朝寝のカプ さん プロフィール

  •  
朝寝のカプさん: 朝寝のカプ
ハンドル名朝寝のカプ さん
ブログタイトル朝寝のカプ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/cappuccinocapu
サイト紹介文ネコは夜行性 そのため朝は食事の後 すぐに眠くなる 人間と同じか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 41日(平均8.4回/週) - 参加 2017/07/13 18:21

朝寝のカプ さんのブログ記事

  • 仙台は城下町だった
  • 時折通る街角に旧町名を表示している石柱がある。45号線の角には小田原弓ノ町と小田原牛小屋町と刻まれている。その反対側の面には町名の由来も書かれ、仙台は城下町だったなあと改めて感じることができる。駐車場の表示にも「弓ノ町」が出てくる交差点の信号柱にある町名表示も、よく見ると『鉄砲町東』、ある医者の看板にはひらがなで「てっぽう町」とやさしく書いてある。また、この近辺には「二十人町」という表示の駐車場もあ [続きを読む]
  • 戻り梅雨 向日葵も泣く 空模様
  • 8月2日東北南部の梅雨明けが発表された。というより梅雨明けしたとみられるが正解その意味通り、このところ、まさに戻り梅雨のような天気が続く。ひまわりの姿も見えない感じだ。梅雨明けは平年より8日遅いという、また去年に比べ4日遅いという発表だった。西日本は猛暑続き、仙台など東北南部の沿岸部は平年を下回る気温が続き、暑がりの私にとっては、気温的には助かっている。しかしこの天候、ジワリと各方面に効いている。野菜 [続きを読む]
  • カプチーノの思い出
  •  写真を少し整理しようと思っているが、なかなか手に着かない。2年前まで我々を楽しませてくれた、野良猫だった「カプチーノ」。知人が拾って育ててくれた猫で、予防注射もし、我が家に来た。最初は「おどおど」やはり慣れない場所での生活は、人間も猫にとっても窮屈な感じがするのだろう。しかし生活力の旺盛な「カプチーノ」慣れるのに時間はそんなにかからなかった。二階に上る階段を軽やかに上る。しかし、事故にあって、後 [続きを読む]
  • いつまで続くこの梅雨空?
  • 今朝も雨音で目が覚める。市内のビルのてっぺん付近は、霧に包まれている。今月1日から16日までの、日照時間を見ると東北の太平洋側では、平年に比べて39パーセント、関東甲信でも52%とかこうした天気は8月下旬も続く見込みで、晴れる日は少ないという。これは、オホーツク海高気圧の影響で北東からの冷たい空気が流れ込みやすくなっているのと太平洋高気圧の張り出しが弱いためだという農業もしかり、商売にも影響が出始めている [続きを読む]
  • 雨の天気、トランプ差別発言
  • 今日もぐずつき模様の天気、新聞の天気欄には曇りマークがずらりと並ぶ週間予報でも晴れ間は見られない。そんな中で、例のトランプは白人至上主義に理解を示すような発言世間の反応を見ながら、また自らの選挙運動期間中のこれらの団体の賛意になにか反応するように発言を替えている。日照時間の不足は農業に大きな影響を与えそうだトランプの発言は何か不穏なものを感じるし、曇天の空に似ているアメリカ国内の世論動向も気になる [続きを読む]
  • わずかに雲の切れ間から日の光が
  • ほんの少しだが、東の空から日の光が見えてきたような気がするしばらく青空が見えてこない仙台。ほんの少しでも、光が見えるのは、なんとも心地よいそこでパチリと写真を撮る。8月のあの夏の暑さを忘れた感じだそういえばひまわりの花もあまり見かけないなあそこで何枚か、最近みかけた花の写真をアップする文章と関係ないがお許しを!雨のせいで、被写体があまりないのです今日の仙台の最高気温の予想は21度、すっかり秋の気温洗 [続きを読む]
  • まるで戻り梅雨のよう
  • 高校野球も甲子園が雨で早々と中止が決定された九州では100ミリを超える大雨がまたまたふり、異常気象の最たるものこの時期自転車族の私としては何とも不便用事を足しに、傘をさして徒歩では、何とも効率が悪いあまり乗らないバスに乗って多少の時間節約を図るがこれまた、自家用車のように目的地に即、着くというわけではなく不便は不便今週も雨続きの予報、日照時間が短く農業を始め様々な分野で影響が続きそう [続きを読む]
  • お盆の時期は新聞も薄い
  • 昨日はわずかに青空も見えたが、今朝は相変わらずの霧雨模様ベランダの鉄製のてすりの棒にも、しずくが垂れ下がっている。今朝も四時過ぎには新聞配達の人が玄関に静かに新聞を入れていったその新聞を見ると、今日は「24ページ」昨日は「26ページ」だからこの時期のニュース量はやはり減っているということだろうか朝日の場合は自社開催の「夏の高校野球」の記事が多くなるこれで、紙面を稼いでいるのだろうか普段も最近は広告が多 [続きを読む]
