ジャイアン さん プロフィール

  •  
ジャイアンさん: 小笠原諸島・母島 宮城自然農園ブログ
ハンドル名ジャイアン さん
ブログタイトル小笠原諸島・母島 宮城自然農園ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gian-organic-farm
サイト紹介文世界自然遺産、亜熱帯の小笠原母島で持続可能な暮らしを目指して自然農を実践しています。
自由文暮らしや自然で学んだことを紹介しています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 73日(平均2.8回/週) - 参加 2017/07/05 13:00

ジャイアン さんのブログ記事

  • 発展ということ 〜バリのゴミと交通問題(2017バリ旅行記⑦)
  • ■僕にとって人生初の発展途上国(偉そうであまり好きではない表現)を経験することになったバリ。自分の初アジアはタイかベトナムかインドと思っていたので、超観光地でもあるバリに行くことになった流れは不思議なものでした。バリに半月滞在してみて、発展ということを考えさせられることが数多くありました。それは「交通」「ゴミ問題」でした。■バリに初めて着いた空港周辺でまず目に付いたのが、その交通量の多さでした。そ [続きを読む]
  • 硫黄三島クルーズに初参加!!
  • ■去年、硫黄島訪島事業2016に参加して、今年は硫黄3島クルーズに行ってきました!硫黄三島とは、父島、母島などある小笠原群島から南に約300km先にある火山列島、北硫黄島、硫黄島、南硫黄島の事を指します。その海域は日本本土では中々見れない海鳥の宝庫であり、毎年数多くのバードウオッチャーが参加しに来ることで有名です。今年は硫黄島の係留ブイが新おがさわら丸の重さを支えきれないということで、6月に実施予定だった硫 [続きを読む]
  • 硫黄島訪島記⑨ 美しい硫黄島
  • ■美しくも悲しい歴史を持った硫黄島。2016年の6月の訪島事業に参加し、初上陸してから約1年半が経ちました。自分の娘も中2となり、ついに授業として硫黄島に行く時期を迎えたのですが、今年は残念なことに新おがさわら丸の重量に安全に対応できる係留ブイが用意できないことから、2017年の訪島事業を中止する事態となってしまいました。そんなわけで、今年は今日から開催される硫黄島3島クルーズに参加し、洋上慰霊祭と献花を行 [続きを読む]
  • ローゼルの気配と縁
  • ■ローゼルが蕾を付けはじめました♪秋の収穫まですくすくと成長しております☆8月末〜9月頭に2日間に渡って島を襲った台風15号の影響で、我が家のローゼルも倒れたり、折れたりする木がたくさん出ました。しかし、持ち前のしなりと粘り強さで、踏みとどまった木もいたり、倒れたり、折れても一本も枯れなかったりと、とても強いローゼルの底力を魅せてもらっています?以前、千葉でローゼル栽培されている方のブログで「台風 [続きを読む]
  • グリーンキャンプに参加してー5Day kids Camp編(2017バリ旅行記⑤)
  • ■グリーンスクール主催の5日間のキャンプにそれぞれ参加した娘たち。過去の記事にも書きましたが、長女は終了後、泣きながら感謝の気持ちを伝えてくれるほど、いいものだったようです。次女も終了後はまた行きたいというほどでした♪小2の次女は5日間の日帰り「5day kids camp(小学生対象)」に参加。中2の長女は4泊5日の「Jungle&Surf camp(中高生対象)」に参加しました。あれから月日は経ち、子供たちの心の中に色々と消化 [続きを読む]
  • 台風15号(サンヴ―)再び最接近!!
