見える。俺らは、気になって声をかけようかとも思いながら結局何も出来ないでいた。一人の男が店に入ってきた。40位のちょっとガ [続きを読む]
  • 生き埋め
  • これは旧友のチンピラに聞いた話なんだが、そいつと、ある組の若い衆とでよく若い女を街でさらっては交尾をしていたんだそうだ。まあナンパ仲間と云った所だな。で、いつも二人で車に乗って街中を流して物色していたのだが、ある日もチンピラは何時もの様に若い奴に誘われて街中に繰り出そうとしていたそうだ。だが、どうも急に体調が悪くなり、今日の所は止めといて一人自宅で寝込んでいたそうだ。で、若い衆の方は単身街に繰り出 [続きを読む]
  • 蟹のドラム缶
  • まあ聞いてくれ。俺は霊感とかそういうのは持ち合わせちゃいない。だけど恐怖と言う意味では、幽霊なんぞよりもよっぽど恐ろしいモンがある。昔、小さい印刷会社みたいなとこで働いてた。ホントに酷い会社で、筋モンの作る偽物の株券とか、政治団体の中傷ビラとか、法律にひっかかる様なことをフツーにしてた。でも悪い事ばっかじゃないのもあった。小学生の女の子が親と一緒に来た。猫を探すために持って来た手書きで書いた紙。コ [続きを読む]
  • リンチ
  • 私は30代前半、中国地方のとある県に住む会社員です。話は私が16歳の頃です。高校を中退し仕事もせずに遊びまわっていた私はAという3つ年上の先輩とツルむようになりました。Aは150cm程の小柄な男で、笑っちゃううくらいの鬼ゾリ&パンチパーマで、私達後輩には横柄な態度を取り、同学年や先輩にはヘコヘコするような嫌われ者でしたある時期から私はAと一緒に地元の暴力団の事務所に出入りするようになり、テキ屋の手伝いや事務所の [続きを読む]
  • 何故ドラム缶なのか
  • 元組員の父から聞いた話です。なぜドラム缶なのか?の理由です。やる時は人間を二つ折りにしてお尻から入れるんだそうです。そうすると入れられた人は、徐々に息ができなくなり他界されるんだそうです。手を汚さない方法なのでポピュラーだと言っていました。本気で洒落になりませんでした。 [続きを読む]
  • 私が小学生の頃にあった怖かった体験
  • その頃は家がすごく貧しくて、父親の会社が潰れた影響もあり、物凄い借金がありその筋の人からも父親が借金していたので、借金取りが毎日ドラマに出てるような感じで家に来ていました。ある日の夕方、お弁当を買いに出かける途中の道で借金取り人たちが待ち伏せしていて「今日は坊やと少しお話したいんだ」と言われて、人通りの少ない裏路地まで誘導されて、「お父さんは?」とか「学校おもしろい?」とか色々質問攻めされた後「お [続きを読む]
  • 地元で有名な幽霊屋敷に屋敷に悪友と肝試しに行った結果www
  • 自分が厨房の頃の話です。通っていた塾の近くに地元では有名な幽霊屋敷がありました。そこは実際に人が何人か無くなっていて「出る」というもっぱらの噂でした。かなり大きめの”お屋敷”っていうのがお似合いの古い作りしかし、3階建ての若干お城っぽい作りの建物でした。そしてここ数年(十数年か?)誰も住んでいないとの事でした。ある日、自分を含め悪友ども5名でその屋敷に「侵入」を計画しました。塀を乗り越え一階の勝手 [続きを読む]
  • ふくよかな男性に
  • 先日飲みに行って、隣り合わせたちょっとふくよかな男性の横腹に。。 「なんだ〜この腹はぁ〜?こうか?こうか〜?パンチパンチィ〜!」と攻撃し、その後しつこくその男性に絡み続け、ついに「腹枕〜あはは〜」と頭をお腹に乗せた。 と旦那談。 しかし、見てしまったのです・・その人・・小指がありませんでした・・ orz その後酔ったフリをし続けました。恥ずかしいと言うより死ぬかと思った [続きを読む]
  • スピードを出した車
