いもようかん さん プロフィール

  •  
いもようかんさん: ジミナセイカツ
ハンドル名いもようかん さん
ブログタイトルジミナセイカツ
ブログURLhttps://jimijimilife.blogspot.jp/
サイト紹介文面倒くさがり屋が綴る、非オシャレ系シンプルライフ、ミニマルライフ覚書。
自由文面倒くさがり家事キライ。困ったもんだ。そんな四十路主婦いもようかんの生活覚書。あんまり役には立たないが、こんなヤツもいるんだねと思って下さればコレ幸い。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 37日(平均2.8回/週) - 参加 2017/07/06 20:23

いもようかん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • レモン酢を作ってみた
  • 疲れが取れない。もともと蒸し暑いの苦手だから今の季節はツライ。今年は体力も落ちてるようで、外に出るのも億劫になっている。いかんなぁ。こういうときは、しっかり寝るに限る!・・・どころかそれもままならない。オットのイビキに悩まされ、中途覚醒したまま朝になるパターン。何だか酸っぱいものがやたらと欲しくなるので、1度作ったら気軽に飲めそうな「レモン酢」を初めて作ってみた。よく洗ったレモン2個を適当に輪切り [続きを読む]
  • なんてことはない、書類整理法
  • 家庭を営んでいると、様々な書類が日々これでもか!と入ってくる。正直ウンザリしている。パソコンが普及し始めたときは「ペーパーレス社会の到来だ」なんて言われていたが、ふたを開けてみたら、余計に書類が増えたような気がする。ほぼ毎日いちいち判断して処理していかなきゃならない。そういう無駄な判断を極力減らしたいのだ。しかし。役所関係、会社関係、学校関係、その他諸々・・・。「人生がときめく片付けの魔法」の近藤 [続きを読む]
  • トイレ掃除はカンタンに
  • トイレの掃除はカンタンになるべく毎日やる。なるべく、というのは・・・必ず毎日と縛りを設けると続かないので。実際仕事のある日は目に付いた汚れをトイレットペーパーで落とす程度で、掃除らしい掃除は仕事のない日限定だ。カンタンにするには道具に懲りすぎないことと、なるべく家にあるものを使うこと、用を足すついでに行うことだ。トイレットペーパーとアルコールスプレーでタンクや便器、床や壁を拭く。便器内は洗剤を吹き [続きを読む]
  • なぜ生活をシンプルかつミニマルにしようと思ったのか その2
  • ありがちだが、「実家の片付け」問題に直面したことがやはり大きい。オットの両親が亡くなった時、いずれも自宅での葬儀となった。2回とも、葬儀準備以前に、モノや家具を移動する作業が発生。限られた時間の中気力を振り絞り、親戚や近所の方のお陰で無事に葬儀を行うことが出来た。自分の母も昨年亡くなったのだが、遺された物量を見て呆然とした。本人も片付けるつもりではいて、「そのうち片付けるから」と言い続けているうち [続きを読む]
  • 「出すだけ」おかずの充実を!夏バージョン
  • 早く夏が過ぎ去ってくれることを今から心待ちにしているいもようかんですコンニチハ。(まだ梅雨明けしたばかりだというのに・・・)こう暑いとただでさえモチベーションが上がらぬ食事の支度、更にハードルが上がって投げやりになってくる。ちなみに今日は仕事帰りに持ち帰り寿司を購入〜。なのにムスメに「足りない(´・ω・`)」と言われて気が遠くなった。暑い、寒い、モチベーションがどうにも上がらない、時間がない、疲れすぎ [続きを読む]
  • 気を抜くとモノが増えてモッサリする
  • ここ数ヶ月、「まあ前に比べて大分モノも少ないし家事もしやすくなったな」と油断し気を抜いていたのだが。何とはなしにウチの雰囲気がモッサリしてきた。非オシャレ系なので、オシャレに整えようとしておらず、もともとモッサリだがモッサリ度合いがジリジリ上昇。これはイカン。収納もかなり乱れとる。この夏はどうも酷暑と言われているようだし、わざわざ外に出かけてってくたびれるより、家でおとなしく「おウチスッキリ計画」 [続きを読む]
  • マイホーム願望がなかったがタイニーハウスはいいなぁと思った
  • 生まれてこのかた、持ち家で暮らしたことがない。実家は社宅を経て団地住まい。結婚後も団地住まいを経て賃貸マンションを渡り歩いた。今はオットの会社の借り上げ社宅(2DK)に住んでいる。四十路も後半ともなると、マイホームのためにわざわざ長期ローンは組みたくないし、そもそもマイホーム願望がなかった。が。昨年ヒストリーチャンネル(CS)で放送していた「タイニーハウス〜大きなアメリカの極端に小さな家〜」という [続きを読む]