  • 駐輪禁止の看板あれど
  • 最近は腰が痛く、自転車も必要最小限に乗る便利で手軽な、しかも省エネの最たるものといっても過言ではないしかし、どこに停めるかとなると問題も多い。大きなビルなどには駐輪場があり、仙台駅の東口、宮城野大通りなどには自転車道脇に駐輪場がある2時間まで無料で以降は1回、100円となる。この外、市営駐輪場は一回、60円に値上げされたよく停める大型商業施設の駐輪場は50円。そんな風に見て街を歩くと、駅東口の地下歩道の出 [続きを読む]
  • 8月は記憶に残す日々が多い
  • 間もなく8月15日の終戦記念日を迎える6日の広島、そして9日の長崎など忘れてはならない日付が8月には多いその中で12日の日航ジャンボ機、123便の墜落事故がある。衝撃的ニュースだったまさに520人が一気になくなるという悲劇だったあれから32年が経つ。歌手の坂本九さんも大阪行きのこの便に乗っていて帰らぬ人になった昨日のラジオ深夜便でも特集として九さんの歌声をかけていた離陸12分後に圧力隔壁が損傷、操縦不能になりダッチ [続きを読む]
  • ゆく夏を惜しむ、そして、盆踊り
  • 8月も上旬を過ぎ、世間の天気は何やら、秋には程遠い梅雨時の雲のように空に広がっている近くの清水沼公園には恒例の盆踊りのやぐらが組まれ提灯がぶら下がっているほぼ例年、盆踊りの踊りと歌が町内に響き渡る町内会も力を入れているようで電柱には案内の張り紙が掲げられているこの時期、草花もその存在を示そうと懸命に咲き誇る盆踊り、この時期の季節感だが、何やら秋色が今年はすっきりしないそんな風情だ [続きを読む]
  • 台風一過も、曇り空
  • 暦の上ではもう秋だが、すっきりした秋空をここ何日か見ることはできない今朝もわずかに、雲の切れ間から、ほんの少し青空らしき隙間が見える程度からっとした空気も欲しい新聞の天気の欄は雲がずらりと並んでいる昨日は長崎原爆の日田上市長は、平和宣言で核兵器禁止条約に否定的な政府を批判。安倍首相は、被爆者代表との面会で条約交渉へ参加しなかったことを強く批判される。核の傘の下にあることとの論理矛盾を巧妙に回避した [続きを読む]
  • 晴れたり曇ったり,降ったりやんだり
  • 気象キャスター、倉嶋厚さんが93歳で亡くなった。うつ病に悩み苦悩の日々だったようだ。それから立ち直り「やまない雨はない」という本を書いている。また、「冬は木枯らし、時雨、小春日和を繰り返しながら近づく」とも言っている。人生を見つめている発言には、深いものがあり、滋味に満ちている。「何年も奇跡の雨を待つ、そんな人生もあるのでしょう。」とも述べている。「河北春秋」と読売の「編集手帳」を読んで、ニュースセ [続きを読む]
  • 台風北上、七夕イベント縮小
  • 朝方ベランダに叩きつけるような雨音で目が覚める台風は6時現在、北陸の能登半島付近を北上中暴風域はなくなったが、動きが遅く、雨への警戒が必要七夕まつり最終日イベントも台風の影響で、野外のイベントの中止などが昨夜のうちに発表され、せっかくの書き入れ時がふいになる新幹線は平常通りの運転で結構災害に強いところを見せている雨の日の通勤は、ちとしんどい。傘をさしても役に立ちそうもない思案しどころだ。もうしばら [続きを読む]
  • 台風近づき、夏祭り、大変
  • 今朝の段階で台風5号は四国沖を北東方向に進んでいる明日には東北にも影響しそうだ。この時期、東北は夏祭りの最中。各地、書き入れ時だけに影響が少ないことを望むさて、そんな時期だが昨日は、仙台七夕まつりのアーケード街をぶらりと歩いてみた。丁度商店街の人たちが、七夕飾りを取り付ける準備をしているところもあり七夕の舞台裏を見ることができた愛犬にも華やかな衣装を着せ、お散歩する姿があちこちで見られたどうしても [続きを読む]
  • キリの仙台ブルース
  • 今朝の仙台は気温が高いせいか、町中が霧に包まれている昨夜の仙台七夕まつり前夜祭の花火大会も例年だと花火がよく見えるのだが音はすれども姿は見えずで楽天の野球の中継の最中、ずっとドンドンと聞こえていたさて、見通しは300メートル程度か気象台のレーダードームのてっぺんはかすんでしまっているキリは夜雨が降った時や急に気温が下がった時などに発生するという梅雨が明けたのに、シトシト雨が続いている今日も楽天戦、昨 [続きを読む]
  • 樅の木、いや、銀杏が残った
