mami さん プロフィール

  •  
mamiさん: つれづれ日記
ハンドル名mami さん
ブログタイトルつれづれ日記
ブログURLhttp://mami2013.exblog.jp/
サイト紹介文鉄道好きな夫と一緒にウロウロして 見つけた素敵な場所や美味しいもの旅行記。そして日々の備忘録を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 12日(平均11.1回/週) - 参加 2017/07/09 18:54

mami さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 備中高松城址の宗治蓮
  • 備中高松城址のメインは宗治蓮の蓮池です。高松城の水攻めに伴う宗治蓮についてのブログはこちらです。観光バスもやってきて霧雨の中、多くの人々が鑑賞していました。「蓮は泥より出でて泥に染まらず」の言葉どおり、清らかに咲いています。「あんね、ここ食べると美味しんよ〜。」振り返ると、「はちす」を指していました。帰って調べてみた... [続きを読む]
  • 角島から青海島へ〜山口の海
  • 今日は海の日。感動的だった山口の海を。4?先の角島へ架かる角島大橋。晴れていたらエメラルドグリーンに輝く海。角島灯台の上から見渡す日本海。北長門海岸国定公園にある青海島海岸。空の青さとはまた違う神秘的なグラデーションが美しい海の色と自然が作りあげた断崖絶壁を散策します。象の鼻カモメ岩他にも黄金洞、十六羅漢など芸... [続きを読む]
  • ネジバナ見っけ!
  • 今年は忙しくてまだ半夏生を見てなかったことに気づき備中高松城跡へ行きました。半夏生は蓮池が海原のように続く一角にちょこんと密集しています。観光バスも行き交い多くの人が蓮池目指して右往左往しているのに半夏生の近くに来る人は滅多にいません。なぜ?私は大好きなんだけど。ちょうちょが飛び交いとまった先は蓮池の周りの草地にたたずむ... [続きを読む]
  • 古代の蓮と庭瀬往来
  • 大賀ハスを見に庭瀬城址の濠堀へ行きました。今にも泣き出しそうな空。湿った空気が服に纏わりつくような朝でした。岡山出身の植物学者大賀博士が千葉県の泥炭層から2000年前の蓮の実を発掘し発芽に成功したのが、この大賀ハスです。この城址が残る庭瀬は、保存地区でもないのに縦横無尽に張り巡らされた濠堀がや古い商家が今も建ち並んでいます。味噌... [続きを読む]
  • 成羽川
  • 小暑に入り蝉が鳴き始めました。湿った空気が身体にまとわりつき暑さも本格的になってきました。 ドライブ中、とても美しい風景だったので車を降りて一枚。初めて通った場所ではなかったのに見慣れた風景だったのに写真に撮っておきたいなんて思わなかったのにわずか数件の集落を街道につなぐ吊橋。☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*☆... [続きを読む]
  • STANLEY クラシック真空ボトル
  • エキサイトブログの今週のお題が「上半期に買って良かったもの!」だったので家の中を見渡してみたらありました!高度12000mから落としても壊れないと都市伝説が広まるほど丈夫なスタンレー。アメリカの兵隊さんも使っているとか。内田彩仍さんの「好きなもの、ここで見つけました。」という本の中で紹介されていて「可愛いなぁ。」と。彼女が持っていると... [続きを読む]
  • 白桃のむき方
  • 会議があった時、誰かが持ってきた白桃をむいたらむき方を知らなかった人が多く反響もあったのでちょっと、披露してみます。白桃を手に、種の周りをくるりとナイフを入れます。そして両手で捻ります。パカッと割れます。捻って割れなかったら、まだ早いので諦めて削ぎ切りにします。熟しすぎていると、種までふたつに割れます。その時は、スプーンで種をほじって... [続きを読む]
  • 白桃の「はなよめ」
  • 梅雨も明けていないのに先週くらいから白桃が出回りはじめました。100円しなかったので飛びついて買いパッケージから出して、白い緩衝材を外したら野球ボールくらいの大きさでした〜。夫の一言は「ショボッ!」スモモだと思えばデカい。まだ早かったのかアボガドのように種がパカッとはずれなかったので削ぎ切るようにカットしました。千田稚子さんの小さ... [続きを読む]
  • 法華寺門跡で光明皇后を想う
