いつき さん プロフィール

  •  
いつきさん: 木漏れ日の中で〜人工死産の記録〜
ハンドル名いつき さん
ブログタイトル木漏れ日の中で〜人工死産の記録〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/yuto10yuki/
サイト紹介文待望の第二子を胎児異常によって人工死産してしまいました。 悲しみと葛藤の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 64日(平均3.8回/週) - 参加 2017/07/04 16:40

いつき さんのブログ記事

  • 死産でも抜ける。
  • 死産して三カ月。体も色々戻って来ましたが・・・抜け毛がすごい。泣なにこれ?ハゲるの?って心配になるレベルです・・・第一子の時も、出産してから半年後くらいに急に抜け毛が増えて、しばらくはアホ毛が多くて大変だったなぁ。今回は、心なしか第一子の時よりひどいような。(トシ?)妊娠中から抜け毛が多くなったなぁとは思ってたんだけど、最近また増え出してて毎日お風呂の排水溝がやばいです。元気な赤ちゃんは抱けなかっ [続きを読む]
  • 赤ちゃんの夢
  • 最近、出産の振り返り記事を書いてからまた落ち込んだり、悲しくなったりすることが増えました。私は、赤ちゃんに申し訳ないくらい元気なママだと思います。お祭りに行ったり、プールに行ったり、事情を知らない人から見れば、この姿は幸せそのものだと思います。それほどメンタルが回復した自分でも、やはり出産や赤ちゃんとの対面、火葬など振り返るのは体力がいります・・・ブログの更新、のんびりマイペースにやらせてもらお [続きを読む]
  • 出産。絶望。
  • 前回のブログ同様、出血など生々しい場面が出て来ます。もしかしたら前回以上かも。ショッキングな内容になりますので、そう言ったものが苦手な方は読まないことをオススメします。 出産を控えた妊婦さんも不安に思われるかもしませんので、自己判断でお読みください。 *********************** 出血の多さから、出産を急ぐために二回目の陣痛促進剤を入れました。時計はちゃんと見れていないけど、たぶ [続きを読む]
  • 3回目の月命日を終えて
  • 先日、3回目の月命日を終えました。今月はガレットを作ってお供えしたけど、赤ちゃん食べれませんね気持ちです。そして、赤ちゃんの写真を見ながら少し泣きました。毎日ぼんやりのんびり過ごしながら、最近はハローワークに行ったりしてます。もう急に涙を流すことはほとんどないけど、やっぱりハローワークで死産について触れられた時はドキッとしました。でも、泣いているとホッとするんです。まだまだ、自分の中で過去のことな [続きを読む]
  • 入院④血だまり
  • 今回のブログには出血など生々しい場面が出て来ます。ショッキングな内容になりますので、そう言ったものが苦手な方は読まないことをオススメします。出産を控えた妊婦さんも不安に思われるかもしませんので、自己判断でお読みください。************************出産の朝。9:00ぴったりに、陣痛促進剤を入れました。ラミナリアで広げた子宮口のあたりをぐりぐりされてしまった痛みも強いけど、悲しくて [続きを読む]
  • アメンバー申請について
  • アメンバーの申請を下さっている方、ありがとうございます。暗くて拙い文章を見てくださることがいることに驚きでいっぱいです。少しでも何か参考になれば幸いだと思って始めたブログなので、嬉しい気持ちもあります。 ですが、戸惑っていることも事実です。人工死産という、嫌な気持ちになる方も多いであろう内容なので、本来だったら自分の個人的な日記帳にでも書けばいいんだろうと自分でも思っていますが・・・ 私が人工死 [続きを読む]
  • 入院③ラミナリアの痛み逃し
  • 入院二日目。 こんな状況でもしっかり食事をして、睡眠をとれた図太い自分に驚きつつ、わりと穏やかに過ごしていました。 明日出産なんだなぁ。いやだな。ずっとこのままならいいのに。 そんなことを何度も何度も思って、残りわずかな赤ちゃんと一緒の時間を、一瞬一瞬を大切に噛み締めました。お腹も心なしか動いているような気がして、たくさん撫でました。 朝は先生たちの回診です。そこで、生まれた赤ちゃんを検査に出す [続きを読む]
  • 入院②母のメールとラミナリア
  • 義母との面談を済ませ、病院へ。車中、主人とどんなことを話したかは覚えていません。でも、しっかりお昼ごはんも食べられたし、落ち着いていたように思います。驚くほど心が静かでした。 病院に着いたら、今度は実の母からメールが来ました。私の体調を心配するメール。用事があり、入院の日に立ち会えないことを母はひどく気にしていたんです。思ったより元気だから心配しないでね、と返しました。すると、 母「あのね、ずっ [続きを読む]
  • 入院①義両親のこと
  • いろんな後悔を感じつつも、ついに入院の日がやってきました。私は人工中絶が可能とされている22週ぎりぎりの、21W2Dでの入院としました。 もし入院の日までに気持ちが変われば、私に勇気が出れば手術をキャンセルできるように。 それまでの、考える時間があるように。 そんな気持ちがありましたが、臆病な私は勇気が出ず、どこか現実味が持てないままこの日を迎えました。もう二ヶ月経った今でも、人工死産という決断に少しも [続きを読む]
  • 仕事を辞めてみて。
  • 死産をしてから、私は仕事を辞めました。 本来だったら、先週には職場復帰していたんですよね。読ませてもらっているブログの方も、仕事に復帰されている方が意外と多くて、えらいなぁ・・・と素直に尊敬しています。 死産を経験して、仕事を辞めるべきか迷っている人のために。最近になって私が感じる、仕事を辞めてよかったこと、悪かったことを書いていこうと思います。 ************************ [続きを読む]
  • 羨ましい!
