まぁみ さん プロフィール

  •  
まぁみさん: 無職だけど、子供をつれて逃げました
ハンドル名まぁみ さん
ブログタイトル無職だけど、子供をつれて逃げました
ブログURLhttp://ameblo.jp/myhope0724/
サイト紹介文ヒトラーを崇拝するモラハラ・DV夫から、3歳の息子と激動の中、息もたえ絶え逃げた時の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 14日(平均7.0回/週) - 参加 2017/07/13 10:01

まぁみ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • すべて、私のせいいだから①
  • 家事が、ちゃんとできないのも、家事が、夜中までおわらないのも、貞彦さんを、不機嫌にさせてしまうのも私の要領の悪さ。 貞彦さんを疑わず、全部自分のせいにした。それは、自信のなさからだった。 結婚前、原因不明の頭痛で5時間アルバイトするのがやっと。バイトが終わると、すぐに帰宅して眠る。そうしないとアラームをセットしているかのように、どんどん目の奥から、痛くなりはじめ、あっという間にトイレで便器を抱え、痛 [続きを読む]
  • 臭い③
  • 貞彦さんの出勤を見送り、朝一番で、洗濯槽のカビを除去するのを買いに行き、その後、いつも通り貞彦さんのTシャツを、干してみた。干して30分、なんとなくTシャツを確かめてみることにする。 真夏の強い日差しの下、シャツを見てみると、肩のほうは、乾き始めていて一番乾きが遅いのが、脇。もしかして、洗濯機が終わってすぐ干さなかったことが原因ではなくて、脇の乾きが遅いから、その匂いが嫌だってこと!? すぐ、乾くよう [続きを読む]
  • 臭い②
  • ちゃんと洗ったし、臭くないのになんでだろう。 一番上の、Tシャツを広げて何度も、クンクン、スーハースーハーと呼吸をしては、もう一度クンクン匂いをかいでみたけれど柔軟剤の匂いしかしない。 昨日と同じく、顔を洗いに来た時にきいてみた。 「昨日とまったく同じです!臭いんですよ!もう臭くてたまらない!!ここが!ほらっ!!」 私が手に持っているTシャツをうばい、袖と胴体の生地をひっぱり、脇の下の部分を見せて、訴 [続きを読む]
  • 臭い①
  • 朝、洗濯機の中をみると、たたんで引き出しに入れた、貞彦さんの白いTシャツ6枚すべてが、そのまま引き出しからぬき取られた状態で、ストンと入っていた。正座して、私を見上げているようなシャツたち。貞彦さんが、顔を洗いに来た時に、その理由を聞いた。「臭いです。これは洗濯機の洗いが終わったのに、すぐに、とりださずに干さなかった臭いです。1日中、こんな臭いのを着て仕事をするなんて、地獄もいいところです」あぁ、 [続きを読む]
  • 幽霊に助けられる貞彦さん④
  • えっ?正面に気をとらせておいて、まさか横から幽霊?驚いて真横を見ると、いない、貞彦さんが消えた!!!ええっっーーー、相方を一瞬で、離れ離れにするなんて、なんて、エキセントリックで斬新なお化け屋敷…と、思いかけたところでドクターの幽霊が、「大丈夫ですかっーーー!!!?」そういいながら、人間走りしてくる。床に視線を向けると、貞彦さんがひっくり返されたカメのように、仰向けに倒れていた。幽霊と接触!?い [続きを読む]
  • 幽霊に助けられる貞彦さん③
  • 最初から、お化け屋敷にいく予定だったかのように、中へはいったけれど、違う。 ショッピングモールに行ったとなれば、モールのどこへ?となる。そこでお化け屋敷に妻と入ったという、話題が必要なんだ、きっと。 それにしても、日ごろから、0.1秒の無駄をもださない、だすことを嫌うだけあって、瞬時の判断力の速さは、人生のパターンをプログラミングされているパソコンのよう。 そのまま、貞彦さんに続いて黒いカーテンの奥 [続きを読む]
  • 幽霊に助けられる貞彦さん②
