日本の安全を守る会 さん プロフィール

  •  
日本の安全を守る会さん: 日本の安全を守る会
ハンドル名日本の安全を守る会 さん
ブログタイトル日本の安全を守る会
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yosioka4300
サイト紹介文救国
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 87日(平均3.9回/週) - 参加 2017/07/02 22:21

日本の安全を守る会 さんのブログ記事

  • 第72回国連総会におけるトランプ演説 全文和訳
  • 第72回国連総会におけるトランプ演説 2017年9月19日 ニューヨーク、国連本部全文和訳を掲載されているサイトがありましたので、転載させていただきました。ありがとうございました。転載元 http://trumpwatching.blog.fc2.com/blog-entry-55.htmlトランプ:国連事務総長、議長、各国首脳、代表団の皆さん、ニューヨークにようこそ。私のホームタウンから、アメリカを代表し、世界の人々に向け話をすることは、実に光栄の至りであ [続きを読む]
  • 偽旗に警戒を! 核戦争の引き金
  • 冷戦時代の1983年9月26日に、ソ連のミサイル監視システムの誤作動から核戦争勃発の危機があったそうです。当時のソ連の担当将校のスタニスラフ・ペトロフ氏が、英BBC放送の取材に語っています。産経ニュース 【産経抄】2017.9.22からの引用です。(引用ここから)核戦争から世界を救った男 9月22日 電話をすべきか。「熱いフライパンの上に座っているような気分だった」。それから30年後、旧ソ連の退役軍人のス [続きを読む]
  • メディアはいつまで国民の目をふさぎ続けるのか 北朝鮮危機隠すメディア
  • この時期での衆院解散・総選挙にはいろいろとご意見が出ているようでが、事ここに至っても大手マスゴミは、国民の安全などほったらかして、安倍降ろし、くだらないスキャンダルの追っかけに血道をあげています。彼等はもう変わらないでしょうか?相対したくもありません。ここは、彼等に代わって真実とリアルを国民に報道するネットや、馬淵氏のように本当のことを解説して下さる方々等の情報源をしっかりと見極めて相対し、周囲に [続きを読む]
  • トランプ大統領が国連で素晴らしい演説をしました。
  • 決して北朝鮮の暴挙に屈しないのです。非核化が唯一の許容できる未来だ。北朝鮮の大使は途中退席しました。そして新たな国連の提言です。産経ニュース 2017.09.20から引用 (太字は当方で致しました)トランプ氏国連演説の北朝鮮「完全破壊」に議場からどよめき、北朝鮮大使は演説途中で退席 【ニューヨーク=黒瀬悦成】トランプ米大統領による初の国連総会での一般討論演説は、「米国第一」を含む、国連加盟各国の主権を尊重す [続きを読む]
  • そうだったのか!人民解放軍の日本上陸!上薗益雄の総集編
  • 動画をご紹介します。上薗益男さんの街頭での訴えです。新潟をはじめ日本各地に計画される中国領事館を騙った人民解放軍施設の告発です。中国人民解放軍による日本占領の軍事行動先鋒隊の拠点が作られています。前半、後半2回に分けてアップされています。動画↓そうだったのか!人民解放軍の日本上陸!上薗益雄の総集編 前半そうだったのか!人民解放軍の日本上陸!上薗益雄の総集編 後半トランプ大統領を支持し応援します。!安 [続きを読む]
  • 情報 韓国民団 北韓核・ミサイル挑発を糾弾する示威行動
  • 情報をいただきました。北朝鮮の核実験・ミサイル発射によって、世界平和が脅かされている事態に講義するため、韓国民団は全国で地域別に約2000人規模のデモ行進を本日9/16(土)することになったそうです。日時2017年9月16日(土)書き地域により時間差あり題目 北韓 核・ミサイル挑発を糾弾する示威行動-韓半島の平和を守れ-場所 東京、名古屋、大阪、福岡   広島(広島では9/15)主催 民団各地方協議会詳細は [続きを読む]
  • ロシアが国際金融システムから脱却、独立か!?
