いっぽ さん プロフィール

  •  
いっぽさん: ちいさな農民のひとりごと
ハンドル名いっぽ さん
ブログタイトルちいさな農民のひとりごと
ブログURLhttps://ameblo.jp/slow-life-883/
サイト紹介文気がつけば60歳 これを期にリタイア 歩みをゆるめて気づくこと 観えてくる風景
自由文子育てを終え、親を看取り

働いてる息子との二人暮らし

健康寿命を考えれば
これからの時間はそう長くない

無いものねだりはもうやめて
有るもの探しで暮らしを楽しみたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 44日(平均3.5回/週) - 参加 2017/07/05 22:28

いっぽ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お盆
  • 8月7日の早朝に10軒ほどの共同墓地を皆で掃除をしてお盆に備えます。長男からいつお墓まいりをするのって問い合わせ、7日を過ぎていればいつでもいいよ。って返事。例年はお盆の13日ごろに参っていたけれど、ご先祖さんも私ひとりで参るより、息子やお嫁ちゃんが一緒の方が喜ぶよね。長男夫婦と一緒に10日に参ったあと、二男がいつ墓まいりをするの?って。二男の都合のつく今日もお墓まいり。お寺さんのお盆参りは11日、山の日で [続きを読む]
  • ブドウ
  • 雨上がりに巡回ブドウ放任栽培で育っているブドウのナイヤガラを一粒摘んでパクリ熟期を見極めたい。梨の新高スモモの太陽ポーポープルーン今年の夏は蒸暑く、リフォームの時に設置できるように電気工事をしていなかったから後悔をしていた。屋内配線は厳しいけれど屋外を通しての工事の見積もりを依頼して設置することに暑さのピークは過ぎた気がするのだけれど悩みのひとつが解決できてホッとしています [続きを読む]
  • 出穂
  • 台風が接近中暑いですねコシヒカリは出穂が始まり稲の花田植えは6月3日今は早いですね。田植えから60日田植えが遅いから早稲では出穂までの期間が短く分けつ数を確保しての中干しに余裕がないから、来年は田植えを2週間ほど早くした方がいいのかな。と感じています。同じコシヒカリでも肥料を変えたこちらは出穂までもう少し明日は8月7日なので夜明けを待っての墓掃除、そして、叔母さんの初施餓鬼それが終わるまで台風の影響がな [続きを読む]
  • 蓮田と獣害
  • 2箇所で栽培をしている蓮根。今年は春先の気温が低いかった関係なのか遅れ気味。そんな中、順調に育ってきてた元ため池の蓮田7月27日の様子8月2日イノシシのヌタ場に、、、毎年縁をヌタ場にしているけれど今年はかなり中まで怖くないのか。泥の深さは50センチあるから、猪は腹が支えて身動き取れなくなると思っていたのだけど想定外。対策をしなくちゃ。って事で昔田んぼの獣害対策に使っていた海苔網で囲う入れなくなった腹いせ [続きを読む]
  • 昨年は6月末に咲いていた蓮がやっと咲きました。ひとり暮らしをしていた従姉が、会社のOB会に連絡無しで欠席しているとの連絡を受け、弟である従兄が住まいを訪ねてみと、、、ピンピンコロリが理想とは言え寂しさがこみ上げてきます。その49日法要の連絡を先ほど受けました。お父さんお母さんと出会えましたか安らかに合掌 [続きを読む]
  • 果実酒造りと浸透圧
  • 自家製果実で浸ける果実酒。一般のレシピよりも氷砂糖を控えめにしている。昨年に小梅をホワイトリカーで浸けた梅酒梅1.5kg氷砂糖300gホワイトリカー2.7l梅1kg氷砂糖250gホワイトリカー1.8l梅1kgに対して200gの氷砂糖だと梅は丸いまま。梅1kgに対して250gの氷砂糖だと梅に皺ができてる。果実酒を浸ける時に入れる氷砂糖は甘みの調整よりも浸透圧で梅のエキスを抽出する役目が大きいようです。冷凍した梅を使えば少ない氷砂糖でエ [続きを読む]
  • MEMORIES
  • 今はスマホで動画を撮影できますが、私が結婚をした時はビデオカメラが普及し始めた頃。子どもたちとの記録を8ミリビデオカメラに収めていたけれど、そのカメラが壊れ撮った映像が見れなくなっていた。ビデオカメラでの映像を、DVDに変換依頼をしていたら出来上がってきた。正直なところ離婚をした私にとっては見たくない映像もあるのだけれど、子どもたちとのの、一コマ。懐かしい [続きを読む]
  • 3巡目の草刈り
  • 梅雨明けして暑い夏田んぼの土手の草が伸び草刈りやっぱり暑い8月上旬の出穂予定のコシヒカリは軽く干して溝切り入れ過ぎず、干し過ぎずの水管理6月上旬の田植えだと株数を、確保してからの干し作業厳しいような。来年からは田植えをもう少し早めた方が良い気がしています。汗をかいた後は、天日干しをしている梅干しをパクリこの時に摘む梅干しが一番美味しいような夕食は作り置きの茄子の煮浸しイワシを圧力鍋で煮たもの玉ねぎ [続きを読む]
  • プラム酒
  • 熟してきたプラムの大石早生を収穫して果実酒に木で完熟をさせたいのだけれど、熟すのを待っているのは私だけじゃないようで木の下にはこんなのが梅雨末期の集中豪雨で各地に被害が出ていますが、一日も早い復旧を願っています。 [続きを読む]
  • 国民健康保険と、、、