  • ■久々にすごい勢力の台風が小笠原を襲っています!台風第15号 (サンヴー)平成29年09月01日07時45分 発表大きさ 大型強さ 強い存在地域 父島の北西約50km中心位置 北緯 27度25分(27.4度)東経 141度50分(141.8度)進行方向、速さ 南南東 ゆっくり中心気圧 955hPa中心付近の最大風速 35m/s(70kt)最大瞬間風速 50m/s(100kt)25m/s以上の暴風域 全域 170km(90NM)15m/s以上の強風域 東側 950km(500NM)西側 500km(270NM)この台風 [続きを読む]
  • グリーンキャンプに参加してーJungle&Surf Camp編(2017バリ旅行記⑥)
  • ■次女の時と違い、人見知りも場所見知りも全くしない長女の送りは、何一つ心配しない気軽なものでした(笑)。いや、うるさ過ぎて人に迷惑をかけないかが一番の心配でした☆英語が大好きで、人が大好きで、下手をすると火星人ともコミュニケーションが取れる自信のある長女(笑)。日本を発つ前から、キャンプ終了のお迎えをするまで、何一つ、彼女に関しては心配していなかったのは、ひとえに彼女の人柄でしょう(笑)!送りに行ってか [続きを読む]
  • 旅先の達成感 (2017バリ旅行記④)
  • ■別の土地を旅してる際、達成して嬉しかったことってありませんか?無事に目的地に辿り着いたとき、今日の宿が見つかったとき、現地の人と仲良くなったとき、無事に自宅に帰ってこれたとき…人それぞれ、あると思います。僕は現地の人と同じ土地で、同じような習慣で過ごせた時にとても嬉しく思う瞬間があります。今回のバリ旅行で、僕はとってのそれが「トイレ」と「食事」でした。■インドネシアのバリのトイレ。空港やリゾート [続きを読む]
  • 手作りの地図(2017バリ旅行記③)
  • ??ここに大きな紙に書かれた地図があります。茶色いキャンバスに、細かく描かれた手書きの地図。これは今回バリに家族旅行する際に、母島の友人が手渡してくれた手作りの「ウブド地図」なのです。友人はバリの文化や芸術の中心地でもあるウブドに長期滞在した経験があり、インターネットやガイド本の膨大な写真と情報とは違い、僕や家族の好みを吟味した上でセレクトしてくれた最高の地図でした♪??何て細かく心情やそこに住む [続きを読む]
  • グリーンスクール見学ツアー(2017バリ旅行記②)
  • ??今回のバリ旅行の大きな目的の一つ、グリーンスクールの見学。グリーンスクールはウブドから車で30分かからない程度の距離にあって、シバンカジャ村という村のジャングルの中にあります。娘二人をそれぞれ5日間のキャンプに参加させる前に、半日のグリーンスクールの見学ツアーに参加しました。※グリーンスクールの公式ページはこちら。目を見張るほどの美しい竹の建造物の数々。成長がはやく環境に優しいという理由から、ほ [続きを読む]
  • バックパッカーの旅
  • ??家族では初めての海外旅行になった今回のバリ。ツアー旅行をできるわけもなく、チケットも宿も旅程も自分たちで決めるのはもちろん、その日泊まる宿はその日に決めるスタイル、まさにバックパッカーな旅となりました。小心者の僕は、一人の場合はともかく、家族で旅行をする場合はある程度予定を決めて動かないと不安なタイプ。しかし、予定を決めて旅するよりも予定を決めずその時のご縁と流れに任せる自由な旅をしたい妻のお [続きを読む]
  • ただいま母島!!
  • ■ようやく長い夏休みが終わり、約1か月ぶりに母島に帰って来ました。1日前は東京の竹芝桟橋で友人が見送りに来てくれていました。一夜明けると、そこはもう住み慣れた小笠原の海。空気と色と肌に触れる風の気持ちのいいこと!!おが丸で父島に着いて暑さがあまりにも心地良く、発熱しているにも関わらず思わず前浜で泳いでしまいました♪やっぱり最高に気持ちのいい禊ぎとなりました☆(↑そのせいか、風邪は一気に回復!!)母島 [続きを読む]
  • 娘たちのグリーンキャンプ終了!!(バリ2017旅行記③)
  • ■涙を流しながら、「おとうさん、おかあさん、M(次女)、グリーンキャンプに行かせてくれてありがとう」と長女に言われました。5日間のグリーンキャンプを終え、ウブドに向かう車の中で、彼女のその様を見て、親として行かせて良かったなぁと心底思いました。毎日迎えに行った60名参加の次女のデイキャンプと違い、4泊5日泊まり込んで13名の少数で濃密な日々を過ごした長女がどんな顔をしているか、とても楽しみでした。 [続きを読む]
  • バリの好きなところ (バリ2017旅行記②)
  • ■バリに来て約1週間、毎日が濃密な日々を過ごさせてもらっています。一大観光地でもあるバリは多くの人が愛してやまない場所と思うのですが、僕が初めてバリに来てみて気に入ったところは二つあります。人と信仰です☆8月1日から5日間のデイキャンプに参加している次女は、毎朝と夕方に宿からグリーンスクールまで歩いて往復しています。その道のりは多くの人に出逢います。僕はこの歩く道のりが大好きになってしまいました♪ [続きを読む]
  • バリ グリーンスクール見学ツアー参加!(バリ2017旅行記①)
  • ■いよいよ今回の旅行の目的のひとつ、インドネシア・バリ島にあるグリーンスクールを見学しに行ってきました!グリーンスクールというのはバリ文化の中心地であるウブドから40分ほど離れたジャングルの中にあります。設立者は、ジョンとシンシアのハーディー夫妻。環境問題に強い危機意識を持った二人は「教育こそが未来を変える」と確信し、私財を投じて学校建設に乗り出したそうです。設立を決めてから色んな活動を通じて多くの [続きを読む]
  • 次女と初仙台!
