happypenugin さん プロフィール

  •  
happypenuginさん: それでも幸せな人はいるから
ハンドル名happypenugin さん
ブログタイトルそれでも幸せな人はいるから
ブログURLhttp://www.happypenguin.net
サイト紹介文特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように。
自由文はじめまして「ハピペン」です!
放課後の学童保育6年→特別支援学級担任5年目です。
インクルーシブ教育と教室で出来る支援について考えるのが好きです。
最近考えていることは「ゴールの共有」「目的の共創」です。https://goo.gl/81nYAR
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 13日(平均23.2回/週) - 参加 2017/07/13 04:47

happypenugin さんのブログ記事

  • 記録をすると頭がスッキリするなあ……?!「分かるってそういうことかも!!」
  • 記録を人に進めるも「今はちょっと休みたい」と言われてしまった「ハピペン」です。あーあそうだよなあ。でもなんで記録って楽しいんだろう……。もうまったくいいことしかないよなあ。脳もスッキリするしなあ……。「ん?!」「そ、そうか……そうだったのか……そういうことか?!」な「ハピペン」です(2回目)。というわけで、なぜ脳がスッキリするのかを「ハピペン節」でいったるぜ!「分かる」って何かはじめに読ん [続きを読む]
  • 「共創型対話」を学びたい(第1話)
  • やっと髪を切れた「ハピペン」です。タイミングを逃しまくってしまうとこうなるなあ。計画的に生きたいけどイレギュラーはあるっちゃあるから仕方ないか……?さて、さっそく対話について学びはじめました。というのも、8月に共創型対話の研修会に行く。その前に本を読んでおこうって話。対話力を育てる―「共創型対話」が拓く地球時代のコミュニケーション作者: 多田孝志出版社/メーカー: 教育出版発売日: 2006/05/01メディ [続きを読む]
  • メタ認知(その2)
  • 左側の腎臓が悪い「ハピペン」です(あと眼精疲労)。どうするよ……。さて、本日は久しぶりのHappyDay!(大塚愛ではない。)*1睡眠不足でも視界が明るくなるような、12H以上経った今でもまだ余韻があるくらい楽しい気持ちになった日だった。理由は、DAFLという学び場によるお陰様なのです。(DAFLについては小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜を見てほしい)継続と新しいことに慣れていくこ [続きを読む]
  • 「親和性」と「対話」(共創のためのメモ)
  • バスで都内観光な「ハピペン」です。やっぱり、最近「ゴールの共創」や、メンバーの「最適解」などが気になっている。先日の「価値観の違いを乗り越えるには?」への参加も似た動機がある。www.happypenguin.netその「違い」を乗り越えるには、「対話」が重要なのではないか、と感じている。(「どんな対話が必要か」っていうのはこの先考えていきたいこと。)とりあえず今日の経験を書いていく。今日は、同僚の一人と様々なこ [続きを読む]
  • 【ふり返り】1学期から2学期へ(今年変わったこと)
  • 一人ではじめて入るカフェに踏み入れるときのドキドキってなんかいいなって「ハピペン」です。当たりのカフェを発見できて嬉しい。空いているし、電源がある。今日で1学期が終わりです。【ふり返り】やっていこー!!今年変わったこと大きくは、勤務先だなあ。そうすると必然的に、担当する子ども組む先生周りからの目通勤手段が変わる。大きな心構えとしては「慣れない価値観」を許容できる人間になりたいと思っていた。その [続きを読む]
  • プラスのストローク不足していませんか?
  • プラスのストロークってすげーな!って思った「ハピペン」です。学校ってちょいちょいちょっとした間があって、子どもがざわつき出すときがある。支援の子はもれなく動き出すことが多く、その手持ち無沙汰感を埋めるために「プラスのストロークカード」を持ち歩いている。プラスのストロークプラスのストロークとは、「相手の価値や存在を認める態度」です。・言語系・非言葉系・身体系と3種類あって、それぞれを3つずつ、文字の [続きを読む]
  • 4月→7月(なんか変身した?)
