Blueswallow さん プロフィール

  •  
Blueswallowさん: アンティーク雑貨ブログ 〜Blue Swallow Vintage〜
ハンドル名Blueswallow さん
ブログタイトルアンティーク雑貨ブログ 〜Blue Swallow Vintage〜
ブログURLhttps://blueswallowvintage.blogspot.jp/
サイト紹介文ベルギーやオランダやドイツ、フランスや日本の蚤の市で購入したアンティーク雑貨、インテリア雑貨のご紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 16日(平均12.3回/週) - 参加 2017/07/13 14:10

Blueswallow さんのブログ記事

  • 国籍不明な古いガラスの蜂付きハニーポット
  • 日本のWifi事情ってなんでこんなに遅れているのでしょう。現在使っている携帯会社が某白い犬の会社。家や会社ではWifiを使用しているので当然オンにしている状態。そのまま外に出た時も、オンのまま。いざ、携帯を使うと、何か街の物凄く弱く発信しているWifiの電波を携帯が拾おうとするので、全然インターネットが繋がらず、結局Wifiをオフにして使用。で、Wifiをオフにした事を忘れ。家でWifiがオフのままyOUTUBEなどを観て、後 [続きを読む]
  • ミステリアスな花柄シュガーポット〜ベルギーアンティーク〜
  • 結局はこういう事なんです。裏印フェチだの何だのって言っておりますが。あくまでも裏印はオプションみたいな物。ほとんどの場合、表の形や色や材質なんかでもうすでに買う意思は固まっているわけです。裏印が無くても物凄い魅力を放っているアンティークはたくさんあります。ただ、裏印が無いと、年代とか生産国とかが分かりにくいので、ミステリアスなアイツという事になります。ベルギー出身のBOCH君や、フランス生まれのDigoin [続きを読む]
  • 香蘭社(Koransha) 〜アールデコな青と白のコーヒーカップ〜
  • さて。先日、深川製磁をご紹介したので、本日は姉御的な存在の香蘭社です。むしろ、深川製磁より歴史の古いこちらをご紹介しなくてはいけませんでしたね。ネーさんすんません!当地の有田焼(伊万里焼)の技術を活かして磁器製絶縁がいしを日本で初めて製造した深川栄左ヱ門(8代目)らにより、1879年に設立された。 さすがはウィキペディア。何でも知ってます。深川製磁よりも歴史あるこの香蘭社。やはり魅力的なのはオールド香蘭 [続きを読む]
  • ベルギーのリサイクルショップ〜de kringwinkel〜
  • 僕がベルギー周辺諸国に行く際は、必ず現地のリサイクルショップ的なお店へ立ち寄ります。「de kringwinkel」と呼ばれているオレンジ色の看板が特長的なお店です。だいたい大きな街に一つあるかないか。お店によってラインナップが異なるので、古い物、ビンテージ品、アンティーク物を探してる僕にとっては、往復二時間とかかかる事もあるので、割と運頼み。ほとんどのお店は流行を意識してか、リサイクルとはいえ比較的綺麗な商品 [続きを読む]
  • 深川製磁(fukagawa seiji) 青い花のレトロポップな茶碗蒸し器
  • 深川製磁(fukagawa seiji) 青い花のレトロポップな茶碗蒸し器いよいよ深川パイセンの登場です。日本の陶磁器と言えば、この深川製磁と香蘭社は外せません。一般家庭にあった、もしくは今もあるTHE 日本の陶磁器です。ノリタケ(NORITAKE)は、どちらかというと、海外を強く意識しかなり出回っているのでイチローみたいな感じでしょうか。それか、真田広之。か、野沢直子?引田 天功? ちなみに、現在活躍していらっしゃるのは2代目引 [続きを読む]
  • サン アマン(St.AMAND)青いバラ-BLUE ROSE-〜フランス アンティーク〜
  • サン アマン(St.AMAND)BLUE ROSE〜フランス アンティーク〜本日はこちら。ザザザ。フランスは北西部生まれのサン アマン(St.AMAND)のお皿とミルクポット。そもそも、どうやったらサン アマンって読めるのか、僕の足りない脳みそではなかなか理解が難しいですが、"サン アマン"って表記したところで、どうせきっと発音はまた全然違うというオチなのでしょう。フランス語の発音は難しいです。ここでフランス語の発音のレッスンです [続きを読む]
  • 世界一アートなゴーストタウン ドエル(DOEL) in ベルギー 
  • ドエル(DOEL) ゴーストタウン in ベルギー ゴーストタウン。ゴーストタウンと言っても、お化けがうようよと住んでいる街というわけではありません。もしかしたら、お化けも住んでいるかもしれませんが、そもそもお化けっているの?みたいな永遠に答えの見つからない議論が始まりそうなので、とりあえず、お化けはいないという事で進めます(お化け肯定派の皆さんにはホント申し訳ないです)。ちなみに、僕はお化けを信じていません [続きを読む]