  • 小2の頃、スイミングに通っててスクールまでバス乗ってたわけその日は寝坊して集合時間ギリギリだったからバスの場所まで走っていったバスを見つけ「よかった、間に合いそう」と思い十字路を走り過ぎようとしたその時、左右確認しなかった俺に、正面から黒い車が結構なスピードで向かってきた「あ、これ死ぬかもしれない」とまじで思った目をつぶっていたからドリフトの「キイーーーッ!!」って音だけが聞こえた数秒後、恐る恐る [続きを読む]
  • コンビニの夜勤
  • コンビニの深夜バイトで丸二日以上寝てなくて更にバイトを急遽入れられた時、立って起きてるのがやっとの状態だったからもうレジ打ち間違えまくり。そこはお水系の店が建ち並ぶ中にあったから色々な人が来るのだが、ヤーさんのレジ打ち間違えた時はさすがにあせった怒鳴ってお店を出ようとした後またレジにずんずん戻ってきたからヤバイ、殴られる?と思ったが「にーちゃん、お前コレ飲んで頑張れや」と言ってさっき買った栄養ドリ [続きを読む]
  • 駄菓子屋のおばあちゃん
  • 近所に昔からある古い駄菓子屋がある 経営してるのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年ほど前に病気で亡くなってしまった) いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんでお金が無い子にはコッソリ駄菓子をあげていた(漏れも昔もらった) そんな感じで近所の評判がとてもよかった ある日、お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた なんでも亡くなったお爺ちゃんに少し借金があったらしく、コツコツ払い続けて完済したはずな [続きを読む]
  • やくざの親父
  • 僕にはやくざの親父が居ました。酒癖が悪く、毎晩母と中学生の兄に暴力を奮い、それは僕が6歳の小学1年まで続いた。なぜか僕だけは暴力を奮われず、可愛がられてましたが、そんな暴力を奮うアル中やくざ親父が大嫌いだった…今でも覚えてる当時の記憶で、深夜、2階の窓から外で母が殴り倒され、兄が裸足のまま逃げて、それを親父が追いかけてる記憶で、よく【暴力を止める役】だった僕でも、たとえ自分には危害を加えないと解っ [続きを読む]
  • タバコのポイ捨て
  • コンビニから帰ってきたとこだけど、そこの駐車場で見ました。 俺が店から出たら「ゴルァーーー!」と怒鳴り声がしたのでエッ俺なんかしでかしたかと思って声のした方を見るとセルシオとekワゴンが止まっている所から言い争いの声が聞こえてきます。どうも「タバコの吸殻を駐車場に捨てるんじゃない」、「あんたには関係ない」みたいなことで車の窓越しに言い争っているみたいでした。 結局お互いに車から降りろみたいな展開になり [続きを読む]
  • パンチパーマ
  • 自分が小学5〜6年生の頃の話ですが当時の親父がダメダメの多重債務者で、怖い借金取りがしょっちゅう家に来てました。 母は朝から晩まで勤めに出てたので当然ガキの自分が応対し、大声で怒鳴られたり小突かれたりしてたんですが、近所の人も親父が借金踏み倒してたんで誰も助けてはくれませんでした。 そうこうしてとある日、小学生の自分でもそれとわかるものすごい迫力の人が尋ねてきて、 「おぅボクー お父ちゃんおるかー? [続きを読む]
  • 鈴木京香似の美人
  • オレの職場に、突然人格が変わってしまったヤツがいる。 うちの会社は年次有給休暇の他に、一週間の特別休暇があるんだ。 ただし、一週間連続で休まないといけない。 まあ、役職がついちゃうと周りの目を気にして、誰もとらなくなるんだけど。 そいつは、その特別休暇に有休をつないで二週間の海外放浪に出る、と言ってた。 五年まえにツアーではなく単独でイタリアを一週間旅してから、旅にはまったそうなんだ。 「帰りの飛行機に [続きを読む]
  • 海外旅行で人格が変わってしまった
