まいたんブログ さん プロフィール

  •  
まいたんブログさん: まいたんのブログ
ハンドル名まいたんブログ さん
ブログタイトルまいたんのブログ
ブログURLhttps://jijimairo0816.muragon.com/
サイト紹介文まいたんさんのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 16日(平均3.5回/週) - 参加 2017/07/12 08:00

まいたんブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 突然のプロポーズ
  • 突然のプロポーズは付き合ってから3ヶ月も経たないうちにされた。 二度とも結婚で辛い思いをしていたので、プロポーズされた時の気持ちは は? という感じだった。 なんせ、15歳も年下の青年が私に一生、一緒にいて下さいと言われても先に老いて死んでいく私で良いのか?と真面目に考えてしまった。 彼はその後はあまりしつこく私からの答えを聞かなかった。 彼には彼の事情もあった。 家族を含む病院からの拘束があるな [続きを読む]
  • 初めてのデート
  • 彼との待ち合わせは駅の改札横だった。 懐かしい背の高い男性が緊張した面持ちで立っていた。 朝早くから私の地元に来てくれたことが何より嬉しかった。が、とても恥ずかしい気持ちになった。 時間が約束の時になって、彼の元へ走った。 彼に近づき、名前を呼ぶと私に気づいてくれた。 それから喫茶店へ行き、近況報告的な話をした。彼は退院後も自宅に帰る事を許されず デイ・ケアなどの福祉サービスを利用していることを教 [続きを読む]
  • 懐かしい声に浮かれる私
  • 退院してから一人の生活が始まった。 まだ秋なのに、身体がだるくて仕方ないのと 何故、入院させられたのかと怒りが込み上げる毎日を送っていた。 主人が亡くなってから禁煙していたのに、また煙草を吸うようになったことに更にイライラしていた。 そんな時、携帯の着信があった。非通知だったので彼だと直ぐにわかった。 もしもし?僕やで。元気にしてる? 本当に連絡がきたことに驚いたのと、また声が聞けたことが何より嬉 [続きを読む]
  • 微妙な恋愛のスタート
  • 退院が決まる直前、外泊を許可された。 彼は満たされない食事の量や自由な外出を黙って耐えていた。理由は敢えて聞かなかったが、他の患者さんの不満や雰囲気からこの病院の在り方は人権を問うものだった。 久しぶりに自宅に帰れる嬉しさから、お土産に何が欲しい?と彼に聞いた。 彼は腕時計が欲しいと言った。 腕時計?何で?と聞くと、持ってないから と短い返事が帰ってきた。 私達はまだ付き合っている訳でもなかったし [続きを読む]
  • やっぱり気になる年の差
  • 彼とはいつの間にかデイルームで食事を一緒にするようになっていた。 他にも何人かの患者さんも一緒にいたが、 座る場所は私の真ん前が彼と決まっていた。 食事が喉を通らず、少食だった私のおかずを彼は目くばせして食べてくれた。 ずっとデイルームにいると彼は私の前に座って聞いていた音楽を聞かせてくれた。 無言で言葉少ない彼にどう接していいのか分からなかったが、感謝の気持ちを伝えたくて手紙を書いて渡した。 話 [続きを読む]
  • 過酷な入院生活の中での淡い恋
  • いきなり騙されて入院させられた病院は 田舎の精神科病院だった。 今まで通院していた病院は大きな総合病院で勝手も知っていて、何よりも居心地の良い場所だったので何で?何で?という感じだった。 洗面具も何も持たされないまま、家族の同意と医師の判断でいきなり入院。 受診室で両腕を看護師に捕まれたままナースステーション横の個室に入れられた時はただ呆然としてしまった。 病棟の看護師の計らいで病衣と洗面具を用意 [続きを読む]
  • 女性の幸せって何?
  • 最近はこういうテーマの記事が多いような気がする。結婚や子供…全てわたしが経験してきたこと。 普通の人とは違うのは、離婚の原因はDVで 死別は突然にやってきた。 私は精神障害を持っていて、ある日突然に 娘に医療保護という形で入院させられたこと。 その入院先で結婚相手と出会った。 [続きを読む]
  • 精神障害、三度目の結婚
  • 離婚、死別とパートナーとの縁がない+精神障害の私が三度目の結婚! 友達にも愛想をつかれ、周りの人にも理解されないけれど…。 今回の結婚は普通に恋愛しての決断じゃなかった…そんな気持ちを伝えていけたらいいなと思っています。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …