Fragment さん プロフィール

  •  
Fragmentさん: Fragment
ハンドル名Fragment さん
ブログタイトルFragment
ブログURLhttp://fragment-shingeki.muragon.com/
サイト紹介文進撃二次創作腐女子向け駄文ブログ。 取り扱いは ジャン×アルミン ライ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 8日(平均3.5回/週) - 参加 2017/07/06 20:33

Fragment さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 告白は浅い眠りの後で(後編/エルリ/E)
  • 寝室に着くなりリヴァイは着ていた大きめの白いシャツを脱いだ。 育っていない体がまた性別を忘れさせる。 いや、男なのだ。 産まれた時から生えているものがきちんとあるはずだから。 『しかしリヴァイ、』 『なんだ、』 俺の半分以下の薄さをした体。 少しでも力を入れて捻れば折れてしまいそうだ。 『初めてではないのか?』 『さあな。』 その歳で豊富では色々と困る。 聞いてしまった大人として、教師として、母親 [続きを読む]
  • 告白は浅い眠りの後で(中編/エルリ/E)
  • 無言の抱擁を解くことをどちらもしようとしなかった。 使用人の老婆がやってくる足音に気づき、自然に体が離れていった。 リヴァイが視線を合わせることはなかったが、素直に夕食の席に移動をした。 『お口に合いますかしら、』 久しぶりの客人に早いうちから仕込んでいたらしい家庭料理の数々が並ぶ。 リヴァイは「悪くない」と幼さに反した言葉を投げては食べ続けた。 老婆からしてみたら、孫にもあたる年齢だ。 俺が結婚 [続きを読む]
  • 告白は浅い眠りの後で(前編/エルリ/E)
  • 生徒に手を出したのは、教師人生初めてだった。 高校生ならともかく、仕事相手は中学生だ。 手の出し用も、欲求も何もなかったのだが。 至極真面目に教師を務めていたし、聖職者としての顔も上手く作れるようになった。 生徒には厳しいが、上の教師にも下にも教師にも厳しい自分を作り上げていた気がする。 それを教えられたのが、この問題児だった。 リヴァイ。 手足も細く、胸も尻も薄い。 身長はもうあまり伸びないだろ [続きを読む]
  • 腕と羽根(J)
  • 非力な凡人。 そう言われると腹は立つが自分で自分をそう思うとしたらとても納得できる。 周りの奴らを見ていれば、いかに自分が甘くて凡人思考しかなかったが解る。 解る。 解っている。 何かを超越した力を持った奴が周りにい過ぎる。 そしてぶっ壊れた世界ではもう普通ってものが何なのか誰もわからなくなっている。 俺も含めて。 生き残っているだけでーー そう慰めてくれる存在もいる。 納得もできる。 それでも、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …