u-account さん プロフィール

  •  
u-accountさん: 経済学と会計学のあいだ
ハンドル名u-account さん
ブログタイトル経済学と会計学のあいだ
ブログURLhttp://u-account.hatenablog.com/
サイト紹介文経済学と会計学と、そのあいだの話題
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 86日(平均5.4回/週) - 参加 2017/07/01 17:30

u-account さんのブログ記事

  • 某アニメ会社による不正の簡単な会計的解説
  • GONZOの会計不正が今更ながら一部で話題になっていた。複数の不正の手法が用いられているものの、アニメ会社で発生した事例という観点からは製作委員会方式を利用した点が注目される。 製作委員会方式の場合、アニメ制作会社や広告代理店など複数の関係者が出資をして製作委員会というハコを作る。製作員会はアニメを製作・制作し、そのコンテンツ利用から得られた収益をそれぞれの出資者に分配する。 とはいえ製作委員会はただ [続きを読む]
  • 飲み会参加証券のプライシング
  • *1所得フローx_0, x_1, x_2, ..., x_t, ...... を生じる資産の価値(時価)は割引率をiとして所得フローの割引現在価値Σ(x_t/(1+i)^t)となる。例えばxを企業のFCFと見ればこれはDCF法によって求められた企業価値そのものである。企業価値は債権者と株主が分配する。あるいははじめから株主に帰属する所得フローだけを考えれば株主価値(理論上の株式時価)を直接求めることもできる。これは割引配当モデルである。 飲み会も同様 [続きを読む]
  • 教育が投資であることは国債で資金調達すべきであることを意味しない
  • 【日本の解き方】「こども保険」に反対する財界、さらなる法人税率引き下げ&消費増税の支持の政治的立場 (1/2ページ) - zakzak企業経営の発想からみると、有効な投資であれば借り入れで賄うはずであり、税で賄うという発想は出てこないはずだ。(上記リンクの記事より)国の教育支出に関して、最近、しばしば上のような主張を見かける。つまり、企業であれば投資は負債によって資金調達する。国が行う教育も同様に投資であり、 [続きを読む]
  • 1円スーパーを擁護する3つの物語
  • 野菜を1円で販売 愛知のスーパー2社警告へ 公取委 :日本経済新聞商品を継続して原価割れで販売しており、公取委は、他社の事業活動を困難にする恐れがあるとして規制される「不当廉売」に当たる疑いがあると判断したとみられる。(上記リンクの記事より)その1あるスーパーはサプライチェーンを見直すことで、より新鮮な野菜を従来と同じ値段で提供することに成功した。このスーパーの繁盛は他のスーパーの「事業活動を困難に [続きを読む]
  • 監査法人のローテーション制度に異を唱える
  • www.nikkei.com会計監査は不正に制裁を科すためにあるわけではない。財務情報の誤謬や不正によって困るのは投資家だ。だから会計監査は投資家の利益になる限り、そしてその限りでのみ行われるべきといえる。 監査にかけるコストを引き上げていけば財務情報に不正が存在するリスクを減らせるだろう。けれど不正リスクが減ることによる投資家の利益がコストを下回っていればコストを引き上げる意味がない。 不正リスクをゼロにして [続きを読む]
  • ハリケーン、交通整理、価格
  • forbesjapan.com経済や社会の問題には自然科学と違った特有の難しさがある。地球が動くべきじゃないと考えるのは何かの原理主義者だろうけど、非常用品の価格が高騰すると、そうあるべきじゃないという考えが多くの人に自然に沸き起こってしまう。 べきかどうかを考える前に、何が起こっているかを虚心坦懐に眺めたなら、アマゾンが非常用品の価格を据え置いても問題が解決しないのが分かる。起きることはただ、お金を多く払える [続きを読む]
