かりん さん プロフィール

  •  
かりんさん: フランスで娘と二人暮らし
ハンドル名かりん さん
ブログタイトルフランスで娘と二人暮らし
ブログURLhttp://mytreasure67.blog.fc2.com/
サイト紹介文まだ離婚協議中。望んではいないフランスでの生活を娘と続けるしかないけれど、日々修行なんだと・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 34日(平均3.1回/週) - 参加 2017/07/13 05:53

かりん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 明日この家を出ます
  • あの人は日曜日の0時頃に帰って来ました。もちろん娘はおらず一人でした。そして私は昨日の朝の7時半に、大きなスーツケースを自転車の娘の補助席に乗せて、2km先のバス停まで行きました。でも朝早くだったから車が少なくて良かった。あの姿を見た人達は「やっぱりこんな変なことするんだな、アジア人は・・・」と思ったに違いないでしょうね。片手でスーツケースを押さえながら、もう片方の手でハンドルを握り、更にスーツケース [続きを読む]
  • ここまで進みました
  • 日本はお盆に入っていたんですね。そんなことはすっかり忘れていて、自分の世界に居ました。もうずっと前からですが・・・日本のみなさんは、短い夏の休暇を取られているんでしょうね。前回の続きで、木曜日に荷物を運んでもらいました。そしてガスや水道、インターネット等、必要な手続きと立会いが終わりました。あっ、インターネットは21日にインストールしに来てくれるので、まだ使えません。それが痛い。家具は全てIKEAで買い [続きを読む]
  • 荷造り終了
  • 昨日から荷造りを始めました。ダンボール8、9個ぐらいだと思っていたのに、終わってみれば、ダンボールが15個、(でも小さいダンボールが5つ)スーツケース3つになりました。引越しを手伝ってくれる人は、金曜日からアノンスを出して探していました。「家具はありません。ダンボール9個ぐらいで、私も一緒に乗せてくれて、また家まで送ってくれる方、100?、支払います。」と出したのですが、UPされて20分ほど過ぎたら続々とメールが [続きを読む]
  • 遂にアパートに入居出来ます
  • アパートの鍵を来週の水曜日にもらいます。やっぱり予測していたように、不動産屋物件で、内覧予定だったアパートは直前でキャンセルされました。家主が別の不動産屋にも頼んでいたようで、つい数日前にそこで決まってしまったとのこと。契約書を交わすまでは危ないと思っていた予想が見事に大当たり。でももう一件、そこから100メートルほど離れた場所のアパートも、予備で考えていたんです。寝室は一つだけれど、100ユーロ安くな [続きを読む]
  • 日々修行
  • 月曜日、私は病院へ行かなければならず、あの人に娘がバカンスの時期に開いている学校に行けないか、数日前にメールを送っていました。でも学校ではなく、誰かに頼むなら連れて行くから、と書いておいたんです。いつものことだけれど、何も言ってこないのでさっき聞いてみたら、「大丈夫、誰かに預けるから。」と言うので、「誰?」と聞いても、無言でいつものように携帯をいじっていました。もういちど聞いても、下を向いたままの [続きを読む]
  • 100%だったら飛び上がって喜べるのに
  • 今夜、娘はあの人と隣町に来ている大きなサーカスを見に行っています。看板を見て知っていたのですが、移動していたサーカス団の何台ものトラックを見た娘がとても喜んで、「行きたい、行きたい!」と本当に行きたそうに言うので、昨日あの人に頼みました。もちろん私抜きでです。あの人は娘のためのことは、絶対に断りません。それからは、“パパが一緒に連れて行ってあげるんだよ、一緒に行こうね。”を娘に強調していました。き [続きを読む]
  • いつまでも変わらない友だち
