Jyaimix さん プロフィール

  •  
Jyaimixさん: 論文博士を取得した企業研究者のブログ
ハンドル名Jyaimix さん
ブログタイトル論文博士を取得した企業研究者のブログ
ブログURLhttps://researcher-gakui.com
サイト紹介文企業での研究やキャリアパスについて。社会人が働きながら博士やMBA、MOTを取得する方法。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 25日(平均8.4回/週) - 参加 2017/07/02 13:18

Jyaimix さんのブログ記事

  • アカデミックか就職か?博士号取得者の悩み
  • もしあなたが、博士課程や修士課程の学生であって、アカデミックの道に進むか企業に就職するか迷っている方も多いと思います。 私の考えなど参考にもならないと思いますが、まぁこのサイトに来ちゃったので、一個人の考えとしてみてください。研究がしたいならアカデミックやっぱり研究の王道はアカデミックです。大学で研究をしていて、研究がやりたい気持ちにあふれているならアカデミックが一番です。もちろん企業の中には基礎 [続きを読む]
  • 大学の非常勤講師の実態
  • 先日、お世話になっている先生の休講に合わせて非常勤講師として、大学で授業を行ってきました。年に数回程度の実施ですが、講師をさせていただける貴重な経験となっております。ちなみに、会社には大学側から講師派遣要請を提出していただき、年休で対応しています。肝心の授業の状況ですが、やはり居眠りや内職の学生は多いですね。こちらの実力不足もありますが、私の学生時代もこんな状況でした(笑次こそはもう少し聞いてもら [続きを読む]
  • MBAをどこの大学で取るか?
  • 日本でもMBAコースが乱立しています。さらに人数が集まらず、募集停止に追い込まれた大学もあります。そんな状況ですが、実力のあるMBAを選んでいきたいものですね!今回は就業の有無や勤務場所といった環境別にオススメのMBAの選択肢を紹介します。仕事を辞めてMBAを取る。大学生が就職せずにMBAを取る。この条件が、一番選択肢が多いと思います。大学生で就業経験がない場合は、一部の大学で入学資格がないこともあります。この [続きを読む]
  • 論文博士の履歴書への記載方法
  • 論文博士を取得した場合、履歴書へはどのように記載すれば良いのでしょうか? 学歴欄に記載すると学歴詐称になる可能性がある。論文博士の場合、大学院に入学はしていません。また博士課程を修了もしていません。例えば、平成29年3月 ○○大学大学院xx学研究科博士後期課程修了 と記載すると学歴を詐称したことになりかねません。学歴欄に書きたい場合は、平成29年3月 博士(理学) XX大学 (論文博士)などと記載する [続きを読む]
  • 日本の社会人は勉強しない?
  • 大前研一さんのコメントですが、また大学・大学院入学者に占める社会人の割合を見ると、OECD加盟国の平均が21%に対して日本はたった2%です。  韓国でさえ10%です。英国は20%、米国23%、アイスランドは37%です。 OECDの平均で見ても、大学や大学院への入学者のうち5人に1人は社会人なので、相当数の社会人が新しいスキルを勉強するために大学・大学院に戻ってくるわけですが、日本では「1度卒業したらそれで終わり」という人が圧 [続きを読む]
  • 最近の博士関係ニュース
  • 最近気になった2つのニュースを紹介します。名大、博士学生をフルタイム雇用。年俸300万円http://newswitch.jp/p/9467名古屋大学は産学共同研究に参加する博士課程の学生を、年俸約300万円でフルタイム雇用する新制度を始めた。博士研究と共同研究のテーマがほぼ同一の特に優れた学生に対し、共同研究費の一部から給与を支給する。 この「研究員(学生)制度」は産学共同研究費を原資に、大学側が博士課程後期の学生をフルタイム [続きを読む]
  • 海外のMBAを日本で取ることのメリットとデメリット
  • これまでに、ボンド大学、マサチューセッツ州立大学、英国国立ウェールズ大学のMBAについて日本で取る手段について解説してきました。https://researcher-gakui.com/bond-bbt-219https://researcher-gakui.com/umass-223https://researcher-gakui.com/habs-240これらはほんの一例で、実際にはもっと多くのプログラムが存在しています。では、これらのプログラムにはどんなメリットとデメリットがあるでしょうか?海外のMBAを日本で [続きを読む]
  • 海外のMBAを日本で取る手段① Bond-BBT
