shinpeix さん プロフィール

  •  
shinpeixさん: 自閉症スペクトラムの息子と私の日々
ハンドル名shinpeix さん
ブログタイトル自閉症スペクトラムの息子と私の日々
ブログURLhttp://shinpeix.hatenablog.com/
サイト紹介文自閉症スペクトラムの息子との成長の日々を記録していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 72日(平均3.9回/週) - 参加 2017/07/13 16:12

shinpeix さんのブログ記事

  • 9月は苦手
  • 9月は苦手です。そう言い切るとまた良くないかも知れません。季節が移行していく時期は気分のコントロールが難しいからです。そう言えば、息子も苦手でした、衣替え。半袖から長袖への移行長袖から半袖への移行良く考えたら同じですね。息子は随分、移行期の服も色々着れるようになったので私の方がいつまでも、そんなこと言っていてはダメだなと思います。これ以上悪くはならない!後は上向くだけだ!そう思って毎日を [続きを読む]
  • 道徳の授業
  • 昨日参観日について書きました。shinpeix.hatenablog.com昨日は道徳の授業の参観だったわけですが、1年生の時にも道徳の授業について息子と話たことがあります。道徳の授業が云々という話では決してありません。1年生の時に参観した時にも思ったのですが、低学年の「道徳」の授業はテキストがある訳でもなく、一つのお話しなどを例に挙げたりして、その中でどんな気持ちになるか?ということを先生が黒板で提示されたりし [続きを読む]
  • 参観日
  • 昨日参観日がありました。道徳の授業でした。先生から当てられて、答える部分がありました。「なぜ、それを選んだか?」という問いかけでしたので、息子にとってはとっても苦手な質問だったはずです。でも「なぜかというと〜」とそれなにり答えてるではありませんか!親バカですが。凄いやん!息子。でも彼なりの定型文なんですよね。理由を言う時は「なぜかというと〜だからです」でも、定型文にしたって何だって答えら [続きを読む]
  • 髪の毛が切れなかった時期
  • 息子の感覚過敏に於いて、忘れられないエピソードのひとつに「髪の毛が切れなかった時期」というのがあります。年中から年長の夏ごろまで、彼の髪の毛を切れませんでした。それまでは、私がお家でカットしてました。よく男の子はバリカンで長さを調整しつつお家でカットしたり、お店でカットしたり・・・ですね。まず、バリカンの音はダメです。お店もダメです。なので、私がお家でカットしてました。まだ私がカットできてた [続きを読む]
  • 反抗期のエネルギー
  • 息子と寝る前に時々話をします。息子はもともと寝入るのがとても下手です。成長とともにマシにはなっていますが。私も寝入るのが下手なので、人の事言えませんが。昨日も、うとうとしながら話してくれた中に息子の葛藤が垣間見えることがありました。学校や日常生活を頑張ってるんだなとすごく思いました。小学校の読み聞かせの会で数十年活動をされてきた方から教えて頂いた話で印象的だったのが「反抗期」についてでした。 [続きを読む]
  • 息子と過ごす時間
  • 思い付いたのでメモしておこうと思いました。かつて息子と過ごす時間がとてもしんどかった時期があります。小さい頃。本当に一晩中抱っこして泣き止まない、とか暴れて顔を引掻かれるとか。色んな時期がありました。今は少し楽になりました。でも毎日「ケチ!」「謝って!」相変わらず言われてます。恥ずかしい時は「付いてくんな!」そのくせ夜のトイレは怖いんですけどね。でも、時々迷います。仕事があり、それは生活のた [続きを読む]
  • 息子の視力
  • 最近の心配事のひとつ、それは息子の視力です。学校へ入ってから視力検査で視力があり、再検査になりました。笑い事ではないのですが、一年生の時は全診療科(内科・耳鼻科・眼科)の再検査持って帰ってきはりました。(-_-;)見えてるの?って息子に聞いたら、「オレめっちゃ見えてる!」って言ってたのに・・。そのうちの一つが眼科。で、眼科を受診したところ視力が下がっているのでメガネをかけた方が良いと。更に斜視も少 [続きを読む]
  • 生き物の名前
  • 息子との会話は相変わらずです。彼のもっぱらの関心は生き物です。よく難しい生物の名前を憶えてきます。放課後ディサービスのお友達からも教わってくるようです。「スベスベマンジュウガニ」という名前ご存知ですか?放課後ディのお友達から教わってきたと聞いたときには「うそやん」と思いました。ここは便利な現代。ネット社会。調べてみました。居るんですよね。スベスベさん。その後、水族館でも見ました。本当にいま [続きを読む]
  • 小学生になって