  • 6月も終わりに近づいて今年も蓮が咲き始めました。 今更ですが、昨年の法華寺の蓮を。蓮の花ことばは 「神聖」「清らかな心」「救済」「離れゆく愛」など 色々とあるようです。 法華寺は藤原不比等亡き後娘の光明皇后が屋敷の一部を皇后宮にしたのが法華寺の始まりです。天平の時代に全国に建立された 国分尼寺の総本山となります。 蓮の花ことば... [続きを読む]
  • 先斗町 百練
  • とびとびの京都旅行ですが床デビューにぴったりのお店に連れて行ってもらいました。京都在住のKちゃんは「京都はな、高いから美味しいとは限らへんで〜。」と言って、連れて行ってくれた京の夏の風物詩 鴨川納涼床。夕暮れ時、先斗町の細い路地を歩き先斗町歌舞練場の隣りにあるお店です。店内を通された奥が禊川(みそぎがわ)の上にたつ納涼床です。心地よい鴨川の... [続きを読む]
  • エスニック料理での女子会
  • マユール先生のテーブルコーディネートレッスン後にエスニック料理をいただきました。先生が準備してくださっているこれらの食器を使って、ランチをいただきます。5月のメニューは豚の角煮、ナムル、ガーリックシュリンンプ、卵のスープになんと!先生お手製の食パンまで。焼きたては美味しいです。(#^^#)ところで、通い始めた頃は「簡単な、ランチです... [続きを読む]
  • 腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)
  • 今夜は雨が降り始めやっと梅雨らしいお天気になりました。あれから一週間。また、宇甘川の支流へ行ってみました。三脚を立ててピントを合わせ「あ、シャッタースピードを設定していなかった...。」1.6秒でも、ミミズがはったような蛍の光のあと。8:20 60秒。先週ほど、飛んでいないけどいるいる。こんなに蛍がいるのに誰も見に来る人はいなくてこ... [続きを読む]
  • 6月の庭 2017
  • 実家の庭も紫陽花が咲き始めました。大滝山西法院の「あじさい祭り」で買ってきた苗もずいぶん大きくなりました。この紫陽花の前に小さな橋がかかっていてハッピーのお気に入り場所のひとつです。普段はカメラから目をそむけるのになぜかカメラ目線のハッピー。最近ちょっと太ったよね。中年太り?昨年、鉢植えで楽しんだ「墨田の花火」だったかな(?)も背も伸... [続きを読む]
  • 玉ねぎパワー
  • 梅雨入りして2週間ほどたちますが本当に梅雨に入っているの?と、思うくらい雨が降りませんね。6月といえば玉ねぎの収穫の季節。最近、両親の淡路島土産の玉ねぎやお弟子さんの保護者の方からの差し入れでたくさん頂戴し日々、玉ねぎ晩餐会です。夫は、「毎日、玉ねぎ1個は食わせろ〜。🎶」というくらいの玉ねぎ好きでサラダやフォーには淡路島産... [続きを読む]
  • 東山慈照寺<銀閣寺>
  • 哲学の道を北上し観光客が東に向かって歩く姿を目にすると銀閣寺はすぐ近くです。浴衣や着物を着た人も多く見かけます。5月でもう、浴衣?と、思ったらほとんどの方が海外からの方でした。ツアーにレンタル着物のサービスがあるのかな。 さすがに世界遺産に指定されているので観光客の数も半端ではなく列をなして回遊します。この扉絵は本堂(方丈)の回廊のもの。... [続きを読む]
  • ほ〜 ほ〜 ほ〜たる来い ♪
  • 先週末、またもや桜川に蛍を見に来ました。薄暗くなって、光りはじめるものの風が強くなかなか乱舞はしてくれません。草むらの中でじっと光っているだけです。そこで場所を変えこの日「ほたる祭り」をやっているという宇甘川へ。車の中からでも飛んでいる蛍が見えるけれど人出もあって、車が止められない!そこで、支流の山のほうへ向かいます。ここにもいまし... [続きを読む]
  • 安居渓谷とにこ淵
  • 安居渓谷を後にし川を下る途中素敵な吊橋がありました。昭和35年にかけられた「余能橋」。橋のたもとには狭い場所ながら茶畑。高知はお茶の産地としても有名で仁淀町に入ると茶畑がよく見られお土産にも買いました。清流に鯉のぼりが 干して 泳いでいます。あざやかな鯉のぼりが新緑に映えます。風が吹いて、ちょっとだけ... [続きを読む]
  • 涼風滝めぐり25 安居渓谷の「昇竜の滝」
  • 安居渓谷の更に奥へ行くと昇竜の滝があるのですが時間も4時近くになったので車で「もみじ公園」まで移動します。滝へは沢ではなく、この山道を登っていくようです。時間は4時前、道も少し暗く所要時間もわからないので滝つぼへ行くのはあきらめ車で行ける展望台に向かいます。この時の痛恨のミスが「水晶淵」に立ち寄らなかったこと!その名の通り、水が青く水晶の... [続きを読む]
  • 過去の記事 …