大辞典 さん プロフィール

  •  
大辞典さん: キリスト教大辞典
ハンドル名大辞典 さん
ブログタイトルキリスト教大辞典
ブログURLhttp://christian-unabridged-dict.hatenablog.com/
サイト紹介文キリスト教説明サイト
自由文新しい発想でキリスト教を正しく理解するためのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 12日(平均8.2回/週) - 参加 2017/07/11 11:00

大辞典 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 日本キリスト教団
  • 日本キリスト教団は、プロテスタント教会の組合のようなものです。色々な教会が参加しています。チャペル福音館の廣畑牧師その中で、なかなかユニークな教会がありますのでご紹介しましょう。京都府長岡京市の「チャペル福音館」です。「チャペル福音館の礼拝とは」から引用しておきましょう聖餐式を中心とする礼拝は典礼重視なので、カトリックや聖公会のような形態をとります。 式文は日本基督(キリスト)教団、カトリック、 [続きを読む]
  • 自殺
  • Le Suicidé(エドゥアール・マネ、1877?1881年)Wikiの「自殺」から「キリスト教」の項を引用します。キリスト教においては基本的に、自殺は重大な罪だとされるが、キリスト教で自殺に対する否定的道徳評価が始まったのは、4世紀の聖アウグスティヌスの時代とされる。当時は殉教者が多数にのぼり、信者の死を止めるために何らかの手を打たねばならなくなっていた。また10人に1人死ぬ者を定めるという「デシメーション」と呼 [続きを読む]
  • 右の頬と左の頬
  • もふぬこよりマタイによる福音書 第五章38-42節に次のような言葉があります。『目には目を、歯には歯を』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい。あなたを訴えて、下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。もし、だれかが、あなたをしいて一マイル行かせようとする [続きを読む]
  • 予定説
  • ジャン・カルヴァンWikiの予定説では、予定説について次のように説明されています。予定説(よていせつ)は、聖書からジャン・カルヴァンによって提唱されたキリスト教の神学思想。カルヴァンによれば、神の救済にあずかる者と滅びに至る者が予め決められているとする(二重予定説)。神学的にはより広い聖定論に含まれ、その中の個人の救済に関わる事柄を指す。全的堕落と共にカルヴァン主義の根幹を成す。しかし、それは納得 [続きを読む]
  • 感謝祭
  • 「感謝祭」って時々耳にしますが、誰が何に「感謝」する祭りなんでしょうか。文化がわかれば英語もわかる!サンクスギビング・デーに関する英語表現まとめWikiの「感謝祭」から「感謝祭の由来」を引用します。感謝祭は、イギリスからマサチューセッツ州のプリマス植民地に移住したピルグリム・ファーザーズの最初の収穫を記念する行事であると一般的に信じられている次に、同じ「感謝祭」から「アメリカ合衆国における感謝祭 [続きを読む]
  • 洗礼
  • キリストに洗礼を施す洗礼者ヨハネマルコによる福音書 第1章第2-11節預言者イザヤの書に、「見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、あなたの道を整えさせるであろう。荒野で呼ばわる者の声がする、『主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ』」と書いてあるように、バプテスマのヨハネが荒野に現れて、罪のゆるしを得させる悔改めのバプテスマを宣べ伝えていた。そこで、ユダヤ全土とエルサレムの全住民とが、彼のもとに [続きを読む]
  • 下半身
  • キリスト教の指導者には非常識者が多いようですが、特にカトリックの下半身は目に余ります。「カトリック 小児性愛」のようなキーワードで検索してみますと、沢山の記事やサイトがヒットします。一つご紹介しておきましょう。映画では描かれなかった、あまりに重い教会の犯した罪のディティール 書籍『スポットライト』『スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪』(2016年4月7日、竹書房)本書は映画 [続きを読む]
  • キリスト教といえば「愛」の宗教、という定式ですが。愛(アガペー)の花、アガパンサス実際には、堕胎を行う産婦人科医師を教会で礼拝中に射殺したり、同性愛者の肛門にビール瓶を突っ込んで殺したり、よくある例では、聖堂内で嫌いな信者の悪口をわざと聞こえるように言ってみたり、キリスト教での「愛」の定義は非常識なのが一般的。 [続きを読む]
  • ホルス
  • キリスト教のオリジナルは、ローマ帝国内に蔓延していた民間宗教だったことがわかります。ツタンカーメンの墓に描かれたホルス。足には十字架がある。ホルスというサイトから引用します。エジプトにはBC3000年頃から祭られている「ホルス(HORUS)」がいる。ホルスの生い立ちは次のように伝えられている。12月25日、聖母イシス・メリーから生まれる。ホルスの誕生には東方から星が現れ、3人の王が祝いに駆けつけ新しい救世 [続きを読む]
  • 三位一体
  • 三位一体はキリスト教独自のアイデアではありません。ウィキペディア「三神一体」より、エローラ石窟寺院のトリムルティ像神が3つのパーツから成立する、というアイデアには、実に多くの例があります。たとえば上写真の「三神一体」の項には三神一体(さんしんいったい)またはトリムルティ([tr??m??rti];サンスクリット: ??????????? trimūrti、"3つの形"の意)は、ブラフマーとヴィシュヌとシヴァは同一 [続きを読む]
  • 神とは何でしょうか、実在するのでしょうか。創世記第13章21-22節主は彼らの前に行かれ、昼は雲の柱をもって彼らを導き、夜は火の柱をもって彼らを照し、昼も夜も彼らを進み行かせられた。昼は雲の柱、夜は火の柱が、民の前から離れなかった。この記述を見ると、神の霊体が超常現象を示しているかのように思えますが、違います。出エジプトのイスラエル人の隊列は 非常に長大だったので、列の最後尾であっても先頭の位置が把握で [続きを読む]
  • 奇跡
  • 正しいキリスト教論理に於いては、「奇跡は悪である」という結論にしか成りえません。創世記第1章31節神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。はなはだ良かった。神は天地創造の完成を見て、奇跡無しで満点だと自己評価しています。神は、人間とのコンタクトを自然の現象だけで行う。創世記はそう伝えています。にもかかわらず、さらに「奇跡」が必要だという話が発生するのは、劣った理解、つ [続きを読む]
  • キリスト教徒の条件
  • マタイによる福音書において、イエスはキリスト教徒になるための最低必須条件を述べています。全財産を捨てたものだけがキリストに従う資格を得ることができる。マタイによる福音書 第19章16-22節19:16すると、ひとりの人がイエスに近寄ってきて言った、「先生、永遠の生命を得るためには、どんなよいことをしたらいいでしょうか」。19:17イエスは言われた、「なぜよい事についてわたしに尋ねるのか。よいかたはただひとり [続きを読む]
  • 悪魔
  • キリスト教における「悪魔」とは、神のことです。TINTORETTO The Temptation Of Adam1550年150.0cm x 220.0cm創世記第3章1節さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。全能の神が創造したこの「狡猾」な生物とは、神自身でなければ、楽園の中で女を誘惑することはできないはずです。創 [続きを読む]
  • 過去の記事 …