あらかんmario さん プロフィール

  •  
あらかんmarioさん: 東京脱出あらかんマリオの新快感主義
ハンドル名あらかんmario さん
ブログタイトル東京脱出あらかんマリオの新快感主義
ブログURLhttps://mario.nanjo.jp/
サイト紹介文50代60代中高年シルバーど真ん中あらかん世代の元ディレクターが東京脱出して出雲流の生活を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 76日(平均5.2回/週) - 参加 2017/07/12 23:45

あらかんmario さんのブログ記事

  • 出雲の無料スポットで野鳥ウォッチング
  • 秋から冬は、バードウォッチングに最適な時期のようです。渡り鳥はたくさんやってくるし、木々の葉が落ちるから、森の中の見通しもききます。さぁ、双眼鏡を手に、出かけましょう!っといっても、どこに行けばいいの?ってな感じですよね。全国、どこに行っても、それなりに野鳥は観察できます。だから、本来は、どこに行ってもいいのです。でも・・、ひとりで観察していても、なかなか難しいのです。鶏の探し方ってのもあるし、だ [続きを読む]
  • サンマは炭火焼きで内臓も美味し
  • 9月下旬の日曜日。出雲市でもお気に入りの場所にイスやテーブルを運びました。日本海お湯だけ沸かしてシンプルモーニングでもご紹介しましたが、道の駅キララ多岐の近くにある駐車場付き海岸です。24日。この日は風もなく、ご覧のように海もコバルトブルーという感じでした。はっきりいって演歌の影響だと思うけど、日本海って、「海は灰色雨まじり」とか「なまり色したああ日本海」で極めつきが「哀しみ本線日本海」・・・。演歌 [続きを読む]
  • 夏の疲れは納豆と稲庭うどんのコラボ
  • 涼しくなってくるとどうも身体がだるくなってくるようです。おそらく、夏の高温でゆるんでいた筋肉が、気温が下がって固くなってしまったからじゃないかと、素人ながら考えるわけです。おそらく、60回も夏から秋のだるさを経験している私たちあらかん世代は経験上知っているといえるのです。ほんとかいな。で、今日の日曜日の朝なんか、飯を食うのも面倒だな、なんて考えちゃうのです。面倒なら、食わなきゃいいのですが、なんだか [続きを読む]
  • 検証・星占いはいいとこ取りだよね
  • だいたいが占いって、あらかん男は信じていないと思われがちです。ちょっと考えても、世界の70億の人間を、たった12に分類しちゃうんです。とすると、単純に割り算しちゃって、5億8千万人の人と同じ運勢をたどるってことになるんでしょう。5億ですよ。ん?・・・もし、12通りしかパターンがないってのも、分かりやすくって面白かったりして。しかも星占いのお告げって、なんだか自分自身の現実に当てはまらないし、そう、あらかん [続きを読む]
  • これが居酒屋メニュー?草野心平火の車
  • 先日、このブログに、「草野心平氏流のゴマ油粥(かゆ)」をご紹介しました。お米とゴマ油を同量という豪快なお粥でした。あの、カエルの詩で知られる草野心平氏、じつは、実業家ともいえるのです。貸本屋をやったり、居酒屋やバーをやったり。出展:http://www.k-shimpei.jp/life.htmlじつに、いい顔、ですね。「火の車」というのが、その心平さんの居酒屋です。ついでにバーの名称が「学校」。これもなんだか、笑っちゃいます。 [続きを読む]
  • ご存じ?常夜鍋って誰もが知っているようで
  • 毎晩まいばん食べても飽きないと言われている鍋があります。一晩中食べていても飽きないとも言われているようです。その名も。常夜鍋。そういえば、常夜って言葉、どんな意味でしょう。一晩中?それとも、常に夜?撮影所のスタジオで、ふだんついている照明を常夜灯なんていっていました。あれは、ずーっと点いているということなんでしょう。すると、常夜鍋。これは、常夜ではなく、常に夜鍋という感じでしょうか。そうなると、皆 [続きを読む]
  • パソコンに録音するためのマイクなど選定
  • 障がいがあるなしにかかわらず、誰もが同じように情報にアクセスできるようにしようと、さまざまな取り組みがあります。例えば、視覚障がい者のために、点訳や音訳があります。点訳は、点字で情報を伝えます。私マリオも文京区に住んでいた頃、文京区社会福祉協議会の講習を受けて、ボランティアグループに入れていただき、区の広報紙の点訳もお手伝いさせていただきました。点訳のソフトも、フリーウエアながらとても素晴らしいも [続きを読む]
  • 変幻自在!連休の朝はサラリ朝がゆ
  • 世間的には3連休。ちょっとお天気が気になるのは世の常。お天気なんざ気にせず、遊びましょ。そんな朝は、胃に負担をかけたくないもの。だってね、昼間も遊んで、夜は飲み過ぎ食べ過ぎ、でしょ。とくに、中高年、あらかん世代は、内臓を大切にしたい。ご町内より腸内環境ってね。私マリオは、お仕事のない朝はだいたい朝がゆです。圧力鍋ならかんたんです。じつは、小生の座右の書「檀流クッキング」にもおかゆがあります。その書 [続きを読む]