  • メンバーの方からロシアとプーチン大統領について情報をいただきましたのでご紹介します。(前回の記事でプーチン大統領のことを少し書きましたので、参考資料の意味もこめまして)引用元TOCANA > 海外 > ロシア国営TVがロスチャイルド特集、秘密を暴露 .ロシア国営TVがロスチャイルドの“鉄の掟”を暴く特集番組を放送! 遂にプーチンの極秘計画が始まった! これまでロシア国民にはあまり知られていなかった一族が今、ロシア国 [続きを読む]
  • 決してテロ国家に屈してはならない。
  •  またもやミサイルを発射して、反発する姿勢を見せる金正恩です。トランプ大統領の毅然とした姿勢は揺るぐことはありません。その強い姿勢と慎重な対応そして日韓米の同盟があってこそ、暴発を抑えることが出来るのです。 日米韓の3カ国で国連安全保障理事会の緊急会合開催を要請し、緊急会合についてはニューヨーク時間15日午後3時(日本時間16日午前4時)に開催される見通しとのことです。決してテロ国家に屈してはなら [続きを読む]
  • トランプ大統領の誕生は日本が自立するチャンス 馬渕睦夫氏
  • News ポスト2017.02.25元駐ウクライナ大使「トランプの理念は世界にとってプラス」抜粋引用させて頂きます。内容は、馬渕睦夫氏の著書からの抜粋です。()内は、私が記述させて頂いたものです。また、文中に■サブタイトルを付けさせて頂きました。■トランプ大統領 相も変わらず、米国メディアのトランプ批判は凄まじいものがあります。なぜ、米国のマスメディアが必要なまでにトランプを攻撃するのか。それはマスメディアもア [続きを読む]
  • 北朝鮮の核開発がもたらすイランの脅威
  • 北朝鮮の開発核技術がイランに流れているのかも知れません。極東だけではありません。トランプ大統領と安倍首相を応援します。ドナルド・トランプNEWS 2017年9月5日 から引用引用開始(概要として編集させていただきました)トランプ政権当局者と消息筋によると、北朝鮮が核実験を行って以来、米当局は北朝鮮とイランの高官による会談を監視しているとのこと。北朝鮮が、イランの核兵器再開発に協力しているのではないかという懸 [続きを読む]
  • 北海道の自治化戦略? 中国
  • 情報を頂きました。中国は、北海道において土地買収だけではなく自治化を狙っているという話です。さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」2017/8/30(水)から引用北海道はシナ資本の土地買収だけではない。シナ人観光客がシナ人永住者になり、学校教育もシナ語やシナの歴史や文化を教えていた。 (引用開始)北海道がシナ資本に山林や水源地を買収されていることは深刻な問題だが、シナが同時に行っていることがある。シナ人 [続きを読む]
  • トランプは正しさから実績を出すのです。
  • 一歩も引かないのがトランプ流とでもいうのでしょうか。なかなかのものです。フェイク・ニュースのメディアは相変わらずのトランプ叩きですが、トランプ氏は一歩も引きません。それどころかリアル・ニュース報道をしています。日本でも、朝鮮半島が一触即発の最中、野党とメディアが「安倍晋三首相たたき」で大騒ぎです。「安全保障より大切なのか?」これが、おそらく大多数の心ある国民の思いです。安倍首相も、メディアや左派野 [続きを読む]
  • 「教祖」になろうとする習近平
  •  共産主義国家の寿命70年説があります。とすれば習近平氏が共産主義国家中国の最後の最高指導者ということになるのでしょうか。 今秋開かれる中国共産党大会で、習近平総書記の思想・理念が「習近平思想」として党規約に明記される可能性が高まっているそうです。党規約に「思想」を盛り込むのは毛沢東以来とのことです。毛沢東と言えば中国共産党の教祖的存在です。つまり、毛沢東以来の教祖になろうとしていると言われています [続きを読む]
  • トランプが金正恩にミサイル発射を思いとどまらせた
  • 米朝の緊張に関しての偏向マスコミの大方の論調は、好戦的なトランプ大統領が戦争を煽っているように伝えますが、結果を見てみると真逆です。つまり、北朝鮮に対するトランプ大統領の強い態度が功を奏して、金正恩にミサイル発射を思いとどまらせたと言えるようです。また、トランプの強硬姿勢が、中国をしてやむなく「米の報復攻撃を認める。」という表明をさせ中朝の軍事同盟を事実上反故にさせてしまったことも金正恩を思いとど [続きを読む]
