BNB さん プロフィール

  •  
BNBさん: 株式情報まとめブログ
ハンドル名BNB さん
ブログタイトル株式情報まとめブログ
ブログURLhttp://win.hissyoumarket.com/ruitou/
サイト紹介文毎日株式に関する事を記事としてまとめています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 12日(平均4.1回/週) - 参加 2017/07/06 20:48

BNB さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 第7回「株式市場では初心者もプロも同等の世界」
  • 株式市場に参加している人はすべて対等に投資の世界で勝負をしていることになります。資金量の多い少ないに関わらず、投資経験の長い短いに関わらず、知識の十分、不十分に関わらず、参加者はすべてが売買する機会の自由と投資収益の機会に恵まれています。初心者だから優遇されることや、外国人投資家だからという理由で優遇されるようなことはありません。つまりは、素人もプロも同じ土俵の上で勝負をしていることになります。個 [続きを読む]
  • 第6回「指値注文か成り行き注文か」
  • 前回、2万円の株価を1単元買う場合には2万円プラス手数料分の入金があれば買うことができると書きましたが、これはあくまでも指値で注文をする場合。指値とはあらかじめ自分で決めた金額で買うという条件を指定することです。同じ銘柄が2万1000円の株価を付けているときには、2万円の指値注文を出しても約定(売買成立)しません。2万円で売却する投資家がいて始めて約定します。また、株価にはその水準に応じて1日の値 [続きを読む]
  • 第5回「株式を買ってみよう」
  • さまざまな要因で株価は変化を続けるものです。しかし、単純に個人的な実感で景気が良くなってきたからそろそろ株式に投資を始めようと思っても、それは間違いではありません。街角景気という経済指標のひとつがありますが、これは街にいる人々の景気に対する実感を示すもので、景気ウォッチャー調査と呼ばれているものです。この経済指標と株価が連動して動きやすいという傾向も指摘されていますし、その真偽はともかく、景気と株 [続きを読む]
  • 第4回「株価を動かす要因」
  • 株式投資をして、買った値段よりも高い値段で売却すると利益が生まれます。これは商売の基本でもあり、仕入れた値段よりも販売した値段が高ければいいのですが、株式投資では必ずしも買った値段よりもその後の値段が高いとは限りません。株価を動かす要因は「株価材料」と呼ばれます。材料にはさまざまなものがありますが、もっとも一般的なものが業績です。増収増益や業績の上方修正を発表すると、株価はその好材料に反応して上昇 [続きを読む]
  • 第3回「株価は必ず上がるのでしょうか?」
  • 資本主義経済が誕生するルーツは18世紀から19世紀にかけての産業革命から始まります。より安い市場から物資を調達するために、大航海時代では欧米の列強が植民地政策を進め、独占資本主義経済などを経て、現在の資本主義経済へと発展してきました。資本主義経済の大前提は、常に経済は拡大を続けるというもので、これが資本主義経済の哲学でもあります。株式の長期投資という投資スタンスの根底にあるのが、この哲学であり、現 [続きを読む]
  • 第2回「株価はどうやって決まるのでしょう」
  • 企業が上場するに当たっては、取引される株価の価値を決めなくてはいけません。株式の価値とは経済学的に理論価格というものが算出できるようになっています。もちろん、そればすべての価値であるとは言えません。その時々の経済状況や市場動向、業績動向などによって株価の価値は刻々と変化をするものですから、理論価格とはあくまでも理論上のものになってしまいがちです。株価は通常、1株当たりの価値を判断します。仮に1株1 [続きを読む]
  • 第1回「そもそも株式って何?」
  • 財団や有限会社など、さまざまな形態のある企業のうち、新しく株式を発行して投資家から資金を調達することができるのは株式会社だけです。資金調達の方法は銀行借入などもありますが、株式で調達した資金には返済の義務がないという点に特徴があります。株式会社の目的とは、利益を追求することにあり、その利益は発行された株式を保有(出資)する株主に還元されます。機動的に資金を調達するために、株式を公開(新規上場「IP [続きを読む]
  • 過去の記事 …