ちあき さん プロフィール

  •  
ちあきさん: 禅僧インスピレーション
ハンドル名ちあき さん
ブログタイトル禅僧インスピレーション
ブログURLhttp://zensoinspiration.hatenablog.com/
サイト紹介文禅僧が綴る発想の種。海外の旅の経験を綴る「旅の記録」と刺激を受けた「心響く作品」を中心に現在更新中
自由文このブログについて、詳しくはこちらをご覧ください。http://zensoinspiration.hatenablog.com/entry/2017/06/04/160000
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 73日(平均4.2回/週) - 参加 2017/07/07 22:05

ちあき さんのブログ記事

  • 900年以上の歴史を誇るリーズ城【旅の記録21】
  • 水堀の中にそびえ立つ城。いいですね〜。水堀の中にそびえたつ美しい城、リーズ城ここは私が通ったいた学校の行事(イベント)で確か行ったような記憶があります。チケットもグループなので、たぶん間違いない。こういう事もある学校なので、カンタベリーの学校は結構恵まれていた気がします。この日は天気もよく絶好の見学日和でした。ここにも日本語の案内が。音声ガイドは多いですが、シート形式は珍しいような……。中 [続きを読む]
  • 友人のホストファミリーとロンドン近郊の牧場へお出かけ【旅の記録17】
  • ある日、友達に誘われたお出かけ。近くの牧場に行こうと。友達のホストファミリーも一緒とのことでした。ロンドン近郊の牧場正直とても羨ましかったのですが、友人はホストファミリーに恵まれていました。とても親切でアットホームな雰囲気。他の生徒もつれて、どこかへ出かけるなんて、自分の所では考えられません。私が誘われたのはロンドン近郊の牧場。牧場の名前は忘れてしまいましたが、久しぶりに動物とご対面。いろん [続きを読む]
  • バガボンド:ただのマンガと侮ることなかれ【心響く作品】
  • バガボンド(37) (モーニング KC)作者: 井上雄彦,吉川英治出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/07/23メディア: コミックこの商品を含むブログ (10件) を見るこの漫画を読むきっかけはとある禅の老師(先生)と初対面の場。お題「マンガ」 バガボンドまず、この本を読むきっかけになった話を。それは禅の先生と食事を初めてお会いし、食事を一緒にしていた時でした。食事をしながらいろいろと話をしていた所に、ふとに聞かれ [続きを読む]
  • 見やすいブログを考えて:記事タイトルと見出し
  • どうしたら自分の記事はもっと見やすくなるのだろう?ブログ初心者の私に足りないものはなんだろう?見やすいブログの書き方を考えて見やすいブログの書き方について検索していると、目に留まった2サイト。shine.hatenablog.jpliginc.co.jp詳しくは上記のサイトを見て頂ければ、ばっちりだと思います。本当に参考になりました。ありがとうございました!で、こちらのサイトを読んで思ったのですが……記事タイトルと見 [続きを読む]
  • 素人とプロ:プロは受けとる力が違うような気がします。
  • 受け取ることを知っている……素人の考えで木を切ろうとすると、自分の都合ばかり考えて切ってしまう。この枝は邪魔だなとか、見栄えが悪そうだから切っちゃおうかなとか。でもそうすると、知らない間に樹が弱ってしまうことがある。だから植木屋さんに任せる。植木屋さんは木の事をよく知っている。ここも切ってほしいっていうと、場合によってはしばらく考える。場合によっては、そこは切らない方がいいと言ってくれる。そうや [続きを読む]
  • テストの思い出
  • 今週のお題「テスト」テストと言われて一番に思い出すのは、高校生の時にとった赤点。※画像 イラストAC、作者かえるWORKSさん私の母は厳しい人でした。同級生からも「○○(私)のおばちゃんは怖い!」とよく言われていました。だからテストや成績にも厳しく、小学生の頃のボーダーラインは80点以上。それ以下は不合格。それが我が家のルールでした。当然、テストを見せなければ叱られるので、私は隠すこともできません。 [続きを読む]
  • おすすめ! お風呂(bath)という名の都市バース【旅の記録7】
  • 【旅の記録6】でのこともあって、私の英語への姿勢、つまり日本語をしゃべらないように日本人を避けようとする態度も私の中で少しずつ軟化していきました。実はこのバースも、もう一人の日本人留学生と一緒に来た所です。私と同じ頃にイギリスにやってきたその日本人留学生。お互いに日本語を話さないように、お互いに距離を取るようにしていた私達。しかし、その人もまた英語に対して自信を無くしていました。話せない。聞 [続きを読む]