  • 檀流クッキングの鶏手羽先は2度美味しい
  • 「2度おいしい」この言葉で、何を思い浮かべますか? そう、あなた。いかがですか?ネットで検索してみましょう。すると・・・「1粒で2度おいしい」なんて言葉がヒットします。わぁ、懐かしい・・。アーモンドグリコです。動画もあります。あらかん世代のみなさま、覚えておいででしょうか?アーモンドグリコ モノクロCMhttps://mario.nanjo.jp/wp-content/uploads/2017/09/45303a9b39974b27953a80121e50ec5b.mp4今回は、ひと [続きを読む]
  • スマホご用心・新しいもの好き!わかるけど
  • 本日、iPhoneの新機種が発表されました。出展:https://www.gizmodo.jp/2017/09/104706.html新しいもの、いいですね。もう、すぐにでも飛びついてしまいます。でも・・。だいたいが新しいものって、不具合が出たりするものです。でも、新しいもの、いいよねぇ・・。わたしは声を大にしていいたい!新しいものもいい! でもね、古いものにも良さがある!だから、古い段階に戻せることを確認しておきましょう!なんてね。じつは、先 [続きを読む]
  • 聖湖@広島無料キャンプ場でのんびり続編
  • つづきです。無料キャンプ場での朝は、しっとりとあけました。というのも、夜露がすごいのです。まぁ、今回は連泊なのでテントを乾かす必要はありませんから、のんびりしましょう。そういえば、ここのところ、1泊きりのキャンプが多かったので、久しぶりののんびり連泊です。まずは、早朝のウォーキング。朝5時台に起きて、6時少し前、聖湖へトボトボ・・いえ、虚勢を張って、貧弱な胸を張り、歩き出したのでした。そこで、なん [続きを読む]
  • 聖湖@広島無料キャンプ場でのんびり続編
  • つづきです。前編はこちら無料キャンプ場は霧の流れる聖湖@広島。無料キャンプ場での朝は、しっとりとあけました。というのも、夜露がすごいのです。まぁ、今回は連泊なのでテントを乾かす必要はありませんから、のんびりしましょう。そういえば、ここのところ、1泊きりのキャンプが多かったので、久しぶりののんびり連泊です。まずは、早朝のウォーキング。朝5時台に起きて、6時少し前、聖湖へトボトボ・・いえ、虚勢を張って [続きを読む]
  • 無料キャンプ場は霧の流れる聖湖@広島
  • まずはこの写真をご覧ください。なんか、湯気が上がっている温泉のようです。でも。ちがいます。もう一枚、ご覧ください。早朝の広島県北部、島根県境に近い聖湖です。撮影したのは早朝です。写真のデータによりますと、9月1日の午前6時5分となっています。この湖の近くに、なんと無料のキャンプ場があります。聖湖キャンプ場です。地図をご覧ください。Google mapによりますと、出雲市からのルートは3つ。やはり、有料道路は [続きを読む]
  • 手作りラー油は中国大使館公使直伝なのだ
  • 暑い夏でもビールのお供に最高だよね。・・・枝豆かい?いやいや、寒い冬でも、こいつぁ熱々だからビールに合うんだ。・・・じゃぁ湯豆腐だないやいやいや、ピリッと辛いからやっぱりビールぐびぐびいけちゃう。・・・えーい。じれってぇなぁ。早く言えよ。ビールビールって、なんだい。その夏にも冬にも合うって優柔不断な野郎は。え? まぁ、たぶん、秋でも春でも、いいかもしれない。・・・なんだよ急に声が小さくなったね。自 [続きを読む]
  • どこでもスマホ生かすも殺すもキーボード
  • 生まれた日のことを忘れてしまうほど長く生きてきていると、昭和のことを懐かしむだけじゃなく、昭和方式でしかできないことに気づいたりもするんです。要するに、平成を簡単には受け入れたくない自分がいるのです。昭和の人間はかくも義理堅いのです。たとえば、入力です。平成のいま、スマホで指先を左右にフリフリするフリック入力が、主流です。昭和原人は断じてフリフリフリックではなく、キーボードに限るのです。そういえば [続きを読む]
  • スマホ高速入力はキーボードとのコラボ
  • 私しつこいようですが、あらかんです。自分自身が生まれた日のことすら忘れてしまうほど長く生きてきていると、昭和のことを懐かしむだけじゃなく、昭和時代のやり方でしか生きていけないってことに気づいたりもするんです。平成の現代人からすれば、さしずめ昭和原人といったところでしょうか。でもね、平成を簡単には受け入れたくない自分が、私の中にいるのです。こうなると、もはや原人どころか猿人です。昭和の人間はかくも義 [続きを読む]
  • 出雲にはイルカくるかも図書館もリゾート風