  • トランプ大統領
  •  米マスメディアによるフェイクニュースとトランプ降ろしのキャンペーンには異様なものを感じます。また、大資本家ジョージ・ソロスが資金を出して進めているといわれる内戦「アメリカの春」も気になるところです。かくも執拗にトランプ大統領を除こうとするのは、彼がこれまでの大統領と違い、自由と主権を市民に取り返そうとしているからだと言われています。つまり、これまでのように市民を搾取しアメリカを破綻に追い込もうと [続きを読む]
  • 国難の正体 
  •  馬渕睦夫氏は、ご自身の外交官時代のご経験から、共産主義の本質は一握りの特権階級が人民・国民を搾取し統治するものであると言われています。そのことはグローバリズムも本質的に同じであるようです。また、米ウォール街を中心とする国際金融資本の暗躍にも触れています。これまでの日韓関係や朝鮮戦争などの東アジアでの問題も無関係ではないようです。 東アジアの問題も、背後の勢力があるのかもしれません。【大道無門】馬 [続きを読む]
  • 自衛隊は「行政組織」であり「軍事組織」ではないという現実
  • 「自衛隊ができない10のこと」という記事がありました。この中で、現在の自衛隊は国内法における「行政組織」であり「軍事組織」ではないという記述がありました。そうだったのですね。PKOでの日報開示請求の対応程度の細事で防衛大臣が責任を問われ、陸幕長、事務次官など辞任するというような安全保障上おかしな常識外れの事態が起こり得るわけです。さて、中国が、「環球時報」10日付社説で「もしも北朝鮮が米国から報復攻 [続きを読む]
  • 「中朝軍事同盟を反故にする」のと同じ
  • 中国と北朝鮮は軍事同盟を結んでいる。どちらか一方が他国から攻撃されれば、残る片方は「直ちに全力をあげて軍事上その他の援助を与える」と取り決めているのだ(https://ja.wikipedia.org/wiki/中朝友好協力相互援助条約)。だが、中国共産党機関紙、人民日報の国際版である「環球時報」10日付社説は「北朝鮮が米国から報復攻撃されても中国は介入しない」と宣言した。これは盟約を反故にしたのと同じだ。中国がこれほど重大な [続きを読む]
  • とは言え、戦時下の緊張は続きます。
  • 北朝鮮がグァム島周辺へのミサイル発射決行から一旦様子見へと態度を変えたようです。とは言え、38度線を挟んでの戦時下の緊張は続きます。情報元: 【Front Japan 桜】H29/8/14 マッドマンセオリーとデッドライン/他朝鮮半島の休戦は北朝鮮側の一方的な休戦破棄宣言で既に破られており、もはや戦時下です。今のところ、戦闘状態ではないというだけのようです。さらに北朝鮮は中国も敵視し、北京にもミサイルを向けかねないよう [続きを読む]
  • 「共共内戦」の危険を抱える中国
  • 中国人民解放軍の五大戦区(旧七大軍区)についてですが、中国は一枚岩ではないようです。参考:一枚岩になれない中国 人民解放軍の軍区人民解放軍は共産党に属します。習近平主席は、なんとか軍を掌握して抵抗勢力を削ぎたいようですが、実情は厳しいようです。分裂、内戦の可能性も否定できません。火種はやはり北朝鮮のようです。産経ニュース2017.8.14 からです。歴史的な解説もあり参考になりそうなので引用させていただきま [続きを読む]
  • 信頼失ったマスコミ【偏向報道】
  • 暑い日々ですが、お元気でしょうか?夏バテされていませんか?良質(旬)でバランスの取れた食事が良いようです。さて、皆さんの周りに情報弱者になって操作されてしまっている方々はおられませんか?スタンスをころころ変えて偏向報道による印象操作と世論操作を繰り返すマスコミ。特にテレビと新聞がひどい。大手メディアという看板は既に信頼のブランドではありません。情報源をメインメディアに頼り切ってしまうことで偏向報道 [続きを読む]
  • 国連の人権委員会というものは
  • 再び、馬淵睦夫氏のブログからです。2017.8.8国連の反日性向はどこから来るかデービッド・ケイ氏という国連の特別報告者が、国連で明らかな嘘を堂々とまき散らしている。この姿勢はどこからくるのか…?日本政府はケイ氏に対しても事前説明を行い、予備報告書にもコメントしているが、当然反映されていない。ここには国連が持つ構造的な問題がある。つまりこれらはアドボカシー、つまり思想の問題である。国連の存在意義をすべて否 [続きを読む]