  • 小学校4年生のころのことです。学校の授業が終わってランドセルを家に置いた私は、家が近くて学年が二つ下の仲が良かった女の子と、近所の公園で遊んでいました。まだ辺りは明るかったので、夕方3時〜4時頃だったと思います。いつものようにすべり台で遊んでいると学ランを着た男の人に「こんにちは」声をかけられました。制服ではありましたが顔が幼かったので、高校生というより中学生のお兄さんだと思ったことを覚えています。 [続きを読む]
  • 銀ホから聞いた
  • 飲み屋で銀ホから聞いた。銀ホの友人M美は14歳のときヤと知合い地方に売られ客をとらされる!はめにそのヤは常に女(情婦含)が4〜5人いて殴る蹴るの暴行は茶飯だったとか!!大人になったホの友人M美はソープ嬢として新宿で働く70歳の御爺ちゃんを相手にしたこともあるんだとか(トホホ泣き)ある日銀ホがM美とパチンコやであう!(バッタリゃ)ヤの彼とは別れてないという!ア鳴るまで奉げた暴露なう!(銀ホはM美とお尻あい [続きを読む]
  • 風俗に勤めてた女の子
  • 風俗に勤めてた女の子がいた。片親で育った子で、母親と将来の為に貯金1000万目指して頑張ってた。とにかく真面目でコツコツタイプの子だったから店の看板になった。もうすぐ貯金がたまるって時に、そこを仕切ってたヤクザの上司が「オマエは真面目で見所があるから、この店の店長になって自分の店を持たないか」みたいなことをその女の子に言った。1000万出したら、うちの組がバックについて店を持たせる。オマエが店長になったら [続きを読む]
  • 仕事柄、港に行くことが多くて、通ってるうちに柄のよくない人たちが多いのに気づいた利用してる倉庫の管理会社のおっちゃんと仲良くなったんで、そのことを話してみたら「あぁ、あの人たち?ヤクザだよ」と事も無げに言ってた。大型のリフトなどの重機が無い時代に、人の手で荷物を船積みしてたんでその人夫をヤクザがドヤ街などで集めてきてたらしい。そのころの名残で、今でもヤクザが港を仕切ってることが多いんだと。最後にお [続きを読む]
  • 自称暴力団組員の男
  • 自称暴力団組員の男が京都市伏見区のマクドナルドの店から代金を脅し取った恐喝事件で、京都府警組対一課と伏見署などは20日、組長の使用者責任の範囲を恐喝事件などに広げた改正暴対法を活用し、店側が男に代金を支払わせた、と発表した。5月に改正された暴対法を受けて、被害者が損害を回復したのは全国で初という。男は長岡京市今里2丁目、自称指定暴力団山口組系組員赤木聖被告(38)=恐喝罪で起訴。起訴状などによると、 [続きを読む]
  • ヤクザの拷問
  • 長年裏稼業やってた友達がいてヤクザの拷問の話を聞いた。容疑者を縛ってガスバーナーで拷問し、死なないように治療して一週間生かす。途中で無実だと解っても今更引けないから死ぬまで続行するって。大抵発狂するらしい。それとは関係ないがヤクザがボッタクリバーに行ってしまった場合でも普通の客と同じようにしばいてでも請求すると言ってた。 [続きを読む]
  • 組長が拉致
  • 昔ニュースで、ヤクザの組どうしの抗争の果てか、組長が拉致され殺されて山の中に埋められてた事件があったが、発見された組長の死体は両手足の生爪が全部はがされていたと報道されていた。このニュースを聞いた時に、リンチされて、いざ生爪をはがされそうになった時には組長と言えど、泣叫んで、許しを許しを乞うために土下座したんだろうかと考えたら、M気のある私は、不謹慎ながら興奮してしまった。 [続きを読む]
  • 元ヤクザの丁稚さん
  • うちの実家は蕎麦屋なんだけど、俺が小さい頃に1年ぐらい住み込んでた元ヤクザの丁稚さんの話。その人…清田さんは30歳ぐらいで、無口な人。肉は一切ダメ、魚も加工品しか食えない。で… 深夜に庭先で正座して、頭を下げてる。「すみません、すみません」って。当時は、俺も小学生で、余計な事情詮索したら爺さんに叱られると思って聞かなかった。結局、清田さんは1年で店を上がって、埼玉の精進料理屋に移ったんだけど…俺が大学 [続きを読む]