  • 日本国内のMBAプログラムの中には、海外の大学のMBAが取得できるものもあります。 Bond-BBThttp://www.bbt757.com/bond/特徴Bond大学はオーストラリアの有名私立大学です。BBTは大前研一が代表を務める団体でオンラインスクールに強みがあります。本プログラムもオンラインでの学習が主体となっています。オンラインだと受講生同士のつながりが希薄になる懸念がありますが、グループワークや勉強会、交流会など、Bond-BBTの事務局 [続きを読む]
  • ResearchGateとLinkedIn〜2つのSNS〜
  • 先日、職場の女性の派遣社員の方とSNSについて話していましたら、若い人はFacebookなんてやってないと言われてしましました もう私もおじさんになってしまったんですね・・・おじさん世代の方に送る情報になってしましますが、企業で研究をしている方にとって2つのSNSは登録しておいて良いかと思います。研究者向けのSNS: ResearchGatehttps://www.researchgate.net登録されている方は研究者です。自分の著書に関して共著者や [続きを読む]
  • 社会人で博士をとりたい人の味方:北陸先端科学技術大学院大学
  • このブログを書くにあたって、社会人の博士コースを調べている間にファンになってしまった大学があります 何個かの記事をみていただけたらわかると思いますが、”北陸先端科学技術大学院大学”(略してJAIST)です。(同じような名前で、奈良先端科学技術大学院大学がありますが、特色は全然異なります。)親しみを込めてこの記事ではJAISTと呼ばせていただきます(愛)JAIST 東京サテライトホームページhttps://www.jaist.ac.jp [続きを読む]
  • 社会人に大学院入学をお勧めする理由
  • 私は、社会人の方々に社会人向け博士課程、修士課程、MBAなど、大学へ再び通うことをお勧めしています。正直私は、論文博士という手段を結果的にとったため、大学に再び通うということはごく限られた機会でしかありませんでした。それでも、大学に行くことはワクワクしたものです。もし、論文博士で取得する機会が得られなかった場合では、間違いなく社会人コースを目指していたと思います。知的好奇心を満たすため社会人になって [続きを読む]
  • 謎のMBA有力校:名古屋商科大学
  • 日本国内には、認証を受けたMBAコースは2つしかありません。慶應ビジネススクールと名古屋商科大学です。慶應ビジネススクールは有名ですよね。慶應義塾大学自体も知名度抜群ですし、ビジネススクールからも多くの著名人を送り出しています。フルタイムMBA(日中の授業が主体)ということで、社会人が働きながら通学するのがネックではありますが、人気ナンバーワンのMBAコースだと思います。慶應ビジネススクールの正式名称は、 [続きを読む]
  • MBAをどこで取るか?
  • MBAを取りたいって思ったら、どのような選択肢があるのでしょうか?大きくわけて、4つの手段があります。それぞれどんなメリットがあるでしょうか? 海外にMBA留学する。ハーバードビジネススクール、スタンフォード大学などのMBA大国であるアメリカはもちろんのこと、ロンドンビジネススクールをはじめとするイギリスももちろん人気です。ドイツ、フランス、スペインなどのユーロ圏も人気が上がっているようです。というのも、ア [続きを読む]
  • 特許と論文どっちが大事?
  • 研究者にとって、切っても切れない関係の特許と論文について書いていきます。どちらも新規な発見をした場合に書くものですが、企業研究ではどのように違うのでしょうか?アカデミックの場合アカデミック研究の場合は、論文に重きが置かれますよね。科研費などの競争資金の獲得やより良いポストに応募する場合でも、論文の量と質(例えばインパクトファクター)が重視されてきました。今でもこの状況は大きくは変わりません。その一 [続きを読む]
  • 技術経営(MOT)とは
  • 日本でもMBA(Mastor of Business Administration: 経営学修士)は有名になってきました。日本国内でもたくさんのビジネススクールができています。そんな中でMOTはまだMBAほど広まっていないのではないでしょうか?MOTとは一体なんなのでしょうか。MOTとは?MOTとは、Management of Technology の略で技術経営と呼ばれています。Tecnology Management, Engineering Management などと呼ばれることもあるそうです。MOTの「M」はMas [続きを読む]
  • 論文博士の数はどれくらい? 論文博士の調べ方。
  • 博士の中の論文博士の割合平成26年度の学校基本統計(文部科学省)で調べました。文部科学省資料から引用http://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2016/02/09/1366899_03.pdf平成24年課程博士による学位授与者数は13,437人で、博士論文は2,465人となっており、約16%が論文博士となっています。意外に多いイメージですか?ちなみに平成3年では、課程博士が4,779人で論文 [続きを読む]