  • X橋(広瀬通の跨線橋の橋)がなくなってから随分立つ。バスセンターも近くにあり、交通の便のいいところだ。しかし、車優先の考え方から、とおりの中心にあった銀杏並木が2本ほど残して、伐採されてしまった。現在では町はすっきりした感じと、何か空虚感も漂うそんな思いがする切った銀杏は、市民にプレゼントされ様々な活用も行われているいるようだそして、実は銀杏の木は残されていて、複合ビル「アエル」横に再移植されている [続きを読む]
  • 人事の裏側
  • 安倍第3次改造内閣が昨日発足した決まった顔ぶれよりも、なかなかポストが決まらない大臣や極秘会談もあり固辞された人やなぜこの人、自らポストを要求した人など人事裏側は微妙な展開だ。改憲や防衛力整備など北朝鮮をめぐる情勢の変化など目が離せない事象が数多くある。「総理の御意向」発言の補佐官の留任など閣僚以外の所もしっかり見ておく必要がある。今日の仙台はまさに「梅雨」に逆戻りしたようなキリっぽいそしてどんよ [続きを読む]
  • 青森ねぶた祭り始まる
  • ラッセラー,ラッセラー、ラッセラッセ、ラッセラーと跳ね人(ハネト)の声が、聞こえてきそうだ。ネブタの祭り本番には出かけられないが直前の準備状況の時には、製作途中のネブタ小屋を見ることができた大型ねぶたは22台。竹と針金それに木材を使って、骨組みを作り、それに一枚一枚紙を貼っていくとても手間のかかる仕事だ。大きな灯篭状の張りぼてができると、これに色づけをしていく顔の部分は一番最後に色を塗ることになる。毎 [続きを読む]
  • 小火が出ました
  • 小火と書いて「ボヤ」と読ませる大火はもちろんタイカだ。先日公園を散歩中に写真のような張り紙を見つけた多分ホームレスやそれに近い人がたばこを吸い小火となったことへの警告、注意書きだろう最近は少なくなったような気もするが自転車にひと財産を積んでさまようホームレスをよく見かけたどんな事情があるのだろうと想像するが日中の時間をどこでつぶすか夜はどこで寝るのかなど、結構心配する世の中様々なことがある。明日は [続きを読む]
  • 梅雨明けはどこへいった?
  • 今日、現在まだ東北南部の梅雨明けが発表されていない8月だというのに。当初の予想では7月20日ごろから30日ぐらいにはあけるだろうという予想だったが今日の午前現在、まだ発表はない。これまでで一番遅かった梅雨明けは「1987年の8月9日ごろということでしたちなみに一番早かったのは1978年の7月5日ごろのことでしたこれだけ開きがあるのですねさあ今年はいつになるのでしょうか、気象台もきっと頭を悩ませていることでしょう外 [続きを読む]
  • スマホはそんなに手放せないものなのか
  • ガラケー派の私にとっては、そんなにスマホ、スマホという気はさらさらない。通信とメール機能、アドレスなどの保存機能があれば十分で,しょっちゅう、スマホを見る神経が分からない実際に自転車走行中や車の運転中の事故も起きている小さな画面を見て、動くものを運転するのは極めて危険で常識では分かっていてもなかなかやめられないらしいメールなどにすぐ反応しないとどうもばつが悪いあるいは、仲間になれないとでも思ってい [続きを読む]
  • ざおうざん か ざおうさん か
  • 今山形、宮城両県で 蔵王山の呼び名の変更の声が出ている元々、単独峰ではないので、蔵王山という呼び名が少し引っかかる蔵王連峰が正解だと思うが、どうも世間では、蔵王山で行きたいらしい。今朝の蔵王は雲の中ざおうざんの呼び名は1931年(昭和6)に地図を作成する際に当時の地元自治体からの要望に応じて「ざん」で行くことにしたという山の呼び名の変更には関係する自治体すべての同意が必要とのこと山形市、上山市、白石市 [続きを読む]
  • 早々と七夕飾りが・・・
  • 街を歩くと、まだ仙台七夕祭りまで、一週間以上あるのだが、竹飾りが様々な場所に飾られている。例年早々と飾るのが仙台駅二階のコンコースかまぼこ屋さんの色鮮やかな飾りが天井からつるされていた駅の玄関やデパートの入り口にもこの竹飾りが吊るされていて、仙台七夕まつり間近を思わせる。大勢の人が訪れる仙台七夕だが、青森生まれの私にとってただ眺めるだけの行事はどうもしっくりこないネブタのように、跳ねたり、太鼓を打 [続きを読む]
  • 見出しに並ぶ「辞任へ」の大文字
  • 昨日の楽天は、岸でも勝てなかった。故障者続出で、今後の闘いぶり、前途多難の感。前途多難といえば、遅きに失した「稲田大臣の辞任」そして強気発言で一気に党勢回復かと思いきや力不足は否めず、これも行き詰まり辞任の「蓮舫」。8月には内閣改造で一気に人気挽回となるか、民進党は、次なる顔をだれにするか、それぞれ、次の一手が重要になる。それにしても、党の基本軸を一本の柱とし、見える形にしないと、さらなる困難も待 [続きを読む]