ハッピークローバー さん プロフィール

  •  
ハッピークローバーさん: ハッピークローバー
ハンドル名ハッピークローバー さん
ブログタイトルハッピークローバー
ブログURLhttps://ameblo.jp/happyclover-sky/
サイト紹介文福祉のお仕事や自身の体験の中で高齢者や障がいを抱える方の介護、支援で頂いた温かさを漫画にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 70日(平均0.8回/週) - 参加 2017/07/12 13:57

ハッピークローバー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分の行き先
  • お久しぶりなブログになってしまいました。 いろいろ漫画は描いてあるのですが、まとまった時間がとれなくてバタバタしていました。 実は母は昨年脳梗塞になったのですが、ずいぶんそのことに私はエネルギーを注ぎました。でもようやくエネルギーを注がなくてよさそうです。奇跡的にだいぶよくなり、もう病気前よりも元気になったという感じです。 特に病院のリハビリも受けず、家で毎日リハビリをしました。あと食事、マッサージ [続きを読む]
  • 身内の介護と仕事としての介護の違い ②
  • 身内の介護と仕事としての介護の違い ① の続きです。 まだ調整がうまくいかず、ペンの太さが太くなったりしてすみません^^;;ちっと線が太くなりすぎました。いずれ、たぶん、いつか、統一するはず・・・・。(統一しろよっ)読みにくくてごめんなさい。 祖母の介護、そして身内の世話は、本当に疲れました。確かに、介護技術の未熟さもあります。そして職場のように仲間がいないこともありました。でも一番は身内との距離 [続きを読む]
  • 完璧な人なんていないです!
  • 以前の知的障害者の方々のグループホームで支援をさせて頂いた時のことです。 そこの利用者さん(仮に「田中さん」とします、私は仮に「松本」とします)、は、障害者枠で就労もされており、そのグループホームから就労先に通う日々でした。私はそのグループホームで安定して、田中さんが自己管理を行い、生活ができるように支援することがお仕事でした。 ある日、その田中さんが悪くないのですが、田中さんが悪いという状況になっ [続きを読む]
  • すみませんでした。
  • 毎日暑いですね^^読んで下さる方がいらっしゃったら、本当にありがとうございます。 暑い夏ですので、体に気を付けて夏を乗り切ってくださいね。 ところで、2回、へたっぴの漫画を描かせてもらいましたが、スマホでは細長いサイズの方が見やすい、や、少し見にくいなどのアドバイスをありがたいことにいただけて、スマホでは、やはりサイズが違うのか!!!!!とようやくわかりました。 すみません、現在の携帯普及率160%以 [続きを読む]
  • 身内の介護と仕事としての介護の違い ①
  • ばあちゃんは、ばあちゃんの子供、長男のお嫁さんのところに一時いました。私は違うところに住んでいたため、通っていましたが、この漫画の描いたころは、いずれ、一緒に住むように準備をしているところでした。 ただ、なぜか、ばあちゃんの介護は疲れました。本当に疲れました。オムツ交換一回でへとへと、車いすに移乗介助でへとへと。 しばらく動けなくなるのです。このことについて、ずいぶん自信をなくしたものです。ずいぶん [続きを読む]
  • 介護業界にAIが導入される中で
  • 早速、豊橋市でAIによるケアプラン作成の導入がされました。個人的には、AIを使うことは要介護の方が増える中で、人手も足りず、国の財政を圧迫する中で必要かもしれないと思います。予防、自立支援プランなど、AIで大まかにプランを作り、その上で個人個人にケアマネが調整していく、との話も聞きます。 ただ介護であれ、ケアマネ業務であれ、対人援助とは、観察と関わりの連続です。観察し、相手の状態から一番良い動き、 [続きを読む]
  • 育ててくれた祖母に何も返せない〜祖母が介護が必要に〜
  • 祖母が私を育ててくれた時代は、70代の方といえば、もう今の80代以上にみえました。本当に「縁側に座っている小さいおばあさん」という感じでした。 今の70代はとても若いですね。お孫さんのお世話もよくされている方々を見かけます。私の時代は、孫の世話をするおばあさんは見かけることがほとんどなかったと思います。家庭に母親がいることが当たり前の時だったからかもしれません。 祖母が私のオムツをかえてくれ、そし [続きを読む]
  • はじめまして
  • 福祉の世界のこと福祉の仕事のことそして関わりあう方たちのこと 自分自身が小さいころから福祉の世界にいて傷ついたり苦しんだり変えたいと思ったりその中の出来事 今まで自分が伝えることなんて恐れ多くてできないと思っていました。未熟で至らない私がやっていいのかな、とも。 でも、少しでも言葉にできないあたたかさを漫画にのせて何か伝えられればそして何より「ありがとう」、というお礼を、出会った方に胸いっぱいこめて [続きを読む]
  • 過去の記事 …