  • ふと、9月になって、一昨年の今頃のことを思い出しました。実は秋って私自身苦手な季節なんですよね。季節の変わり目は気分の管理が難しいので。意味もなく落ち込むことも多いです。そして一昨年前、よく「息子は小学校に上がったらどうなるんだろう?」見えない未来に悩んでいました。大げさですが、大海原に出ていくような・・・彼のしんどさを分かってもらえるのだろうか。勉強は付いていけるのだろうか。とか。学童 [続きを読む]
  • TO DO LISTその後
  • 前回TodoListを息子の連絡帳に貼っていることを書きました。shinpeix.hatenablog.comその後、どうなっているかと言うと・・・母が引き継いで書いてくれています。(息子から見たらおばあちゃん)母というのは私の実母です。近くにいるので、毎日よく息子を見てくれています。それで、To do List として連絡帳に貼り付けたメモをふと見ると「今日は予定がないから4時半まで学校で遊んで良いよ」「今日は放課後ディに行くか [続きを読む]
  • 絵本の読み聞かせ
  • 学校での息子の様子が知りたいがためだけに、学校の絵本の読み聞かせをされているグループで募集があったので、今年度から参加させて頂くことにしました。関連エピソードは以下の記事にあります。shinpeix.hatenablog.com他のお母さん方は絵本のことや、読み聞かせの活動に詳しくて「エライなぁ」と思う日々でした。私自身は本は好きですし、絵本にも興味はありますが、息子に読み聞かせを考えたか?というと「NO!」で [続きを読む]
  • ケチと言われる私
  • 最近、息子は反抗期真っ最中です。何反抗期になるのか、さっぱり分かりません。生活年齢は8歳なので、思春期ではないですし。もしかしたら、第一次反抗期かもしれません・・所謂2歳から4歳頃に始まるとされる「イヤイヤ期」でしょうか?療育の勉強会で教えて頂いたお話しを思い出します。「どんな子供も必ず、それぞれの発達の段階を段階を通過して成長していきます。発達障害と言われる子どもさんはその時期が遅かったり、 [続きを読む]
  • 歯科治療の大変さ
  • 歯科治療って障害のある子どもにとっては、なかなかハードルが高いものです。大人だって嫌な人は多いですね。今の歯医者さんは綺麗だし、あんまり痛くないし昔に比べたら「歯科治療」だけで恐怖するイメージはないかもしれません。でも、定期的に通ったり予約して治療受けたりとまぁ分かっていても面倒だったりもします。だけど歯は一生ものなので、大事にした方が良いのです。(特に長寿の高齢化社会で自分の歯を残すのは健康に [続きを読む]
  • 振り返れば
  • 息子の困りごと先日もこんな思い出話を書きました。shinpeix.hatenablog.comその時は何故できないのだろう?と悩んだりイライラしたりするものです。でも暫くたって振り返ると、ちょっとマシになっていたり息子なりに納得して生活に支障のない程度になったりすることも沢山あります。今の私は今を悩んでます。でも過去の私には「その悩みはそのうち何とかなるよ」と伝えたいなと時々思います。もしかしたら今の私の悩 [続きを読む]
  • お風呂場での思い出
  • 息子は水が苦手?というか、よく分かりませんが水に関する思い出は山ほどあります。まず、小さい頃は水遊びなんてしませんでした。児童館とかで夏の水遊び(小さい赤ちゃんプール)連れて行こうものなら「ギャー」でした。そして、お風呂の洗い場が苦手でした。まぁ大人目線でも分かるんですが、濡れたところを歩くのが嫌というか、感触が嫌だったんでしょうね。幸い、お風呂には入ってくれましたので、いつも湯船の中で頭も体も [続きを読む]
  • 定型発達って何だろう
  • よく、赤ちゃんを抱っこバンドで連れながら親子イベントに来られる姿を見て「あぁ良いな」と思ったりします。他人は良く見えるもの。赤ちゃんを抱っこしながらお出かけされている親子連れを見かけると羨ましい気持ちになります。うーん。私にだって素敵な息子がいるんだから、と思うのですが、一歳に満たない頃、いや一歳、二歳過ぎても言葉の遅かった息子は外出先で火が付いたように泣いたりして、何だかあんまり平和な記憶は [続きを読む]
  • 小さい頃の服
  • ちょっと息子の服を整理しようと、3年ほど前の服を見ると「あーよくこの服着ていたな」と思い出深く、つい捨てられません。ここは一般的な親御さんでもよくある感想だと思うのですが。息子の場合、「同じ服が複数枚ずつ」あります。そう、同じ服しか着ないのです。だから洗い替えの為に同じ服を2,3枚購入してました。着てくれる服を見つけるのが一苦労。お、着てくれるとなると必ず2.3枚は買っていました。サイズ違いや同じ素材の [続きを読む]
  • 具体的な指示はどこまでしても良いか?