  • 農地の宅地化を防ぐことはどのように官製カルテルなのか
  • www.nikkei.com農林水産省と国土交通省は、都市部の農地「生産緑地」を維持するための対策に乗り出す。地主の相続税を猶予したり、硬直的な土地の貸し借りの仕組みを柔軟にしたりして、企業やNPOが借りやすくする。*1農業をするよりも住宅を建てた方が儲かると判断されたとき、その土地は宅地化される。なぜ住宅の方が儲かるのかといえば、農産物より居住サービスの方が高く売れるからだ。 つまり、消費者が居住サービスをより [続きを読む]
  • 内部留保は何を留保しているのか
  • 内部留保はとても重要な概念だ。*1内部留保を理解することは貸借対照表と損益計算書の関係を理解することに等しい。したがってそれは複式簿記を理解することほとんどそのものだ。会社を設立する僕が100百万円を元手に会社を設立し株主になる。これが設立時の貸借対照表だ。 左側は会社にどんな財産が存在するかを示す。その形態は問わない。*2右側は誰が会社に財産を拠出したかを示す。資本とは株主が拠出した金額を意味する。*3 [続きを読む]
  • 規制における品質と量
  • 企業ファイナンスではよく知られていることだけど、ROAなどの利益率指標のみに頼ると判断を誤る。最も利益率の低い事業を切り捨てれば企業全体の利益率は上がるに決まっている。けれど、その事業でもネットキャッシュインフローの割引現在価値がプラスなら、企業価値に貢献するので切り捨ててはいけない。 獣医師などの規制産業の品質にも同じ問題が潜んでいる。医療ミスの発生確率が0.2%の高品質の医療と2%の低品質の医療があ [続きを読む]
  • 松戸市が伊勢丹の賃料を肩代わりしてはいけないのはなぜか
  • www.yomiuri.co.jp伊勢丹松戸が三菱地所に支払う年間2億円の賃料を、松戸市が代わりに負担するという。伊勢丹松戸の閉店を防ぐために、松戸市が三越伊勢丹ホールディングスと合意したらしい。 でも三菱地所が年間2億円の賃料を要求しているということは、伊勢丹が撤退したとしても、三菱地所はこの土地からそれだけの収益を上げる代替案を何か持っているわけだ。*1 その代替案が他の施設の誘致なのか、マンションを建てるのか [続きを読む]
  • 保守主義というバイアス
  • どうして研究開発費が即時費用化しか認められないのか、その理由は、研究開発費等に係る会計基準が設定されたときに公表されている。研究開発費は、発生時には将来の収益を獲得できるか否か不明であり、また、研究開発計画が進行し、将来の収益の獲得期待が高まったとしても、依然としてその獲得が確実であるとはいえない。そのため、研究開発費を資産として貸借対照表に計上することは適当ではないと判断した。*1 *2 収益に繋 [続きを読む]
  • 特定の投資を税制上優遇することが生産性を下げるのはなぜか
  • headlines.yahoo.co.jp政府は22日、安倍政権の新たな看板政策「人づくり革命」を進めるため、人材投資を行った企業に対し法人税を減税する制度を設ける方向で検討に入った。企業の生産性向上を税制面から後押しするのが狙い。投資Aと投資Bがある。今回の文脈では投資Aは普通の設備投資、投資Bは人材投資と考えてもらえばいい。いずれの投資金額も5億円で、見込まれる収益は投資Aなら8億円、投資Bなら7.8億円としよう。 銀行に出せ [続きを読む]
  • それでも中古車市場はうまく回っているし、労働市場もうまく回る
  • アカロフの中古車市場というゲーム理論のモデルがある。中古車の品質は乗ってみるまで分からないから、売買取引がうまくが成立しない。極端なケースでは、ある種の中古車が市場にまったく供給されないという結論が得られる。 ここで話が終わっちゃいけない。なんでかっていうと、現に中古車市場は存在しているから。情報が非対称という意味ではほとんどあらゆる商品がそうなのであって、むしろ非対称なのにうまく回っている理由こ [続きを読む]
  • 外国人株主の増加は国富の流出を意味するか?