  • 実は昨日から発熱している長男。食欲も戻り、元気を取り戻しつつありますが、まだ自宅安静中です。熱が高いせいか、「アイスたーべーたーいー!!!」と連呼カップアイスを小さな小皿に移し、あげました。そして、アイスに夢中なうちに私はトイレへ・・・トイレから戻ってくると、アイスをすくったスプーンを持つ手を、宙に伸ばしている長男。何してるの?と聞いたら、「(仏壇をさしながら)アイス食べたいんだってー!」!!!ど [続きを読む]
  • 2回目の月命日
  • 今日は赤ちゃんの2回目の月命日。前回はリンゴケーキでしたが、今回はレアチーズケーキをお供え。ゼラチンの量が足りなかったのか?少しゆるかったけど、美味しい!余っていた冷凍ブルーベリーを、大量投入。生まれた時間には、骨壷を持ってきてお腹に乗せて、絵本を見せるようにして読み聞かせしてみました。毎日長男にも寝る前に絵本を読んであげてるんですが、最近はなかなか寝ない。最後だよ、と何度言っても「もーいっかい! [続きを読む]
  • 妊娠6ヶ月⑥家族写真
  • 人工死産を選択し、病院から「赤ちゃんとお別れする家族のために」という冊子をもらった私。それを読み漁り、親として赤ちゃんのためにできることを考えた。それはもうしゃかりきに。意欲的に。はい、完全な躁鬱状態でした。そんな私がやったことは、赤ちゃんのために洋服を縫ったり、棺に入れるものを買ったり、手紙を書いた折り紙をおりまくったり。とにかく動いてないと落ち着かないタチなので、この時も炸裂していましました [続きを読む]
  • 妊娠6ヶ月⑤入院の説明
  • 健康な赤ちゃんありきで未来を考えていた自分に気がつき、ようやく人工死産について向き合った私。やっぱりやりたくない。赤ちゃんがこのまま、亡くなるまで待てないのか・・・そうなれば、苦渋の決断を下す苦しさも、罪悪感もない。そんな自分のことしか考えていない、ひどいことを思ったりしながら、動けずにいた。でも、もし中絶するなら、猶予はたった10日しかない・・・本来、中期中絶は、子宮口を広げ、陣痛を起こして自分 [続きを読む]
  • 兄弟
  • 我が家には三歳の長男がいます。男の子なのにおしゃべり好きで、なんか常に喋ってます。妊娠がわかってから、早々に「赤ちゃんいるんだよー!」って話してて、本人もなんとなく理解してる様子だった。よくお風呂でお腹が膨らんだ私の体見て、「おかーちゃん、あかたんいるのー?」って聞いてたなぁ・・・ところが、赤ちゃんに異常が見つかり、通院の回数も増え、さらには私が手術をすることになり・・・実家に預けたり、延長保育 [続きを読む]
  • 妊娠6ヶ月④決断
  • 母とも旦那とも話し、たくさん調べて。それでも、やっぱり私は迷っていた。赤ちゃんの命を自分で消すなんて絶対に無理だ。でも、ものすごく重い障害だったら、今の生活はガラッと変わる。本当に最後まで責任持って育ててあげられるのか。私が死んだら誰が見るのか。長男はどうするのか。でも、やっぱり命を選ぶなんてありえない。人としてやっちゃいけない。それに、もし障害が残らなかったら?先生はああ言ってたけど、ひょっと [続きを読む]
  • 妊娠6ヶ月③母との会話
  • 病院で暗に中絶を勧められた翌日、母から連絡がありました。「何してるの?もし1人なら心配だから、顔見に行っていい?」母には中絶の話が出たことを言ってなくて、ただ重度障害の可能性があることと、産まれたとしても予後はかなり厳しいという話だけしておきました。私も1人でぼんやりするばかりだったから、来てもらうことに。母は電車を乗り継ぎ、しかも朝早くからたくさん料理を作って持って来てくれた・・・「さっぱりした [続きを読む]
  • 鶴に乗って
  • 今日は盆明け。送り火です。前回の記事でも書いた通り、うちは四十九日がお盆期間中ということで、新盆は来年なのですが・・・お盆期間に四十九日ってことは、本来天国に行くべき日がお盆に重なってるわけだから、特別にお盆期間は延長して滞在してくれてるのかしら?!笑なんて思って。もしそうなら、ナスやキュウリの精霊馬のような乗り物がないとどうやって天国に行くのかな!?なんて気になって、お盆の入りに合わせて折り鶴 [続きを読む]