  • 夏休みもようやく終了しました。今日は久々の学校へ息子は登校しました。夏休みの宿題を持って。今日の時間割に自由研究の発表というのがありました。工作をしたのですが、「作り方言えるか?」と聞くと「何ていうんやっけ、オレ分からないメモに書いて」と言いました。前回の記事TO DO LISTに引き続き言うことをメモにしたりします。shinpeix.hatenablog.com頭の中で言葉の組み立てが上手くいかないよう [続きを読む]
  • 息子との会話2
  • 「何を聞かれているかが明確でないと分からない」息子のエピソードです。  先月、児童相談所で手当等申請のために受診しました。  担当医の先生には久々にお会いしました。  先生から「学校はどうですか? 何年生?」という問いかけのやり取りの後で、  「先生の名前は?」と質問されました。  息子は「忘れた」と答えました。私は経験上で何となく分かったのですが、息子は学校の先生の名前と思わずに、目の前の担 [続きを読む]
  • 息子との会話1
  • 今更なのですが、やっぱり息子と言葉でコミュニケーションするのは独特なのだなと思います。ふと3歳くらいの子供さんに、聞いたことにそのまま返事が返ってくる様を見かけると私にとっては驚愕です。言葉は拙くても、うん、いや違うという応答だけにしろ「やりとり」が成立してるんですよね。すごくシンプルに。つい息子を基準に考えると「簡単には伝わらない」ことが当たり前になり、逆に「簡単に伝わる」と驚きます。成長した [続きを読む]
  • プチ反抗期な息子
  • 夏休みもあと少し。2年生になり、あっという間でしたが色んなことがありました。夏休み前から「?」と感じていたのですが、最近息子がまたややこしいことになっております。プチ反抗期?何次反抗期か分かりませんが、私の注意することや、家族の言うことを素直に聞けない。ちょっとでも途中で口を挟まれると怒るし、自分の意図することが直ぐに伝わらないとまた怒る。だってかなり無茶ぶりですよ。息子:「た」って言うたら分か [続きを読む]
  • 生真面目な息子
  • 先日息子と映画を観に行きました。仕事を半日で切り上げ、お昼からの上映に何とか間に合いました。お腹もすいてたので、コンビニでおにぎりを買って入ろうと言うと「あかん。持ち込んで食べないでくださいと言うてはる。見てるやろ?始まる前に流れるやつ(上映中のマナーを放送しているやつのことです)」「映画館のとこに売ってる食べ物は良いんや。だからあそこで買おう。」えー。悪い大人の私は内心「ええやん。おにぎりく [続きを読む]
  • TO DO LISTと息子
  • 息子が小学生になってから少しずつ工夫していることもあります。幼稚園の時は、担任の先生や補助の先生が付いて本人の抜けてるところを補ってくださってましたが、小学校に入ると中々それはできません。勿論「自分でやる」のは大切なことなので、手取り足取りでなくて良いのですが。恐らくですが、息子自身、集中していても言葉で聞くだけでは、記憶から抜けていったり沢山のことを一度に言われると混乱するようです。まぁ、突 [続きを読む]
  • 療育の先生に会えなかった・・・
  • 先日、療育の先生に久々に息子と会うべく出かけました。shinpeix.hatenablog.com台風の影響もあり、昼過ぎから突然雨が降ったりして天候が不安定でした。そして夕方、イベントの時間になると凄い夕立になりました。屋外イベント(小さいお祭りみたいなものです)にも関わらず私と息子の頭の中に「中止」という言葉は思い浮かばず、お友達との約束もありましたので、ただただ現地へ向かいました。雨が強かったので比較的近くな [続きを読む]
  • 療育の先生と久しぶりに
  • 本当に暑いです。夏休みはしんどいです。先日仕事で郵便局へ行って手続きを待っていると、となりの窓口に親子連れがおられました。娘さんが多分小学校4年生くらいでしょうか。お母さんのほうが「あーもう、夏休みいらんわ!」と郵便局のお姉さんに愚痴っておられました。うーん。確かに。暑いし、そんな気持ちにもなるな・・と思いました。記事もあれも書きたい、これも書きたいと思いながら暑さにもやられ、進みません・・。今 [続きを読む]