  • ■現在、なんと家族でインドネシアのバリに来ています!目的は色々とあるのですが、昨日は長いフライトを経て無事にたどり着きました。家族初の海外旅行です☆初めての地域の音と臭い、出逢う人と異文化....着いてからの宿も決まっていない、まるで普通のバックパッカーの様な刺激的な旅をしています♪これからの2週間の滞在が楽しみです♪■そんなバリ島に辿り着く前、次女にとって初となる仙台を二人で訪れました。次女にとって [続きを読む]
  • ビックリ!!明るい時間のサンゴの産卵♪
  • ■先日、美しいべた凪の日。みんなでアウトリガーカヌーの練習をしていました。すると、脇浜の海の中から何やら赤いつぶつぶが…こ、これはもしやサンゴの卵!?潜って見てみると、間違いありません!なんと、夜にサンゴが産卵するのは知っていましたが、なんと、夕方(17時過ぎ)から始まっていたとは!!これは超めずらしいのでわ!?固いサンゴの中からポコポコと卵がどんどん生み出されてきます。その日の朝は海がとても磯臭く [続きを読む]
  • 母島属島・平島 無人島の海岸清掃!
  • ■昨日は母島・属島の平島という無人島で海岸清掃を行いました♪平島は母島の集落から見えて、美しい白砂の砂浜が広がる無人島です。母島との距離は約4km程度。この島は小笠原諸島で最大のアオウミガメの産卵地で、砂浜には無数のカメの上陸跡が無数にありました!夏には母島小学1年生が1泊で無人島キャンプを行います。長女も去年参加して、無人島で1夜を明かしてきて、遠く見える母島の集落の明かりや、かすかに聞こえる太鼓の [続きを読む]
  • 母島 夏の陣!
  • ■農園の名を打っていながら、畑の記事が少ないブログですが、もちろん畑に毎日通っております(笑)!ヤギも烏骨鶏も世話しております(笑)!!そんな訳で、今回は畑のお話メインです。今季絶好調の島オクラさん。島農園では島では圃場で農薬も化学肥料も一切使用していません。島では当たり前の殺鼠剤やマイマイ剤すら使っていないので、梅雨時期のマイマイとネズミの脅威にビビりまくっています。今季は春の渇水の間にせっせと作付 [続きを読む]
  • 母島の返還祭 (第44回母島返還祭2017)
  • ■母島の島民に「島で一番のお祭りは?」と聞いたら、多くの人が「返還祭!!」と答えると思います。それもそのはず、母島では6月は返還祭イベントで目白押しなのですから☆6月に入り、バトミントン大会の1週間、駅伝大会、ゲートボール大会、そして月末の土日に行われる返還祭の前夜祭と当夜祭。母島ではただ単に最後の2日間のお祭りではなく、1か月を通じて、様々な行事が行われる激動の1か月なのです!■昭和43年6月26日、戦争 [続きを読む]
  • 川登りアオウミガメ救助☆バク転して海に帰るの巻!
  • ■つい少し前のことです。良く振った恵みの雨の梅雨を終えて、島の景色が一気に夏色に変わりました。海も空も青く輝いています♪そんな梅雨明けした昼下がり、何やら島の川の周囲に人が集まっています。何事だろうと覗いてみたら、なんとカメが集落内を流れる大谷川にいるぢゃありませんか!!!これは珍しい珍事件です♪きっと産卵を終えて海に帰ろうとして、そのまま増水した川を上って来てしまったのでしょう。海に帰そうとカメ [続きを読む]
  • こんだけ降ってもまだ溜まらない!?玉川農業用水ダム
  • ■小笠原は5月中旬までの渇水が嘘のように前日雨、雨、雨。本当に有難い限りなのですが、正直、度が過ぎるほどの雨ばかりです(苦笑)。■5月の観測史上1位の雨でもっても満水にならなかった玉川農業用水ダム。もういい加減オーバーフローしているかと思って行ってみました。なんと、7m40cm(8mが満水)!!こんなに降ってもまだ溢れていないとは!!!満水の8mまでを視覚的に見るとこんな感じです。あと50cmが本当に遠い [続きを読む]
  • 母島 春の目白押し!
  • ■「目白押し」という言葉があります。意味としては多人数が込み合って並ぶこと。また、物事が集中してあることを指すのですが、語源は【メジロが樹上に押し合うように並んでとまるところから】できた言葉だそうです。そう、母島の春は6月の返還祭が終わるまでは、まさにそんな目白押しの状態です(笑)。これはパキラの美しい花です。園芸作物ですが、島では花が咲き、実を付けます。実はパンに入れたりするナッツになります☆そん [続きを読む]
  • 水不足の小笠原に恵みの大雨!!
  • ■今年の春は小笠原にとって20年に1度の大干ばつに見舞われています。しかし、現在の母島は土砂災害・大雨警報が発令されるほどの大雨に見舞われています!この日をどれだけ待っていたことか☆水の有難みをひしひしと感じています。土砂災害の心配はありますが、島中が歓声に包まれている気がします?いつもは嫌いな雨の日。今は感謝の気持ちに溢れています!!5/18日の雨が約100mm/日降って、その3日後に飲料水の乳房ダムは貯水 [続きを読む]