  • 四季をあげたい
  • 私が住んでいる地域では昨日からお盆に入りました。赤ちゃんの四十九日供養は終わったけど、前倒しだったので、本当の四十九日目は実はお盆期間中。葬儀会社の人に聞いたら、その場合は来年が新盆で大丈夫と言われ、今年はこれといった用意はしてません。でも、やっぱり大切な期間なので少しは、と思って、死産後お馴染みになってしまった仏具店へ。店内はおばあちゃんばかりで、いつ行っても浮いてるけど、いいんです。笑いい香 [続きを読む]
  • 妊娠6ヶ月②思い出すのも辛いこの時期
  • 病院で胎児のリスクを説明されて、中絶の選択を迫られた帰り道、主人とたくさん話しました。 主人は、先生の話ぶりや、説明された障害の重さから、「今回は諦めた方がいいと思う。」自分自身も病気で生まれた主人がこの結論をすぐ出すことは、意外な気もしました。今まで病気で生まれたことで、とりたてて自分は苦労は無かったと言う主人。でも、やはりたくさんの葛藤はあったようで・・・幸い後遺症はなかったけれど、度重なる手 [続きを読む]
  • facebook
  • 死産してから開くのが憂鬱だったfacebook。アカウントまで消す気にならないものの、あるとつい開いてしまうからと思って、アプリを消して数週間。穏やかな毎日を送っていたけど、ふと確認したいことがあって、パソコンでログインしたら・・・第一子出産時期も近かった友達が、第二子出産してた。凹んだ。他の赤ちゃん見ても、妊婦さん見ても大丈夫な私だけど、どうしても第二子を出産した人見ると辛いっていう、不思議な状況。特 [続きを読む]
  • 健診と本音のぶつけ合い
  • 話が前後してしまいますが、先日、死産をして2回目の健診へ行って来ました。本来は1回で良いみたいなのですが、私の精神面や出血が多かったことなどから、しばらく定期的に経過を診てくれることになっています。先生に聞ききたいことをまとめ、休みを取ってくれていた主人と一緒に病院へ。相変わらず、広々として綺麗な病院。お腹の大きな妊婦さんと一緒にいる待ち時間を考慮してくれているのか、「混んでるから結構待つと思いま [続きを読む]
  • 四十九日
  • 今日はお腹にいた赤ちゃんの四十九日法要でした。まだお墓は準備してなくて、私が死ぬまでは手元にお骨を置いておく方針の我が家。小さな仏壇を買って、そこに小さなお地蔵様と一緒にお骨を置いて供養してます。亡くなってすぐは法要とか全然考えてなくて、葬儀屋さんからも四十九日でも一周忌でも、気が済んでからやればいいという感じで言われたので、一周忌くらいで・・・と思ってたんだけど。赤ちゃんの骨壷を毎日愛で、御線 [続きを読む]
  • お礼
  • たくさんの方のいいね、とても励みになります。いいねしていただいた方のブログにはお邪魔させていただくことが多いのですが、やはり死産を経験されている方が多いです。ですが、普通の幸せいっぱいの妊娠中の方や、出産されたばかりの方、子育て中の方などもいらっしゃいます。私は、自分がこういう経験をするまで、死産、ましてや人工死産の方の経験談のブログを読むことをほとんどなかったし、存在にも気がつかなかったくらい [続きを読む]
  • 妊娠6ヶ月①選択って?
  • 日々たくさんの方にこのブログを見ていただいているようです。内容も暗く、写真も少ない目を引くところのないブログなのに、驚いています。でも、お腹にいた赤ちゃんのことを知ってもらえるのは嬉しいことでもあります。今朝、仏壇越しに「たくさんの人があなたのこと見てくれているよ」と報告させていただきました。************************胎児発育不全とその他少なくない異常が見つかり、転院を勧め [続きを読む]