  • 平日昼間の図書館は、あらかん世代はじめ中高年男性いこいの場所となっています。この件については、すでに「あらかん男の書斎空調完備で本との出会い」で我田引水的にではありますが、ご紹介いたしました。いっぽうで土日は子ども連れのお母さんが多いような傾向にあります。おそらく、中高年男性諸氏は子どもたちを見送って、お留守番でしょうか。さらに先日の新聞報道にもありましたが、全国の自治体で書店のない市町村が2割強 [続きを読む]
  • 出雲にはイルカくるかも図書館もリゾート風
  • 平日昼間の図書館は、あらかん世代はじめ中高年男性いこいの場所となっています。この件については、すでに「あらかん男の書斎空調完備で本との出会い」で我田引水的にではありますが、ご紹介いたしました。いっぽうで土日は子ども連れのお母さんが多いような傾向にあります。さらに先日の新聞報道でもありますが、全国の自治体で書店のない市町村が2割強もあるということです。こうなると、図書館の役割は、とくに地方においては [続きを読む]
  • 夏草やダートな林道で気分スッキリ
  • 車なんて、だいっ嫌いでした。環境を悪くするし、どこからどう見ても凶器です。だから、5年前までは免許なんか持っていなかったんです。ところが、東京脱出したら、車の免許がないと生活が難しいということがわかりました。そう。アイターンには免許は無いよりあった方がいいのです。そこで、還暦直前に免許を取得しました。すると、これがまた面白いということがわかっちゃったのです。まずいよね。凶器を狂気が乗り回すのですか [続きを読む]
  • バラ凍結エビちょっとだけでも香りのピラフ
  • お昼って、どうしていますか?できれば簡単にすませたい、けど、あんまりアッサリだとちょっとカラダが心配。しかも、片づけを考えると鍋一つぐらいでやっつけたい…。そう。わがままなんです。あらかんは、まさに60年も長く生きてきて、わがままになってしまっています。おそらく、関節も固くなってきているのでしょうし、大脳もまるで乾燥した味噌のように固くなっているのでしょう。でもね、それじゃ、嫌われちゃうよ。うん。私 [続きを読む]
  • あらかん男の書斎空調完備で本との出会い
  • 平日の午前中、図書館にいってみましょう。そこには、まるで別次元の世界がひろがっています。おとぎの国? 竜宮城? お菓子の家? 酒とバラの日々? 酒池肉林? いえいえ。おやじのごった煮そんな言葉が、脳裏に浮かぶのをどうしようもありませんでした。自分自身がごった煮の具材のくせに・・。でも、いいじゃないですか。胸張って宣言しましょう。図書館は、オレの書斎だ。いまどきは、ネットで借りたい本やビデオの予約が [続きを読む]
  • 暑い朝ソーメンつるっとカラフルにおめざ
  • 夏のお休みの朝は、なんだか起き上がるのも面倒くさいなんて。そんなことありませんか?私マリオはあらかんですが、ほとんど今も休みの日は早起きです。今日はどこに遊びに行こうかなんて思いめぐらして、そのあげく、二度寝しちゃうことばかり。いつの間にやら、あれ? もう、朝ドラ終わっちゃったのね。なんて。そんなのときは、ご飯炊いて味噌汁作って…なんて、考えただけでも、いやんなって、三度寝しちゃいそう。そんな私と [続きを読む]
  • カフェで電源もらってワイファイわいわい
  • 「ワイファイっていいよね。もう、ぼくたちの生活に、無くてはならないって感じ。スピード感もハンパないし、大容量だしね。」「そうだよね。 ハイファイでしょ? 音響の世界の大革命・・・原音により忠実にって」「あれ? 音響ですか?」そういえば、ハイファイって、このところ、ちっとも聞かないよね。ところで、ワイファイ。ハイファイはさておき、ワイファイです。英語で書くと、Wi-Fi。無線でインターネットにつながると [続きを読む]
  • 猛暑ならば沖縄だソーメンチャンプルーだ
  • 暑い日が続くと、食欲がなくなるようです。つい、冷たいものばかりを求めてしまう・・・。じつは、私マリオはどんなに暑くても熱いものが好きなんです。困ったものです。へそが曲がっているに違いありません。でも、面倒くさがり屋でもあります。さらに、困ったものです。だから、今日は、さっぱり素麺ではなくて、ジャッと簡単にできるソーメンチャンプルーです。決め手は、さらにヒートアップさせる「こーれーぐーすー」です。沖 [続きを読む]
  • うがいスッキリするなら鼻にだってやって欲しい
  • あらかんになったころ、そう、ここ数年のことです。垂れるんです。したたるんです。下を向いて作業などしていると、ときに、水のようなサラサラの液体が垂れてくるんです。出所は、鼻の穴。はっきり言っちゃうと、恥ずかしいんですか、鼻水です。若い頃、そんな経験あったかどうか、たぶん気づかなかったぐらいですから、なかったんだろうと思います。最近始まったみたい。やっぱり、年々進化しているってことなんでしょう。違いあ [続きを読む]