ami さん プロフィール

  •  
amiさん: 君といた3016日と、これから
ハンドル名ami さん
ブログタイトル君といた3016日と、これから
ブログURLhttps://ameblo.jp/akakuri2000/
サイト紹介文2017年2月、夫が突然死。出会ってから約8年間の思い出や、遺された私や子供のこれから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 74日(平均4.2回/週) - 参加 2017/07/05 01:22

ami さんのブログ記事

  • 友人に会った
  • 先日、死別してから初めて高校からの友人二人と会いました。(私の家に来てくれました)これまで友人と会う気になかなかなれなかったのですが…ようやく、の事です。二人とも2歳の男の子がいる先輩ママ。色んな話が聞けて楽しかったです。学生時代に戻ったようでした。男の子二人と、乳児の娘がいる家は、さながら保育園のようでした(笑)また、事情は話していたのですが前と変わらずに接してくれた二人…そういう所も、ありがたかっ [続きを読む]
  • 夜な夜な★工作
  • ネットで見たものを参考に人形に取り付ける土台?みたいなのを作りましたこういう、工作とか何か作ることが本来大好きな自分(^_^)作っている間は無心になれるし、嫌なことも忘れられるから…好きだったこと、たくさん思い出してちょびちょびやっていくのがささやかな幸せへの一歩かな?? [続きを読む]
  • 私は2年前病気により休職していました。病気は、精神的なもの。病気の原因は職場の人間関係や業務内容…よくある話といえば、よくある話です。なんとか病気を克服し、復職後、会社近くのビル街を歩いていた時の事。ふと空を見上げました。冬の晴れた日の、青い青い空。その空を見て、涙が溢れました。何故涙を流したのか具体的な理由はよく分かりません。ただ、病気を乗り越えこうして再び外を歩き働く事が出来るようになった、 [続きを読む]
  • ネットで調べる事の変化とか
  • 死別直後→とにかく死別の事について調べた。突然死の原因、死別経験者のブログ、グリーフワークについて…etc苦しい気持ちの出口を探そうと、必死だった。「いつかは立ち直れる」「一生立ち直れない」極端な2つの意見に、心が揺らぐばかりだった。死別から2ヶ月、出産直後→死別の事は少し減り、育児について。でも、育児についても、たまに「パパは〜」みたいな記述が出て来て辛くて見るのを止めたりした。そして今→死別の事 [続きを読む]
  • 一週間前の何気無い日々
  • 夫と過ごした最期の週末…の一週間前の週末。この時の事も何故かよく覚えていますーーーーーーーーーーーー土曜日はメダルゲームをやりに隣県へ数え切れない程やりました北斗の拳のメダルゲームこの日は久しぶりに大当たりのジャックポットを引き当てましたこれが最後のジャックポットとなろうとは…その後はお腹が空いた為松戸に本店があるという有名ラーメン店へネームバリューの割にはイマイチの味…夫は文句タラタラでした(笑 [続きを読む]
  • あの日から半年が経ちました。
  • 夫が亡くなって、今日で丁度半年です。夫を見送り、実家に戻り、娘を出産し…長かったような、短かったかのような。ジェットコースターのような、そんな日々でした。心の持ちようは確実に変わってきています。涙を流すことは殆ど無くなり、人前で笑えるようにもなり…決して不幸一辺倒ではないと思います。ただ、心の奥底には大きな虚しさがあり…これはきっとなかなか消えないでしょう。ひょっとすると一生消えないかも。命日ま [続きを読む]
  • 娘の呼び名
  • 日に日に違う表情を見せてくれて家族みんなを楽しませてくれる娘最近では首が座り、次は寝返りの練習中頑張れーーーーーーーーーーーー娘は妊娠中、「すけちゃん」と呼ばれていました。名前の由来は…夫が可愛がってくれていた私のいとこの名前からです。名前は男女それぞれ、早いうちに決めていましたがなかなか性別が分からなかったので、仮にそう呼ばれていました。私のお腹に毎日、「すけーーーーーーーーーーーー?」と呼び [続きを読む]
  • これから
  • なかなか眠れない日…深夜カップ焼きそばを啜り好きな音楽を聞きながらぼんやり、考えた私の人生は、ここ最近で一変してしまったこれからどう生きたらいいのか…「夫を早くに亡くした可哀想な人」で終わりたくない他人からそう思われるのは仕方のない事それは別にいいけど、自分ではそう思いたくない決めつけたくない私は、あくまでも自分なりに幸せになるんだ私には幸せになる権利いや、義務があるんだ私の幸せ、それは夫の為で [続きを読む]
  • サラダと夫