  • コラム:国外へ流出する日本企業の「富」=村田雅志氏 | ロイター日本の個人投資家は、今年4―6月期に2.0兆円の日本株(現物)を売り越しているのに対し、外国人投資家は1.7兆円ほど買い越している。これは、日本企業が純資産を積み上げるなか、日本の個人投資家は日本企業の所有権(オーナーシップ)を手放し、外国人投資家が所有権を増やしていることに他ならず、増加する日本企業の純資産(富)が、国外に流出する事 [続きを読む]
  • なぜ行政がAmazonから小売店の雇用を守ってはいけないのか
  • jp.reuters.comトランプ米大統領は16日、ツイッターで、米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)が「税金を支払っている小売店に大きな被害をもたらしている」とし、「米国の町、市、州に影響を及ぼし、多くの仕事を失わせている」と非難した。ある大工は毎日、1人で椅子を3脚作っている。ところがある朝、彼は電動のこぎりが壊れているのに気がついた。この日彼は息子にお金を払って、1日手動ののこぎりを挽かせた。 電動のこぎり [続きを読む]
  • マーケットは従業員を差別する企業からどのように罰金を徴収するのか
  • japan.cnet.comGoogleの対応の是非はセンシティブな問題だ。まず何をもって差別と考えるのか、ということがある。とはいえ企業内で起こったことなのだし、仕事と関係のないことで待遇を変えるのが差別だ、と考えるのが素直じゃないだろうか。 この点だけ同意してもらえるなら、あとの議論は難しくない。結論を先に示そう。僕らの社会は、従業員の発言は自由にさせておけばいいし、企業がその従業員を解雇するのも自由にさせておけ [続きを読む]
  • 日本のGDPシェア低下はやっぱり人口減少のせい
  • 世界のGDPに占めるある国のシェアは、世界全体のGDPをW、ある国のGDPをYとして、ただしコブダグラス型生産関数を仮定している。*1 *2その変化率は、 最後の項はすべての国にとって共通なので、各国を比較する際には無視でき、結局ふつうの成長会計の問題になる。*3 主要各国について比較するとこの通り。*4 *5多くの発展途上国はグラフに含まれていないけど、発展途上国の成長率は比較的高くて当たり前なので気にしなくていい*6 [続きを読む]
  • 東芝で学ぶ内部統制監査「不適正」の意味
  • jp.mobile.reuters.com上場企業が作成した内部統制報告書に監査法人の不適正意見がつくのは「きわめてまれなケース」(金融庁幹部)だ。過去5年で不適正意見がついた例はない。 実のところ内部統制の不備はままあることで、それほど珍しくない。けれど内部統制監査で不適正意見が出るのは稀だ。日本の内部統制監査制度では内部統制に不備があっても、それで監査人の不適正意見が出るわけじゃない。 一般に監査というのは監査す [続きを読む]
  • なぜ納税者は政府の連帯保証人なのか
  • jp.reuters.com同社はみずほ銀行、三井住友銀行、三井住友信託銀行の主力3行から1070億円の融資枠を確保した。同融資枠には筆頭株主である産業革新機構の連帯保証が付く。あなたが勝手に誰かの連帯保証人にされたら、とんでもない話だろう。いや、このビジネスは儲かるから、もうあなたを株主にしたから。出資額はあなたの口座から引き落としておいたよ、などといわれたら、いっそうとんでもない。 政府がやっているのも [続きを読む]
  • なぜ食料自給率にこだわることが食の安全を損なうのか
  • headlines.yahoo.co.jp食料自給率などといったところで石油が輸入できなければトラクターだって動かない。北海道や新潟で収穫された作物を東京に運ぶこともできないだろう。野菜を陳列するスーパーの棚に冷房を効かせることもできない。「食料自給率」を高めたところで貿易抜きでは僕らの食生活は成り立たない。 また本当に食料が国内で自給できるようになるとしても、その比率を高めることで食料が足りなくなるリスクに備えよう [続きを読む]
  • なぜ業績不振でも民営化は僕らの経済を豊かにするのか
  • biz-journal.jpまったく当たり前だけど、民間企業には業績良好の企業もあるし、業績不振の企業もある。これもまったく当たり前だけど、業績不振はその企業のビジネスの失敗を意味していても、市場メカニズムの失敗を意味していない。  あるビジネスが市場の平均的な水準に比べて十分な利益を上げていないとする。賢明な経営者は業績不振のこのビジネスを縮小するだろう。ビジネスの無軌道な拡大は、銀行や株主が許さないだろう。 [続きを読む]