穂高 さん プロフィール

  •  
穂高さん: TOEICと山の頂きを目指して
ハンドル名穂高 さん
ブログタイトルTOEICと山の頂きを目指して
ブログURLhttp://hodakaclimber.blog.fc2.com/
サイト紹介文百名山踏破を目指して登山記を書いてます(英語版あり)。TOEICスコア900が目標。
自由文百名山に登り、その登山記を数回の記事に分けて週に1回アップしています。(英語訳にも挑戦)

趣味でTOEICを受験していますが、スコア900到達を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 15日(平均3.3回/週) - 参加 2017/07/09 06:52

穂高 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 丹沢山 episode-5/5 〜Japanese 100 Great Mountains〜
  • 丹沢といえば歩荷(ぼっか)でも有名な山です。山に登らない人はあまり聞きなれないことばかもしれませんが、歩荷とは背中に食料や生活用品を背負い、山小屋に荷揚げをする人のことです。平均重量で70〜80kgの荷物を運び、ベテランの歩荷にもなると100kg以上の荷物を運ぶこともあります。たまたまこの日は登山口の大倉から塔ノ岳の途中にある山小屋の区間で歩荷の駅伝大会を行っていました。スタートは9時からのようで、まだ誰もい [続きを読む]
  • 丹沢山 episode-4/5 〜Japanese 100 Great Mountains〜
  • 翌日は14人のパーティーの騒がしい声で目を覚ましました。よく言えば賑やかなパーティーでしたが、正直うるさいぐらいだったので、夕べから貸し切りの部屋にいる時間が多かったです。しかし、夕日や夜景、日の出の様子が騒がしい声で分かるので、そこは有り難かったです(^^;空がだいぶ明るく日の出寸前で、山小屋の窓越しに雲の隙間から登ってくる日の出が綺麗に見えました。 外に出ると、昨日はほとんど見えなかった富 [続きを読む]
  • 丹沢山 episode-3/5 〜Japanese 100 Great Mountains〜
  • 蛭ヶ岳の登頂は健脚の人であれば日帰りでも行けなくはないですが、今回は塔ノ岳にある尊仏山荘という山小屋に泊まると決めていました。 それは、以前、雲取山荘で出会った登山客にここの山小屋の良さを聞いていたからです。まず、山小屋からの眺望がいいので、夜は街の夜景が素晴らしく、これを目的に泊まる人も多いそうです。それから、ここの山小屋の食事は、夕食はカレーライス、朝食はおでんと決まっているので、そ [続きを読む]
  • 丹沢山 episode-2/5 〜Japanese 100 Great Mountains〜
  • 別名「バカ尾根」の大倉尾根をひたすら登っていくと、非常に見晴らしのいい場所にある花立山荘があります。ここはボッカ駅伝のゴール地点にもなっていました。 かわいい犬を連れてきてる方もいました。頂上までのラスト1km近くは少し急な登りになります。大倉を登り始めて3時間半近くかかって、ようやく塔ノ岳の頂上(1,491m)に辿りつきました。大倉からの標高差は約1,200mにもなります。頂上は開けていて、相模湾、富士山 [続きを読む]
  • 丹沢山 episode-1/5 〜Japanese 100 Great Mountains〜
  • これまで何度か訪れたことのある丹沢に行ってきました。丹沢は神奈川県西北部の山塊の総称であり、神奈川県の約6分の1を占めるほど広範囲に渡っています。百名山登頂のガイドラインとしてはその山塊の中で一番高い山頂を登ることと言われているので、今回は丹沢の中の最高峰である蛭ヶ岳(1,673m)を目指しました。丹沢は電車とバスの交通のアクセスもよく、頂上からの見晴らしがいい為、非常に人気のある山です。丹沢の主な登山口 [続きを読む]
  • 筑波山 episode-4/4 〜Japanese 100 Great Mountains〜
  • 頂上付近の御幸ヶ原で自然研究路を1時間程歩いて下山しましたが、まだ午前中で天気も良かったので、車で10分程の筑波山神社に向かいました。この筑波山神社は茨城県を代表するパワースポットとしても知られています。 筑波山は男体山・女体山からなる双耳の山頂で、それぞれイザナギ(夫/兄神)とイザナミ(妻/妹神)の神を祀っています。この二神が山頂の天浮橋(あめのうきはし)と呼ばれる橋に立ち、手にした鉾の先から滴 [続きを読む]
  • 筑波山 episode-3/4 〜Japanese 100 Great Mountains〜
  • 筑波山は奇岩が有名な山で登山中に不思議な形の岩や10mを超える巨石がいくつも見られます。これらの岩には名前があり、神話や歴史と関わっていて、どれも神秘的に感じられます。以下にいくつか奇岩を紹介します。■弁慶七戻り猛者と恐れられた弁慶でさえ、頭上の岩が今にも落ちてきそうで7回戻ったと言われています。■高天原(たかまがはら)神々が住む高天原の名前が付けられている岩で、階段の先には 天照大神(あまてらすおお [続きを読む]
  • 過去の記事 …