  • 常備菜は作らない
  • いわゆる常備菜を作って食事の支度をラクにしようと思ったが、いや〜これはまさに、「身の丈に合わない」試みの典型例であった。週に1回食材のまとめ買いをし、休みの日に平日のおかずを数種類作って保存しておく・・・というのを2ヶ月ほど続けた。静かに、不評だった。せっかく作っても家族の食いつきが悪く、減らない。↓余りがちになる。↓仕方が無いので一人でひたすら食べ続け、しまいには飽きて自分もイヤになる。作ったそ [続きを読む]
  • なぜ生活をシンプルかつミニマルにしようと思ったのか
  • ・・・それは単に「家事が面倒くさかったから」というのが一番大きな理由だ。こんな事をリアルで公言すればドン引きされる事間違いないが、正直に言ってしまうとこういうことだ。ただし、家族がいようが独居だろうが、人間が暮らしていく上でどうしても必要なのが家事である。お腹が空けば何かを食べるわけで食料調達して食べやすく加工する。汗をかいたり汚れたりするから衣類を洗ったり、手入れする必要が生じる。使った道具を使 [続きを読む]
  • 非ミニマル志向家族と上手くやってくには
  • オットもムスメも非ミニマル志向だ。彼らにしてみれば、私はいらないと見るや否やガンガン捨てる人という認識である。今は大いに反省しているのでやらないが、以前断捨離が目的化してガツガツと自己判断のみで突っ走って捨てまくった時期があったので、オットとムスメはいまだ当時の恨み節をこぼすのだ。恨みをこぼされるのは辛いものである。それ以上に自分の持ち物を勝手に処分された方はショックだったろう。まあ、そういうわけ [続きを読む]
  • 要らんモノの手放し方
  • モノに対する思い入れとかこだわりはあまり無いほうだ。むしろモノを手にしたことによってメンテナンスが生じて、置き場所の確保をしなければならないことが非常に面倒だ。というわけで、使わないモノを家の中に置いておく事は出来れば避けたい。勿体無いから使わないモノは現金化、とか、使ってくれる誰かに譲るとか、人それぞれ考え方ややり方はあるだろう。私も色々なやり方を試してきたのでここに記録しておきたい。本ブック〇 [続きを読む]
  • 買い物は労働
  • 買い物は週1の生協の宅配を軸にしている。足りないものや生協で取り扱いがない日用品は仕事帰りに買い足す。買い物は労働だ。いくら近所にスーパーがあるとは言え、重い荷物をエッチラオッチラ運ぶことを考えただけで気が遠くなる。ワガヤ、車無し家庭だし。買い物で何がイヤって、各商品の選択肢が多過ぎる事だ。値段と内容量と・・・迷い出したらきりがない。私は結構貧乏性かつ小心者なので、いちいち悩むのだ。「コレはおいし [続きを読む]
  • これ、ウチに無くてもいいなぁと思うモノ
  • 家庭内でミニマリスト志向なのは自分だけなので、色々妥協している。しかし家族がGOサインを出したら断捨離したいモノがいくつかあるので覚書としてまとめてみた。食器棚結婚した時に母に買ってもらい持参したもの。食器の他、炊飯器とオーブンレンジ、備蓄用飲料水が納まっている。合板製で、経年により(20年)あちこち剥がれてきているし、ワガヤの少ない食器をわざわざ食器棚に収納するのもムダな気がする。背の高い家具は防 [続きを読む]
  • 着たきりスズメ・・・もとい、私服の制服化
  • 昔から流行とかオシャレとは縁遠いのである。基本、服に限らず何でもそうなのだが、モノを複数持つことが苦手である。ついつい気に入った1つだけを使い倒すところがあるのだ。さすがにTPOは考えるけれども、「今日の気分は〇〇だからこのファッションで〜♪」なんていうことは一切しない。面倒だ。よって、ミニマリストさん達が「私服を制服化」と言い出すずっと以前から私は私服の制服化をしてきたとも言える。まあ、意図的にや [続きを読む]
  • ごあいさつと自己紹介など
  • どうもコンニチハ。ガサツでテキトーで面倒くさがりな人間が、どういうわけだか結婚して家庭を持って主婦になってしまって早20年。(って今自分で書いててビックリした!)なんだかんだともがきながら家庭を営みつつ生きてこれたのは、暮らしぶりをシンプルかつミニマルにしてきたからではないかなぁ、と、ここの所よく考えている。そろそろ子どもも大きくなって、自分は四十路も後半に。今までの覚書とか日々のことなどを記録し [続きを読む]
  • 過去の記事 …