  • 野菜が美味しい時期ですね??私の家族はみんなサラダが好きです。なので食卓によくサラダが登場します。コブサラダ。コブサラダなのに、買ってきたアボカドが青かったのでアボカドなし(笑)でも食べごたえがあります。トスサラ。CMでやってるやつ。(右)ささみときゅうりのサラダ。ドレッシングはマヨネーズとわさびを混ぜて。温野菜サラダ。めんたいマヨがいい感じ(^.^)ーーーーーーーーーーーー夫と暮らしていた時、夫は肉好きだ [続きを読む]
  • しらすとトマトの冷製パスタ
  • 以前のものですが。何かのテレビでやってた大根おろし+塩コショウ+オリーブオイル味付けはこれだけで凄く美味しい!思えば、死別してからは今まで楽しめてた事が楽しめなくなったりしたけど美味しいものとか、好きなものを食べた時だけは、嬉しくて楽しい気分になれたりしたなぁそう思うと、やっぱり食って凄く大事だから、これからもなるべく好きなものを沢山食べて楽しく過ごしていきたいな [続きを読む]
  • 感謝の気持ち
  • 最近の頂き物。叔父からオムツ。義兄から好物のポッキーなど。私や娘を気遣ってくれてこうして贈り物をちょくちょく頂ける事本当にありがたいです。夫は亡くなってしまったけれど親類の人には本当に恵まれています。感謝の気持ちを忘れないようにしなきゃと思います [続きを読む]
  • 思い出は死なない
  • 一昨日の事かなとーっても嬉しい事がありましたけどその喜びを共有できる人がもう隣にはいない…だから一人で楽しむよ一緒に喜んだ思い出それは消えないからね死なないからね [続きを読む]
  • 断捨離と漫画の最終巻
  • 少し前から、遺品整理を兼ねて断捨離しました主に漫画、書籍類元々実家にあったものと、アパートから持ってきたものそれらを合わせて、必要なものと不必要なものに分けました。不必要なものはBOOK・OFFへ少しでも家計の足しに(笑)古本屋の価格付けは「とにかく状態が全て!」という情報を元に、新旧問わず状態のよいものだけ持っていったら、思ったよりいい値になりました持ち込む際の段ボールまで処理してくれるのが嬉しい必要= [続きを読む]
  • アップダウン
  • 気持ちが落ちてるなんであんなことになったのか、とかあの時なんでああしなかったのか、とか怨みと後悔だらけそもそも、夫が生きていれば、悩まずに済んだ事なのに最近は日単位週単位月単位で気持ちが上がったり落ちたりしている上がってる時は出掛けたり遺品整理したりてきぱきしていられるけど落ちてる時はもうどうにもならないことを何度も頭の中で考えては気持ちが沈む…もうやめたいなぁとりあえず明日は用もある事だし出掛 [続きを読む]
  • 3016日⑦夫婦二人暮らし、そして…
  • 2016年3月。入籍から約9ヶ月。私達夫婦は一緒に暮らし始めました。新居は、東京下町のアパート。夫が「ここにしよう!」と一目見て、決めた所でした。以前他の記事にも書きましたが、二人での暮らしは、本当に楽しかったです。一番いいな、と思った事は、帰る所が同じという事。今までは、どこかで待ち合わせて、帰りは、逆の方向の電車でそれぞれ帰っていたので、別れの時が、毎回寂しかったんです。なので、一緒の方向に帰れる [続きを読む]
  • 3016日⑥死別を受けとめて
  • 2015年の真夏の暑い日。大好きだった、祖母が旅立ちました。祖母は自分の闘病中にも関わらず、不安定になっていた私の事を心配してくれていました。祖母は、病気には勝てませんでした。しかし、どんなに生きたかっただろう。どんなに無念だっただろう…祖母の葬儀ではたくさん泣きました。しかし、この日を境に私の気持ちに変化が表れ始めました。「私には健康な体があって、心配してくれる夫も、家族もいるのにこのまま留まって [続きを読む]
  • 3016日⑤どん底の日々
  • 2015年夏。上司の死をきっかけに仕事が出来なくなってしまった私は会社を休職する事になりました。仕事をこなせなくなってすっかり自信を喪失した私は日常生活さえ普通に送る事が困難になっていました。完全に鬱状態でした。結婚式も中止にし、新居探しも保留になりました。この件では、たくさんの人に心配をかけてしまいました。母や義家族、祖母、そして、夫。それでも、誰も私を責めようとはしませんでした。本当に、有り難い [続きを読む]
  • 3016日④幸せと不幸せが入り交じる
  • 2015年。私達は結婚式の準備を始めました。実は私には、昨年病気になった祖母がおり、この祖母に結婚式を見せたいという思いから少し焦っていました。そんな中。3月末日の事でした。私は以前から感じていた仕事のストレスから体調を崩してしまいました。結婚式の事もしばらく考えられず不安な日々が続きました。それでも、親身になってくれた上司が居たため、仕事の時間を調整させてもらい、体調は少しづつ回復に向かいました。も [続きを読む]