  • モール内は、予想通り真夏のビーチのように混みあい、フードコートはトレーをもった、家族連れがテーブルの空き待ちをしている。 これでは、アイスコーヒーを買って車に戻ることもできないな…それでも、人混み嫌いな貞彦さんが珍しく、すいすい歩いていく。 貞彦さんの、視線の先を見てみると、その一角だけ妙に人混みがすくなく、簡易的な黒いカーテンと看板が立てかけられていた。その前で、Tシャツを着た若い男性が学園祭の呼 [続きを読む]
  • 幽霊に助けられる貞彦さん①
  • 休日の朝、貞彦さんが私のもとへきた。「●●●ショッピングモールへいってみましょう」私は笑顔で返事をし、すぐに日焼け止めのファンデーションをつけて、玄関へ向かった。車の助手席にのるとアクセルを踏み込み、国道へ。「昨日の帰り、会社の人たちとの会話で、家族を連れて ●●●ショッピングモールへ行くという話をしました。 同期も家族を連れていくそうです。 そこで、「奥さんとはどこにデートへいくの?」と きかれ [続きを読む]
  • 母子家庭には罰を②
  • 「女性が金を稼げない環境になれば、 離婚しようなんて愚かな考えは浮かば ないでしょう。耐えて男に従うしか生きていく 道はない。それが一番いい方法なのです。 母子家庭優遇の制度なんて、 財政的にも悪でしかない。 むしろ、忍耐がたらないから、みずから 母子家庭になったのでしょう。 それを助けてやるなんていう 仕組みのほうがおかしい。 母子家庭には税金を増やして、 罰を与えるのだ妥当でしょう」 貞彦さん [続きを読む]
  • 母子家庭には罰を①
  • 「会社でなにかあった?」貞彦さんが、あっという間にナポリタンを半分までたいらげたところで、私も椅子に座った。「会社の上(役員)から、今度の昇格試験で私の 女性部下を 1人受からせろと命令がきました。 出来レース。それはかまいません。 しかし、彼女は優秀といわれていますが、 子供が出来れば産休、産休が終われば彼女の 居場所を、また作らなくてはいけない。 さらに子供が熱を出して休む…あきらかに不利益で [続きを読む]
  • 女性は社会で働かないでください③
  • 22時45分。いつもより10分遅く、貞彦さんが車庫入れするアクセルの音が響く。この音がすると、3歩でいけるキッチンへも小走りで、人気店のランチタイムのように、猛スピードで沸騰させておいた鍋にパスタを放り込む。 部屋着に着替え、食後に楽しむネット将棋を起動セットしてから、2階のリビングルームにあがってくるまで約14分。階段を上ってくる足音と同時に晩御飯をテーブルへならべる。1秒でも食事を待たせるとロスタイ [続きを読む]
  • 女性は社会で働かないでください②
  • 結婚当初から、そんな生活をおくっていて、寂しくないのかときかれたけど、本音はやはり寂しかった。でも、それ以上に感謝していた。貞彦さんに。私は中学の時から、原因不明の頭痛、めまいで普通の人が普通に過ごせる1日をすごせなかった。どれだけ病院を変えて、検査をしても自律神経ですね、精神科へ…といわれる。友達と楽しく遊んでいても、じわじわ頭痛がはじまり、痛み止めを大量に飲んでごまかしても、最後はめまいと吐き [続きを読む]
  • 女性は社会で働かないでください①
  • 結婚して、夫婦二人暮らしも6年。夫の貞彦さんは、仕事一筋を通り越して、寝言でも仕事のこと、ご飯を食べていても仕事の話。仕事以外でやるのは、ネットゲームの将棋だけ。貞彦さんの細胞は、この二つのみでできていた。唯一、二人の会話は、深夜に帰宅して、一緒に遅い晩御飯を食べている時のみ。メニューは貞彦さんの希望で、ほとんど丼もの。2,3個の小鉢に副菜を入れ、骨のある魚なんてだしたら、 「時間の浪費です」 と、食 [続きを読む]
  • はじめまして
  • ご覧いただきありがとうございます。 きっと、この記事をご覧になられているということは、何かしらの悩み、迷いがあるんではないかと思います。 同じモラハラを受けていても、20代、30代、40代、50代、子供がいるか、いないか、健康状態それぞれの考え方があると思います。 けれど、どんな立場であろうと、今、ブログをご覧になっているこの1分1秒を含めあなたの、私の二度と巻き戻しのきかない大切な時間です。 私た [続きを読む]
  • 過去の記事 …