  • 2週間ちょっと前に、家族ぐるみで交流していた友人家族が来てくれました。そう、一番仲の良かったのが彼女たちでした。付き合いはお互いにまだ子供がいない頃からだから、もう9年以上になるのかな、そんな彼女たちとゆっくり会えたのは、実に4年ぶり。お互いに別の場所に引っ越しちゃったし、今も車で2時間半はかかるところに住んでいて、なかなか会えなくなっていました。でもお互いに時々更新するフェイスブックで、何となく様子 [続きを読む]
  • 二つの大きな問題の一つが解決
  • 昨日弁護士に会ってきました。家を出る間際に、なぜかあの人が物を取りに帰ってきた。どこに行くか聞かれたので、「友達のところへ行く」と言ったら、突然、「学校は変えて良いから。通うのは彼女には大変なことだから。」と言いました。なぜこのタイミングに言うんだろう?もしかして弁護士に会いに行くと気づいたのかな?と考えました。でもとにかく時間がなかったので、「あ、そう、ありがとう。」と、“ありがとう”は言いたく [続きを読む]
  • 弁護士から連絡
  • また戻ってきました。いいえ、「ここにやって来ました。」と言う表現が正しいと思う。5日間でも10日間でもホテルへ泊まっても、結局今のところはここに来るしかない私。娘も「かえりたくな〜い。ママとここにいる。たのしいから。」と言っていたけれど、帰ったらそんなことは嘘のよう。まだ5歳になったばかりだから当然のことだけれど、やっぱりちょっと悲しい。体も正直で早速胃痛が・・・でも良いことがありました。金曜日の夕方 [続きを読む]
  • 5日間ホテルへ行きます
  • もう一晩でも良いから、とにかくあの人の帰ってくるこの家から離れたいので、明日から4泊5日で娘を連れてホテルへ泊まりに行くことにした。もちろんあの人の了承を得た。そうでないと、また気が狂ったようになって、きっと警察に連絡すると思ったから。でもあの人はいつも私には何も言わずに、いつも娘を連れ出しているけれど、なぜ私はあの人の承諾を得ないといけないのか、本当に強い立場と弱い立場の私たち。以前から娘に話して [続きを読む]
  • 深夜の寿司作り
  • 一昨日の夜は23時頃から、あの人がキッチンで鼻歌しながらガチャガチャ始めた。キッチンは1階、私が部屋は2階、それでも音が本当に響く。もう終わるだろう、終わるだろう、と思っていてもなかなか終わらずに、あちこち歩く音もバタバタ響く。0時を過ぎてから下に降りた。あの人は一人楽しそうに寿司を作っていた。すぐに向こうは「何?」と言ったので「うるさくて眠れないんだけど。」と私は言った。でも止めることはなく、2時近く [続きを読む]
  • フランスの離婚で慰謝料というものはないけれど
  • 無職の私がアパートを探している記事の続きですが、フランスでは日本で言う慰謝料がありません。そして日本と異なっていることは、フランスでは離婚に際してPrestation compensatoire=離婚補償手当が法律で定められています。「離婚して明日からの生活はどうしよう、と困らないように、法律があなたを守ります。」と弁護士は説明してくれました。これは、離婚によって片方の生活の質が落ちないようにバランスを取るために、簡単に [続きを読む]
  • アパートが借りられない
  • 今日はフランスの祝日です。革命記念日です。今夜はあちこちでお祭りで大きな花火が上がります。あの人も娘を連れて出かけてしまいました。いつも何も言わずに出かけますが、娘が私に教えてくれます。今日は金曜日、あ・・・、あの人は3日間家にいるってことか・・・と気づいてまた放心状態な私。今週は水曜日もあの人は休みだった。本当に、本当にこの家から出たい。離婚協議が始まったのは3月の中旬。それから4ヶ月も経つのに同 [続きを読む]
  • はじめに
  • 私はフランス在住で5歳になる娘がいます。3月中旬から仏人夫と離婚協議中です。タイトルとは違って、いろいろと問題があって、まだ同じ家に住んでいます。もちろん完全な家庭内別居で口もきかないし、お互いに1階と2階で極力会わないようにして生活しています。そして娘の父親からは、ひどいハラスメント・モラルを受けています。私はあの人を人間とは思っていないので、“物体”と呼んでいます。問題が山積みで落ちついた生活が出 [続きを読む]
  • 過去の記事 …