  • 子どもの変容が大好物な「ハピペン」です。今日は、朝の会で「夏休みまであと3日だけど、4月から7月になって、君たちなんか変身した?」と聞いてみた。「私は、4月より7月になって、4月よりみんなと仲良くなれたと思っているんだけど……」と。すると一人の子が「あっ」って顔をして手を挙げてくれた。その子は「4月から7月になって、勉強が少し上手になりました」って言ってくれた。この子は、学校の勉強が嫌で、教 [続きを読む]
  • 「価値観を乗り越えるかには?」
  • 曇り空が心配でたまらない「ハピペン」です。洗濯物運がない。それか見通しをもつ力がない。昨日は、teachers'labの「まなびcafe」に行ってきました。テーマは「価値観の違いを乗り越えるには?」です。以下facebookページより引用【限られた人しか助けられない中で、一体誰を優先して助けるべきか?】極限状況を想定した、『クルーザー』というワークを行います。ワークを通して、あなたのホンネの価値観が問われます。「自分は [続きを読む]
  • 「価値観の違いを乗り越えるには?」
  • 曇り空が心配でたまらない「ハピペン」です。洗濯物運がない。それか見通しをもつ力がない。昨日は、teachers'labの「まなびcafe」に行ってきました。テーマは「価値観の違いを乗り越えるには?」です。以下facebookページより引用【限られた人しか助けられない中で、一体誰を優先して助けるべきか?】極限状況を想定した、『クルーザー』というワークを行います。ワークを通して、あなたのホンネの価値観が問われます。「自分は [続きを読む]
  • 【調査】「褒める・叱る」の調査をじっくり見てみた!
  • 先週に入ってようやく積んでいたことが帰ってきた感じがする「ハピペン」です。子どもたちが学んでいる「100より大きい数字、九九、日記、音読、協力、言葉を関連づける」、子どもたちが「できる」を実感しはじめていて、「できない→やりたくない」ではなく「もうちょっとでもっとスムーズにできるよつになりそう……やってみます!」って雰囲気かある(クーラーのおかげ?)今日は、こんなのあるんだーと思って驚いたから紹介 [続きを読む]
  • 「注意されること」の教育効果
  • やっぱり、どうしても、学級内のダメ出しの声にイラつく「ハピペン」です。本当になんなの!?特に、一部の子は注意されて一部の子は注意されないのがたまらなく嫌だ!ヒドイ!座ってあいさつをするときの「気をつけ」のとき、日直からの「Sさん手をひざに置いてください」って注意。もうこの学級は、その子だけに注意フィルターがある。数えてみたらクラスの半数が手を出している。そして、その一人への名指しの注意の後、半数は [続きを読む]
  • 「人間関係形成能力」にズームイン!
  • 久しぶりに4時台に起きられた「ハピペン」です。どうしても日中の眠気が不安になるけれど、今日はすっと起きられた。今まで自分が育てようと思っていたことを一言で表すとなんなのだろう?と最近よく思う。なぜかと言えば、自分には誰かに伝えるための語彙が少ないと感じて仕方がないため。よく思っていたのは「つながる力」とか「人とかかわることを楽しめる力」といった漠然としたものだった。結局、それって「人間関係形成 [続きを読む]
  • 「60点」のときと「100点」のとき
  • 日曜朝のヒーロータイムの時間が変わるって聞いてめっちゃ驚いた「ハピペン」です。戦隊ファンが困るんジャー! テレ朝の改編で「出勤前に見られない」 : J-CASTニュース 当たり前だったことも、やっぱり急に変わる時代なのだな、って実感(えっ、ここで??)今日は、組んでいる人が言っていたことがいいなあと思ったので紹介。今、子どもたちが帰った後に10分振り返りの時間を設けている。そこで出た話。「子どもの自己肯 [続きを読む]
  • 主体的で対話的で深い学び
  • ようやく日焼けの痛みがひいてきた「ハピペン」です。「主体的で対話的で深い学び」による授業改善。どうすると効果的なのかが分からない。たぶん、っぽいことは、日常的やっているのだろうけれど、どうすると子どもたちのために実現できていることになるのか。教師の主観で、意識していて、できたと思えればいいもんなのか???総則の解説から抜き出してみる。(http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro [続きを読む]
  • 発達障害の子が「九九の暗唱」を乗り越えるには
  • 先週、九九を覚えられない子が授業中ふざけ尽くしたので、特に注意せず見守り、授業時間が過ぎたら帰ろうとするので、「終わったら帰ろうね」と阻むと号泣させてしまった「ハピペン」です。中学までに「九九」ができていると、嬉しいと中学の先生が言っているのを聞いたことがあって、つい拘ってしまう。しかし、どうしても発達障害があって、「九九」を覚えるのに必要な何かしらの力に困り感があると、なかなか覚えられない。こ [続きを読む]
  • 悪いところ探しの弊害
  • 最近糖分の入っていない炭酸にはまっている「ハピペン」です。乳酸菌の入った甘くない炭酸が好きです。先日、交流級の先生に「良い姿を伝えて待つこと」に対してフィードバックしました。その後、ところどころに「ほめ」を入れてくれています。しかし、そこのクラスの子どもたちは、挨拶などで待つ際に「悪いところさがし」を続けています。2、3か月経って、そういう目が養われているのだなあと思います。クラスの子がクラ [続きを読む]
  • 自己肯定感はなぜ高める必要があるのか?
  • 肩の日焼けが痛すぎる「ハピペン」です。なんかとっても久しぶりな感覚。さて、今日は自己肯定感はなぜ上げる必要があるのか?を書きます。自己肯定感が重要、自己肯定感が低いというのは、いろいろな場所で聞きますが、じゃあないと困るの?というのはあまり書かれていません。学力が上がるこちらの本では、自尊感情を高めると学力の向上につながると書かれていました。教室で自尊感情を高める―人格の成長と学力の向上をめ [続きを読む]
  • ポジティブフィードバック
  • ラッシュガードを忘れた「ハピペン」です。こんなのはじめて……ショック……。さて、今日は、自分の強みでもある「ポジティブフィードバック」の話。昨日、勇気を出して、私の受け持つ子がいてよくかかわっている交流の先生にフィードバック(ポジティブな内容)をしてみました。おこがましいとか、なんで私なんかが評価的にモノを言えるのだとか、余計なお世話だとか、いろいろやらない理由は浮かんだのだけど、せっかく「 [続きを読む]
  • 失敗のカバーのためにしたこと
  • 失敗を打ち明けるって大事だなって「ハピペン」です。それをカバーすると失敗の思い出って変わるしね。さて、失敗のカバーのためにできることをしたって話。どんな失敗か午前中に行事があって、その後の片付けの担当を分担していなかったため、体育館にピアノが残る。そのまま、5Hに体育をさせることになってしまう。結局、6Hに6年生たちが片付けてくれる。「あーまずい……」1.謝るこれは当たり前。光速で謝る。2.改善す [続きを読む]
  • 朝読書のルールってないの?
  • 今日やっとプールに入った「ハピペン」です。たった一回のプールの中でも成長が見られて大興奮でしたっ。さて、朝読書。朝の会の前に10分程度本を読んでいる学級て少なくないのではないでしょうか。自分で持ってきたものや、教室の左後ろ辺りにある学級文庫から本を持ってきて読むことでしょう。朝読書にルールがないと文字を読むことが好きじゃない発達障害の子は、問題行動連発だと思います。さあ、約束を考えて、可視化 [続きを読む]
  • "しあわせ"を漢字から単純に辿る
  • 司会や放送をほめられてちょっと嬉しかった「ハピペン」です。良かったことも記録しないとね!さて、「しあわせ」について考えてみよう。別に本気出しては考えていない(笑)ポルノグラフィティ。「幸せ」について「幸せ」が、手枷ってのはよく聞く話で、死刑でなくて、手枷の刑ですんだという喜び。それが、幸せってちょっと消極的だな、って思う。じゃあ、こっちなら?「仕合わせ」ってやつ。「仕合わせ」について順番 [続きを読む]
  • 「ゴールの共有」「目的の共創」
  • 今年まだプールに一回も入ってないんだけど?な「ハピペン」です。みんな忙しそうにプールに入っているのに、私はポツン。昨年までは、毎日入ってるよね私!?だったのに……。「ゴールの共有」についての話今日は、一昨日見えた視点を書いておこうと思う。うちの校研でどうしてもぶち当たるのが「ゴールの共有」というキーワードだと話していた。それを、校研のアドバイザーにも言われた、と。どういうことかというと、その時間 [続きを読む]