  • 昨年3月に退職してからは勤めていた会社の健康保険を任意継続していたが、国民健康保険に切り替えた方が保険料が安くなる事が判明したので切り替え。勤めていた時は感じなかったけれど、健康保険料って高いね。田んぼの草引きをした後果樹を巡回スモモ梨カリン栗ザクロプルーンブドウアーモンド桃ポポー草花を興味を持つキッカケになったネジバナも田んぼの土手で咲いてます季節の移ろいを五感で感じていたいね。 [続きを読む]
  • 田車
  • 私が栽培している米の中に特別栽培米キヌヒカリがあります。農薬と化学肥料の割合を少なくした栽培で使える農薬も限られています。田んぼの雑草も毎年同じ農薬を使っているとその農薬に対して耐性ができる事があります。この田んぼがそうで、株の間にホタルイの雑草。昨年より増えているし、昔からの除草方法の田車を使うことにこの田車を押したり引いたりしながら条間を進み、爪で根を起こし草を土の中に潜らせます。押したり引 [続きを読む]
  • 梅酒
  • 大梅の白加賀が熟してきましたこの梅を使って日本酒梅酒泡盛と黒糖での梅酒南高梅はジップロックの袋を使って梅干しに左は塩分10%、右は18%漬けはじめが1週間ほど違います。重りはペットボトルに水を入れ今日は南高梅2キロほど収穫。さて、これは何に使おう。今年は一個実をつけた杏、収穫して杏酒に全滅したと思っていた枇杷、別の場所で完全放置状態の木に沢山の実この木の南側にある木大きく茂り今までは実を付けていなかった [続きを読む]
  • 枇杷 その後
  • 豊作年の枇杷、先日17日に収穫してホワイトリカーで枇杷酒に完熟はもう数日と思い袋を被せた枇杷などを残していた。そして今日行ってみるとあら〜袋が落ちてる被っている袋をみると、、、破れてる袋を被せた枇杷は全滅。被せる意味がないやんきっと17日に私が収穫をしているのを観察していたのだろうね。苗代の田植えは15日に終了その日の夕空後片付けは残っているけれどホッとできる風景です [続きを読む]
  • 枇杷
  • 10年ほど前に植えた枇杷。鳥も狙っているから袋を被せることにしたのは数年前から。摘果して袋を被せるのは大変だから、袋を被せているのは1割ほどかな。袋を被せていない果実も色づいて袋を外して少し早いけれどパクリ袋を被せていないのは巡回をしているのは私だけじゃないんだよね。葡萄のナイヤガラは膨らみはじめ [続きを読む]
  • 田植え
  • 苗も順調に育ち、キヌヒカリとコシヒカリの田植え好天が続いているから楽々軽トラを田んぼに乗り入れ粘土質でクセのある田んぼは一条抜きにして植えつけ特別栽培米のキヌヒカリの肥料は稲を育てる元肥に穂を育てる穂肥成分はコーティングされ後から溶けるように調合してあります。親戚と自宅用のコシヒカリは以前はコーティングされた肥料を使っていたけれど、天候不順の近年は適期にコーティング肥料が溶け出さない。肥料の窒素 [続きを読む]
  • 梅の収穫と、、、
  • 田植え前の代かきは昨日終了。田植えは明後日の予定なので梅酒用の日本酒を買いに行ってきた。どちらも20度の純米原酒。今日収穫した甲州小梅は竹泉で浸けてみた。竹泉は山田錦100%の純米原酒で超辛口となっています。甲州小梅白加賀ユスラウメが色づいてサクランボの高砂は甘酸っぱい。明日が採りごろと思っていたけれど只今嵐のような雨傷んでおちちゃったね。残念 [続きを読む]
  • 玉ねぎを収穫と、、、
  • 数日前より倒れた玉ねぎを食べていた。晴天続きだし早生を収穫。赤玉と晩生はもう少しマルチを使っての栽培だから草取りはほとんどしていない。晩生植えた時は堆肥を施肥してマルチを張り、1センチほどの穴を開けて苗を植え追肥なしで育ててる。あとは風通しの良い場所に吊ってジャガイモに花はるかシャドークイーンノーザンルビー品種によって花の色が違います。 [続きを読む]
  • 梅酒
  • 昨年に浸けた黒糖焼酎の梅酒の味見をしています。と、言うのも甲州小梅が収穫近し昨年はこの小梅で日本酒、ホワイトリカー、黒糖焼酎、泡盛で果実酒を仕込んだ。瓶を空けなきゃ今年の仕込みができない。梅酒用の日本酒も買ってこなくっちゃ。巡回でブドウの花アーモンド桃サクランボの高砂ユスラウメ6月初旬の田植えに向けての準備もぼちぼち [続きを読む]
  • 叔母さん
  • この火曜日に従姉妹から、昨日母が他界しましたと連絡を受けお悔やみに。父の妹でわが家のことで色々と気にかけてくれてくれ4月半ばには、彼岸参りができなかったからと先祖参りに来てくれた叔母さん。穏やかな顔で眠っていた。息子に先立たれ主人先立たれ田舎で大変な思いをしながら家を守ってた。ほんとおつかれさま今は懐かしい人に出会い孫やひ孫のことを話していることでしょう。合掌 [続きを読む]
  • 荒代かき
  • 6月初旬の田植えに向けての準備で、田んぼに水を溜め始めてます。昨年の稲刈りで苦戦をし、大きな轍ができていた田んぼです。今年はスムーズな収穫を迎えたい。と願いをしながら先ずは荒代かき今年は写真を撮っていないから昨年の写真です5月10日に種まきをした苗のシートを昨日に外し順調のはずがこんな苗が、犯人は、、、昨年まではこんな事なかったのだけどなぁ〜この後1週間かけて荒代かきと仕上げ代かきをしていきます。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …